【安くて使える】Webカメラ「HANDS B-001K」レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 死のコロナウイルス情勢が皮肉にもテレワーク推進を加速させた
  • テレワークでも会議は専用アプリを利用して対面ですることに
  • 大手メーカー製と無名・ペーパーカンパニー製のWebカメラが市場に散乱
  • HANDS製(実質メーカー不明)のB-001Kをレビュー
  • 安いのに必要最低限の機能はしっかり備えている
  • 実際に使ってみてその性能を検証
  • 大手メーカーではないが特別問題はない
  • 仕事用なら高いものを買う必要はない!

無能日本政府は人殺し政府である。死のコロナウイルスが蔓延しているのに経済と自身の利益、権利、保身のみを追求し、一般国民を代替可能な奴隷としか見ていない、人の姿をした蟲の集団である。いよいよ大和魂を持った真なる日本人は武器を持ち、武力で以って無能日本政府を制圧し、その上級國民共に死の制裁を与える必要があると考えている。でなければ、日本政府によって日本人が殺されるであろう。非常に皮肉の効いた、最高のギャグである。

さて、死のコロナウイルスが与えた影響は仕事の在り方にも及んでいることは既に何回か述べている。そこでは在宅ワーク、所謂テレワークが推進されることになるが、その場合でも相手の顔を見ながら会議を行いたい(実際に行っている)ことがある。この時必要なのがビデオ通話が可能な会議向けアプリ、カメラ、マイク、イヤホンである。このうちカメラ以外はすぐに揃えられるものだが、カメラだけはPCに依存する。従業員の多い企業ではリース用PCを貸出してテレワークを行うのが一般的であるが、そのPCに内蔵カメラがない場合、外付けのカメラを別途用意する必要がある。その分の手間と金がかかってしまうのが問題である。

市場は常に需要と供給のバランスで動いている。そのためテレワークが始まった段階で店舗やECサイトに無線ヘッドセット、カメラがいきなり並びだした。それは有名メーカー製から無名または実態不明、ペーパーカンパニーと思われるメーカーの、本当に使えるのかどうかわからないようなものまである。しかし、安いのは必然的に無名の方であり、ネームバリューや性能の関係で有名メーカー製は高くなる。したがって、あまり金をかけたくないなら安い方=信頼性がわからないものを買うしかないが、だが本当に使い物になるのかどうか、その不安が尽きずに手を出せないでいることであろう。

そこで今回、数あるPCカメラ、Webカメラの中から1つを購入し、検証することにした。オンラインインタビュー対応用に買った¥2000以下のカメラだが、テストしたところ普通に使えて、仕事等で使用するに問題ないと判明した。その商品名はHANDS B-001K。おそらくペーパーカンパニーだが購入サイトでの商品説明に掲載されていた通りの名称である。販売サイトのレビュー欄以外にネット上にレビュー情報が全くなかった。今回のこれはネット上での初レビュー記事となるだろう。

【1本多役】ビクトリノックス「フィールドマスター」をレビューする

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スイスに本拠地を置くマルチツールの代表、ビクトリノックス
  • 用途とスタイルに合わせた多彩なマルチツールをリリースする
  • 軍、民間は勿論救急やドラマでも使用されるグローバルアイテム
  • その中から愛用の1本、フィールドマスターをレビュー
  • 屋内作業でもフィールドワークでも万能に使える
  • 総評:☆4.5 これがあればかなり安心な一本
  • 価格:¥4,640+10%

日常で使うもの、アウトドアや過酷な環境下で使うもの、軍用、救急で使うもの。それぞれ求められる仕様や耐久性は違うものになる。だが、それぞれの顧客に合わせた仕様にしてそれを提供することは容易なことではない。生産ライン、技術者、配送ルート他、様々な事情を考慮して、それらを1つ1つクリアしていかなくてはならないためである。

刃物、所謂「ナイフ」と呼ばれるものもその中の1つである。日常で使うならキッチンナイフ=包丁、アウトドアはナイフ以外に様々な機能を入れたマルチツール、軍用は一般的なシースナイフ(鞘)、フォールディングナイフ(折り畳み)、マルチツールと様々だ。救急は救急に特化したナイフ(マルチツール)が採用されていることもある。また、あるドラマでは重要な小道具として使われている。

そこで今回は、ナイフに様々な機能が付与されたマルチツールに焦点を当てる。マルチツールはビクトリノックスとウェンガーの2大メーカー(両者ともスイス)が製造していたが、2005年4月25日にビクトリノックスがウェンガーを傘下に収めたことで、マルチツールは事実上ビクトリノックスの物となっている。そのビクトリノックスが製造するマルチツールのシリーズの1つである、フィールドマスター。私の一本目であり愛用しているこれを、独自の観点から勝手にレビューしていく。

