【SNS疲れの処方箋】適度な距離でSNS・ミニブログを使用するススメ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • インターネットの発展で登場したSNS
  • 一部はSNSではなくミニブログとも称される「サービス」
  • 実生活では様々なものに利用されている(犯罪も含む)
  • 手軽さ故に安全性や情報の正確性に問題がある
  • そんな中で起きる「SNS疲れ」
  • 簡単に繋がれるが、繋げすぎると「重く」感じる
  • 逆に簡単に関係を切ることもできる
  • 「一方通行」な運用も視野に入れる
  • SNS・ミニブログとは距離を置いて利用するといい

最近はAPEX Legendsを暇さえあればよくやっている。本格的にはまっているこれであるが、単純なプレイよりも分析を兼ねてプレイすることが多くなっている。自分の癖なのかは知らないが、分析を行うことによって次回以降のプレイ時に同じような失敗をしなかったり、有利な位置と不利な位置を確認してその位置を優先的に確保するなどのプレイングに活かしている。正直な話、プレイよりも分析の方が好きかもしれない。

さて、現実においてSNSとは生活から切り離せない存在となっているものである。以前のSNS記事でも前書きに書いたと思うが、それまで個人がユーザーの中心であったが、有名人や企業も当たり前に使い、究極的には犯罪者ですらSNSを利用しているのだから驚きである。その割にはジャップにおいては法整備が不十分のため、それらには全く対応できていないのが問題であるが。

ただ、SNSはインターネット上のサービスであり、ユーザーが居て成り立つ。そしてユーザーの裏は、Botを除いて人間であることが一般的である。したがって、結局のところはインターネットを利用した超手軽なコミュニケーションツールでしかないのがSNSである。なので使っていて人間関係の問題や自分にとっては雑音となる情報が入ってくることによってSNS疲れを引き起こすことがあるようだ。こう書いている私も、SNS疲れを頻繁に引き起こす人でもある。そんな中で私が分かってきたのは、SNSとの距離を置くことである。今回はこれについて考えていく。

【ブログ一本か、マルチタレントか】自分生存術:今後の生き方を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社畜適性0から始めた「KIBEKIN」のブログ
  • KIBEKIN=ブログクリエイターは第一印象
  • ブログは収益は発生しているがこれだけでは不十分
  • 現在はブログ以外のことも趣味の範囲でやっている
  • その趣味、果たして「金」にすることはできないか
  • しかし趣味と仕事は別にした方がいいと言われる
  • 「仕事にして楽しい」なら問題はない?
  • マルチタレントはありにはありなので考慮しておく

心霊体験は、自身や家族に対して危害を加えるようなものであれば、それは勘弁である。ネタにはなるのだが、しかし継続して今後の生活に支障があれば、それは体験したくない話である。前回書いた家族の心霊体験については、まさしく「二度と体験したくない」話だ。単純な「結局何だったのか分からないけどなんかこういうことがあった」ような単発系だったら良かったのだが。

何かあれば、それをネタとして1本の記事とすることを表向きの「仕事」としている私KIBEKIN。この仕事は所謂「ブロガー」というERを付けただけのクソダサネームでまとめられる。ただ、その名前は嫌いなので私は「ブログクリエイター」としている。これはよく、社会不適合者で普通に働けない人におすすめの稼ぎ方として、いい加減なことを書いているアヘカスブログが推奨しているものである。が、実際に稼げているのはYouTuberと同じ、ほんの一部でしかない。それで言えば私は底辺層の、ゴミレベルのブログクリエイターだ。

それ以外の、趣味の範囲であり金にならないこともやっている。寧ろ、その方が多いのではないだろうか。ただ、この趣味は趣味によって金がかかるものがあるのと、その趣味で金銭の授受が発生する場合、主に人間関係的な問題が発生しやすい。したがって、趣味は趣味の領域を出ないのが普通である。とはいえ、表向きの「本業」であるブログクリエイターは、実に収益が少ない。そのため考えていることがある。それは私がマルチタレントとして、様々な趣味を仕事にして収益を出してみるということだ。今回はそのことについて考えていく、自己満記事になる。

【ある意味で怖い】リアルな呪い体験談:父の体調の異変と生霊?の存在

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 怪談や心霊映像系が好きなKIBEKIN
  • 両親もまた怪談や心霊映像系が好きである
  • 最近父が何者かからの生霊と思われるものに憑かれている
  • 原因不明の体調不良が起きるようになり、対策を講じる
  • ある日電話で父に繋げると謎の女の声がした
  • 余談:蚊が常に1匹以上いるのは「呪い」なのか?
  • 対策は継続中、場合によってはお祓いも。逆恨みにはくれぐれも気を付けて…

