【前後にやたらイベント事】7月23日:KIBEKIN誕生日をKIBEKINが語る

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKINの誕生日は7月23日
  • 1995年、下手すれば死亡率の高い事件に巻き込まれていた年
  • 26歳の誕生日は最悪のゴミンピックと被る
  • 誕生日よりもその前後にイベント事がやたら多い?
  • 7月23日の運は全て私が持って行った?
  • だが結局この26年、何のために生きてきたのかわからない
  • しかし料理とブログがある以上、とりあえずは生き続けてみる
  • 7月23日=KIBEKIN、を目指して

ジャップは「普通」でいることを昔から強要される。生きているだけで血税を盗られ、金がなくても健康保険料とオワコン年金を払わなければならないという、古来から伝わる制度上の欠陥を晒したまま将来的に何も改善されることもないそれは、生きるのを辛くさせる原因の1つである。一応、オワコン年金については申請により免除が可能となるが、健康保険料は最低でも¥2,000以下だが月額払わなければならないという追い打ち付きである。今の時代、生保すらまともに申請が通らないことが多いので、死が唯一の救いと錯覚するのも理解できる。

ところで、7月23日を以って26歳となった。無駄に26年も生きてしまったことになる。正直、ここまで生きていること自体不思議でしかないのだが、皮肉にも誕生日に上級國民集団の自己満足のためにゴミンピックを強行開催しその開会式と重なるという、誕生日なのにジャップの歴史の汚点の日になってしまった。これについては避けられない運命的なものであるのかもしれない。それとは別に、私の誕生日の前後はやたらイベント事があり、誕生日に被らないタイミングで何かが行われたことが過去に何度もある。その中にはジャップの歴史の分岐点となるものもあった。

7月23日、多くにとって何の変哲もない日であり、特別なことが起きた日なのは非常に直近のゴミンピック以外には存在しない。私にとっては誕生日という以外には特別ではない日。そうだとすれば特別取り沙汰されるようなものではないこれだが、誕生日なので折角なら語ってみるのも面白いと感じたのである。閲覧者にとってはKIBEKINを知る、いい機会であろう。

【所詮は2進数の羅列】私が「ソシャゲ」を捨てた理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 今やPC・スマホでゲームは当たり前の時代である
  • SNS連携前提のゲーム「ソシャゲ」が登場する
  • かつてKIBEKINもソシャゲをしていた
  • 走り続けることも金を使うことも行えていた
  • ゲームの「義務化」はただの作業でしかないことに気付く
  • やりたいこと、やらなければいけないことがあると「ソシャゲ」は足枷でしかない
  • 所詮は2進数の羅列であり、いずれ消えるデータである
  • RMTは実際そこまで稼げるものではない
  • 何に価値を感じるかは人それぞれだが、私には「無価値」だった

生きるとはつくづく拷問だと実感する。そのうえ生きているだけ無能国家ジャップは血税を徴収するシステムを展開している。だが依然として社畜適性がない人は多く、その代わりに行う副業は不安定で流動的である以上、完全な代替とはなり得ないのが殆どだ。したがってジャップで生きるには社畜になるしか方法がなく、それになれない人は海外へ逃げる手段もなかなか確保できないこともあって、死しか救いがないのが現状だ。全国無関心時代、誰も助けてくれる人はいない。

さて、PC・スマホ、1人1台が前提かつ人権構成となっている現代、最低限の性能を備えた子供向けないし老害老人向けスマホや事務作業向けの低性能PCでなければ、殆どはゲームをするには十分な性能を持っている。ASUSのROG Phoneレベルだったりゲーミングラップトップであればそれはオーバースペックであり、SteamやEpicなどでPCゲームをする場合にはデスクトップで十分である。一般的な、iPhoneおよび5万円台のAndroidは一般生活でも十分なスペックを有する。軽いゲームであるなら案外動くのが現在のPC・スマホ事情である。

さて、普段から持ち歩いたり使うこれ、ちょっとした待ち時間や休憩時間などにそれらでゲームをすることは多い。かつてはスマホゲー、PCゲー(SteamやEpicとは違う)と呼ばれていたが、現在は総称でソシャゲ(=ソーシャルゲーム)と呼ばれることが多い。これについては私もやっていたことにはやっていた。他に面白いと思うものが少なかったためである。だが感性が変わってきた結果か、或いは「カラクリ」に気付いたか、私はソシャゲを捨てたのである。そして、新作が出て人気になったとしても決して私はやらなくなった。私がソシャゲを捨てた理由について、ここで語っていく。

