【国産SNS】Misskey使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • syuilo(しゅいろ)により開発された国産SNS”Misskey”
  • 元々は1つのTwitterライクSNSであり、分散型SNSではなかった
  • 2018年4月8日にActivityPub実装によって分散型SNSとなる
  • マストドンにずっと居たリンクス岐部が使ってみる
  • メールも電話もいらない「登録」
  • マストドンとは別の機能が満載
  • Misskey Flavored Markdownで色々装飾できる!
  • オープンソースで自由に開発でき、自鯖も建てられる
  • マストドン全く異なる点で面白いSNS

Parlerが未だ戻らない。折角ネタにしようと思ったタイミングでの閉鎖であり、執筆時点ではParlerへのアクセスは可能となったが復旧には至らない状態である。しかしIT関係、特にGAFAの嫌がらせを受けながらも再開を目指して動くその様子は、非常に強い志を持っていると言える。ある意味で日本人と大違いである。もっとも日本は失敗を許さず、異端者を排除する「ムラ」の思考が強いので、そうさせてもらえない環境があるためだろう。同調圧力は悪しき文化だ。

SNS最大手でありながらオワコンを加速させているTwitter、そこから離反した者たちが目指す先は、新たなSNSとして注目される分散型SNS。いつも対比の存在にいたマストドンともう1つ、元々は分散型SNSではなかったが、ActivityPub実装によってマストドンと通信可能となり、実質的に分散型SNSとなったSNSがある。それがMisskeyだ。

Misskeyという名称でありながら、SNSとしても、ましてインターネットサービス全般でも珍しい国産である。あのインターネット周回遅れ無能国家ジャップから生まれたとは信じられない完成度を誇るSNSであり、しかも遊び心も多いものとなっている。初期こそ微妙な感じでしかなかったMiskeyも技術的発展によって、マストドンと並ぶ個人でも建てられるSNSとして人気となっている。

ここ最近の流れとしてTwitterを離反した者が、マストドンではなくMisskeyに流れるようなことが多くなっているらしい。また、マストドンを見てもMisskeyユーザーが多数存在し、Misskeyの独自機能はマストドンに反映されないこともあって、どうにも気になるものである。そこで今回はマストドンにずっといたリンクス岐部が使って、Misskeyとはどんなものであるかをレポートする。

【外見より中身だ】中古PC買い方指南~リンクス岐部流の選び方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 世界中のPCは常に「更新」され続けている
  • 新しいPCを購入したら古いPCは売られる
  • 法人向けPCも中古PCとして売られる
  • 中古PCは性能価格販売者(出品者)状態で選べ
  • 傷や汚れだけでランクが下げられているものは狙い目
  • 法人向けPCは意外な「掘り出し物」がある
  • バッテリーは諦めろ、ACアダプターは新しいものを一応確保しろ
  • 最後は「自分の求める基準」に達するものを買え

実は、ある記事を書いている途中で検証できなくなる事態が発生してしまった。それは1週間程度の「メンテナンス」であるという。既にその情報は出回っていたため、記事を書くための情報収集はある程度行っておいたものの、正直書くには難しい状況になってしまった。こんなことが起きるのは、ネタ作成型クリエイターあるあるだ。予定は常に未定である。

なのでPCの話をしよう。この前は大学生協PCのクソ高い価格に対してツッコミを入れた。その時中古PCについて触れたが、あくまで提案の1つに終わった。中古PCの紹介をするわけではないので、そこで詳細を語るのは相応しくないと思ったためである。果たしてどれくらいの人が、生協PCを買っていくのだろうか。或いは買わずに他のPCを買っていくのだろうか。気になるところではあるが。

