【安くて使える】Webカメラ「HANDS B-001K」レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 死のコロナウイルス情勢が皮肉にもテレワーク推進を加速させた
  • テレワークでも会議は専用アプリを利用して対面ですることに
  • 大手メーカー製と無名・ペーパーカンパニー製のWebカメラが市場に散乱
  • HANDS製(実質メーカー不明)のB-001Kをレビュー
  • 安いのに必要最低限の機能はしっかり備えている
  • 実際に使ってみてその性能を検証
  • 大手メーカーではないが特別問題はない
  • 仕事用なら高いものを買う必要はない!

無能日本政府は人殺し政府である。死のコロナウイルスが蔓延しているのに経済と自身の利益、権利、保身のみを追求し、一般国民を代替可能な奴隷としか見ていない、人の姿をした蟲の集団である。いよいよ大和魂を持った真なる日本人は武器を持ち、武力で以って無能日本政府を制圧し、その上級國民共に死の制裁を与える必要があると考えている。でなければ、日本政府によって日本人が殺されるであろう。非常に皮肉の効いた、最高のギャグである。

さて、死のコロナウイルスが与えた影響は仕事の在り方にも及んでいることは既に何回か述べている。そこでは在宅ワーク、所謂テレワークが推進されることになるが、その場合でも相手の顔を見ながら会議を行いたい(実際に行っている)ことがある。この時必要なのがビデオ通話が可能な会議向けアプリ、カメラ、マイク、イヤホンである。このうちカメラ以外はすぐに揃えられるものだが、カメラだけはPCに依存する。従業員の多い企業ではリース用PCを貸出してテレワークを行うのが一般的であるが、そのPCに内蔵カメラがない場合、外付けのカメラを別途用意する必要がある。その分の手間と金がかかってしまうのが問題である。

市場は常に需要と供給のバランスで動いている。そのためテレワークが始まった段階で店舗やECサイトに無線ヘッドセット、カメラがいきなり並びだした。それは有名メーカー製から無名または実態不明、ペーパーカンパニーと思われるメーカーの、本当に使えるのかどうかわからないようなものまである。しかし、安いのは必然的に無名の方であり、ネームバリューや性能の関係で有名メーカー製は高くなる。したがって、あまり金をかけたくないなら安い方=信頼性がわからないものを買うしかないが、だが本当に使い物になるのかどうか、その不安が尽きずに手を出せないでいることであろう。

そこで今回、数あるPCカメラ、Webカメラの中から1つを購入し、検証することにした。オンラインインタビュー対応用に買った¥2000以下のカメラだが、テストしたところ普通に使えて、仕事等で使用するに問題ないと判明した。その商品名はHANDS B-001K。おそらくペーパーカンパニーだが購入サイトでの商品説明に掲載されていた通りの名称である。販売サイトのレビュー欄以外にネット上にレビュー情報が全くなかった。今回のこれはネット上での初レビュー記事となるだろう。