【約15年ぶりの制作】”JR EAST Train Simulator”出発進行:アーリーアクセス編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 実写映像と忠実に再現された挙動の鉄道運転シミュレーションゲーム、Train Simulatorシリーズ
  • 音楽館名義でのコンシューマ向けゲームはRailfanを最後に終了
  • 以降は鉄道各社向けの教育で使用する業務用シミュレータやホームドア開発に専念
  • 約15年の沈黙を破り、業務用の経験を生かしてコンシューマ向けを販売決定
  • 国鉄JR東日本をパブリッシャーとした初めての試み、開発は音楽館
  • 9月20日よりSteamでアーリーアクセス版を配信開始
  • 初期は京浜東北線南行: 大宮~南浦和、八高線上り: 高崎~群馬藤岡を収録
  • その時点での最新データで構築され、展望も車両挙動も「本物」
  • 今後の展開はフィードバックを元に最低3ヶ月後にフル版を予定
  • 鉄道史に残る、新たなTrain Simulatorの始まり

歴史資料とは、一体どんなものを示すか。国立図書館にあるものか。NHKが保有する映像か。それ以外のものは、果たして歴史と認められないのか。そんなことはないはずだ。自治体や個人レベルのものでも歴史資料は多種多様に存在する。しかし1つ明確なルールがあるとするなら、捏造は許されないということ。それだけはいつの時代のいつの出来事でも、それをやってしまえば品格をただ落とすだけになる。

鉄道史において、映像記録作品は数多く存在する。その中でも異彩を放つ存在がある。向谷実氏を代表取締役社長とする株式会社音楽館が制作した、前面展望撮影による実写映像・実際の車両性能を反映・ゲーム性の融合によって誕生した鉄道運転シミュレーションゲーム、Train Simulatorシリーズだ。向谷氏の趣味から生まれたこれは現実と全く差異がないほどに再現されており、同時に撮影当時の風景を切り取っているので、ゲームであると同時に鉄道歴史資料としての価値があるものに仕上がっている。

2007年11月1日の「Railfan 台湾高鐵」を最後にシリーズは終了し、以降は業務用シミュレータや安全対策設備の開発を中心としていた。そんな中で決まったのが、JR東日本公式でTrain Simulatorを家庭用に復活させるということだった。約15年の沈黙を打ち破り復活したTSシリーズ、最新作はSteamのみでの配信となる。この15年で果たしてどのように変わったのか。アーリーアクセス版が配信されているので、実際に走らせてその詳細を確かめていく。

【救え、その手で。】「オノゴロ物語」やってみた!~ようこそ「オノゴロ島」へ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2020年から始まった国産VRゲーム開発と市場への投入
  • 海外のVRゲームに負けないその出来栄えが世界に受け入れられる
  • あまた株式会社、自身の国産VRゲーム第2作目「オノゴロ物語」を発表
  • 各アンバサダーの宣伝や割引セールで色々見てきたが実際にやってみることにした
  • 舞台は気の力と蒸気機関が融合したオノゴロ島、「和風伝奇スチームパンク
  • 陰陽銃の使い手として、223代大神宮祭主コセ・ハルと共にアラキダ・マサタケを追う
  • 大正時代のような懐かしい街並みを眺めながら、2人で協力して敵を討ち謎を解く
  • オノゴロ島に現れた五柱のカミを、2人の力で鎮めていく
  • バーチャルキャストCVOみゅみゅ氏の協力でバーチャルキャストでオノゴロ銀座が再現された
  • 『私の直感は当たるんですよ!』

ゲームについて書く時、それをどのタイミングで書くのかというのがある。それが発売されたばかりの最新ゲームであった場合、発売の数日後にはいくつかの記事や情報がインターネット上に早速転がるわけだが、その場合「少しだけやった後の感想」系のものが多くなるであろう。そのゲームについて興味を持っている人に働きかけるという意味では、少しやって早い段階で情報を出した方がいいのだろう。逆にシリーズが完結していたり続編が存在しないものは、がっつりやり込んだ人の情報解説などがあると思われる。これはe-Sportsの世界になるであろう。

