【安くてちゃんと拡大できる】中国製のUSB式デジタル顕微鏡使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 電子工作は肉体的にも精神的にも消耗する作業である
  • 細かい部品は肉眼では見えないことが多い
  • 作業用の拡大鏡とカメラを使用したデジタル顕微鏡の存在
  • PCで使用可能なUSB式デジタル顕微鏡、安い中国製があるので使ってみた!
  • 特別なドライバを必要としないプラグアンドプレイの本体
  • ピントは本体で調整でき、LEDライトとキャプチャ機能付き
  • 専用のソフトウェアを使うと拡大や詳細な計測も可能に
  • WindowsではWebカメラとして認識され、外付けカメラとして使用可能
  • 見えにくい小さいものはこの顕微鏡1つで十分だ

小さなものを見るときは集中力を消費する。肉眼で見る場合には当然のことで、針に糸を通すことやビーズの玉をテグスに通すといった作業は見ながら手も動かす関係からさらに肉体的にも精神的にも疲労が重なるものである。若い内ならまだしも、年をとってくれば昔ほど体力もなくなり視力も低下するため苦戦しやすくなる。それらに対応するために様々な補助器具が存在し、きつい作業を楽にしてくれるのである。

電子工作をするときも、分解して非常に細かい電子回路の部品を交換するなどの作業が必要になることは多い。それは単位がnmレベルの非常に小さい世界であり、表面実装が当たり前となった現代では1つ1つのパーツは非常に小さく、同時にパーツのはんだ付けがされている場所は非常に近いものになっている。そのため肉眼では非常に辛いもので、大抵はライト付きの作業用ルーペを用いて作業を行うことが多い。ただ、大型で目が疲れるものである。

そこで使うのが顕微鏡だ。それも生物の実験で使用される光学顕微鏡でも、光学顕微鏡で視認不能なものを観るための電子顕微鏡でもない。カメラを使用してズームを調整することでピントを合わせ、撮影した映像をPCなどの機器に送信しそれを映し出す、デジタル顕微鏡である。光学レンズの代わりに画像素子を用いてモニタに表示するということで、新しいタイプの顕微鏡として扱われるこれ。一般には高額で、企業で使用するか学校の実験で使用するかくらいでないと触れることもないものだが、例によってAmazonには中国製の安い、USB式のデジタル顕微鏡があった。私も電子工作を行う身であるので、持っておくと便利であろうと同時、果たして使えるのかを検証し、その記録を1つの記事として残すことにした。

【これで1500円以内だと!?】中国製コンデンサマイク”M858″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 音を電気信号に変換して機械へ伝達する装置、マイク
  • 基本はダイナミック型とコンデンサ型の2種類がよく使われる
  • 簡単な構造で安価に作れるダイナミック型と、高精度で高音域もカバーできるが電源必須で高価になりがちなコンデンサ型
  • 所謂”YouTuber”や実況者は殆どがコンデンサ型を使う
  • 中国製にやはり、安価なのにコンデンサ型マイクがあるので使ってみた!
  • マイク自体に音量調整やエコーがあり、イヤホンジャックもミュートボタンもある
  • 指向性も音声も問題なし、耐久性はこれから検証だが普通に使える
  • 1500円以内、安すぎる怪しさとは裏腹にちゃんとしているマイク
  • アマチュアレベルならこれで十分と言ってしまえるものだった

同じジャンルのものであっても、形状・動作方式・サイズ・仕様等で全く異なるものになることは多々ある。例としてスマートフォンはOSを基準とすれば3つに分類され、次に仕様で分かれるといった感じだ。PCにおいては同じモデルであっても製造時期と採用するパーツによって、それぞれが別物として扱われることも多い。

その違いを最近実感したのはマイクである。マイクは2020年から始まった死のコロナウイルスの影響によりテレワークが急速に進んだことによって安価で粗悪なマイクですら一気に売れていったもので、現段階ではマイク需要は一定のラインを超えたため落ち着いている状態だ。その過程で、仕事用のマイクも多数が新規製造されていった。その多くはダイナミック型だ。安くて入手しやすいこれは私も知らずのうちに使っていた。