【絶対死守!】リンクス岐部版「個人情報セルフマネジメント」講座

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 個人情報は命に等しい情報
  • 一度流出すれば削除不可能、無限に流出し続ける
  • 個人情報は自分で守るものである
  • リンクス岐部流の(ブログ上の)個人情報セルフマネジメント講座開催
  • 「簡単だが皆が意識していないこと」で秘匿性を向上する
  • 極論:インターネット辞めるしかない
  • 個人情報を守って楽しくインターネット!

何故か私の周りでは、個人情報が流出したり、ネットストーカーに追われたりして対策を講じなくてはならないことが多々起きている。インターネット上の活動を制限される、まだ軽度なレベルから、住居すら変えるまでに至った深刻なレベルまでと様々である。そして被害者がマストドンにいるという事実である。私の周りは闇を抱えた人が集まりやすいのだろうか。

前々から危機感を持っていたのだが、このままでは被害者が正直いたたまれない。そこで、ここは私がブログ上で、私のやっている個人情報セルフマネジメント講座でも開こうかと思い、この記事を書くことにした。個人情報の扱い方で困っている人や初心者には、これを読んで少しでも流失リスクを減らせるようにするといい。

【ゲーム専用なら不要】ゲームと仮想メモリ実験~ゲームには必要ない!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 未だ議論されている仮想メモリ
  • 仮想メモリについて調べる人が非常に多い
  • ゲームでも仮想メモリは必要なのか問題
  • 仮想メモリをなし(0GB)でプレイしデータを収集
  • 結果:基本なしでOK
  • 感想:重いゲームでない限り16GBで問題ない
  • 結論:完全にゲーム専用なら不要、同時に配信や録画などする場合は考慮すべきか

PC関係はいつもみんなの大好物である。最近はIntel VS AMD、或いはNVIDIA VS AMDの構図が展開されており、AMDがこれらに勝つかどうかで多くの人が見守っている。マルチスレッド・低価格だったAMDは、新作発表の度にIntelやNVIDIAの墓が建てられる程強くなった。シングルコアの性能も上がり、消費電力とスペックのバランスが極まっているので、AMDが弱いのは昔の話になった。

PC関係は何故みんな注目するか、その理由はゲームに使うからである。ただ、自作デスクトップは高い買い物になることは必然的であり、1円も無駄にしたくないと考えているためであろう。それとは別に、ソフトウェア面でも解決策を求めて情報を集めている人が多い。特に仮想メモリは、ゲームに必要なのかどうかで「最適解」を探しているようだ。そして私のブログの一番人気はなぜか仮想メモリである。これは以前書いたものである。

その記事は一般用途における仮想メモリ論を書いたもので、OSはWindows7、実装可能な最大のRAMが8GBの貧弱なラップトップであったため、その時の結論は「必要」とした。だが、Windows10が標準OS、ラップトップでさえ16GB以上のRAM実装が当たり前となり、デスクトップに限定すれば理論上RAMは無限となった今、果たして仮想メモリは必要なのだろうか?今回はゲームを主軸に、仮想メモリが必要かどうか、実験を基に考えることにする。

【そうじゃない】違うだろ!引きこもりの社会復帰ネタの記事にツッコむ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社会問題の1つであり未解決事項の引きこもり
  • 引きこもりになる原因、抜け出せた方法は様々である
  • これをネタにするインターネット記事が大量に存在する
  • 書いてあることが「意識高い系」のそればかり
  • 成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問
  • 最後に就職関連サービスのアフィリエイトを貼っているサイトが多く、胡散臭い
  • 社会復帰はネット上の情報だけでは不十分
  • 最終的には案ずるよりも産むが易し

社会問題とは、未解決事件に似ている気がする。無能な警察が初動が遅かったために解決するはずの事件を迷宮入りさせるように、当初は個人の問題や例外としてまともに取り扱われることがなかったために、後になってそれが社会全体にとってまずいことであると分かり、ようやく社会問題として取り扱われるようになる頃には、対策を打ち出しても間に合わない状況になっている。

そんな社会問題の1つに、引きこもりがある。明確な引きこもりの定義がなされた時期については不明であるが、引きこもりという言葉自体は若者の問題として捉えられていたようである。当時は若者の問題であり、不登校と同一視されてきたため、支援対象も10代20代の若者を中心としていた。だが引きこもりの長期化や社会に出てから引きこもる人が増えて、年齢は無関係だと認識されるのは2018年頃である。所謂「8050問題」は川崎市登戸通り魔事件が契機でもある。この時、既に2019年である。