VRゲームも2020年あたりから国内メーカーが積極的に作るようになってきた。それまではVRのイメージがどうしても海外的なイメージが大きかったためか、ゲームも海外メーカーが開発したものが多い。それを打ち破るように続々と登場している国内メーカー製のVRゲームは、意外にも海外受けするものが多く、世界に認められるようになってきた。しかもそのメーカーは、大手ではなかったりするので尚更驚きだ。

あまた株式会社もその1つである。2019年11月12日には彼らの第1作目となる”Last Labyrinth”を発売。レート指定が18+となるも、作り込まれたVRゲームであるこれが反響を呼び人気となった。そうして第2作目が作られた。和のテイストに蒸気機関を融合したスチームパンク、あまたはこれを「和風伝奇スチームパンク」と呼ぶ。その作品名、「オノゴロ物語 ~The Tale of Onogoro~」。国産VRゲームとしても注目作品のこれの魅力に迫っていく。

【安定して使いたい】ボイスチェンジャー最適解探し:無料プラグインとソフトウェアで

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberの中でも多数派な「ボイスチェンジャー」型
  • 現在は有料・無料問わず多くのものが存在する
  • 無料で有名な「恋声」は致命的不具合を持ち、代替案を探す必要がある
  • DAWとVSTプラグインで安定するという情報を聞き、検証することに
  • VSTプラグインにはRovee, Graillon 2, DAWにはCakewalkを使用する
  • 初期設定と登録が面倒であるが、それをこなせば問題ない
  • VCn以外を目的としたプラグインも簡単に導入できる
  • FFT(高速フーリエ変換)が使えるVSTでマイクノイズの除去も簡単
  • DAW1つで殆どのことができ、負荷もかなり軽い
  • VCnで困っている人、色々したい人の最適解は”DAW+VST“だった

声は、人の第二印象であると考えている。第一印象は外見で、これは言うまでもない。その次に五感で捉えることになるのが音だ。それも、能動的に発生させやすい声である。同時に声はその人のイメージの殆どを決める要素にもなり得る。それ故に多くの人が「第一声」を気にするのであろう、最初にかける言葉は大半が決まった挨拶である。それはそうで、いきなり自分のことを語りだしたとしたらそれは単に危ない人である。

VTuberもこれは同じだ。第一印象はモデル、第二印象はその声であることは簡単に想像がつく。しかし違いがあるとすれば、配信ないし動画投稿をメインとするそれは殆どの場合で「相手の顔が見えない」ことで、さらに不特定多数に見られる構図となる。一応コメントなどの機能があるのでリスナーからの反応を貰えるが、それでも顔は見えないので感情や考えは読み取れないものとなる。

ところでVTuberのモデルは理論上なんでもOKで、その際に考えるのが声である。自身とモデルの性別が一致する場合はそのままでいいとして、異性となる場合や人ではないものになる場合、声を変えて運用することも考えなければならない。その時に登場するのがボイスチェンジャー、私はVCnと呼んでいる。これまで無料である恋声を検証で使用してきたが、バッファが溜まるとフリーズする致命的欠陥を前に、新たな策を探すことになった。そしてある情報から最適解と思われるものに辿り着いた。今回はその検証となる。

【お手軽3D配信】”VRoom”使ってみた!~VTuberの強い味方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 3DやVR空間を生かした配信ができるのはVTuberの特権
  • VTuberでもVRデバイスを使わない通常配信も行う
  • VR空間を手軽に再現できるなら見せ方も大きく変わるはず
  • それを叶える新アプリが御嬢沙真夜の個人開発・β版提供中の”VRoom
  • VSeeFaceと連携しており、初期設定に手を加えるだけで簡単に連携できる
  • Ver0.9.5では6種類の部屋が実装されている
  • サブメニュー、キーボードとマウスを駆使して自分好みに構築する
  • ファンクションキーにエフェクトが割り当てられ、演出ができる
  • ちょっと3Dで見せたい時、VRoomの出番だ

ゲーミングラップトップに対する各個人の考え方を、その手の人で集まって話し合いをしたいという気分である。そこには純粋なゲーマー、VTuber、玄人志向ならぬ中古志向といった、様々な考えのもとで使う人を集め、それらとゲーミングラップトップについてどう考えているか、どう使っているかということを話す。そこには新しい発見と、既存の考えの間違いを見つけることができるかもしれないからである。と言ったところで、私には企画力はない。

