Kibekin BLOG.

【2022年日本上陸】”The Moneytizer”使ってみた!~登録簡単、急げ!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTuber/VTuber以前から存在する「ブログ」
  • ブログ収益はGoogle AdSenseかアフィリエイトが一般的だった
  • 2022年に上陸した”The Moneytizer“が新たな広告プラットフォームとして注目を浴びているので使ってみた!
  • 登録するには自分のサイトを持っていて、最低限が整っていることが条件
  • AdSense同様審査あり、登録時は担当者から直接招待されたので簡単に通過した
  • 支払いはドル固定、PayPalさえあれば安定して受け取れる
  • コードは任意配置型とヘッダ埋め込み型(header.php)の2種類を使用する
  • AdSenseと異なるのは「インプレッション型広告」であり、併用もOK
  • 上陸したての今ならユーザー募集中、登録簡単だから急げ!

ブログクリエイターとして基本を生きる中で、無音烏を迎えてVTuber(の補助活動)もしている私は、活動の幅が広くなったと感じている。しかしそれは必然であったとも考えている。表現手段は多く持っていた方がいいからだ。これは卯塚ウウがVTuberをしている理由の1つでもある。VTuberはその特性上、単純な1つの収益手段に考えられがちだが、表現手段の拡大という意味では1億総VTuber時代でもおかしくないくらいである。

ブログクリエイターとVTuberはそれぞれ対極的存在であるように考えている。それは表現手段の違いによるものである。文字と画像を基本とするブログクリエイターと動画を声(VCn含む)を基本とするVTuber。それぞれはプラットフォームもターゲットも異なる。だからといってどちらが上かを競う必要はない。どちらも目的と内容で使い分けていけばいい。

そして収益手段についても、昨今の情勢を考慮し使い分けと複数のルートを用意することが重要となる。ブログクリエイターの場合はAdsenseとアフィリエイトの併用であると思われるが、2022年にAdsenseと対抗できる広告プラットフォームがついに日本にも上陸した。その名はThe Moneytizer。フランス発の広告プラットフォームであり、2014年に起業されたここは、市場をヨーロッパとアメリカから広げていき、現在は6ヶ所の支店を持つほどに成長している。そこでThe Moneytizerについて解説し、1人でも多くのユーザーがこれを使えるようにしていく。

【同時配信を手軽にする】”Restream”使ってみた!~メジャーなら、無料~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信プラットフォームの主流はYouTubeかTwitch
  • 通常はどちらか1つを選択して配信するのが基本
  • 片方しか登録していない」ユーザーは少なからずいる
  • 回線弱者、回線を節約したい場合に便利なサービス”Restream”使ってみた!
  • 登録は簡単、英語オンリーだが殆どの人は読めるはず
  • メジャープラットフォームは無料で2個まで、それ以上と一部プラットフォームはサブスクが必要
  • OBSの設定も基本的にいつものパターンと一緒である
  • ただし開始・終了処理がうまくいかない場合は各PFで処理を行う必要がある
  • メジャープラットフォームに同時配信して、一人でも多く引き込め

配信プラットフォームは2022年現在では様々に存在する。そのプラットフォームが増え始めたのは間違いなく、2020年である。これによって昔から展開しているプラットフォームも危機感を覚えて、新興勢力にユーザーを取られまいと様々な機能を追加する。配信者同士のバトルが起きる中で、同様に提供プラットフォーム同士でもバトルが起きている。どれを使うかはユーザー次第であるが、多くは複数登録して使い分けていることが殆どだ。

しかし人によっては特定のプラットフォームしか使っていないということもあり、サービスの多様化がなされている今でも珍しくないことである。配信者側はプラットフォームの規約による影響、事務所の方針といった様々な理由が考えられ、リスナー側は宗教的事情であったり登録が面倒ということで使わないということがある。配信者側は不可抗力な事情が多いのでともかくとして、リスナー側は個人のレベルなのでどうにでもなることではある。