【騙されたな!】”APEX Legends”参戦してみた!~デコイマスター・ミラージュ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • APEX Legends 具体的な攻略記事第3回
  • 次の目標は直接戦闘で活躍するレジェンドを探すこと
  • 公式キャッチコピー「ホログラフの幻術師」の「ミラージュ」
  • 吃音持ち、ノリが軽く、名声と金を目指す「トリックスター」
  • 特製ホログラム装置で姿を消したりデコイを生成し、敵を騙す
  • サイクアウト」で手軽にデコイを配置、索敵、陽動、何でもできる
  • 大量デコイ生成「パーティーライフ」で混乱を誘い、場を盛り上げろ
  • デコイを完璧に操れるようになったとき、君は最高のエンターテイナーだ

その分野に精通している人でさえ知らないことというのは多々存在することである。それをどうやって知るかといえば、先入観を持たない人が触れたときの意見や同業者からのアドバイスという形で知ることができるであろう。ただ、そのような人と知り合いになることができるかどうかであり、人付き合いが苦手な人には難しい話であろう。

これはもう再三の話となるが、シーズン9で日本人レジェンド「ヴァルキリー」(=今原カイリ)が登場し、Titanfall2のメタ的にも話題となっているAPEX Legends。相変わらずやることがないので、ネタを書くのと並行で少しずつやっている。これ以外にやることができたとしたら、それは非正規雇用な仕事であろう。しかし未だに怖くて手出しできない。

ところで、これまで私が使ってきたレジェンドは、タイプ的に守りのレジェンドである。ジブラルタルは防衛寄りで、ガスおじは攻撃できるアビリティだが基本は防衛寄りである。これらは後衛のレジェンドであり、アビリティの展開スピードも遅い方だ。その分強いのだが、タイミングを合わせなければ意味を成さなかったり不発に終わることが多い。そして戦闘中、特に激戦になれば、うまく機能せずにやられてしまうことも少なくない。

そうなれば新しいレジェンドを試すのが一番だ。それも、タイプが直接戦闘に向いたレジェンドである。初期レジェンドにはバンガロールとレイスがいるが、その2人は私には持て余しがちで上手く使えない。そうなれば追加レジェンドから選択することになるわけだが、いずれも癖があるものが多い。ちなみに人気なのが薬中スピードスターのオクタンであり、しかし私にはこれも持て余した。そんな中で使い始めたのがデコイを操るミラージュで、裏を取ったり相手を混乱させることが性格的に好きな私には、これも相性が良いレジェンドとなった。またミラージュを使うようになってから、使用できる武器も増えたのである。今回はそのミラージュについて解説していく。

【ラストコンサート】京急新1000形1033編成更新:消えるシーメンスGTO

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 赤い電車でお馴染みの関東私鉄大手、京浜急行電鉄
  • 京急の象徴、主力車両「新1000形」
  • 2次車まではシーメンスGTOを採用した名(鳴)車
  • 3次車以降の新造新1000形は「歌わない」車両となる
  • 機器更新で「歌わなくなる」新1000形、最後の編成「1033」
  • 1033編成も更新決定、シーメンスGTOは全て消滅することになる
  • 更新に合わせ「さよならドレミファインバータ♪」イベントを実施
  • 2021年7月18日にイベントで走らせ、7月10日に京急蒲田で記念切符を発売
  • 鉄道の歴史に刻まれた1ページ、そして新しい歴史の始まり
  • 余談:Train Simulatorで歌い続ける

【無駄にしない】料理の副産物を有効利用:それも料理に使える「材料」

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 料理は生活に必要な家事の1つである
  • 通常は火を使い、熱して何かを作る
  • 肉、特に牛や豚は油脂や肉汁を含み、調理する際にそれが出てくる
  • それらは殆どの場合捨てられることが多い
  • その副産物、全て料理で使える
  • 油脂はまとめて冷蔵、肉汁は1回分ずつ冷凍保存する
  • KIBEKINの実用例はパスタに使用している
  • 副産物を有効利用すれば、料理はもっと楽しくなる

時に人間とは不思議な力を発揮する。それまで全く触れていなかった、あるいは最後に触れてから長い時間が経っていること、子供の頃はやっていたが大人になってから全くやらなかったことに久しぶりに触れたとき、まるで現役時代にプロとしてやっていたかのようにできることがある。例えば、初めてスポーツをするのにまるで全てのルールを把握していて、動きもとても滑らかだった、ということだ。そのような例が実際に存在するかはともかく、稀にそういうことがある。生物学的には隔世遺伝ということも考慮されるようだ。

さて、私KIBEKINの場合、その実例が料理である。一体料理スキルが自分の中のどこに眠っていたのかは不明だが、それがいつの間にか開花した結果、あらゆる料理を担当する家限定の専属シェフになった。そんな中で料理をしている時、時に肉を焼いたり水で煮たりしたときに残る、料理の「残りかす」が気になった。これは肉を焼いた場合は(動物性)油脂、水で煮た場合は出汁、といった具合だ。いつもは使い道がないとしてこれを捨てていたのだが、自分で料理をするようになってからはこれらを何かに使えないかと考えるようになった。

