【自分道】所詮は他人!インフルエンサーを追う必要がない理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 影響力を持つ有名人がインターネットに参戦
  • インターネット上の発言に影響力を持つ人「インフルエンサー」
  • 一種の「崇拝」対象となることも
  • インフルエンサーを追っても得られるものが微妙である
  • 知らずのうちに「洗脳」されている危険性
  • 所詮は他人、のめり込み厳禁

有名人は一般国民にとってどのような存在となるのだろうか。無能政府側につく上級國民として一般国民の敵となるのか、それとも「民意」としない無能政府に対し、発言力を生かして声を届けるのだろうか。振る舞い次第ではどちらにでもなる存在故、有名人にも見えない圧力がかけられることであろう。

ところで、有名人がSNS等のインターネットで活動しているということは多々見受けられる。しかもこの傾向は近年になってからである。それどころか、無能政府によって無駄に拡散された死のコロナウイルスの怪我の功名であろうか、実質オワコンのYouTuber参戦が増えている。これはこれで、新たな論争の議題となるだろう。

有名人はインターネットの他愛のない発言でさえ、その地位や身分故に大きな影響力を与えることもあるようで、一般国民の一般ユーザーはこれをフォローして、発言を逐一確認する人が多いようである。広大すぎるネット上では、それはたった一人のユーザーに過ぎず、大袈裟にも思えるのだが。

その有名人は往々にして「インフルエンサー」と呼ばれる、世間に与える影響が大きい人物として扱われる。また、もともとはインターネットでのみ有名だった(=テレビなどには出ない)人が影響力を持つようになった結果インフルエンサーとして扱われるようになる人もいる。YouTuberはその最たる例といえよう。

だが、私はそれらインフルエンサーを追っかけることはしない。私からすれば、人は間違うことが前提の愚かな生物であり、インフルエンサーも人である以上、間違ったことを言う可能性がある。だが思考停止でインフルエンサーを追っかけてその言葉に惑わされては、自己のアイデンティティを消失させる原因となる。そして発言に決して責任を取らないのが、インフルエンサーである。

今回はインフルエンサーは追う必要がないことを書いていく。例によって、少々ガバガバな文章であることを許してほしい。

【ゲームと仕事】ゲームのプレイスタイルと仕事の類似点を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在のゲームの種類は多岐に渡る
  • 基本的には自分との戦い(自己ベストやWR)、対人戦の2つ
  • 自分の実力だけが重視されるもの、チームプレイが重視されるもの
  • ゲームと仕事は似ている部分がある
  • ゲームのプレイスタイル・傾向はそのまま仕事のスタイルに繋がる
  • 自分の仕事スタイルを知る上でもゲームは有用である

ここ最近ずっと無能政府を怒ってばかりであったので、正直なところ疲れたのである。しかし無能政府は何をやらせても怒る題材となり得るのはどうなのか。無能の極みだろうか。それにしても、政府でありながらやることが全て3アウトであり、一度もセーフ(政府)だった試しがないように思えるのだが。野球なら即放出である。

なので久しぶりにゲームの話をしよう。と言ってもただゲームを語るのであれば、普通すぎてあまり書く意味がない。なので今回は仕事と絡める。ゲーム×仕事というのは、意外と多い。ゲームを作るという従来の仕事、ゲームを攻略するという仕事、レトロゲームをひたすらやり続ける有野課長も仕事であり、ゲーム大会も仕事が関わってくる。昔はゲームをする側が仕事になるとは思わなかったものである。

しかし今回はそれらではなく、ゲームのジャンルと仕事の類似点を考えていくことにする。現在は様々なジャンルが存在し、その中でも細分化されるような形となっているものの、基本的にはシングルプレイ専用・マルチプレイ寄り・マルチプレイ専用と分けられる。これは仕事に置き換えれば、単独でできる仕事・一部チームプレイが必要な仕事・チームでする仕事となる。

もし、シングルプレイが好きでマルチプレイが全く好きでないとか、マルチプレイをやってみたがどうにも合わないと感じたり、逆にマルチプレイで能力が発揮できるものの、独りでは何もできなかったというパターンはあると思われる。だがこれは個人の感想に過ぎず、言ってしまえば「たかがゲーム」である。だが、同じような意味でいくと占いや診断も「たかが」である。似たようなものだ。

したがって、あくまでも参考程度とはしつつも、目を通していくと話のネタには使えるように、語っていくことにする。

【GO TO HELL】無能政府”GO TOキャンペーン”を真正面から否定する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 21世紀最悪のウイルス、継続中
  • 無能政府が動かないために都道府県で動く
  • 無能政府、GO TOキャンペーン開催
  • 未終息でワクチンもないのに感染拡大させるのか
  • 金がない人が多いのに何故「消費」キャンペーン?
  • それにつられる思考停止バカニーズも同罪
  • 考案者とバカニーズはGO TO HELL!!