それはともかく、私が使ってきた自分専用PCは全て中古であり、法人向けであった。現在はHP EliteBook 8570wで3代目である。初代は富士通 FMV-R8250、2代目はHP EliteBook 8440pと、どれも癖のあるPCだった。性能も極端で、初代はC2D/RAM 4GB, 2代目はi5(初期のモバイル用)/RAM 8GB, そして3代目はi7(3th Gen)/RAM 24GBと、段階を踏んで向上していった。最初は中古PCの選び方がわからなかった私だが、3つの中古PC購入と運用を経て、どのように選ぶべきかがわかってきたのである。

そこで今回は、中古PCの買い方について指南する。ECサイトをはじめとしたオークション・フリマサイトでも売られている中古PC、その性質上当たりはずれが大きいアイテムになりやすい。そこでリンクス岐部流の選び方を身に着けて、中古PCの当たりはずれを見分けられるようになれば、もっと快適なPCライフを送れることであろう。

【要らない】大学生協PCに物申す!~そのPC、高すぎです!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 毎年2~5月の名物、生協PC
  • 生協が4年間の大学生活用にオーダーメイドしている「特注品」
  • 特注品に加え独自の保証を加えるため高額になる
  • 「Officeプリインストール」は購入理由にならない
  • そのPC、自分の求めるスペックかどうか
  • 比較:中古PCでも状態と性能が良ければ4年間使える
  • 自分に合ったスペックと価格のPCを買うのが一番
  • 大学生協PCを買う金をケチって好きなことに使うといい

PCは、ただ使う分には何も面白くない。ただ使うというのであればなんとなく動く程度でいいわけで、それこそIntelで言えばCeleron, Pentium, Atom, AMDで言えばAthlon, Sempronで、安くてスペックがなくてもOKということになる。CPU(APU)は、何がしたいかを目的で選ぶのが一番間違いがない。もし汎用作業(Officeを使う程度)であれば、スペックはそこまで必要ないだろう。

私は汎用で使うほかには動画視聴、動画編集に画像編集、マルチウィンドウ、ブログ編集を行う。その他、仮想マシンを時々、Windowsと同時に使用することもある。そのためある程度の性能は必要だ。それでいて価格は抑えたいわけで、そうすると市販のPCでは到底満足できるものではない。そこで私は一般ユーザーだが法人向けのもので中古で売られている、所謂「型落ち」を好んで使っている。この型落ち、性能に対して価格が大幅に下がっていることが多く、お買い得である。それ故未だに、「完全に新品の」PCを使ったことがないのである。

さて、死のコロナウイルス情勢の中でも学校関係、特に大学はメインが所謂オンライン講義がメインとなった以外は、いつも通りのようだ。PCが全学生に必須になった以外は。新入生が発生する2~5月からの時期においては、大学生協が新入生向けに4年間使えるPCと銘打ったものを新たに販売している。それは、4年間の保証をセットにして大学生協の特注品を販売している。およそ私立大学入学費の1/10くらいの価格(12~20万)である。クッソ高い。金のない時代に高すぎはしないか。

性能や保証は悪くはないものの、そこまでして果たして価値があるかといえば、それには首をかしげざるを得ないものがある。それに大学生という身分、金を使って「やりたいこと」は多数あるはずだ。そこで今回は、あらゆる方面から考えた上で、大学生協PCにツッコミを入れていく。私は中古PC派なので、大学生協PC vs 中古PCの記事となるであろう。

【アフィカスにバァーイ】検索結果から削除!uBlacklistのススメと使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 検索エンジンで最も価値の高いGoogle
  • Google検索の上位に乗ることはサイトステータスとして重要な項目
  • 検索上位にするために「工作」する悪質まとめサイト/キュレーションサイトの存在
  • 指定サイトをGoogle検索の結果から除外するアドオン”uBlacklist”
  • 指定URL除外のほかマッチパターンと正規表現が利用可能
  • 動作は「結果を非表示」にしているだけである
  • 中身の薄いサイトに邪魔されることはもう終わり

新年、いかがお過ごしだろうか。私はいつも通りだ。年末だからとかで書かずに休むことは、私には似合わなかった。書いていないと、何か落ち着かない。このことから、私は一種の職業病のような状態になっているようだ。まあ、それも生き方というものであろう。

