【安くてちゃんと拡大できる】中国製のUSB式デジタル顕微鏡使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 電子工作は肉体的にも精神的にも消耗する作業である
  • 細かい部品は肉眼では見えないことが多い
  • 作業用の拡大鏡とカメラを使用したデジタル顕微鏡の存在
  • PCで使用可能なUSB式デジタル顕微鏡、安い中国製があるので使ってみた!
  • 特別なドライバを必要としないプラグアンドプレイの本体
  • ピントは本体で調整でき、LEDライトとキャプチャ機能付き
  • 専用のソフトウェアを使うと拡大や詳細な計測も可能に
  • WindowsではWebカメラとして認識され、外付けカメラとして使用可能
  • 見えにくい小さいものはこの顕微鏡1つで十分だ

小さなものを見るときは集中力を消費する。肉眼で見る場合には当然のことで、針に糸を通すことやビーズの玉をテグスに通すといった作業は見ながら手も動かす関係からさらに肉体的にも精神的にも疲労が重なるものである。若い内ならまだしも、年をとってくれば昔ほど体力もなくなり視力も低下するため苦戦しやすくなる。それらに対応するために様々な補助器具が存在し、きつい作業を楽にしてくれるのである。

電子工作をするときも、分解して非常に細かい電子回路の部品を交換するなどの作業が必要になることは多い。それは単位がnmレベルの非常に小さい世界であり、表面実装が当たり前となった現代では1つ1つのパーツは非常に小さく、同時にパーツのはんだ付けがされている場所は非常に近いものになっている。そのため肉眼では非常に辛いもので、大抵はライト付きの作業用ルーペを用いて作業を行うことが多い。ただ、大型で目が疲れるものである。

そこで使うのが顕微鏡だ。それも生物の実験で使用される光学顕微鏡でも、光学顕微鏡で視認不能なものを観るための電子顕微鏡でもない。カメラを使用してズームを調整することでピントを合わせ、撮影した映像をPCなどの機器に送信しそれを映し出す、デジタル顕微鏡である。光学レンズの代わりに画像素子を用いてモニタに表示するということで、新しいタイプの顕微鏡として扱われるこれ。一般には高額で、企業で使用するか学校の実験で使用するかくらいでないと触れることもないものだが、例によってAmazonには中国製の安い、USB式のデジタル顕微鏡があった。私も電子工作を行う身であるので、持っておくと便利であろうと同時、果たして使えるのかを検証し、その記録を1つの記事として残すことにした。

【安くて使える】Webカメラ「HANDS B-001K」レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 死のコロナウイルス情勢が皮肉にもテレワーク推進を加速させた
  • テレワークでも会議は専用アプリを利用して対面ですることに
  • 大手メーカー製と無名・ペーパーカンパニー製のWebカメラが市場に散乱
  • HANDS製(実質メーカー不明)のB-001Kをレビュー
  • 安いのに必要最低限の機能はしっかり備えている
  • 実際に使ってみてその性能を検証
  • 大手メーカーではないが特別問題はない
  • 仕事用なら高いものを買う必要はない!

無能日本政府は人殺し政府である。死のコロナウイルスが蔓延しているのに経済と自身の利益、権利、保身のみを追求し、一般国民を代替可能な奴隷としか見ていない、人の姿をした蟲の集団である。いよいよ大和魂を持った真なる日本人は武器を持ち、武力で以って無能日本政府を制圧し、その上級國民共に死の制裁を与える必要があると考えている。でなければ、日本政府によって日本人が殺されるであろう。非常に皮肉の効いた、最高のギャグである。

さて、死のコロナウイルスが与えた影響は仕事の在り方にも及んでいることは既に何回か述べている。そこでは在宅ワーク、所謂テレワークが推進されることになるが、その場合でも相手の顔を見ながら会議を行いたい(実際に行っている)ことがある。この時必要なのがビデオ通話が可能な会議向けアプリ、カメラ、マイク、イヤホンである。このうちカメラ以外はすぐに揃えられるものだが、カメラだけはPCに依存する。従業員の多い企業ではリース用PCを貸出してテレワークを行うのが一般的であるが、そのPCに内蔵カメラがない場合、外付けのカメラを別途用意する必要がある。その分の手間と金がかかってしまうのが問題である。

市場は常に需要と供給のバランスで動いている。そのためテレワークが始まった段階で店舗やECサイトに無線ヘッドセット、カメラがいきなり並びだした。それは有名メーカー製から無名または実態不明、ペーパーカンパニーと思われるメーカーの、本当に使えるのかどうかわからないようなものまである。しかし、安いのは必然的に無名の方であり、ネームバリューや性能の関係で有名メーカー製は高くなる。したがって、あまり金をかけたくないなら安い方=信頼性がわからないものを買うしかないが、だが本当に使い物になるのかどうか、その不安が尽きずに手を出せないでいることであろう。

そこで今回、数あるPCカメラ、Webカメラの中から1つを購入し、検証することにした。オンラインインタビュー対応用に買った¥2000以下のカメラだが、テストしたところ普通に使えて、仕事等で使用するに問題ないと判明した。その商品名はHANDS B-001K。おそらくペーパーカンパニーだが購入サイトでの商品説明に掲載されていた通りの名称である。販売サイトのレビュー欄以外にネット上にレビュー情報が全くなかった。今回のこれはネット上での初レビュー記事となるだろう。