だが周囲の音を拾いやすいこれは、自分の声を正確に届けることやYouTube他の動画制作及び配信等で使用するには不十分なものである。その時に選択されるのがコンデンサ型である。コンデンサの片面に薄い振動膜を設置し、静電容量変化を電気信号に変換し、それを出力することでダイナミック型よりもクリアで指向性のある音声を届けられる。だがコンデンサ型は複雑な電子回路を有しているため、どうしても高額になりがちで手を出しにくいものになりがちだ。そんな中、またも中国が安くてちゃんと使えるコンデンサ型を製造していたのが判明したため、これを試すことにした。具体的な製品会社は不明だが型番はわかった。その型番は”M858″、購入時の価格はクーポンも使用して¥1,332だった。果たして本当に使えるのか、レビューしていくことにする。

【価格以上の出来】中国製ゲームパッド”EasySMX SL-9111″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲームパッドの礎とも言える存在、Xboxコントローラー
  • Xbox360以降は持ちやすく扱いやすい、Windows OSならすぐ使える
  • Xboxコントローラーを真似したゲームパッドが製造される
  • ゲーム市場も広い中国でも製造されるゲームパッド
  • EasySMXから有線ゲームパッド”SL-9111″が販売されているので使ってみた!
  • PCへの接続に特別なドライバは必要なくそのまま挿せる
  • 輝度・振動の強さ変更、入力モード切替、背面のボタンで特別なボタン割り当てが可能
  • 初期状態ではトリガーやスティックの判定が微妙、キャリブレーションは必須
  • 総評:ただの互換ではない、純正にも負けないゲームパッド

ゲームをPCでやるとき、操作をどうするかというところでポイントになってくる。キーボード+マウスの操作か、コンシューマゲームのコントローラーかサードパーティ製のコントローラーを接続してプレイするかの2通りである。後者は所謂ゲームパッド、単にパッドと呼び、PCで使用する場合にはそう呼ばれることが多い。

PCと言えばOSはWindowsであることが一般的で、つまりMicrosoft製だ。同じMicrosoft製となるXbox(360以降)とそのコントローラーはWindows OSなら面倒な設定もなく接続することができるので、PCではよくXboxコントローラーが使われる。そのこともあってサードパーティ製のゲームパッドは多くがXboxコントローラーの形状を真似している。また、360からはワイヤレスも登場し、以降Xbox OneではUSB接続またはワイヤレスの両方が利用できるように設計され、プロゲーマー仕様とも言えるEliteが登場する。多くのサードパーティもこれに倣う形で対応していった。

しかしワイヤレスにはワイヤレス特有の問題点が存在する。それが入力遅延だ。所謂ディレイのことだが、ワイヤレスだとどうしても入力して「すぐ反応」してくれず遅れる感じがする。ならばと有線でプレイするが、これまで愛用していたXbox Oneはコネクタがダメになってしまい使い物にならなくなった。そこで目を付けたのが中国製ゲームパッドだ。

中国も今やゲーマー大国(チーターも多く「走っている」)である。当然ゲーム用デバイスは大きな市場になり、競争にもなる。買ってもらうには「安くて高品質」が必要である。そんな中でEasySMXという中国・深圳市にあるゲーミングデバイス製造企業が作ったコントローラーを、これもまたYHOC!で安く入手することができたのである。今回入手したモデルはSL-9111だ。有線固定のこのコントローラー、果たしてどんな実力を持っているのかを詳しく見ていく。

【中華製でも高レベル】データ通信も可能な割安マグネット式USBケーブル使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • USBケーブルはあらゆる電子機器の必需品
  • USB Type-Aと、それとは異なるコネクタで多くのケーブルが設計されている
  • ケーブルの弱点は抜き差しによる両方のコネクタの損傷
  • コネクタをつけたまま、ケーブル自体を分離できるマグネット式が登場する
  • 安いものは充電専用が多く、データ通信可能モデルは高額になりがち
  • なら中華製の出番、KIBEKINが検証する
  • YHOC!にあった明らかに中華製、値段の割には作りがいい
  • データ通信もちゃんとできる、コネクタも3種類ある、なのに安い
  • 真面目な中国人も存在することの証明、十分高レベルの製品