さて、新年一発目、しかし新年だからと言って特別なことは書く気がない。私の書きたいことを書くのがこのリンクス岐部のブログだ。ところで最近気になったことと言えば、まとめサイト/キュレーションサイト/アヘリ8サイトが検索結果に出てきてうざいことである。オリジナルコンテンツのオの字もないようなサイトが検索上位となり、多くのネットユーザーに不快を与えるあのクソサイト群である。URLを見るだけでもアレルギー反応が出るくらいだ。それらは往々にしてGoogle検索に対して最適化されていることが多く、世界の99%はおそらくGoogleを検索エンジンとして使用しているであろう、それらユーザーを誘導する目的で対策されていることが多く、それを行う奴は人間の屑の極みである。そしてGoogleは機械的な順位付けをしている以上、条件に一致さえしていれば上位に居座り続けるのだから、尚更タチが悪い。

だがブラウザのアドオンとは偉大である。それら害悪なサイトを直接指定して除外するわけではないが、アドオンのオプションから設定することでGoogleの検索結果から除外してくれるアドオンが有志によって開発されているのである。そのアドオンの名はuBlacklist。アフィカスのURLさえあれば、どんなアフィカスサイトも検索結果から除外できる優秀なアドオンである。読み終わったら今すぐにでも入れるといい。

【振り返り】総括・2020年~失われた1年と成長する「私」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 私的な1年の振り返り記事
  • 1月の死のコロナウイルスであらゆるものが「失われた」
  • その間に料理の腕が何故かいきなり上がった5月からの変化
  • 社会は変わらずか悪い方向へ変わり、だが自分は良い方向へ変わった
  • 失われた1年の間に得られたものは大きかった
  • 総括:最悪の年に最高の成長をした

21世紀は最悪の事態詰め合わせセットなのか。100年に一度の事態が20年のうちに3回も起きていることになる。2008年・リーマンショック。2011年・東日本大震災。そして2020年・最新生物兵器:死のコロナウイルス。1003=100万である。20年のうちに1/106の確率を引き当てていることになる。いくら何でもひどい仕打ちだ、子供が不憫で仕方ない。

さて、2020年、死のコロナウイルスという最悪の真っ只中にいるわけだが、その最悪の1年も終わろうとしている。おそらく今後も馬鹿共のせいで終息しない死のコロナウイルスと隣り合わせの世界で戦い続けるだろう。だが2021年に入る前に、なんとなくだが総括として2020年を振り返る記事を書くことにした。この1年を振り返って、私的にどうだったかをまとめてみるというものである。これは自分のこと、社会のことの2つに分けることができる。前者は色々と変わったが、後者は全く変わっていない印象である。それどころか怒ってばかりだ。

何もかもが大きく変わり、前に進むのは非常に困難だ。それどころか望んで悪い方向に進んでいるという感触しかない。そんな中で見つけたものは、何だったのか。それを振り返ってみることにする。

【解析不能化】cipher.exeでデータほぼ完全削除!ストレージ廃棄の必須事項解説

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 流通量増加で頻繁に交換されるようになったHDD/SSD
  • 古いものはデータ削除し捨てるか売る
  • 通常の方法でも十分だがやや不安が残る
  • データ削除はWindows標準の”cipher.exe”で削除が可能
  • cipher.exe実行時の特定コマンドと実施時の注意事項を記載
  • 削除後に復元テストしても殆どを復元不可能にできる
  • 標準機能だけで安全に、ほぼ完全に消すことが可能

昔の技術が現在になって見直されて、再度表舞台に姿を現すことがたまにある。その例として磁気テープやアナログレコードがある。磁気テープは現在LTO(Linear Tape-Open)として現在も容量・圧縮・耐久性向上などの全般研究がされており、アーカイブやビッグデータに使用される。アナログレコードはデジタル音源より音質が「生」であることから再び注目されるようになり、レコードの再生機材であるターンテーブルも再生産されるようになった。