VTuberの3Dモデルという特性を生かした配信は、たまに行われる。その場合は一般にVRデバイスを用いて、VR「向け」にも展開されているSNSのようなアプリで、現実のYouTuberがやるような配信を行う。例を挙げるとVirtualCastがそれである。これを使って配信を行えば、まさに「VTuberらしい」ができるのである。ただこの場合、単純な雑談などの使用が多く、ゲームでは使用することは少ない。

よって普段のゲームや歌の配信では、3Dモデルを端に配置するか、それ向けの部屋っぽい画面構成を作ることであろう。ただその場合はどうしても平面的なものになってしまう。そんな見せ方の悩みを解決するアプリが、個人の開発で登場した。御嬢沙真夜、おそらく開発者自身もVTuberであろう人が”VRoom”を作り、β版として配布されている。これは卯塚ウウ氏が使用しているが、それでも周りではまだ使用している人は少なく、結果、検証量も資料も少ない状況。よって私が実際にこれを使用して、果たしてどんなことができ、どのような使い方をするといいのかを見ていく。

【中国製の実力】中国製電子遊戯用PC「神舟精盾 KINGBOOK T65」実物検証!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在の達成すべき目標「ゲーミングラップトップ」の入手
  • ゲームではないがクリエイティブ作業にはGTX 1050-Ti(M)以上が理想
  • 状態のいいものは競争になり、一部破損したジャンクでも3万超えで入手困難
  • 日本ではほぼ無名の中国のPCメーカーに目を付けた
  • 中古で状態は悪くない「神舟精盾 KINGBOOK T65」を入手、検証することに
  • 外観は素朴だが中身はゲーミング要素を持つ
  • 基本スペックが多くのエントリー向けゲーミングラップトップと同等
  • ベンチマークは高成績ではないが並以上、十分な性能
  • 主目的の配信・録画でも必須ソフト・ツールの同時使用に耐える
  • ゲーミングラップトップを安く手に入れるならマイナーな中国製を狙え

安さへの挑戦は、身を削る努力とも言える。安くするためには何かを犠牲にしなければならないというのが常であり、できることをできる限り行った後でさらに身を削れと言われると、正直やりたくないことである。無理をすれば品質と価格の両方が維持できなくなることは容易に想像できる。それでもなお、補償の1つもなしにあらゆるところから安さへの挑戦を強要されるとなれば、辞めたくなるに違いない。

その苦しみとは無関係というべき状態で安さを極める国といえば、中国。中国共産党は相変わらずクソだが、IT・ゲーム関連の企業などはその狂気の独裁の縛りをうまくかわしながらものづくりを続けて、中国国内はもちろん一部製品は世界展開もしている。これまで私は有名・無名に関わらず中国製品レビューを行ってきているが、いずれもちゃんとした製品であることを自身の体験で実証している。もはや「中国だから」とは馬鹿にできないレベルの品質だった。

PCについてはどうか。巨大かつ有名なのはやはりLenovoだ。だがそこだけが絶対的覇権と言うわけでもない。世界展開していても目立たない企業は多く、中国名で神舟、英語名でHaseeもまた例外ではない。度々価格破壊で業界に衝撃を与えてきたここがゲーミングに手を出したときも、やはり価格破壊が起きていたようだ。そんな中で偶然入手できたのが、精盾 KINGBOOKシリーズから、i7-7700HQ+GTX 1050-Ti(M)を採用するT65。状態は良好であるので、どんなものかを見ていくこととする。

【手もトラッキングしよう】”VSeeFace”使ってみた!~Leap Motion編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回はVSeeFaceのセットアップ作業を解説した
  • VSeeFace自体は頭の動きと表情のみをトラッキングする
  • 手もトラッキングする場合はLeap Motionが必要
  • 中古ながら状態の良いものが偶然にも入手できたので検証する
  • 前提として現サービス提供元のUltraleapへの登録が必須
  • デバイスを認識するためにGenimiのインストールを先に行う
  • Ultraleap Trackingを起動しておけばVSeeFace側でONにするだけで認識する
  • 正しいトラッキングのために、置く場所によって細かく調整する必要がある
  • 結論:トラッキング精度は多くにとって十分と言える