また、様々なプラットフォームを利用している人は、原則1つのプラットフォームにしか配信できないことを憂いていることもあるはずだ。設定次第では複数方向への配信はできるが、回線弱者には到底不可能なことである。そんな人の救済手段であり、多方面展開にも便利なストリーミングサービスを提供するものがあった。Restream、これは果たして使い物になるのか。詳しく見ていくこととする。

【海外勢も怖くない】ゆかNEO on the VRs:VRChatに持ち込む字幕・翻訳編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゆかりねっとコネクターNEO、字幕以外のことにも使用できるようになっていく
  • VR方面ではVRCaht, VirtualCast, Cluster, NeosVRで使用可能になっている
  • VRでの字幕の需要は上がってきているはずである
  • VRChatではOSCを利用して字幕と翻訳を送信することが可能
  • 条件はゆかNEO搭載のVRC-OSCプラグインがv1.3b以上
  • ゆかNEO側は設定項目は簡単で、ポートにのみ注意すればOK
  • VRC側でテキストチャットにゆかNEOの翻訳1番を送信する
  • 初回接続時はワールドリロードが必要な場合がある
  • 翻訳だけでなく母国語も同時に送信可能、ただし文字数制限に注意
  • VRChatで翻訳を使えれば、もう海外勢だって怖くない

VRが今後の標準となることは、長期的視点で確定である。だが同時に危惧するは、かつて死のコロナウイルスが起きたときにYouTubeに、既にテレビで出るような有名人が流れ込んできたことと同じようなことである。何かのきっかけによってVR世界にも有名人が一気に流れ込むような事態が発生すると、途端に「つまらなくなる」気がしている。そう思ってしまう理由は正直分からない。

さて、VR-SNSでは様々な言語を母国語とする人がいるわけだが、それがどの言語となるかは、実際に冒険して見なければわからないことである。VR-SNSの最前線であるVRChatは開発元がアメリカにある関係上、基本言語は英語であり、ユーザーの大多数も英語であることは当たり前である。なので英語圏にあたる確率は、Friend+以下の権限でない限りは普通にあり得ることとなっている。

また、VR-SNSの特性上、テキストチャットよりボイスチャットが好まれる関係で、翻訳してテキストチャットで打ち込むというのは時間的猶予を考えると非現実的であり、そもそも口語を聞き取って翻訳して、ということは非常に難しいことである。これについては難しいことであるので、妥協するしかない。だが逆に、日本語から外国語にする方法はゆかNEOを使用することで可能となっており、メジャーなVR-SNSでは使用可能になっている。今回はその中からVRCで、OSCを利用した字幕・翻訳表示が可能となっているため、その解説と実際に使用した際のイメージを含めて詳しく見ていく。

【PCに優しくする】”GV-US2C/HD”使ってみた!~ハードウェアエンコードの実力~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 映像出力が可能な機器の映像をPCに取り込むキャプチャーボード
  • HDMIが主流なため、殆どの製品がHDMI対応になっている
  • 低遅延・高負荷のソフトウェアエンコード型と中遅延・低負荷のハードウェアエンコード型の2種類がある
  • IODATA製のハードウェアエンコードタイプ、GV-US2C/HDを導入したので検証してみた!
  • 通信規格はUSB2.0だがType-Cを採用、Type-Cケーブルなら外部電源は不要
  • 4Kパススルー機能標準搭載、出力はFHDまで可能になっている
  • 映像と音声はソースを個別に取り込むことで音声遅延をほぼ0にすることが可能
  • 単体でもSDカードを用いて録画ができ、SDカードリーダーにもなる
  • 同社のGV-USB3/HDとどう違うのかを比較する
  • 60FPSが限界値であるが、そもそも60FPS以上対応プラットフォームが少なすぎるので十分
  • 安いPCでも、強いPCでも使えるキャプチャーボード

妹ちゃん=無音烏のVTuber活動をサポートするために、私は検索ワードと検索オプションを利用して色々な情報を収集し、実践的な部分ではclea氏やうーちゃんの配信を観て、そこから使えるものを無音烏に教えて、あるいは私が設定して使用している。VTuberを始めるのは遅すぎたが、先駆者がいるお陰で引っかかるであろう部分については今のところ、悪戦苦闘しながらも何とか切り抜けることができている。