人生とはコードまみれの生活、とも言える。家は電化製品に電源を供給するためのコードを筆頭に、映像出力、コントローラーのためにコードが存在する。会社に行けばPCは殆どがコードに繋がれ、サーバーは大量のLANケーブルが接続されていて、会社によってはコード(プログラミング)を書く。外に出れば、上は電線が通っており、地下には電話線や光ファイバーが通っている。そして宇宙でさえ、船外活動ではコード(命綱)に繋がっている。ある意味コードに「縛られている」ようだ。

ところで現在の電子機器の殆どはUSB接続が基本である。それはスマートフォンでもウェアラブルデバイスでも採用するほどであるので、もはや使わないことは不可能なレベルである。それらはUSBケーブルを使って充電や他の機器との接続を行うが、そのケーブルは多くがUSB Type-A+いずれかのコネクタで一対一対応のケーブルとなっているものが多い。全てが全く同じ規格で作られていれば楽なのだがそうはいかず、当時の技術限界等から古い規格を使わざるを得ないなどもあって、現在はUSBのコネクタ規格が乱立状態である。また、抜き差しの多いUSBケーブルは、その繰り返しでコネクタが破損することもあって面倒なものとなっている。

それを回避する方法を考えつくのも人間の唯一いいところである。コネクタとケーブル本体をマグネットで分離と結合ができるようにしたモデルが考え出され、それが市販されるようになったのである。だが総じてそれらは高額になりがちで、充電専用ということが多かった。そこで、安心と信頼と低価格の中華製でも同じものが存在し、しかもデータ通信が可能なものが多数製造されている。今回はその中から1つを選出し、果たして「使える」かどうかを見ていく。

【安くて強い】PC用ゲーミングモニター”ASUS VP228HE”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 台湾のメジャーなPC関連パーツ製造メーカー、ASUS
  • 一般用途からゲーミングまで幅広く取り扱う
  • モニター製造にも定評があるASUS
  • 低価格帯でありながらゲーミングモデル、VP228HE
  • 1万5000円以内では珍しい1msレスポンスのモニター
  • 2つのゲーミングサポート機能をモニターに搭載
  • スピーカーは残念ながらしょぼい
  • 普通に遊ぶなら、これで十分だ

PC関係の話で、ハードウェアについて取り上げる個人はなかなかいない。これはハードウェアの多くは金がかかるということが起因していると思われる。そのため、ハードウェアレビュー記事は多くがPC関係のサイトを運営している企業の誰かが、レビュー対象のアイテムを購入するか或いはレンタルして、その使用感を書くというものになっている。ちなみにApple製品を愛するHIKAKINはよくiPhoneを水没実験しているほか、Red♪の素材でもある(PRODUCT)REDのレビューも行っている。AirTag水没実験はまだなのだろうか。

さて、私はそれらとは違い、好きな時に適当にレビューするという、実のところはネタ不足の埋め合わせのような感覚でやっているのが私KIBEKIN。とはいえ、ただのレビュー記事ではつまらないものにしかならない。したがって、レビュー対象のメーカーの概説を入れて、一般的なものとは差異が発生するようにしている。ちょっとした歴史の勉強にもなるので、面白いことであろう。

そんな中での今回のレビュー対象はASUSが発売していたゲーミングモニター、VP228HEである。様々なゲーミングデバイスを製造・販売するASUS、モニターも多数製造していたが、このモデルはゲーミングであってもグレードの低い、分類するとすれば入門機にあたるモニターだ。しかし、このモニターは上位モデルにも劣らない性能を持っていた。安いものが決して悪いものと言い切れない時代、このモニターの中身を調べていくこととする。

