【空に目を放つ!】”APEX Legends”参戦してみた!~クリプトには全て見えている~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • お茶を濁すにはちょうどいいAPEX Legends 具体的攻略記事第7回
  • 索敵は次の一手を決めるのに重要な情報収集行動である
  • 公式キャッチコピー「監視活動の達人」の「クリプト」
  • Apexゲームの「隠されたプログラム」を発見してしまい参戦することになった
  • すべての行動はクリプトのドローンから始まる
  • ドローンでスキャンした敵は味方に即時共有される
  • クリプトだけが見れる「バナーの裏側」にある情報で優位に立てる
  • ドローンから発するEMPでシールドを破壊し、設置物を一気に無効化する
  • 味方が死んでもクリプトなら諦めることなく戦える
  • クリプトに見られたら、お前はもう終わりだ

アカウントと自分の環境を切り離し可能なゲームを最初からやり直すことを考えている。というのも、燃え尽き症候群のごとくやり尽くしてしまうとそれ以上やることが存在しないのだが、多くはリセットできないものである。そこでポイントになるのがアカウントで、分離可能であるならばアカウントを「売って」、新規作成した別のアカウントとリンクして最初からやり直すということである。もっともこれは薦められた行為でもないが、しかし成果物をただ捨てるのはもったいないため、フリマで売買するようにアカウントも僅かばかりの金にしてしまう方が効率がいいというものだ。金が全てだ。

さて、しょーもな案件で一時的にセンチネルとランページが消されて泣いている人が多かったAPEX Legendsだが、何週間かしてようやく戻ってきた。レジェンドの割合もだいぶ昔に戻ってきたようで、人気のオクタン、レイス、ホライゾンあたりは定期的に組み合わせに登場するようになっている。オクタンのジャンプパッドは相変わらず、そのありがたさがよくわかる。やはりチームにいると何故か安心する。

敵と戦う時、先に敵の位置や動きを察知するというのは事を上手く進めるにあたって重要なことである。その際に重宝されるのが索敵能力を持ったレジェンドだ。初期レジェンドにはみんな大好きブラッドハウンドがいて、追加レジェンドでは追加順にクリプト、ヴァルキリー、シアがいる。今回はその中からドローンであらゆることをこなす、謎と秘密の多いレジェンドであるクリプト。他の索敵系とは一風変わったタイプのレジェンド、慣れないと使いこなすのが難しいこれを解説する。

【楽々ディスクメンテナンス】”EaseUS Partition Master”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回に引き続き中国EaseUS Softwareのソフトウェアレビュー記事
  • PCにおけるパーティションは1つのディスク内に区切りを設けること
  • パーティション管理はWindows標準機能では制約が存在し、不十分
  • パーティション管理をより楽に行えるのが”EaseUS Partition Master”
  • 無料アップグレード付き永久版ライセンスは7000円以内、これも良心的価格
  • ディスク内の任意のパーティション増やしたり減らしたりすることが簡単にできる
  • MBRの修復やディスクタイプの変換もこれ1つで簡単に行える
  • パーティション単位で、パーティションの移動も分割も結合も自由に行える
  • ディスクを使えるようにする「フォーマット」もPartition Masterで完結
  • 総合評価:ディスク管理で「したいこと」がこれ1つで広くカバーできる
  • EaseUS Partition Master“1つでディスク管理はより楽になる

タブレットPC、またの名を2in1とも言うそれは、一般的なラップトップに対して性能が落ちるが、携行性と操作の直観性に優れている。本格的なゲームをするでなく、ブラウジングや動画再生、事務作業レベルであればほぼ支障がない。CPUとRAMが十分であるなら負荷の軽いゲームであればプレイできるであろうが、その場合はどうしても高額になりがちである。そもそも2in1に求めるのは前述の2項目であり、外に持ち運びする関係から高額でない方が気軽に使える気がしている。

さて、PCを使うとき、デスクトップは2つ以上のディスクを、ラップトップやタブレットは特殊なもの以外は1つのディスクを接続することができる。その際、容量が小さい場合は1つのディスク=1つのドライブとして、容量が大きい場合は1つのディスクに複数のドライブを設定して運用することであろう。このとき1つのディスクで複数のドライブに仕切ったその1つ1つの領域のことをパーティションと呼ぶ。日本語の意味で「仕切り」のことである。

