【安くてちゃんと拡大できる】中国製のUSB式デジタル顕微鏡使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 電子工作は肉体的にも精神的にも消耗する作業である
  • 細かい部品は肉眼では見えないことが多い
  • 作業用の拡大鏡とカメラを使用したデジタル顕微鏡の存在
  • PCで使用可能なUSB式デジタル顕微鏡、安い中国製があるので使ってみた!
  • 特別なドライバを必要としないプラグアンドプレイの本体
  • ピントは本体で調整でき、LEDライトとキャプチャ機能付き
  • 専用のソフトウェアを使うと拡大や詳細な計測も可能に
  • WindowsではWebカメラとして認識され、外付けカメラとして使用可能
  • 見えにくい小さいものはこの顕微鏡1つで十分だ

小さなものを見るときは集中力を消費する。肉眼で見る場合には当然のことで、針に糸を通すことやビーズの玉をテグスに通すといった作業は見ながら手も動かす関係からさらに肉体的にも精神的にも疲労が重なるものである。若い内ならまだしも、年をとってくれば昔ほど体力もなくなり視力も低下するため苦戦しやすくなる。それらに対応するために様々な補助器具が存在し、きつい作業を楽にしてくれるのである。

電子工作をするときも、分解して非常に細かい電子回路の部品を交換するなどの作業が必要になることは多い。それは単位がnmレベルの非常に小さい世界であり、表面実装が当たり前となった現代では1つ1つのパーツは非常に小さく、同時にパーツのはんだ付けがされている場所は非常に近いものになっている。そのため肉眼では非常に辛いもので、大抵はライト付きの作業用ルーペを用いて作業を行うことが多い。ただ、大型で目が疲れるものである。

そこで使うのが顕微鏡だ。それも生物の実験で使用される光学顕微鏡でも、光学顕微鏡で視認不能なものを観るための電子顕微鏡でもない。カメラを使用してズームを調整することでピントを合わせ、撮影した映像をPCなどの機器に送信しそれを映し出す、デジタル顕微鏡である。光学レンズの代わりに画像素子を用いてモニタに表示するということで、新しいタイプの顕微鏡として扱われるこれ。一般には高額で、企業で使用するか学校の実験で使用するかくらいでないと触れることもないものだが、例によってAmazonには中国製の安い、USB式のデジタル顕微鏡があった。私も電子工作を行う身であるので、持っておくと便利であろうと同時、果たして使えるのかを検証し、その記録を1つの記事として残すことにした。

【この空は私のものよ】”APEX Legends”参戦してみた!~空の支配者ヴァルキリー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • お馴染みのAPEX Legends 具体的攻略記事第4回
  • 「先読み」のアドバンテージを得るリコン型レジェンドの起用
  • 公式キャッチコピー「有翼の復讐者」の「ヴァルキリー」
  • Titanfall2に登場したバイパーの娘、ゲームに参戦する
  • ノーススターから改造したジェットパックがトレードマーク
  • 牽制打に「ミサイルスワーム」を放って行動を妨害する
  • チームで空を舞う、どこでもジャンプタワー「スカイハイダイブ
  • ジェットパックの自由度を生かして敵の上と裏を攻めていけ
  • 空を制する者は戦場を制する

人間関係が面倒になってきている。しかし同時にそれまで関わることのなかったタイプの人間とも関わる機会を得た。面倒と言いつつも、結局は面倒な人間関係をどうにか攻略しつつ生きていかなくてはならない。それならば、新しい人間関係を作っていくのも1つの攻略方法になるはずだ。これが果たしてどう出るだろうか。

ところでバグだらけでまともに仕事せず、鯖はゴミレベルで一時期はまともにプレイできたものではなかったことで、企業そのものが不評でゲームは名作なEA+Respawnの”APEX Legends”。未だに鯖のクソさ加減は現在進行形で”頂点”なわけで、このゲームをプレイさせたくないがためにバグを作っているのではないかと思うほどである。

それはさておき、ゲームプレイをするのは勿論であるが、私はどちらかといえば戦術や対策を考える方が好きである。それは有利に事を運ぶための事前準備であると同時、ゲームをしていない時に手軽にできる、ちょっとした思考遊びだ。しかも同じゲームをしている人とその話ができるので、それぞれ情報交換しながら、1人で考えるよりも面白くて独創的な戦術が生み出されることもある。