人を呪わば穴二つ、とはよく言われるもので、地獄少女でもおなじみのフレーズである。よくケツの穴が増えるとか言っている人がいるが、増えたらそれは人工肛門である。現実の世界において、呪いを誰かにかけることや誰かに呪いをかけられることというのは、普通は全くないことであり、普通に生活している限りでは1度たりともそのことに触れずに生きていきそして死んでいくというものである。

だが時に人間とは恐ろしいものになる。その呪いを実行して、誰かを物理的または精神的に追い詰めて、最悪の場合は死に至ることすらあることを平然と行う、おそらくは復讐の念に憑りつかれたようなものが一定数存在する。一般に流通するフェイクドキュメンタリー(創られた心霊映像)とは比較にならないものである。霊は死んだ人間と生霊の2種類存在するが、一般に生霊の方が念が非常に強く、お祓いが効かない場合もあるほどで、危険な存在である。

何故こんな話をするかといえば、生霊による体調不良ないし精神的な沈み、所謂「霊障」が父に実際に幾度か発生しているからであり、作り話ではない「本当にあった怖い話」として1つの記事にして記録を残しておこうと思ったためである。心霊系が好きでも生霊や霊障とは全く無関係だと思っていたところ、私自身ではないが家族が生霊被害を受けたということで、今回はその詳細を書いていく。

【反日本政府】I hate Japan~日本人だが日本が「大嫌い」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 年々世界に「無能」が晒される無能国家日本
  • 死のコロナウイルス情勢下なのに私利私欲丸出しの上級國民共の存在
  • 死の裁きを下すべき諸悪の根源の老害「森喜朗」「麻生太郎」「二階俊博」
  • 自分達さえ良ければ一般国民は「神風特攻隊」以下の扱い
  • 日本に未来なし、日本人だが日本がますます嫌いになっていく
  • 子供達の未来を「破壊」している時点で嫌いになる要素だ
  • こんなクソ国家、嫌いになって何が悪い?

日常生活における怒りのコントロールというのは、コツさえつかんでしまえば簡単だ。7秒(6秒とも言われる)のインターバルを置くことで、怒りの衝動を抑えることができるというのは有名な話で、実際にその時間を過ぎるとあまり怒ることがなくなるという。これは誰が言ったか不明だが私自身、確かにその経験があった。7秒を過ぎたら「なんかいいか」という気持ちになったのである。このことは、アンガーマネジメントとして就労支援事業所でも取り入れられていることである。

だが、そのテクニックが通用しないものも確かに存在する。例えば日本においては話題に出すと高確率で「思想の相違による分裂が発生する」政治的な事象は、どう頑張ったとしても怒りを抑えることができないことである。特に、自民党という大日本帝国思想を具現化した私利私欲な上級國民集団と、無能しかいない日本政府とそれに付随する上級國民様によって、一般国民は戦時中かのような「いじめ」を受けている。そしてその無能は世界に晒されており、それでもなお改善する気配は見られない。老害で頭が回らないからか、恥さらしという意識がないようだ。

そんな悲惨な状況にあって、しかし一般国民の力では実質何も出来ないような状態である。少なくとも私が生きている限りでは、日本の政治は常に「無能」と「私利私欲」しかなかったように思えてならない。結局何も変わらない、学習性無力感にも近い状態に陥るなか、日本人でありながら日本が嫌いになっていった。そして、今では日本に対する信頼度は常に最低値「大嫌い」だ。しかしどうも、日本人だが日本が嫌いだと公表すれば、自称「愛国者様」から、これまた「いじめ」を受ける。だが、私としては今の日本を手放しで好きとか言える精神の方がどうかしているとしか思えないのである。日本人だが日本が嫌いな私KIBEKIN、その理由と怒りを最大限にぶつけていく。

【安くて強い】PC用ゲーミングモニター”ASUS VP228HE”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 台湾のメジャーなPC関連パーツ製造メーカー、ASUS
  • 一般用途からゲーミングまで幅広く取り扱う
  • モニター製造にも定評があるASUS
  • 低価格帯でありながらゲーミングモデル、VP228HE
  • 1万5000円以内では珍しい1msレスポンスのモニター
  • 2つのゲーミングサポート機能をモニターに搭載
  • スピーカーは残念ながらしょぼい
  • 普通に遊ぶなら、これで十分だ

PC関係の話で、ハードウェアについて取り上げる個人はなかなかいない。これはハードウェアの多くは金がかかるということが起因していると思われる。そのため、ハードウェアレビュー記事は多くがPC関係のサイトを運営している企業の誰かが、レビュー対象のアイテムを購入するか或いはレンタルして、その使用感を書くというものになっている。ちなみにApple製品を愛するHIKAKINはよくiPhoneを水没実験しているほか、Red♪の素材でもある(PRODUCT)REDのレビューも行っている。AirTag水没実験はまだなのだろうか。