最近はあえてパーティションを設定している人は少ないようだが、パーティションを設定する理由はシステムドライブとデータドライブの分離であり、他にもメリットが存在するが、デメリットもある。しかしWindowsは仕様であるのか、移動できないファイルの存在等でパーティションを全く管理できないことがある。そんな困ったを解決するソフトウェアがEaseUSから開発・販売している”Partition Master”である。これはパーティション管理を中心にクローンやデータ復元なども行えてしまう、多機能なソフトウェアであった。EaseUS Softwareレビュー第3弾、今回はPartition Masterを余すところなく詳しく見ていく。

【データを守ろう】”EaseUS Todo Backup”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 様々なPCのバックアップ・クローンソフトウェアを開発している中国のEaseUS Software
  • 以前にEaseUS製PC間データ移行ソフトウェア”Todo PCTrans”をレビューした
  • ディスクのバックアップはOS標準で不可能ではないが面倒である
  • バックアップもクローンも簡単に行えるソフトウェア”EaseUS Todo Backup”
  • 永久版ライセンスでも8,000円以内の良心的設定価格
  • バックアップ」でファイル単位でフォルダやディスクごとバックアップできる
  • クローン」で別のディスクに使用中のディスクを複製できる
  • 総合評価:悪いところが見当たらないくらい使いやすい
  • “EaseUS Todo Backup”があれば、データの消失も怖くない

最近、安くてそれなりなPCというものに関心がある。その多くは中国製PCで、ロープライス・ロースペックを追求する方針である。ブラウジングや動画を見る、Officeを使うレベルの一般用途を想定して、3万円台で解像度FHDというものが多く出回っている。CPUはCeleronまたはAtomで2in1タブレットPCとして使用できるものが多く、バッテリーは2~3時間程度だがモバイルバッテリー対応型が多く、外に持ち出して使うには十分なものになっている。いざというときには使えそうである。私も1つ欲しくなってきた。

さて、PCを利用する上で気を付けなければならないことは何か。今頭に思い浮かんだことはおそらくどれも気を付けなければならないことだろうが、ストレージも気を付けなければならないこととして、優先度の高いものとなる。実は消耗品であるPCとそのパーツ類、ストレージは突然に壊れることがあるのも事実。稼働部品のあるHDDはもちろんのこと、SSDもNANDが書き込みとデータ削除を行うたびに摩耗し、例えメーカーの保証する耐久限度に至らなくとも突然に壊れてしまうリスクがある。したがって、いつ何時壊れてもいいよう、別のストレージに物理バックアップが必要になってくるのである。

しかし多くの人はバックアップを行うことを怠っている。それはバックアップを取るのが面倒だと思う人が多いからだ。確かに面倒だが、そんなバックアップを誰でも簡単にできるようにしてくれるソフトウェアがこの世界にはちゃんと存在した。中国国内はもちろん世界で活躍する企業、EaseUS Sowftware。ここが開発・販売している”Todo Backup”は、PCのバックアップはもちろんクローンも行える、バックアップ革命と言えるソフトウェアであった。今回はTodo Backupを、余すところなく詳しく見ていく。

【どこかへ受け流す】WPアドオン”Redirction”でサイトアクセス制限してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回は.htaccessでアクセス制限を行った
  • WordPressはプラグインによって様々な機能を付加できる
  • .htaccessより楽にリダイレクト設定ができる”Redirection”
  • 導入は簡単、単純なリダイレクト設定は簡単
  • サイト内の別のページに転送することも、全く別のサイトへの転送も可能
  • .htaccessと同じように正規表現が利用できるRedirection
  • リダイレクトが発生するとログが記録され、UAとIPv4が取得できる
  • 404リダイレクトについてもログを記録することができる
  • Redirectionを.htaccessと合わせて使えば、防御は99%完成だ

