【楽しようぜ】引数とバッチファイル:一気に「省略」する方法

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 久しぶりのバッチファイル作成記事
  • バッチファイルでは任意の引数を扱える
  • バッチファイル実行時に区切り文字を利用すると引数を渡せる
  • 引数は%[n]や%~[n]で中身を扱うことができる
  • 引数が存在する場合の分岐で一気に省略ができる
  • 引数が存在しない場合=デフォルトの場合の処理も必要になる
  • 面倒なことは使えるものを使ってもっと省略してしまえばいい

あの日バッチファイルを書いた記事は、少数ながら毎日誰かが見ている。バッチファイルで使いたい機能の多くはif-elseの条件分岐のようで、それ以外には基本的なことについて知りたい人が多いようだ。ただし私の目標はpowercfgのバッチファイルを解説することであったため、いきなり説明するよりは前段階として使うコマンドの解説を挟んだ上で解説した方が見る人は多い。とはいえ通常検索でいきなり飛んでくる人が多いため、あまり意味がなかったりする。

さて、バッチファイルを作って色々と面倒なクリック動作を省略するくらいには面倒が嫌いな私KIBEKIN。バッチファイルを作っておけば何かを起動するにもcmd.exeを経由すればたった数文字のタイピングで起動できる。しかし、1つのバッチファイル内で複数の選択肢を用意するようにif-else文などで設計した場合、そのバッチファイルを実行後にもう数回タイピング入力が必要になる。作成した当初は問題ないと思うが、慣れてくるとそれすら省略したいように思うことも決してないわけではない。それくらい面倒くさがるなと言われたらそれまでではあるが、省略したいものはしたいものである。

約1年前となる、全3回に分けたバッチファイル作成記事において、引数について解説したのだが、その時の引数はcallコマンドにおける引数について解説した。今回はバッチファイル実行時に、そのバッチファイルで使用するために任意の区切り文字で区別される付属の値=引数を利用して、バッチファイルをもっと省略する方法について書いていく。

【剣と盾のレジェンド】”APEX Legends”参戦してみた!~ジブラルタルの戦い方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • APEX Legendsの具体的な攻略記事編
  • レジェンド「ジブラルタル」を多用するKIBEKIN
  • 公式のキャッチコピー「装甲要塞」の概要紹介
  • アビリティだけ見れば「守り」のレジェンド
  • 戦術「プロテクトドーム」は「守るためだけのもの」ではない
  • Ult「防衛爆撃」がジブラルタルの要であり一発逆転の可能性を秘める
  • 守りが硬い分、それは攻撃にも転用できる
  • 初期レジェンドだからこそ、使いこなせば万能

ゲームをするならとことん追求したいのが私KIBEKINである。そのため、現在メインでプレイ中のAPEX Legendsについて、名前を世界に広める目的を持ちつつも、個人的に分析をして勝つための自分だけの戦術を確立している最中である。どうせなら、楽しんで勝つ方がいいに決まっている。

基本無料であるAPEX Legendsは、無料版の場合レジェンドは6人しか使えない。レジェンド解放については金を払うか、レベルを上げてレジェンドトークンを獲得し、それを12,000消費して解放するか、である。無論後者である私だが、6人のレジェンドについてはいずれも使いこなせばどんな状況でも活躍できる可能性を秘めたものである。同時に、ある程度の練習と失敗と立ち回り方を勉強しなければ、うまく扱うことはできない。

そうは言いつつもこれらしか使えない現状、使うしかないということだ。その中で、APEX参戦から初期レジェンドとなる6人をそれぞれ試したが、そのうち自分のスタイルに合ったレジェンドが1人いた。レジェンド名「ジブラルタル」、大柄でアビリティが守りに特化しているレジェンドである。大柄故に狙われやすく、当たり判定も広くて大きいため、守りに特化しているとは言ってもキャラ的な不利がある。そのジブラルタルを愛用するKIBEKIN、これまでの経験をもとに戦い方について、1つの記事にして書いていくこととする。

【3on3】”APEX Legends”今更参戦してみた!~ゲーム全体解説編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 国内外問わずFPSの人気パブリッシャー”Electronic Arts”
  • Titanfallシリーズの世界観を受け継ぐ最新FPS”APEX Legends”
  • 基本無料かつマルチプラットフォームによりプレイヤーが非常に多い
  • シーズン8からKIBEKINも参戦
  • 基本が3人(2人)の部隊となり他の部隊を倒しまくる
  • 特殊ルールを除いて現地調達で勝ち抜くバトルロワイアル形式
  • 基本手順を紹介、これに沿えば大抵の流れが分かる
  • 死んで失敗して学ぶ、それがAPEX Legends