無能国家日本とは、「リタイアした者」に厳しい。一度「普通の人」のレールから外れた脱落者の復帰を、社会構造が阻止する。しかし「普通の人」が合わない人がいるのも事実であり、そんな人にとって日本という無能国家は敵である。そんな中でも復帰した人というのは存在し、それに関する手法や体験談はインターネット上に転がっている。だがこれが問題だ。内容が意識高い系のそればかりで、成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問を持たざるを得ないことが多い。そして大抵、そのようなものは就職関連サービスのアヘり8アフィリエイトを貼っていて、結局胡散臭いで終わってしまうことが多い。

情報を求めている人からすれば、「そうじゃない、違うだろ!」とツッコミしたくなった経験はあるだろう。今回はインターネット上に転がる、引きこもりの社会復帰ネタの記事に言いたいことをここで言うことにする。

【シャミ子が悪いんだよ】マストドン特異鯖2「まちカdon」解説

この記事の概要を簡単まとめ!

  • TwitterよりディープなSNS「マストドン」特異鯖紹介第2弾
  • 漫画/アニメ『まちカドまぞく』由来の鯖「まちカdon」
  • 管理人はマストドンでは珍しい高校生(執筆時点)
  • 独自機能はないがMasto.hostを使用し管理体制は万全
  • まちカdonは自由鯖でありまちカドまぞくの話題も多い
  • 管理人の立場上財政が厳しいのでCF実施中
  • まちカドまぞくは知らなくてもこれから観ていけばOK、好きなら大歓迎
  • Twitterシャミ子が悪いんだよ

私は世間一般との感覚がずれている、というのはいつものことである。したがって、私は尽く流行を知らないのである。鬼滅も結局、周りが騒ぎ立てて異常に盛り上がっているだけと思っている。ただしこれのAVパロディはよく頑張った方だ。

ところで、マストドンは探せば探すだけ、特異鯖が存在する。中には気まぐれに立てられた鯖もあり、決して勢力は大きくないが、1つの鯖として十分成り立つものである。連合を前提とするマストドンは、規模は問題にはならないのである。もちろん、連合を考えない運用もあり、それは管理人次第だ。前回紹介したあふんの外の繋がりは殆どがPW鯖なので連合はあまり考慮していないものと思われる。

今回は、漫画/アニメ『まちカドまぞく』由来の鯖であり、管理人がこれまでよりも若く、なぜかユーザーは神奈川県が多い、「まちカdon」を解説する。最近できた鯖のこれを、どこよりも早く特集する。

【選択肢減少】真剣考察!長期的視点で考える「増える仕事と消える仕事」

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 仕事は金を稼ぐ最も一般的手段
  • 死のコロナウイルス情勢で仕事のやり方が急変
  • 一部の仕事は死のコロナウイルスにより廃業する事態が発生
  • 逆に発展・成長した仕事が存在する
  • 長期的に見て発展する・増える仕事と消える仕事を考える
  • 「一時的な需要」に惑わされてはいけない
  • 目の前も大事だが先を見据えるのも大事

仕事は所詮仕事であると考えている。単純な、金を得るための手段であり、それ以上でも以下でもない。そこに夢も情熱もやりがいもない。仕事にそれを求めるのは、私としては間違っているようにようにしか思えないのである。

ところで、死のコロナウイルスで反省しない無能国家日本と無能政府はさておき、それによって仕事の在り方は激変したであろう。多くはそれまで会社や現場という「場所」で働いていたが、感染が拡大するようになってから、在宅・テレワークまたは完全休業のどちらかになったことであろう。このうち前者であれば仕事を失う可能性は低いが、後者は仕事を失う可能性がある。最悪の場合、解雇や倒産に遭うこともある。

事実、無能政府が意図的に拡散させた死のコロナウイルスによって倒産する企業が後を絶たない。もっとも、それに対する支援は何もなく、まるで自業自得と言わんばかりに見捨てている。無能政府に献金する大企業以外は棄てるつもりのようである。それと同時、外に出たくない人達が特定のサービスを利用する結果、そのサービスを提供する企業の業績が上がっている。潰える企業あれば栄える企業があり、光と闇である。今回は「長期的な視点」で、今後増える仕事、消える仕事を考えていく。決して死のコロナウイルス情勢だから発展して、しかし今後は衰退するような仕事は考えない。