【少なっ!】アンケートサイトの問題点 – 時間対効果と正答率

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 何か集計を取りたいときに使う方法、アンケート
  • 無償は少なく、何かしらの有償アンケートが一般的
  • リサーチ・市場調査専門企業がポイントサイトやアンケートサイトに配信し結果を回収している
  • アンケートの「時間対効果」の薄さが目立つ
  • 「理想の回答」をすれば高ポイント貰えるのはどうなのか
  • 海外アンケートはクソさ加減が目立つ
  • 純度の高い結果を得るには「相応の報酬」が必須である

人から意見や情報を集めるとき、単純な聞き込みで足で稼ぐのと、インターネット上でアンケートという形で情報を集めるのと、なんか唐突に電話がかかってきて答えさせられるのがある。大体がこんな感じであろう。電話に関しては、無能政府がたまにやる程度でしかないが。

さて、そんな中でもアンケート、特にインターネット上で行えるアンケートは、簡単に行える「小遣い稼ぎ」の1つとしても話題となっている。そして、謝礼は「ポイント」という形で付与され、独自ポイントの場合があれば、Tポイントのような既存のポイントで付与される場合もある。多くは前者であり、後者はキャリアが運営するアンケートに多い。

しかしこのアンケート、大抵は時間を取られる割に、報酬が非常に安いことが殆どである。5分かけて1~2ptということはザラであり、時間対効果は非常に低い。これはアンケート専門サイト以外のアンケートによく見られるもので、専門サイトであれば時間や記述式に対して十分な報酬を用意していることが多い。同じアンケートでも、配信先によって差が出ることもあって、不公平さが滲み出ている。

また、大抵のアンケートは回答によって分岐するように設定していることが多いので、理想としない回答が入力された場合は終了、逆は継続という、事前の構成によって作られている。当然継続した方が報酬は高い。したがって、理想の回答さえ入力すれば継続でき、報酬も獲得できてしまうという、「結果の信頼性」に関わる問題が発生する。これらの問題も含め、今回はアンケートとアンケートサイトについて、私独自の視点から切り込みを入れていく。

【新品同然に回復】ソフトバンク「配送交換」サービスを利用してみた

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スマートフォンは消耗品であり、こわれもの
  • キャリアが保守サービスを用意している
  • SoftBankは「あんしん保証パック(プラス)」を提供している
  • 利用中の同型機のリファービッシュ品と交換できる「配送交換」サービス
  • かなり壊したXperia 1でサービスを利用して記録を残す
  • 手続き方法とすべきことは意外に簡単
  • データ移行に抵抗がなければ修理よりいい

スマートフォンとは進化の連続である。そのため、最新機の発表があったと思えばすぐに次世代機の開発計画があったりと、誰もが利用するものだからこそPCよりもサイクルが早い。現在は5G対応スマートフォンが加速しているが、肝心の5G自体は整備が進んでいないように思える。気が早すぎるのではないか。

そのスマートフォンも、サイクルが早い故か、それとも手元に収まる精密機器の塊のためか。高額でありながらもよく壊したり買い替えたりすることが多くなっている。買い替えの場合は売って金にするであろう。壊した場合は保証を利用して修理をするのが一般的である。もっとも全損であれば新しいのを買った方が早いが。

ただ、毎回新しいのを買うのは資金的余裕がないことであろう。その時、ケチッていなければ何らかの保証サービスに加入していることであろう。私は孫切りしないせいでユーザーが損をすることでおなじみのSoftBankで、Android向け保証サービスである「あんしん保証パックプラス」に加入していた。それが幸いしたのか、破損したスマートフォンの交換サービスを受けることができたのである。

あんしん保証パックプラスに内包されている、「配送交換」サービス。 これを実際に利用して、その最後までを詳細に記録した。修理してもどうにもならないので利用しようと考えている人に、これを読んで検討するといいだろう。

【独自ルール】個人的・記事のネタの作り方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ブログクリエイターは記事のネタ探しが重要
  • 探しても見つからないことがたまにある
  • 適当なネタは制作時間がかかるため不適当
  • 自分の好きな(得意な)ネタを書くのが最適
  • 感情に任せて書くのも1つの方法
  • (不適切でない範囲で)どんなネタも題材になる