国民性というのがある。それは国家を形付ける1つの要素である。国民性が国家の評価に影響するのは、パクりとコンプレックスの塊である隣国(癌国)を見ていればわかるものである。中国はまだ国民性が良いのに、癌国ときたら地球の癌細胞に相応しい有様である。とはいえ今の日本の国民性もほめられたものではないのだが。

さて、ここ最近ずっと無能国家ジャップと無能政府を怒りまくっているのでそろそろまともなことの1つでもしろと思っているところに無能政府はまた無能な政策を打ち出した。また死のコロナウイルスが終息もせず第二波、第三波の危険があるというのに、コロナの拡散を推奨する税金の無駄遣い”GO TOキャンペーン”を始めようとしている。とにかくケチりたくて仕方ないんだな、この上級國民ども!早くコロナに感染してくたばれ!

無駄なことしかしない無能政府の政策にはうんざりなのだが、それに乗せられるバカニーズもバカニーズである。多くは20代で、無自覚に感染拡大させているため、無能政府の老害共と同等の害悪な存在となっている。Cool JapanではなくFool JAPと呼ぶべきだ。

未来を破壊してまでも今を優先するか、それとも先を見据えて未来を大事にするか。普通に考えれば当然後者である。その意味でも、このタイミングで打ち出したくだらない”GO TOキャンペーン”に真正面から否定する。そしていい加減、無能政府は今回のコロナ騒動の責任を命で償ってもらいたい。

【新労働力】クローン人間やアンドロイドは少子化に歯止めをかけられるか

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 無能国家日本は少子高齢化が継続進行中
  • 現在の日本では「そもそも結婚しない」が多い
  • 少子化で社会保障費が不足する問題
  • 人型アンドロイドを製造し労働力とするか
  • 「人間」が欲しいならクローン人間という手段
  • 技術と法、倫理の問題からまだ先の話になる
  • いずれはそれに頼らざるを得なくなる時代が到来する

世界レベルのウイルスによる生活様式の崩壊と新様式への適用は、人による。適用が短時間でできる人がいれば、長時間必要な人もいる。「変化」を嫌う国民性である日本は、後者の方が多いように思える。もっとも、災害大国であるためにしょっちゅう生活様式が崩壊しているのだが、このままいけば日本は人の住む土地ではなくなるだろう。だからといってアメリカは何かとハリケーンの被害があるので、もはや地球全体が人の棲む場所ではなくなるであろう。宇宙世紀はまだか。

さて、無能国家ジャップでは、ずっと前から少子高齢化社会、以下少子化問題について議論されてきている。議論されているわりには、それを解決する具体案は少なく、或いは焦点がずれているために効果が薄いことが多い。もっとも、何をやるにしても何かずれているために効果が薄いことは今に始まったことではないが。

少子化が進行することで起きる問題といえば、国力衰退と社会保障が機能しなくなることである。一般に労働人口は18~60歳(数十年前)、現在は65歳程度までであるが、この労働人口が徐々に減少し、老害を含めた高齢者を支えきれなくなってきている。内閣府公式データによれば、2014年時点で合計特殊出生率が1.39以下の水準のままであると、高齢者(65歳以上と定義)1人あたり2.4人が、2060年で1.6人、2110年で1.2人で支えなければならなくなるとしている。こうなるとまともな社会保障を期待できなくなる。既に国家としてオワコンだが、このまま行けば本当に終わるようだ。その前に殆どの人は死んでいるので問題ないが。

そこで思うのが、人型アンドロイドやクローン人間を採用し、これを新労働力とすることである。当然、完全な人型アンドロイドの製作には技術的に追いついておらず、クローン人間は法律と倫理的問題により実質禁止状態である。ここで実質としたのは、人間ではなく人間に近い生物で研究が進められているためである。そのためいずれは人体実験が実施されるものと見ている。

一見すると非現実的であるこれだが、無能国家ジャップが自力で出生率を改善する見込みはほぼ0に等しい。したがって、今回は人型アンドロイドやクローン人間が、少子化改善の手段となるか考える。

【本末転倒】意味あるの?レジ袋有料化と減らないプラスチック包装

この記事の概要を簡単まとめ!