プログラミングを学習することは、新しいことを学習するのと同じで最初は何もわからず、手探りで色々と探すようになる。それと同じようにセキュリティについても、設定方法を手探りで色々と探し、試す必要がある。そこで問題になるのが、セキュリティの「解」を見つけるまでに時間がかかることだ。それは言語的な勉強と理解がどうしても必須になり、それを調べるために時間が必要になるためだ。大事なこととはいえ、どうにかできないものか。

さて、前回はApache系サーバーで使用できる.htaccessを利用してアクセス制限を行う方法について書いた。これはサーバーOSの機能として利用できるもので、つまり使用するソフトウェアによらないので、到達する前にアクセス制限する形となる。それとは別にソフトウェアのプラグインベースでアクセス制限するもの当然ある。ここではWordPressを前提として書いているが、それも非常に多彩で、しかし中にはウイルスそのものも紛れ込んでいてある種の無法地帯だ。

そんな中見つけたのが、リダイレクト設定を.htaccessより簡単に行えるプラグイン”Redirection”だ。どこか1D=One Directionに似ている気がしないでもない名前のプラグインであるが、リダイレクトはアクセス制限の他ページURL変更の際に使われるものである。その設定を簡単に行えるということは、サイト管理とセキュリティ向上がより楽になるということに違いない。そこで今回はRedirectionの使い方と実際の結果を交えて書いていく。

【アクセス拒否】.htaccessでサイトアクセス制限:敵を「未然に」防ぐ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • サイトは自分で鯖立てかレンタルサーバーやホスティングサービスで運営する
  • インターネットは内実無法地帯、攻撃者は常に破壊を求める
  • 無対策であれば確実に何らかの被害を被る
  • 初歩的なアクセス制限を行う設定ファイル、Apache系は”.htaccess”がある
  • .htaccessで使える正規表現、覚えるのは大変だが様々な設定ができる
  • 各ファイルに対してはファイル単位でアクセス制限可能
  • リファラ・ユーザーエージェントやIPアドレス単位でも許可と拒否を設定できる
  • 実はroot以外にも置ける.htaccess, ディレクトリ単位でセットできる
  • .htaccessが分かれば、クラッキングの大半をカバーできる

ブラウザを使ってどこかのサイトにアクセスする際、htmlやcssを呼び出して静的なページを表示する、或いはphpによる動的なページを表示するということはもはや当たり前のこととなった。だがそれらのページを呼び出すには当然のことながらそのファイルが存在しなければ不可能であり、さらにはその前提として他のPCやスマホからのアクセスを受けるために「サーバー」として何らかのサーバー向けOSをインストールしておき、外部からのアクセスが可能になるようにしておかなければならない。

その際、アクセス制御を行うファイルがサーバーのrootに自動で用意されるものである。これはそのサーバーがどういう用途であるかによらず必ず設置される。しかし特別な事情がないならそのファイルは特に編集する必要は全くなく、多くの人はこれに触ることなくサーバー運営している。普通に運用すれば、特別な事情はまず発生することがないためだ。

しかしインターネットの世界は無法地帯というべき状況、普通に運用していても特別な事情に遭遇する確率が高すぎる。所謂「クラッカー」によるサイト(サーバー)への攻撃、ダウンを目的とする(D)DoS攻撃、不正アクセス等、挙げればきりのない程あらゆる手段で妨害してくるわけだ。その妨害からサイトやサーバーを守る基本的なファイルが”.htaccess”である。このファイルに拒否・許可設定を記述してHTTPサーバーのrootに配置することで、99%はそれらの攻撃からの対策が可能になるのである。嫌われ者である私は多方面から攻撃を受けることも多く、その結果身に付けたのがそれだ。今回はそのことについて書いていく。

【完璧な字幕を目指して】弱小配信者奮闘記2:UDトークも使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回記事でゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕表示を行った
  • その2つだけでも十分だが翻訳精度は期待できない
  • ゆかりねっとコネクターは他のアプリとも接続可能である
  • 音声を認識し文字変換と翻訳を同時に行うUDトークとも接続できる
  • UDトーク側で喋り、ゆかりねっとコネクターに結果を送信する形式
  • 必要なのはスマートフォン1台、あるいはスマホエミュレータ
  • 翻訳精度については問題なし、しかしそれは取り込めない模様
  • UDトーク側の設定で特定の単語を容易に変換登録できる
  • 無料版は継続して喋れるのは30分、だが接続し直せば問題なし
  • 字幕精度の高いUDトーク、誤認識を少なくしたいならこれ