ゲームの話をするときは、基本的にゲームそのものではなくゲームメーカーやそれまでの経緯と、元ネタや派生が存在する場合それに触れるのが私の場合の流儀だ。したがって、これまで書いたゲームの概要的な話はいずれもそのメーカーのお勉強的な話を書いている。幸い、私は歴史の勉強は嫌いではない。

流行を追うような体質ではない私でも、ネタの1つとして現在進行形で人気のゲームについて触れることもある。それは任天堂製ゲームか特定機器限定のゲーム以外であればできるので、気が乗らない場合はちょっとやって終わり、気が乗れば説明できるくらいにやって、後はプライベートで少しやるという感じである。ちなみにオンライン前提のゲームであれば、KIBEKINとしてプレイして名前を広める意味もある。

以前私は偽Clubhouseの話をしたときに、APEXの話を少しだけした。これはあくまで宇野がよくやっているゲームであり、歴戦の漢である加藤純一がよくペクスと省略していたという話だけをした。それから1ヶ月程度過ぎた日から、ネタの1つにできることとオンライン前提であるので必然的に名前が知れ渡るということから、APEXへの参戦を決めたのである。その時、既にシーズン8。遅すぎるであろう参戦に、KIBEKINが今更ながらこのゲームの中身について解説していく。

【寿司は好きかい?】Misskeyの鯖「すしすき~」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyの鯖紹介記事第2弾
  • 寿司が好きな人と寿司の絵文字が集まった「すしすき~」
  • 責任ない発言でおなじみ、元々ioで活動していたくちばしが管理人
  • すしすき~は寿司や食べ物の話題が多い
  • 寿司の絵文字は勿論、他にも絵文字を搭載し分類も非常に細かい
  • 何故かSEIKINの絵文字が存在する
  • サーバーメトリクスによれば割とリッチな鯖
  • misskey.io障害発生時の退避先も普段使いもOK

1つが上手くいくとき、それに関連したことを連続してやりたい性質である。これをブログで考えれば、同じタイプのちょっと違う記事を書くということである。これまでの例で言えば、マストドンの個別の鯖紹介および使ってみた!シリーズである。残念ながらclub-house.work(偽Clubhouse)は閉鎖してしまうが、それ以外は続いているのでいい方である。

正直なところPleromaは海外系が多いので手を出しにくいところがあるが、Misskeyであれば日本系が多いためかなり手を出しやすい。また少数ではあるが、海外勢も数人登録していることがある。ただ、確認できる範囲では日本語が中心の鯖が多いようで、英語や中国語、韓国語などを中心とした鯖を観測することはあまりない。鯖情報についてはjoinmisskeyから調査可能である。

さて、日本語鯖の中で最大勢力となる「本家」misskey.ioから外れて、前回はみねむの鯖であるMilkey.homesを解説した。これはみねむの鯖であるということで解説したところがある。そこで他の鯖についても取り上げてみるのがいいという結論に至る。多数ある鯖の中で選択したのは、くちばしが建てた「すしすき~」だ。io以外のMisskey鯖紹介第2弾はここである。この鯖は何が違うのかを見ていくこととする。

【みねむいきー】Misskeyの鯖「Milkey.homes」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyでもマストドンと同じように多数の鯖が存在する
  • 漫画/アニメ/ゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』由来の鯖「Milkey.homes」
  • 管理人はみねむと三条れみとの2人体制、リソースはやなぎぃ刀禰籠提供
  • テーマはまちカdon配色が可能
  • 「Milkey.homes」もまちカdonと同様話題制限のない自由鯖
  • リソースをChillout Chatと共用する関係上容量の余裕は少ない
  • まちカdonの姉妹鯖Milkey.homes、試してみないか

嫌いな人間が増えた。それも一瞬で。いくらFediverseといえど頭の固い人間と私とは相容れない存在が多かった。それを失念していたわけで、つまり私が能無しだったということである。そのためこれからは接し方を変えていけばいいだけのことで、そのためには無能や金にならない関係は一方通行にするか、或いは無駄として切り捨てるくらいの非道さを身に付けたいところである。所詮人生は金が全てだ。

さて、SNS(正確な分類はミニブログ)であるマストドン、Misskey、Pleromaではソースコードを借りて「自分の鯖」を建てることが可能である。これが盛んなのは技術・前例・ドキュメントの揃うマストドンであり、Fediverse上でも有名なのがそれである。したがってこれまでは主にマストドンについて取り上げてきた。ただそれ以外がないかと言えばそういうわけではない。MisskeyやPleromaも物好きな誰かによって自鯖として建てられることは多いものである。

ともすれば、みねむは物好きということになるであろう。Masto.hostでまちカdonを建てて、次に信頼できる人物の協力の下、一部のサーバーリソースを借りてMisskeyを建てた。とはいっても作業の殆どはみねむ以上のプロがいたため、その人物の協力で細かい調整なども既に完了している。その結果新しく建てられたのが、またしても漫画/アニメ/ゲーム原作の鯖であった。その名は「Milkey.homes」。io以外のMisskey鯖の紹介第1号である。