そうして出たものを、自分用にまとめると同時誰かの参考になるだろうと思い、こうして1本のがっちりした記事として書いている。これを続けてきた結果第4回となる今回は、Titanfall2とストーリーで直接関係があり、ゲームでも珍しい日本人(もしくは日系)キャラクターとして登場した17人目のレジェンド、ヴァルキリー。殆どのレジェンドが地上で活動する中で、パスファインダー、オクタン、ホライゾン以上に空を自由に飛び回ることのできる彼女をどう使っていくか。これを解説していく。

【気付けば終わってた】人間関係の「賞味期限」は存在する~構築と消滅の繰り返し~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間とは実に面倒な生物である
  • 「独りでは生きられない」は残念ながら正解であり、殆どで誰かと関わっている
  • その過程で特定の人物と交流するようになる
  • だが大半の人間関係は自然消滅しがちである
  • 長く連絡しない・会わない人は自然消滅しやすい
  • 例え「気が合う」同士でも思想の相違が決別の理由になる
  • 友好的になるのは時間がかかり、絶縁になるのはほんの一瞬
  • 逆にどういうタイプが長続きするのか
  • もし「賞味期限切れ」であっても、どうせそんなものであったと割り切れ

人間とは面倒な生き物であることをつくづく思う。それと同時に、私自身、なぜ面倒な人間になっているのか、それを未だに考えている。人間であるから面倒だと思うのか、それとも時代や状態が悪いからそう思うのか。その答えは、人間として生きている限りわからない。もし人間以外の存在に私が成れたとき、人間を棄てて後悔するのか、それともしないのか。難しい話だ。

面倒といえば、人間同士の、所謂「人間関係」は非常に面倒なものである。人間は、自分のことですら理解することが難しいというのに、相手のこともある程度理解した上で、当たり障りのない関係を築き、平穏にやっていかなくてはならない。それは、自分が「嫌い」と感じる人でも原則分け隔てなく、である。みんななかよく、とは昭和の時代で終わりだ。

そんな中で特定の人物との人間関係を持つことがあるだろう。それは「友人」という2文字で表せるものであるが、友人を作るハードルはインターネットの存在によってかなり下がっている。しかしその分、簡単にその関係を切れることもあって、実質的には人間関係は希薄になりがちである。そんな中でも長持ちする人間関係は、貴重なものであろう。

しかし、私が近日中に経験したのが、割と長く続いていた、インターネット上の関係がばっさり切れてしまった人が数人いた。この経験から考えたのが、人間関係には繋がり方に依らず「賞味期限」が存在するのではないか、ということだ。タイトルからして既にマイナスな内容だが、だが人間関係について違和感を持っている人は未だに多い。したがって、自分へのメモ帳としても、今回はこのことについて考えていく。

【不変な運命と修正の努力】「親ガチャ」その言葉を両面から考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テレビで使われるようになっていきなり広がった「親ガチャ」
  • 現在のソシャゲ乱発時代に生まれたネットスラングの1つ
  • 昔からある「親は子を選べない」をかなり皮肉に捉えたものなのか?
  • 「親ガチャ」というなら、URは「一般的・普通」が揃うとき?
  • 環境や両親が”UR”であっても、それを生かすのは結局自分自身
  • “C”, 所謂「はずれ」から”UR”になる人も存在する
  • しかし現実は甘くない、弱者にも優しくない、「親ガチャ」も一理ある
  • 結局格差問題に行き着く、最適解はこれの是正か?