そんな変化があっても、PCで使用されるストレージ、一般にディスクの事情はほぼ不変である。エンタープライズ仕様はともかく、一般ユーザー用のディスクは容量も耐久性も価格相応のものとなっており、数年したら容量や耐久性の向上した次世代のディスクに切り替えるということは多い。その際古いディスクはフォーマットを行い、廃棄または売却をする。もっとも、殆どは売却して金にすることが多いようだ。

しかし廃棄するにしても売却するにしても、データ削除の方法が適当な場合は、個人情報ないし機密流出の危険に繋がる。というのも、多くは「フォーマット」して削除することであろうが、クイックフォーマットではただインデックス削除を行うだけでデータそのものは残っている。したがって削除も行う場合、通常のフォーマットが選択される。これくらいのことは例え素人でもできて当然である。だが、適切な処理をせずディスクを廃棄した例が企業や自治体レベルで存在し、組織レベルでやらかすのは、はっきり言って異常である。個人レベルでも危険であるというのに、だ。

そこで今回は誰でも、少しのcmd知識と大幅な時間でできる、ストレージのデータの安全な削除について書いていく。ネット上の情報では、どうもフリーソフトないし有料ソフトへの誘導が見られるため、なんか気分が悪かった。そのためここでは誘導なし、ソフトのダウンロードなし、Windows標準機能だけでできることとして、気分が悪くなることがないように書いている。

【使い方次第】SNS第3勢力”Gab”を使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Twitterを追われたトランプが逃げた先として有名なSNS”Gab”
  • Twitter他中央集権型SNSが奪った「言論の自由」のSNS
  • 極端な政治思想保持者が集まるため多方面から嫌悪される
  • 無謀にもリンクス岐部が登録してみる
  • 登録は簡単、UIはTwitterライク、システムはマストドンライク
  • 初期グループはIntroduce Yourself、マストドンのLTLに相当
  • 一部機能が有料限定、そして全体的に使いづらい
  • 勇気ある者だけが利用する場所

Twitterは誰も批判していなくても、ちょっと攻撃的だとすぐ凍結するという無差別凍結は相変わらずだ。それでいて特定思想は擁護するのだから、本当にタチが悪い。その上他のSNSを平然とパクっては自分のものにしているとなれば、やっていることは大陸から海側に飛び出ているどこかの大統領が頭の悪い国のようである。ミサイルを撃つやばい国のお隣さんのことだ。

さて、SNSは2020年、大変な盛り上がりを見せている。全ては特定思想優遇/排除と無差別凍結、表現の自由の不当な弾圧を行い続けるオワコンSNSの究極神Twitterとその運営が悪いのだが、これを受けて中央集権型であるFacebook, Instagramでも同様の事態が発生している。その結果、多くの従来型SNSを追われた一般ユーザーはマストドンへ逃げ込むことが多くなった。分散型SNSの概念はこれから浸透していくことであろう。

それとは別にTwitterを追われた、主に白人男性ユーザーが多いSNSがある。名称はGab。このSNSは世間一般にはTwitterを事実上出禁になっているドナルド・トランプが利用しているSNSとして有名であり、極端な政治思想を持つ者達の最後の安息の地である。というのも、多く極端な政治思想を持つ者は過激発言故に殆どのSNSを「追放」されている経験があるが、Gabは言論の自由を掲げており、Gab上の過激発言だけではGab運営は一切取り締まらないためである。何でも言い放題のSNSである。

だが、私の周囲には残念ながらユーザーは全くいない。私が確認できた範囲で1人だけ居たが、SNSとして面白くなかったようでGabには行かなくなったようだ。その状況では、内実を知ることは難しいであろう。そこで今回は私が実際にGabに登録し、その内実についてレポートしていく。まだ登録して活動を始めたばかりのため全てがわかっているわけではないが、Gabの内実を知るには十分であろう。