どの世界も奥の深いものである。入りのきっかけは何でもよく、それこそちょっと気になったレベルのものでもOKなわけで、そこから新しい世界が始まる。その反面、一度沼にはまってしまえばそれはもう無限に沈んでいくだけである。記事のネタにするためだけだったのに、いつしか何かに憑りつかれたように熱心に調べるようになって、人並みに使えているということがあるためだ。不思議なものである。

ところで前回はゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕と翻訳をする方法について、設定とその手順、そして配信に反映するまでを書いた。この2つのアプリケーションはよくできており、設定が正しくできていれば配信で使うことができる。コンデンサマイクと発音の良さがあれば、日本語字幕は綺麗に出すことができる。しかし翻訳は無料ユーザーには残念ながら使用できるAPIに制限があるせいで、翻訳精度は低いものになり使えたものではない。

しかし無料でもその問題を解決する方法がある。それが音声認識によって文字化を行い、同時に割と高精度な翻訳も可能なiOS/Androidアプリ「UDトーク」を利用した、ゆかりねっとコネクターによる字幕+翻訳出力である。UDトーク自体はある制約さえ目をつぶれば無料で利用でき、前回記事の方法よりも翻訳精度の高さもあって使いやすいものとなる、はずだった。字幕は満足だったが翻訳精度には満足できなかった私がとる2つ目の手段となるUDトーク+ゆかりねっとコネクター。ここにもまた、その奮闘記を書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。

【声を文字に起こして】弱小配信者奮闘記:ゆかりねっとで字幕を反映する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 回線弱者KIBEKIN、稀に1Mbpsも出ない状況下で配信する
  • 音声を「出しにくい人」は音声を字幕にするという方法
  • 字幕に変換するアプリケーションに「ゆかりねっと」がある
  • ゆかりねっととは別に様々なサービスと連携するゆかりねっとコネクターがある
  • 字幕と翻訳を同時に試すため、KIBEKINが実際に設定してみる
  • インストールは簡単、しかしセットアップが難しい
  • 字幕の調整をゆかりねっとコネクター側で細かく調整していく
  • 実はゆかりねっとコネクターだけでも事足りる
  • ゆかりねっととの併用はVOICEROIDを使う場合など
  • UDトークと合わせて使う方法は次回記事で

回線弱者、それはインターネットにおける人権なしと同義である。配信という「趣味」であり「収益手段」でもあるこれを満足に行うには光回線が前提条件になるが、そうも言っていられないのが現実。しかし残念なことに殆どのルーターは上り速度を全く考慮していないものが多く、重要なのはそこじゃない!と何度もツッコミを入れたくなるほどだ。だが私は以前から言っている通り、金がない上に人脈も人望も人権もない嫌われ者。誰も助けてなどくれないから、与えられた環境でただひたすらにもがくしかないのだ。

そんな私は下心を隠さずに言えば金目的でやっているのだが、その道のりは嫌われ者である私にはとてつもない壁でしかない。最近はプライバシー保護のために声はなるべく出さないことにしているが、しかし無音というのは残念ながら誰も見ない条件に合致するものだ。ではどうするかといえば、声を読み取ってそれを変換し、字幕にすればいいのだ。

音声に合わせて字幕を生成し、それを画面に反映するというのは昔はできなかったことで、技術的に割と進んだ今だからこそできることである。とはいえ音声認識自体はいくら進化しても「個人差」までは完全に反映できないため、喋り方に癖があれば正しく認識してくれないのが玉に瑕というもの。しかしあるとないでは配信の見え方も大きく変わってくるというものである。今回はシェアウェアとなる音声認識アプリケーション「ゆかりねっと」と外部ツールの接続を可能にする「ゆかりねっとコネクター」。これ2つによって字幕を出す方法を探し実際に試したのである。その奮闘記をここに書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。