【恋愛至上主義破壊】恋愛経験がなくてもおかしくない!~KIBEKINの考え方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 「恋愛」は多くの人が好む「一般的」コンテンツ
  • 20代前半までに1回以上経験があることが「普通」
  • 経験がないことを「異常」とみなすことも多くなった
  • そもそも恋愛経験だけで人間を評価する行為こそ「異常」である
  • 自由恋愛なのに「恋愛しない自由」を認めないのは勝手すぎる
  • 恋愛経験なし=異常レッテルは一種の差別に当たる
  • 執筆時点25歳、恋愛経験なしでも(人間として)おかしくない
  • くだらないことで消耗するのは終わりだ

世間一般の話については、私は基本的に興味ないもので終わる。だがネタにはしやすい。ただ問題としてはネタにした場合、内容がガバガバになりがちということである。過去に私が書くにしては珍しい題材(タイトル)で多数の記事を公開しているが、それらは後の方になると必ずガバガバになっていることの反省文を書いているほどにはガバガバになる。しかしネタ切れでも書かなくてはならないことがあって、仕方なく書いていたのはある。

今回の題材である恋愛についても、私が扱えばガバガバになりやすいものである。だがこの題材はSNS上でも度々議論になるものであり、検索すれば多数の情報を入手することができる。そしてこれは私の話となるが、生まれてこのかた、一度たりともまともな恋愛経験が一切ないのである。そしてこれを執筆している時点で25歳。一般的な基準でいうところの「異常」扱いされる側だ。するもしないも自由に決められるはずの恋愛をしていないと何故異常者扱いされなくてはならないのだろうか。

だが、異常者扱いされようと私には全く関係ない。むしろ、恋愛したいという気持ちすらない。だからと言って出来ないことを悩むことはなく、同じく恋愛出来ないことに悩んでいる人を見ると、その様子に私は懐疑的になる。また誰かが現在進行形で恋愛していて、それについて何か投稿をしていても全く気にすることがなくなったのである。これも誰かに話したり見聞きした場合、否定的意見がぶつけられることが多い。だが私はそれこそ、つまり恋愛至上主義的な思考を否定し、そして恋愛経験がなかったとしても慌てる必要がないことを、私KIBEKINの考えを元に語っていく。

【PCより簡単】PS Vitaのアナログスティック修理してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ソニー最後の携帯機、PlayStation Vita
  • PSPから進化した、アナログスティック2つと背面RLパッド搭載
  • だが携帯機としては任天堂に負けた不遇の存在
  • アナログスティックが摩耗しやすく壊れやすい問題
  • 交換用パーツは多く存在し構造も簡単で自力修理可能である
  • 詳細な交換手順、お見せします
  • ねじ抜いてもコスト削減にはならない
  • 実質サポート対象外だから自由に弄らないか?

ゲームは熱中と飽きが繰り返している。特にソシャゲはついに飽きが来て、これまで長く続いた花騎士を手放した。もっとも実際のところは飽きたのに加えて「走り続けることに疲れた」ということが大きく、しかしソシャゲの中毒性にはなかなか勝てないので、強引にでも辞める方法としてRMTを行った。これが功を奏して辞めることができたので、辞めたい人にはこれを薦めたいところである。

さて、ソシャゲを捨てた私KIBEKINは再びコンシューマとゲーム用PC(Steam)をメインとする世界線に戻ってきたが、PCをメインとする前は据え置きも携帯機もかなり保有しており、それは初代ファミコン(ゴム製四角ボタン)まで遡るほどである。また個人で購入した初代X箱やPS3(CECHA00)、不用品となっていたところを回収してきたセガサターン、ドリームキャストなど、ゲーム機だけでも大量である。

しかし据え置き・携帯機とそのアクセサリを含むゲーム機の問題点は公式のサポートが終了した場合、修理やインターネットサービスが殆どの場合で使用不可となりレトロゲームの仲間入りを果たすということである。その場合、サードパーティに依頼するか、自力で修理するしかないのである。大半は前者だがそういう業者が都合よく存在することは日本では珍しい話だ。そんな中修理用の道具を保有し、修理用品を調達できる私は後者である。

PS Vitaについてはたまに動かす程度であるのだが、5年程前から使っているこれはスティックが壊れてきていて、勝手に動くことがよく起きるようになってしまっていた。特に左スティックが自律的に動くレベルで酷いため、ついに交換を実施することとしたのである。その交換記録をここに残すことにした。なお、私が保有するPS Vitaは所謂2000番台(PCH-2000)であり、初期の1000番台には対応していないので注意。