中古市場と日本やアメリカなどでは絶対に見れない、中国製のぶっ飛んだ製品を探すのが好きである。この2つの共通事項は「ギャンブル要素を大きく含む」ということ。はずれを引いたときには台バン不可避だが、あたりを引いたときは嬉しいもの。特に中国は普通では考えないものを作り出すことが得意で、ニッチな需要を満たすこともできる存在である。それを考えると愛国者様が「チャイナフリー」と思考停止に叫んでいることに疑問符しか出ない。中国製品に大いに依存しているのに叫ぶ姿は、現実を直視できない惨めな人間だ。

さて、PCを操作する時はキーボードとマウスが絶対必要なのは言うまでもないことである。CUIのみの昔はキーボードしかないが、今はマウスがほぼ絶対的主権を持っている。というのも、OSがソフトウェアキーボードを用意していることが多く、マウス1つさえあればキーボード入力もできてしまうためだ。ある意味PC初心者にはありがたい話ではある。

それよりもっと進んだ話が、マウスを使わず手で直接操作するということ。このとき、キーボードもタッチパネルも使わない。そんなSFのようなことができるわけがない、そう思うのは既に昔の話になっていた。旧Leap Motion社(米)、現Ultraleap社(英)が開発した非接触型ハンドトラッキングセンサ”Leap Motion”が2012年に登場した。元々は業務用、法人向けに開発されたデバイスで、Amazonでの一般販売は2013年12月16日から開始されている。これがVSeeFaceにも対応しており、これを組み合わせることで手も「再現」できる。これを偶然にも中古で入手したため、再度VSeeFaceを試すことにした。

【VRのおともに】ゆかりねっとコネクターNEOを使いこなす~VR編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信必須ツールの定番、翻訳字幕のゆかNEOとコメント関係のわんコメ
  • 通常は配信で使用するものであり、現在はかなりの利用者と資料がある
  • ゆかNEOはVRでの使用をサポートしている
  • 使用者は存在するが明確な資料は少ないため書くことに
  • 現時点で確認できる対応先はSteamVR, VRChat, VirtualCast
  • 前提として同一のPC上にゆかNEO・わんコメと対応するソフトが存在することが条件
  • 基本となるVRオーバーレイは字幕以外のものも出すことができる
  • VirtualCastはTSOで提供中のVCIを利用して表示できる(はずだった)
  • VRChatはOSCを支援するだけのもので、字幕表示機能ではない
  • 結論:ゆかNEOには土台がある、それを生かせばVRでも使える

VR方面の発展は、他の技術と比べるとどうしても遅いと感じる。これは大手のVRへの参入が少ないせいだろう。特に国内のVR参入について積極的な企業がどうしても少ないように感じており、そのせいもあってまだプラットフォームやデバイスといったものが不十分かつ未発達のようにも思える。特にVRデバイスは、安さの殿堂でもあったMeta Quest2が値上げされ、結局カテゴリー全体で高級デバイスに逆戻りであり、VRの発展が一時的に停滞しかねない事態が発生した。全世界に衝撃が走ったのは、言うまでもない。

VRコンテンツの代名詞とも言えるVR-SNSだが、最前線にあるVRChatは制作・運営の中心はアメリカにある故、言語の壁が大きく立ちはだかる。普段ならDeepLだったりの翻訳ツールなどを使えば簡単に意思疎通が可能だが、VRはその特性上、従来の方法を利用できない。配信でもないのでゆかNEOの翻訳と字幕を利用することも難しいというのがこれまでのVR特有の問題であった。

それでも開発者のNao氏は諦めなかった。ゆかNEOを改良し、いくつかのVRプラットフォームについてはそのプラットフォームで追加の設定や準備を行うことで、配信で使うような字幕と翻訳を出すことを可能にした。一部はゆかNEO以外のものもVR上に映し出すことができるようになっている。字幕はもとより翻訳もVR上で出せるようになれば、VRでも言語の壁を越えることと聴覚障害サポートに繋がり、活動の幅も広がるはず。よって今回はVR検証を行っていく。