コントローラー・パッド | Kibekin BLOG.

【シンプルなXboxコピー】中国製ゲームパッド”GameSir T2a″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国製ゲームパッドのレビュー記事第2弾
  • 余計なものがついていない「シンプルな」ゲームパッドを探す
  • 中国にはまだまだゲーミングメーカーが多数存在する
  • ゲーミングデバイス企業”GameSir”からゲームパッド”T2a”が出ているので使ってみた!
  • 形状は完全にXbox Oneコントローラーと同じである
  • USB micro-B(有線), 2.4GHz無線、Bluetooth接続の3つに対応
  • 余計なボタンは全くない、非常にシンプルで使いやすい
  • 「スティックをニュートラルで接続する」を徹底する必要あり
  • スタイルに応じて有線と無線の使い分けができるゲームパッド

一般的にゲーム機を購入すれば、純正のコントローラーが必ず1つ付属する。無線接続ないしUSB接続になる前はそれ専用に設計されているわけで、使い勝手に関してはコントローラーによるが基本は使いやすいものになっている。それ故サードパーティ製は限られた企業しか作れなかったが、特殊機能を付けることで純正コントローラーとは差別化を図る形で売れていった。

そして任天堂以外のコンシューマは独自の接続規格を捨て、USB Type-Aをコントローラーの有線接続またはUSB Type-Aオスの周辺機器のポートとするように統一していった。その頃コントローラーは無線接続できるようになるのが一般的となり、特にMicrosoft製であるXbox360コントローラーは同社製OSのWindowsでも使えるようにドライバが用意されるほど使い勝手の良さで、これを知ったサードパーティゲーミングメーカーはXboxコントローラーの形状を基本としたゲームパッドを製作するようになる。このことは、以前にも書いている。

ゲーミングメーカーで有名なところになるとゲームパッドも高級品で、それ1つで上位のPCパーツのいずれかの部分の1個が買えるほどに高いことはよくある話だ。それに対して中国製は品質はまちまちではずれがあれば当たりもあり、純正コントローラーにはない追加機能をやたら装備している。当たりかどうかは実際に試してみないと分からないことが多い。それとは逆に、余計な機能は要らないので純正コントローラーに近いものが欲しい、そう思うこともあるはずだ。その気持ちがあって2つ目の中国製ゲームパッドを試すことにした。メーカーはGameSir, モデルはT2aである。見たところ余計な機能のないこれ、果たしてどうなのかを見ていく。

【価格以上の出来】中国製ゲームパッド”EasySMX SL-9111″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲームパッドの礎とも言える存在、Xboxコントローラー
  • Xbox360以降は持ちやすく扱いやすい、Windows OSならすぐ使える
  • Xboxコントローラーを真似したゲームパッドが製造される
  • ゲーム市場も広い中国でも製造されるゲームパッド
  • EasySMXから有線ゲームパッド”SL-9111″が販売されているので使ってみた!
  • PCへの接続に特別なドライバは必要なくそのまま挿せる
  • 輝度・振動の強さ変更、入力モード切替、背面のボタンで特別なボタン割り当てが可能
  • 初期状態ではトリガーやスティックの判定が微妙、キャリブレーションは必須
  • 総評:ただの互換ではない、純正にも負けないゲームパッド

ゲームをPCでやるとき、操作をどうするかというところでポイントになってくる。キーボード+マウスの操作か、コンシューマゲームのコントローラーかサードパーティ製のコントローラーを接続してプレイするかの2通りである。後者は所謂ゲームパッド、単にパッドと呼び、PCで使用する場合にはそう呼ばれることが多い。

PCと言えばOSはWindowsであることが一般的で、つまりMicrosoft製だ。同じMicrosoft製となるXbox(360以降)とそのコントローラーはWindows OSなら面倒な設定もなく接続することができるので、PCではよくXboxコントローラーが使われる。そのこともあってサードパーティ製のゲームパッドは多くがXboxコントローラーの形状を真似している。また、360からはワイヤレスも登場し、以降Xbox OneではUSB接続またはワイヤレスの両方が利用できるように設計され、プロゲーマー仕様とも言えるEliteが登場する。多くのサードパーティもこれに倣う形で対応していった。

しかしワイヤレスにはワイヤレス特有の問題点が存在する。それが入力遅延だ。所謂ディレイのことだが、ワイヤレスだとどうしても入力して「すぐ反応」してくれず遅れる感じがする。ならばと有線でプレイするが、これまで愛用していたXbox Oneはコネクタがダメになってしまい使い物にならなくなった。そこで目を付けたのが中国製ゲームパッドだ。

中国も今やゲーマー大国(チーターも多く「走っている」)である。当然ゲーム用デバイスは大きな市場になり、競争にもなる。買ってもらうには「安くて高品質」が必要である。そんな中でEasySMXという中国・深圳市にあるゲーミングデバイス製造企業が作ったコントローラーを、これもまたYHOC!で安く入手することができたのである。今回入手したモデルはSL-9111だ。有線固定のこのコントローラー、果たしてどんな実力を持っているのかを詳しく見ていく。