各個の事情により普通の仕事ができない人からすれば、分類的には副業と扱われる分野をメインとして収入を得るということは多い。その時点で1つの職業となり得るのだが、世間的には下に見られる仕事であるようだ。やはり、企業に所属することが正義なのだろうか。

さて、副業の中でも割と昔から存在するものとしてブログがある。昔はどうだったかはさておき、現在のブログは広告を配信する企業と提携し、自分のブログに広告素材を貼り、ユーザーによるアクション(視認、反応、購入)で発生する収益の一部を広告を配置しているサイト運営者に分配される形で収益を得るものが多い。このうち購入や契約といったアクションに対して報酬が発生するものがアヘり8アフィリエイトと呼ばれている。対して、広告のクリックや広告の表示でも報酬が発生するのがGoogleの提供するサービスであるGoogle AdSenseがある。前者は比較的誰でも参入できるが、後者は審査に合格しなければ利用できないものとなっている。

上記のサービスを利用して、有効に収益を得るためには、ブログの継続更新が必須である。だが何においても継続は容易なことではないように、ブログの継続もまた容易ではない。特に、毎回ネタ=題材を考える必要があり、これがやっていくうちに尽きて書けなくなってしまったということも決して少なくない。そうなると、運営していくのもなかなか苦しいものである。

そこで今回は、別に意識してはいないがなんとなく「こうするとうまくいく」的なことを書いていく。あくまで私のやり方であるので、参考程度に見てもらえるといい。

【終焉】独裁者・安倍晋三の辞任に思うこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 独裁者・安倍晋三、8月28日に辞任の意向を表明
  • その2週間前から検診を受けていた事実
  • 体調不良では独裁者の地位を務められないと判断し辞任表明
  • 体調不良は「言い訳」、辞任は「逃げ」、問題解決せず逃げる人間の屑
  • 真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した
  • ネット上の安倍擁護に「お前ら洗脳されている!」
  • 独裁者は最後まで責任逃れをした。こんな屑が何故生きてるの?

民主主義の敗北が2013年に起きてから7年が経った。日本最悪の独裁者・安倍晋三が罷り間違って総理大臣になってしまい、暗黒の時代を歩んでいた。そのことにNOの提示を一般国民が提示しても、独裁者は自身の権限とその椅子が心地よいために、決して椅子から立とうとはしなかった。自分が正義で一般国民は正義ではないと言わんばかりに。

そのお遊びも、過ぎれば自分に返ってくる。不要な人間が独裁者になったり混乱を招いているのにその者が処罰を受けないため、無神論者である。そのため因果応報は信じていないが、今までの一般国民を馬鹿にした行為・政策の代償を受けることになったようだ。体調不良により、辞任することを表明したのである。

それは長きに渡る独裁政治に自ら終止符を打つということでもあるが、同時に多くの問題を未解決のままにして「逃げる」ということである。それは、在任中に何度も行った「責任逃れ」そのものである。これは人の上に立つ者が一番やってはいけないことである。よくも平然と、「逃げる」ことができるものである。これも人の心を持たないが故であろう。

今回は、今まで積み上げられた怒りをぶつけるように、独裁者の辞任についての思いを書いていく。

【人柱】販売されているOfficeグレーライセンスを検証する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 無料オフィススイートの対比、格安Officeライセンス
  • オンラインショップには非正規ライセンスが蔓延している
  • 本当に使えるのか?人柱してみる
  • レビューだけを頼りに実験対象の1ショップを選定
  • 何度かのやり取りの末、無事認証完了
  • 結論:ショップによる。金をドブに捨てる気持ちで

日本人がケチになったのは、国民性ではなく、無能政府と上級國民が私利私欲のために一般奴隷国民に金を出さないようにしたからではないか、という可能性を考えた。そうなればどうしても節約せざるを得ず、無料のものや値引きに少しでも飛びつくのは無理もない話である。噂では、国家としては奴隷国民は貧乏なほど回るらしい。意味不明である。