ただ、PCに対する負荷は下げにくい。単体PCでの配信を行う人は多いが、その場合には最低限のGPUとして、少し前ならGTX1070-Ti以上、現在はRTX2070S以上がリソースの関係で必要で、しかし予算の都合でそこまで用意できなかったり、そもそも配信を考えていなかったためにそれより低いパーツを採用しているということも少なくない。その場合に使われるのが、2PCによる分離配信である。未だに私が実際に行っているものである。

これまでは10年以上も前の世代のPCを配信に使用していたが、1050-Ti(M)を搭載したラップトップを入手したことで、3Dモデルを使用する余裕が出来た。だがそれでも負荷が気になり、今まで使用していたキャプチャーボードを、ソフトウェアエンコードからハードウェアエンコードに変更した。キャプチャーボード界の有名選手といえばIODATA、Type-C接続のGV-US2C/HDである。これまで使用していたGV-USB3/HDとどう違うのか、実際に使用して比較していく。

【スマートに録画する】”EaseUS RecExperts”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国”EaseUS Software”のソフトウェアレビュー記事第4弾
  • 動画コンテンツの流行に伴って需要が上がる配信や動画投稿
  • 録画はOS標準機能でもできるが、PCに慣れていないと操作は難しい
  • 録画に特化したシンプルでスマートなレコーダー、EaseUS RecExperts“が新登場
  • ライセンスは永久版で8,390円(税込9,229円)、円安の影響はもろに受けている
  • 基本は全画面録画か、指定したウィンドウをその大きさに自動的に合わせて録画する
  • 録画中はスクリーンショットを撮ることができ、録画中に加工やお絵描きもできる
  • 音声だけの録音も可能、途中で止められてミュート管理もできる
  • ゲームキャプチャに対応し、この場合はツールバーが邪魔にならない
  • 録画したものはRecExpertsでちょっと編集もできる
  • 総合評価:撮りたいものは楽に撮れるし、操作も簡単、録画FPS値が不安定なのは気になる
  • “EaseUS RecExperts”はスマートな録画のスタンダードを作る

動画コンテンツは主に配信と動画投稿の2つに大分類される。現在のメインは配信に移行し、動画投稿はサブ、という動きである。また配信についても内容とやり方で分類することができ、映像と音声が基本であり、映像のみ、音声のみなど、やり方については細かいものも含めれば非常に多彩であるため、明確な分類は難しい。YouTuberでもVTuberでも、人によりやり方が少しずつ違うことが多いからだ。

ところで動画コンテンツ制作を行う際、配信ならOBSなどの配信向けソフトを使って画面構成を行い配信するが、純粋に録画を行いたい場合は、OBS自体にも録画機能はある。それを使えばいいのだが、録画に関しては設定が色々存在し、PCやソフトウェアの使い方に慣れていない人だと実は使いにくい。さらに、1つしか画面がないとOBS自体の画面が邪魔になり、録画しにくいということもある。

そんな問題を解決して、もっと簡単に録画やスクリーンショットを行えるソフトウェアがEaseUS Softwareから登場した。その名は”EaseUS RecExperts”である。単純に録画するだけでなく、録音についても設定が簡単に行えて、録画中はUIが最小化されて作業の邪魔にもならないという、誰でも使えるものだった。一体どうなっているのか、その中身を詳しく見ていくこととする。

【現実を引き裂く!】APEXモバイル・レジェンド分析~シーズン3:アッシュ乱入~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 開始から6ヶ月目でシーズン3へ突入する、APEXモバイル
  • ゲームバランスは本家に準するも、その出来は本家よりも上に感じる
  • シーズン3は本家APEXからアッシュが乱入、フェードに関係がある様子
  • 公式キャッチコピー「慈悲無き扇動家」の「アッシュ」
  • 死亡検知、死体の再利用「死の烙印」で敵の位置を知る
  • 手裏剣っぽい罠「アークスネア」を投げ、電気的に敵を拘束する
  • フェーズティア」で一方通行ポータルを狙った場所に開き、移動する
  • 敵より先に敵の位置を察知でき、漁夫狙いの動きがしやすい
  • フェーズティアを利用して位置を変え、敵を翻弄して優位に立つ
  • 突然乱入してきたアッシュの目的は如何に