私の得意料理といえばパスタだ。それで閃いたのは、その残りかすをパスタに使えば、新しい味のパスタが作れるのではないかということだ。そして実行し始めるようになったのは、おそらく半年ほど前だ。それを試したところ見事にパスタの材料として最適であることが判明し、今に至る。そこで今回は、残りかす=副産物を捨てずに有効利用すること、それも料理に憑かれる「材料」として、副産物をもっと使うようにするというKIBEKINからの提案を書いていく。

【遊びからエコへ】現代車論~環境性能と経済性重視になった車たち~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現代の必須技術、車
  • かつては「速い」「スタイリッシュ」が人気の車だった
  • 化石燃料枯渇問題、地球環境問題から対策を講じる必要が発生
  • ユーザーの車に求めるものが多様化し、スポーツカーは減っていく
  • 省エネ志向から低燃費を目指すようになる
  • 電気技術の発展はハイブリッド車EV車を生み出す
  • 安さで人気になった軽自動車の存在
  • 安全性を向上するための技術も搭載
  • 車に重要だと思うことは人それぞれ、しかし技術は進歩する

金が全てとはよく言ったもので、金があれば何でもできるし金がなければ何もできない、ということが多い。例外が存在する場合、それは人間を辞めるレベルのことを要求されることが殆どである。人間として生きるのは、難易度が高いことであるのが薄々わかってしまうのだ。

さて、現代社会において「車」は必須技術であり、物流と運輸を支える存在であることは言うまでもないことだ。ただし、「車」した場合は軽車両、原動機付自転車(原付)、自動車、(呼称として)鉄道における車両も含まれる。ただ多くは「車」としたとき、自動車について考えるのが一般的だ。その車がなければ、今の快適な生活はなかったに等しい状態になっている。

ただ車にはエンジンを動かすための燃料=ガソリンが必要だ。それについては車が出来た当初は在庫量を全く考えなくていい程に余っていたので、とにかく使いまくってOKだった。そのため、燃費を全く考えないで速さとスタイリッシュさをとにかく求めた、所謂「スポーツカー」が1970~1990年代を中心に現れた。その頃、モータースポーツが熱狂していた時代でもある。

それも地球温暖化をはじめとする環境問題と、度重なる無能ジャップの不景気による金回りの悪化で、スポーツカーは消えていった。その代わりに現れたのは環境性能と経済性を重視した車だ。さらに、排気量660cc以下で安くて小さい所謂「軽自動車」も人気になっている。時代の変化と進化に伴い、現代における車で重視されるのはこの2点と言える。今回は私KIBEKIN、素人目線ながら車のことについて語っていく。

【食事制限はもうしない】食べ方だけ変える簡単ダイエット、実践報告書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 健康な体型を維持するのは簡単そうで難しい
  • 太りすぎた場合はダイエットで体型を細くしようとする
  • 一般に食事制限や運動を伴うために途中で辞めてしまう人が多い
  • 実は「食べる順番」を変えるとダイエットできる
  • 20年4月から野菜とおかず先をに食べるように順序を変更
  • 全盛期の体重90kg、現在の体重は確実に減った
  • 実際「我慢」はほぼしていない
  • 時間はかかるが確実に効果があると判明した

食については根本的な考え方でいつも2分化されるように思っている。その考え方が、いずれも「死」を前提に置いている。プラスの考え方が「どうせ死ぬので、なら旨い物を食う」、マイナスの考えが「どうせ死ぬので、安くて量のあるものを食う」と、このようなものになる。ただこれらは結局のところ個人の思想によるものであり、いずれの考えでもない人もいるであろう。なお、思想の押し付けは悪であるのでここでは特別言及しない。

さて、それらの思想についてはともかく、殆どの人は何かしら「好きな食べ物」があることだろう。それが料理かお菓子か、或いは調味料かは問わない。中にはマヨネーズが好きという人がいて、それで何でもかけて食べる人もいるので、まあそういうことである。その際は我慢せずに食べているということが多いのではないだろうか。しかし好きなものの中には太る要素のあるものも存在するので、食べすぎると確実に太るのである。なので食べる量は制限しなければならないのだが、我慢したくない人は多い。そして太るのである。

そうなったとき、体重を減らすためにダイエットをすることであろう。その方法は食事制限と運動を必要とすることが多い。ただ、これを続けるのは普通の人にとっては辛いものになりがちである。そのため肉体的または精神的に限界がきて諦めてしまうということも少なくない。このことから、もっと手軽にダイエットできれば、そう思っている人が多く、それを目的として(効果の怪しい)高額な商品が売られている。正直、人の弱みに付け込んでいる気がする。

しかし時間さえかければ、無駄に制限しなくても運動しなくても痩せることが分かったのである。それは、普段の食事はそのままに食べ方をだけを変えるとダイエットになるというもので、実際に私がその効果を体験している。今回はダイエットしたい人向けに、食べ方に関する実践報告書という形でその詳細を書いていく。