さて、前回は無料オフィススイートの代表格であり実質一択のLibreOfficeのユーザーレポートを執筆した。正直なところ、オフィススイートは価格的な問題も兼ねてこれ一択でもいい。一方、所謂MOSの資格のためとか、使用ソフトウェアの規格を統一するためとかで、Officeが必要な場合があるだろう。その場合は仕方ないため購入するしかない。しかし金はかけたくないとなれば、グレーライセンスも残念ながら視野に入ることになる。

そこで今回はオンラインショップに蔓延しているグレーライセンスについて、その中から1店舗を選択し、所謂「人柱」としてそのライセンスが使えるかどうかを検証した。これは、購入前の選定から完全なインストール完了までを執筆している。

【実質Office】「LiberOffice」使用レポート

この記事の概要を簡単まとめ!

  • The Document Foundationのプロジェクトが開発するオフィススイート”LibreOffice”
  • 無料のオフィススイートながら開発が継続されている
  • LibreOfficeの各ソフトウェアを軽く紹介
  • Officeの拡張子で作成されたファイルもR/W可能
  • 今のところできないことは殆どない
  • OfficeにこだわりがないならLibreOfficeは優秀

PCをはじめとするIT関係、ハードウェアもソフトウェアも進化が非常に早く、そして製品サイクルも早い。今日寝れば、明日には新しい何かがもう出来ている。時間の流れが圧倒的に早い場所で常に戦い続けるエンジニアは、世界の最先端を行っているのだろう。

時代の最先端を行く技術者集団の1つにMicrosoftがある。ここが開発したWindows OS, Officeは事実上の標準であり、知らない人も使わない人もいないといっても過言ではない。だが金のかかるこれは、WindowsはともかくOfficeには金をかけたくないと、これを使わないようにしたい人も出てきた。そうなるのは安易に予想できる。

前回は格安・グレーライセンスに対する警鐘を書いた。その際にフリーのオフィススイートとしてLibreOfficeが存在することを少し触れただけである。今回はLibreOfficeの中身について触れていき、Office互換ともされるこれがどこまで可能なのか、見ていくことにする。グレーライセンスかOffice互換かで迷っているなら、これを読めばOffice互換と決心できるようになるだろう。

【九州ラーメン総選挙1位】「ラーメン暖暮」をレビューする

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 九州ラーメン総選挙2002年第1位「暖暮」
  • 平成12年(2000)に福岡県筑紫野市に1号店をオープン
  • エースコックとのコラボでカップ麺で登場
  • 注文スタイルは食券前払い方式、注文時に好みを設定
  • 豚骨は甘く、しつこさを感じずに食べられる
  • メニューも豊富に存在し、飽きない
  • 総評:☆5、何杯でもいける豚骨ラーメン

唐突だが、うざくて何もものを分かっていないのに偉そうに語る、J-WAVE81.3の金曜日の16:30-20:00の、通称「飯食い」がトイレの神様を冒涜するようにカメックスしていたことが明るみに出たことで干されたのは、既に懐かしい話である。他人の舌など所詮その程度であり、同時に何も分かっていないやつほどうるさいのだから、聞く側はたまったものではない。それはヘイトが溜まるものである。それがなくなった途端、少し生き生きしている人がいるようである。

世界にはまだ見ぬラーメンが多く存在する。だがそのラーメンを知るにしても、時間と金の制約は厄介なものであり、また実店舗における混雑時間帯や店舗までの経路といったローカル情報についての情報収集が必要であり、これを怠ると超時間待たされることは必然である。これは、冬はともかく夏の時期にそれをやっては食べる前に死ぬのがオチである。

それはともかく、九州の外からのイメージは豚骨ラーメンである。実際にはうどんの方が多いが。これまでは九州内でのみ店舗を出店・拡大することが殆どであったが、最近は少しずつだが全国展開を開始した。一部は海外にも出店している。今回は海外にも出店し、九州ラーメン総選挙2002年第1位を獲得した豚骨ラーメン、「暖暮」。偶然にも近くにあったので、これをレビューする。