自分の将来について、度々熟考する。同時に過去の行動も振り返る。だが過去のことは、「今」の少し前のことについて考えるのが主であり、遠い過ぎた日々のことを考えるということは少ない。既に過ぎてしまったときのことを、今更取り戻したりやり直すということは不可能である。反省材料となることにはなるが、だとすれば直近の過去をデブリーフィングした方がいいというもの。重要なのはそこから先にどう繋げていくか。といっても、先のことを考えすぎては解決しないが。

さて、非常に手軽な洗脳装置として、インターネット世代の人からは嫌われているテレビであるが、先日どこかの情報番組とは名ばかりなワイドショーにおいて「親ガチャ」という言葉が全国に放送され、主にオワコンSNSの神Twitterで話題となっている。その影響は陰にあたるFediverse上でも、表立って触れられることはなかったが数人が話題にするくらいには「センシティブな言葉」だったようだ。事実、この言葉に対し否定的反応も観測できる。

そこで今回は私KIBEKINが、そのセンシティブな話題にメスを入れて、「親ガチャ」について私なりの分析と考えをここで提示していく。メディアの表舞台で特にスポットライトを浴びる立ち位置にいる、成功者の「綺麗に濾過された意見」とは違った、不純物も私情も混じったような「汚いが生の意見」をお送りすることになるであろう。だがその方が、「きれいごと」がない分、余計なことを考えずに純粋に自分の意見を伝えることができるはずだ。

【これで1500円以内だと!?】中国製コンデンサマイク”M858″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 音を電気信号に変換して機械へ伝達する装置、マイク
  • 基本はダイナミック型とコンデンサ型の2種類がよく使われる
  • 簡単な構造で安価に作れるダイナミック型と、高精度で高音域もカバーできるが電源必須で高価になりがちなコンデンサ型
  • 所謂”YouTuber”や実況者は殆どがコンデンサ型を使う
  • 中国製にやはり、安価なのにコンデンサ型マイクがあるので使ってみた!
  • マイク自体に音量調整やエコーがあり、イヤホンジャックもミュートボタンもある
  • 指向性も音声も問題なし、耐久性はこれから検証だが普通に使える
  • 1500円以内、安すぎる怪しさとは裏腹にちゃんとしているマイク
  • アマチュアレベルならこれで十分と言ってしまえるものだった

同じジャンルのものであっても、形状・動作方式・サイズ・仕様等で全く異なるものになることは多々ある。例としてスマートフォンはOSを基準とすれば3つに分類され、次に仕様で分かれるといった感じだ。PCにおいては同じモデルであっても製造時期と採用するパーツによって、それぞれが別物として扱われることも多い。

その違いを最近実感したのはマイクである。マイクは2020年から始まった死のコロナウイルスの影響によりテレワークが急速に進んだことによって安価で粗悪なマイクですら一気に売れていったもので、現段階ではマイク需要は一定のラインを超えたため落ち着いている状態だ。その過程で、仕事用のマイクも多数が新規製造されていった。その多くはダイナミック型だ。安くて入手しやすいこれは私も知らずのうちに使っていた。

だが周囲の音を拾いやすいこれは、自分の声を正確に届けることやYouTube他の動画制作及び配信等で使用するには不十分なものである。その時に選択されるのがコンデンサ型である。コンデンサの片面に薄い振動膜を設置し、静電容量変化を電気信号に変換し、それを出力することでダイナミック型よりもクリアで指向性のある音声を届けられる。だがコンデンサ型は複雑な電子回路を有しているため、どうしても高額になりがちで手を出しにくいものになりがちだ。そんな中、またも中国が安くてちゃんと使えるコンデンサ型を製造していたのが判明したため、これを試すことにした。具体的な製品会社は不明だが型番はわかった。その型番は”M858″、購入時の価格はクーポンも使用して¥1,332だった。果たして本当に使えるのか、レビューしていくことにする。

【辛味多くないこれ!?】明星ぶぶか「油そば 辛辛辛辛辛こってり」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 辛いのとこってり系ラーメンに定評のある明星
  • 明星ぶぶかの油そばから「辛辛辛辛辛こってり」が新登場
  • こってりに辛さを加えた新しいぶぶか、KIBEKINが実食!
  • これまでの油そばにはない「唐辛子」「辛揚げ玉」「辣油」の赤が麺を覆う
  • 明星得意のマヨネーズも5辛用に独自開発のものが付属
  • マヨネーズを入れずに食べて、マヨネーズを入れて食べて「2度おいしい」ができる
  • 麺はこれまで以上、明星最大級の太さで噛み応えしっかり
  • 油が多いはずなのに感じない「油っこい」感じ
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実は問題が…)