APEXモバイルのゲームバランス調整は、様子見しながら行われているようだ。私が感じるのはガスおじの調整がやや微妙ではないか、ということ。その考えはテンセント、もっと言えばLightspeedも同じ考えだったようで、その調整がシーズン2「アフターショー」で実施された。ガスの基本ダメージが上昇した代わりに、本家APEXと同様、ガストラップが破壊できるようになった。ガスおじも本家APEXに準ずる形で最適化された。後はワットソンさえいれば、空爆とグレネードに対する完全な対策になるので欲しいところである。データは既にあるはずだ。

APEXモバイルの独自要素の1つに、限定レジェンドがある。フェードとラプソディが該当し、これらは私の方でも実際に使用してそのレポートを出している。とはいえ限定レジェンドはなかなか作るのが難しいはずで、シーズン更新毎に1人、というのは無理な話になるだろう。EA本体より有能なLightspeedが過労死するのはまずいことだ。

また、限定レジェンドのストーリーを構築するにあたって、本家APEXのレジェンドをいくつか投入する必要があるとも感じていたようだ。以前は家族の復讐という意味でフェードとローバが繋がった。そしてフェードがクリプトと共にキングスキャニオンで試合中、上空に現れたコロシアムに侵入し、リングでチャンピオンになったときに、フェーズティアでいきなり現れたのがアッシュだ。これでAPEXモバイルにもアッシュが乱入することが確定したのである。APEXモバイルに参戦するにあたって、パークによるレジェンド自体の性能の変動もある。この点を踏まえて、APEXモバイルとしてのアッシュを分析することにした。

【字幕・翻訳エンタメ2.0】ゆかりねっとコネクターNEO2.0 実践解説書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Nao氏のゆかりねっとコネクターから始まった字幕・翻訳エンタメ
  • 公式宣伝ストリーマ:あすまくん、公式アンバサダー:clea
  • ゆかコネからゆかNEOへ、3周年イベント後は体制も強化された
  • ゆかNEOが軽量版からほぼ「したいことができる」ツールへと進化していく
  • 2022年10月26日、ゆかNEOは2.0へ進化した
  • 2.0での変更箇所を確認しつつ、UDトークベースでの表示方法を解説する
  • 手順に従えば設定は難しくない、綺麗に見せることもできるようになる
  • 個人利用APIで最も簡単なGoogle Apps Scriptの設定方法も解説
  • ゆかコネアンバサダー、推しは誰に設定している?
  • 2.0の始まりは、新しい字幕・翻訳エンタメの始まり

Nao氏が制作したゆかりねっとコネクターは、β版を含めた意味でのリリース日は不明であるが、FANBOXの投稿から推測するに2019年2月1日時点で使用可能な状態になっていた。そのため、本当の意味でその答えを知っているのはNao氏だけである。だが重要なことはそれではなく、ゆかコネがいつまでも皆に必要とされ、そして必要と感じている人達が相互で支え合い、運用を続けていける環境。目まぐるしく変化する状況に対応するには、個人の力では不足なことも多いからだ。

そのゆかコネは現在、ゆかNEOにメイン開発を移し、より使いやすく、より求めているものができるようにと、常に改良が続けられている。また開発の効率化のため、Nao氏主導でDiscordサーバーが建てられ、そこでユーザーから使用情報、バグ、要望を聴き、同時に参加者同士でのわからないことについての情報交換などを行えるようにしている。その体制は2022年3月25日から強化され、これによりDiscordも参加者が増え、情報量も多くなった。

そしてこの度、ゆかNEOはこれまでv1台をずっと維持してきたが、わんコメ4.0リリースに合わせてゆかNEO自体もバージョンが正式に2.0になる。その間に翻訳APIの仕様変更・廃止や代替構築、UI変更、バグ対応と同時、ドキュメント作成と忙しいことが重なっており、情報整理がなかなか追い付かないようである。そこで、このブログでゆかNEO2.0について、実践解説という形で書くことにした。