さて、私はそれらとは違い、好きな時に適当にレビューするという、実のところはネタ不足の埋め合わせのような感覚でやっているのが私KIBEKIN。とはいえ、ただのレビュー記事ではつまらないものにしかならない。したがって、レビュー対象のメーカーの概説を入れて、一般的なものとは差異が発生するようにしている。ちょっとした歴史の勉強にもなるので、面白いことであろう。

そんな中での今回のレビュー対象はASUSが発売していたゲーミングモニター、VP228HEである。様々なゲーミングデバイスを製造・販売するASUS、モニターも多数製造していたが、このモデルはゲーミングであってもグレードの低い、分類するとすれば入門機にあたるモニターだ。しかし、このモニターは上位モデルにも劣らない性能を持っていた。安いものが決して悪いものと言い切れない時代、このモニターの中身を調べていくこととする。

【手動設定とおさらば】バッチファイルとnetsh:簡単にIPとDNSを変える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • やりたいことが見つかってバッチファイル作成第5回
  • IPアドレス(IPv4)やDNSサーバーは設定と編集が可能
  • しかし編集するまでの画面を開く手順、編集方法は面倒である
  • cmdから編集するにはSystem32にあるnetsh.exeを使う
  • netshのオプションを利用することでcmdからでも可能になる
  • バッチファイルにすれば簡単に変更が可能になる
  • これでフリーのDNSサーバーも簡単に変えられる

ネタにするにあたり、事前準備が必要なものがある。プログラミングはその1つであろう。あらかじめ作成したソースコードとその結果を用意し、その上で文章を構成していかなければならないからである。ただ、文章そのものの構成は問題なく、不備無く完全に動くソースコードの開発がむしろ難しいものである。もっとも私は技術者ではないので、完璧なものを作れる保証はない。

さて、バッチファイルも一種のプログラミングと定義することができると思われるが、使いこなせばGUIでは面倒だったことがcmd(CUI)でさくっと完結できるものになる。第5回となる今回はPCを使う上で重要なことでもある「ネットワーク」に関係したものである。その中の最も初歩的かつ重要な事項として、IPアドレスとそれに付随する設定、そしてDNSサーバーについて取り上げる。特にDNSサーバーは公開DNSサーバーを利用する時に変更することが多いであろう。キャリア一般のDNSサーバーより高速でセキュリティの設定やログ保存をしないなどのポリシーの観点から、手動で設定することが多くなっている。

ただ、IPアドレスやDNSサーバーを設定する際のGUIはどうにも使いにくく、そしてそこまで辿り着くのが面倒になっている。Windows 10になって以降は尚更、コントロールパネルではなく設定を呼び出そうとする面倒な改悪が入っているため、面倒が増している。そんな面倒は、netsh.exeを使うことで解決することができるのである。これを使用したバッチファイル作成を書いていく。

【アンチ・ビックテック】トランプの新SNS”Frank”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 大統領から一転してただの人となったドナルド・トランプ
  • 過激発言、扇動などであらゆるSNSから追い出された男
  • トランプ派のマイク・リンデルがビックテックを嫌って立ち上げた新SNS”Frank”
  • 真相を探るためにKIBEKINが実際に使用してみる
  • 開始と共に仕様とUIが変わってややこしい状態になっている
  • 中身はTwitter+YouTubeの構成とされている
  • 多くにとって「関係のない」SNSであった

自由と規制は常に紙一重の存在で、そして両者とも制御が難しい存在だ。行き過ぎた自由は抗争の火種となり規制が必要になるのだが、同時に規制をしすぎれば今度はそれが火種となり新たな抗争を生む。そして最終的に分裂する結末である。その意味では自由と規制は相容れない存在だ。

その自由と規制のバランスが問題となるのはインターネット上でも同じことで、特にSNSではそれが問題となることが多い。最初は極端に危険な発言を取り締まるだけだったのが、拡大解釈をして「個人の意見」レベルのものであってもそこに1mmでも差別的表現がかかれば無条件で取り締まるようにしながらも一部の思想のみ、SNSプラットフォームで恣意的保護をするという、そのSNS自体をオワコン化させかねない馬鹿なことをしていることが多くなった。過剰な規制は、恣意的なものしか生まないのを理解していないかのようである。

それを嫌って作られたのが、SNS第3勢力として取り上げたのがGabやParlerであり、特定の思想に対する肩入れを支持しないSNSとして運営されている。外部からは白人至上主義やネオナチや極右として見られ、いずれもビックテックによる「いじめ」被害を受けたSNSでもある。そのため一時的にサービス停止に追い込まれたのである。それに対抗する意味も兼ねてであろう、熱烈なトランプ派であり実業家のマイク・リンデルが反ビックテックの新SNSを開始すると発表した。名前は「Frank」、アメリカ時間の4月19日に開始されたSNSである。果たして内実はどうなのか、KIBEKINが探ることにした。