笑鬼辛麺を汁なし状態にして食べることにはまっている。偶然にも近くの大型スーパーで大量に入荷されるも購入者が全くおらず、そして安く手に入るものであるから、箱買いレベルで購入していた。その結果まだ在庫があり、何度も汁なし状態で食べることをしている。この時付属のふりかけは全部使うが、ベーススープは半分のみ使用する。これを繰り返すうちにベーススープが1袋ずつ増えていくので、このベーススープを使ってパスタを作っている。これが旨いので、是非とも試してほしいところである。

さて、最近ラーメンを食べる機会が減りつつも、食べるときは野菜を入れて食べることが普通になった私KIBEKIN。野菜を入れることで糖質吸収を抑えつつ、野菜の味によって旨味を存分に引き出すということをしている。ただそれは、既に食べたことのあるラーメンに限っての話である。まだ食べたことのないラーメンに対しては、素で食べることが基本である。そうしては次にどう食べるかを考える。

そんな中、以前鬼マシをレビューしたあの明星からぶぶか油そばの新製品が登場した。それも辛さを重視したものである。ぶぶかの油そばと言えば大蒜とラードを効かせた超こってりスタミナ系でお馴染みであるが、新製品は大蒜を外して唐辛子、辣油、辛揚げ玉に唐辛子マヨと、唐辛子の「赤」で攻めたものになった。これまでのぶぶかの油そばとは一線を画すものとなった存在、その名も「辛辛辛辛辛こってり」。辛いもの好きでもある私の目に留まらないわけがない。今回も辛さMAXでレビューしていく。

【価格以上の出来】中国製ゲームパッド”EasySMX SL-9111″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲームパッドの礎とも言える存在、Xboxコントローラー
  • Xbox360以降は持ちやすく扱いやすい、Windows OSならすぐ使える
  • Xboxコントローラーを真似したゲームパッドが製造される
  • ゲーム市場も広い中国でも製造されるゲームパッド
  • EasySMXから有線ゲームパッド”SL-9111″が販売されているので使ってみた!
  • PCへの接続に特別なドライバは必要なくそのまま挿せる
  • 輝度・振動の強さ変更、入力モード切替、背面のボタンで特別なボタン割り当てが可能
  • 初期状態ではトリガーやスティックの判定が微妙、キャリブレーションは必須
  • 総評:ただの互換ではない、純正にも負けないゲームパッド

ゲームをPCでやるとき、操作をどうするかというところでポイントになってくる。キーボード+マウスの操作か、コンシューマゲームのコントローラーかサードパーティ製のコントローラーを接続してプレイするかの2通りである。後者は所謂ゲームパッド、単にパッドと呼び、PCで使用する場合にはそう呼ばれることが多い。

PCと言えばOSはWindowsであることが一般的で、つまりMicrosoft製だ。同じMicrosoft製となるXbox(360以降)とそのコントローラーはWindows OSなら面倒な設定もなく接続することができるので、PCではよくXboxコントローラーが使われる。そのこともあってサードパーティ製のゲームパッドは多くがXboxコントローラーの形状を真似している。また、360からはワイヤレスも登場し、以降Xbox OneではUSB接続またはワイヤレスの両方が利用できるように設計され、プロゲーマー仕様とも言えるEliteが登場する。多くのサードパーティもこれに倣う形で対応していった。

しかしワイヤレスにはワイヤレス特有の問題点が存在する。それが入力遅延だ。所謂ディレイのことだが、ワイヤレスだとどうしても入力して「すぐ反応」してくれず遅れる感じがする。ならばと有線でプレイするが、これまで愛用していたXbox Oneはコネクタがダメになってしまい使い物にならなくなった。そこで目を付けたのが中国製ゲームパッドだ。

中国も今やゲーマー大国(チーターも多く「走っている」)である。当然ゲーム用デバイスは大きな市場になり、競争にもなる。買ってもらうには「安くて高品質」が必要である。そんな中でEasySMXという中国・深圳市にあるゲーミングデバイス製造企業が作ったコントローラーを、これもまたYHOC!で安く入手することができたのである。今回入手したモデルはSL-9111だ。有線固定のこのコントローラー、果たしてどんな実力を持っているのかを詳しく見ていく。