  • プラスチックごみが環境問題の主問題として取り上げられている
  • 2020年7月1日から一律でレジ袋有料が義務化
  • バイオマス素材採用で無償提供が可能
  • それでも減らないプラスチック包装
  • レジ袋を減らしたところで改善するわけではない
  • ミクロで見ても解決しない、マクロで考えろ

最近PCの調子がよくない。一瞬だけ画面が落ちて復帰するのを繰り返したり、最悪なときには完全に落ちて復帰しないことが発生するようになった。この原因は目星が既についており、nvlddmkm.sysのエラーが主である。しかし対処方法がデスクトップのGPUに関してのみであり、ラップトップのオンボードGPUに関しては情報が全くない。危険なので、4代目PCを検討する必要があるようだ。

ところで無能国家ジャップは、環境問題への配慮から、レジ袋の有料化を決定し、これを2020年7月1日に義務化した。これにより、原則としてレジ袋は有料で購入しなければならなくなり、それに合わせてか対象外である紙袋も一部では有料となっている。ただし、バイオマス素材採用の袋である場合、レジ袋は無償提供可能である。

しかし、容器包装プラスチック全体の廃棄量は年間で約900万t、そのうち容器包装の廃棄が約400万tとなっている(2017年)。レジ袋に限るとここから約20~30万tとされ、全体に対するレジ袋が占める割合は2.2~3.3%でしかないのである。他にもプラスチックが使用されているにも関わらず、レジ袋だけが悪者扱いされているようである。

今回はレジ袋有料化と、それでも減らないレジ袋以外のプラスチックの容器包装について、私見をここで述べることにする。

【人生向いていない】仕事ができない人:対処法を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • この世界には仕事ができる人とできない人がいる
  • 環境に適合しなければできる人でもできない人になる
  • 環境に無関係で恒常的にできない人も存在する
  • 仕事ができない人が企業と社会に与える損失を考える
  • 仕事ができない人は人生向いていないのか
  • 安楽死or自宅ないし施設軟禁が対処法となりえるか
  • 仕事がまるでできない人がいても不思議ではない

無能国家ジャップは実にすごい!奴隷にしか思っていない一般国民には金を出さず、自分達を含めた上級國民には優遇に優遇を重ねて、この深刻な状況下でものうのうと安泰に暮らしているので、恥の極みというべきだろう。個人的に海外と交流がある人からは連絡が来て心配されるほどのようで、クソさ度合いでは自慢できるようだ。

さて、この世界において仕事というものは収入に直結するため、生活に切り離せない活動の1つである。そうであるのだが、時に仕事ができない人というのが一定数存在する。とはいえ仕事ができなくとも仕事しなければ生きていけないので、渋々仕事していることも少なくない。

ただ、仕事ができない原因が環境に問題がある場合と、環境に無関係で仕事ができない人がいる。前者は最適な職場に転職することで解決することがある。後者は転職しても、その先で仕事ができないことにより平均3ヶ月程度で職場を転々とし、最終的にどの仕事もできなくなるというパターンである。

そこで思うのが、後者の場合の仕事ができないことは、人生そのものに向いていないのではないかということである。しかし残念ながら人生に向いていなくても血税は徴収され、生きる義務を負い、労働の義務も負う。しかし仕事ができないことで、企業や社会に損失を与えることもあると考えている。その場合、仕事をさせず、軟禁するという選択肢、或いは本人が望む場合の安楽死は果たして正しいのだろうか。

今回は仕事ができない人について、私独自の視点から対処法を考える。

【花騎士】マストドンの特異鯖「あふん」ちょっと解説

この記事の概要を簡単まとめ!

  • マストドンは様々なジャンル特化の鯖がある
  • 匿名系由来の鯖「あふん」
  • 花騎士をはじめとするゲーム中心の「雑多鯖」
  • マストドンのバージョンは古いが安定、独自機能もある
  • 匿名系由来の習慣と団長が継承されている
  • 慣れれば面白い、分散型SNSの特徴が生きた鯖

マストドンといえば、問題のJ鯖は結局よくわからない米国企業(代表が日本人か日系アメリカ人?)に譲渡され、DSNOは解体が決定した。結局最後までDSNOは無能であった。その後のJ鯖がどうなろうと私の知ったことではない。もうJ鯖は、J鯖ではないのだから。

ところでマストドンは様々なサーバー、以下鯖が点在する分散型SNSであるとは、以前にも書いたとおりであり他のところでもそう書いている。そのため、鯖単位で管理者が異なり、そして鯖の傾向も異なるものである。多くは管理者の傾向が鯖の傾向として現れるようだ。

だが管理者の傾向とは無関係に、ある場所の代替として作られたマストドン鯖も存在する。それには旧1と3の間chといった匿名系サイト由来のものもある。その中の1つであり、私も第二垢として実際にそこで活動しているところである、”flower.afn.social”「あふん」を、ちょっと解説する。