【手動設定とおさらば】バッチファイルとnetsh:簡単にIPとDNSを変える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • やりたいことが見つかってバッチファイル作成第5回
  • IPアドレス(IPv4)やDNSサーバーは設定と編集が可能
  • しかし編集するまでの画面を開く手順、編集方法は面倒である
  • cmdから編集するにはSystem32にあるnetsh.exeを使う
  • netshのオプションを利用することでcmdからでも可能になる
  • バッチファイルにすれば簡単に変更が可能になる
  • これでフリーのDNSサーバーも簡単に変えられる

ネタにするにあたり、事前準備が必要なものがある。プログラミングはその1つであろう。あらかじめ作成したソースコードとその結果を用意し、その上で文章を構成していかなければならないからである。ただ、文章そのものの構成は問題なく、不備無く完全に動くソースコードの開発がむしろ難しいものである。もっとも私は技術者ではないので、完璧なものを作れる保証はない。

さて、バッチファイルも一種のプログラミングと定義することができると思われるが、使いこなせばGUIでは面倒だったことがcmd(CUI)でさくっと完結できるものになる。第5回となる今回はPCを使う上で重要なことでもある「ネットワーク」に関係したものである。その中の最も初歩的かつ重要な事項として、IPアドレスとそれに付随する設定、そしてDNSサーバーについて取り上げる。特にDNSサーバーは公開DNSサーバーを利用する時に変更することが多いであろう。キャリア一般のDNSサーバーより高速でセキュリティの設定やログ保存をしないなどのポリシーの観点から、手動で設定することが多くなっている。

ただ、IPアドレスやDNSサーバーを設定する際のGUIはどうにも使いにくく、そしてそこまで辿り着くのが面倒になっている。Windows 10になって以降は尚更、コントロールパネルではなく設定を呼び出そうとする面倒な改悪が入っているため、面倒が増している。そんな面倒は、netsh.exeを使うことで解決することができるのである。これを使用したバッチファイル作成を書いていく。

【楽しようぜ】引数とバッチファイル:一気に「省略」する方法

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 久しぶりのバッチファイル作成記事
  • バッチファイルでは任意の引数を扱える
  • バッチファイル実行時に区切り文字を利用すると引数を渡せる
  • 引数は%[n]や%~[n]で中身を扱うことができる
  • 引数が存在する場合の分岐で一気に省略ができる
  • 引数が存在しない場合=デフォルトの場合の処理も必要になる
  • 面倒なことは使えるものを使ってもっと省略してしまえばいい

あの日バッチファイルを書いた記事は、少数ながら毎日誰かが見ている。バッチファイルで使いたい機能の多くはif-elseの条件分岐のようで、それ以外には基本的なことについて知りたい人が多いようだ。ただし私の目標はpowercfgのバッチファイルを解説することであったため、いきなり説明するよりは前段階として使うコマンドの解説を挟んだ上で解説した方が見る人は多い。とはいえ通常検索でいきなり飛んでくる人が多いため、あまり意味がなかったりする。

さて、バッチファイルを作って色々と面倒なクリック動作を省略するくらいには面倒が嫌いな私KIBEKIN。バッチファイルを作っておけば何かを起動するにもcmd.exeを経由すればたった数文字のタイピングで起動できる。しかし、1つのバッチファイル内で複数の選択肢を用意するようにif-else文などで設計した場合、そのバッチファイルを実行後にもう数回タイピング入力が必要になる。作成した当初は問題ないと思うが、慣れてくるとそれすら省略したいように思うことも決してないわけではない。それくらい面倒くさがるなと言われたらそれまでではあるが、省略したいものはしたいものである。

約1年前となる、全3回に分けたバッチファイル作成記事において、引数について解説したのだが、その時の引数はcallコマンドにおける引数について解説した。今回はバッチファイル実行時に、そのバッチファイルで使用するために任意の区切り文字で区別される付属の値=引数を利用して、バッチファイルをもっと省略する方法について書いていく。