【VRの革命機】初代Oculus Quest使ってみた!:設定から使えるようになるまで

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現実に最も近い世界、VR(=Virtual Reality)
  • 体験には専用のVRデバイスが必須で、多くのデバイスは高額である
  • 2019年、Facebookがスタンドアロン型VRデバイス”Oculus Quest”を開発
  • 2020年にQuest 2が登場し、販売終了・型落ちにより中古品は安くなった
  • 状態が良好なものを2万円以内で入手、中身を調査することに
  • 最初の設定はスマートフォンを経由して行う現代的設定方法
  • Facebookアカウントが必須、作成してからセットアップになる
  • 現行Quest 2よりややスペックが低く一部ゲーム非対応以外は何ら問題のない性能
  • 実際にVR専用のゲームやアプリを使ってみた感想は次回以降の解説

ゲームの進化はすさまじい。少し待てばすぐ新しいものが出てくる。そして1秒前まで「最新」とされていたものはあっという間に型落ちになる。そのスパンは既に行き着くくらいに短くなっており、1年感覚で新しいゲーム、デバイス、ハードウェアそのものが登場するような状態になっている。正直あまりにも早すぎるような気もするが、それだけ技術的進歩が進んでいる証拠でもある。製品のライフサイクルを考えると微妙なところもあるが。

昨今のVR事情は果たしてどうだろうか。私が見た中では、急激な盛り上がりこそないが着実に成長を遂げている分野であると認識している。これはclea氏がオノゴロ物語のアンバサダーとして体験版を見たとき、VRデバイスの特徴を十分に活かしたものとなっていたからである。VRデバイス自体は進化しているが、コンテンツがまだ追いつかないことが多かった中、そのVRゲームはVRの今後の可能性を与えた。

ではVRデバイスそのものはどうなのかと言われると、メーカー不問で総じて10万を超していた。残念ながら最先端技術の塊とも言えるVR、どうしても高額になるのは避けられないものである。そんな中、それを打ち破るVRデバイスがFacebook(現Meta)から登場し、性能は決して悪くないがうまい具合の価格になったことで、VR市場に新たな活気を与え、多くの人がVRを楽しむことができるようになった。その名は”Oculus Quest”。現在は”Meta Quest”と呼ばれるそれ、中古品で状態良好なものを安く手に入れたので、今更ながらこれをレビューしていく。

【ハイスペックタブレットに変化】Android-x86使ってみた!~VKT12SG-5をAndroidで~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 偶然で手に入れて活躍中のVKT12SG-5
  • 「タブレット」PCならタブレット対応OSを入れて使えるはず
  • 有志によってAndroid OSがx86で使えるように移植したバージョンが作られる
  • 使えそうなのでVKT12SG-5に最新安定版8.1を入れてみた!
  • インストールにはisoをダウンロードし、それをもとにLiveメディアを作成する
  • デュアルブート対応にするにはインストール時の設定に注意
  • インストール後の最低限の設定についても解説
  • 端末エミュレータはTermuxよりもできることが多く、suも使用できる
  • 容量の調整はインストールし直しが必要、最初に容量をきっちり決めることが重要
  • 少しの努力でちょっとした「ハイスペックAndroidタブレット」は容易に実現できる

変わったことがしたい、というのは私の場合料理とPCの話で特に強い。料理の場合はパスタにおいて独自の味付けを作ることで、飽きることなくパスタを食べ続けることができると共に、新しいパスタの提案にも繋がる。PCの場合は私が特殊な使い方をすることが多いために、少し変わった方法であると自分の要望に応えられるためである。したがって今まで入手したPCが法人向けPCであるのは、必然と言えるであろう。

VKT12SG-5を入手してからというもの、様々な使い方で活躍しているが、それは殆どWindowsとしての利用である。元々Windows OSで使用することを想定して設計されたものである以上は他のOSを入れて運用するということも少ない。そもそも法人向けのタブレットPCでWindows以外を業務で使用することはあまりないはずだ。よってこの手のもので情報がなかったとしても何ら不思議ではないのである。

そんな中、OSの1つであるAndroidはスマートフォンでもタブレットでも使用できるOSであるが、それを一般的なPC、つまりx86に代表されるCPUでも使用可能にすることが有志の手によって行われるようになった。そのOSこそ、Android-x86である。本来はSoC向けに開発されたOSを一般的なPCで使用できるように「移植」したものであるこれ、移植は有志によるものであるので最新OSに追いつくことは難しいが、更新が積極的のため定期的に新しいイメージファイルがアップロードされている。今回はその中から最新安定版を使い、その内実を書いていく。

【字幕はもっと楽に、軽量に】ゆかりねっとコネクターNEO使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 以前に2部構成でゆかりねっと+ゆかりねっとコネクター記事を執筆
  • 配信や動画制作で「字幕を使いたいが軽量化したい」と考える人もいる
  • 設定項目を極力絞り応答性向上を目指したのが「ゆかりねっとコネクターNEO」
  • ゆかりねっとコネクターから「字幕表示に必要な部分」を抜き出した形
  • 字幕の細かい設定についてもなるべく簡単にできるようになっている
  • 各種連携プラグインが実装されており、制作者のnao氏が要望に応じて随時更新している
  • ゆかりねっとコネクターより低負荷であり、実はゆかりねっとコネクターとの差が埋まりつつある
  • 余談:ゆかりねっとコネクター多言語字幕アンバサダーclea氏もここで軽く紹介
  • 字幕を簡単に使えるようになれば、言語の壁をクリアできるようになる

法人向けのPCは、発表当時には一般ユーザーが買えないものであるが、不思議なことに1年くらい経過すると中古市場に流れ始めて、発表当時よりも圧倒的に安くなり、スペックも現行のものより少し低い程度で十分に使えるものが多い。不思議なことに私は運がいいのか、競合が少ないためにオークション形式のものを安値で競り落としたり、少しの傷や問題によって「ジャンク」扱いされているために安くされている所を真っ先に見つけては購入し、実際に試している。先日公開した記事であるVKT12/SG-5も、早速使いこなしている。

さて、ここしばらくは本業が忙しいために配信そのものはできるタイミングが少なく、それに関する記事も書くことが難しかった私であるが、前に執筆したゆかりねっとコネクターを使用した2つの記事は度々閲覧されているものとなっている。またこの記事、実は書いてしばらくしてからゆかりねっとコネクター制作者のNao氏から反応があり、加えてゆかりねっとコネクター公式アンバサダーとして活動しているclea氏と相互フォローとなった。このことから、字幕に関する関心は一定数存在していると分かる。

ゆかりねっとコネクターは字幕表示以外にも様々なソフトウェアと連携可能なものであるが、プラグインが多数搭載されている関係からPC自体の動作が重くなることも少なくない。そこでNao氏から字幕表示に特化し、軽量化を行った「ゆかりねっとコネクターNEO」が公開されている。字幕表示に限定して調整されている結果、応答性が高いものとなっているこれ。ゆかりねっとコネクターとはどう違うのかについても見ていくこととする。

【元は法人向け】NEC VersaPro J タイプVS VS-5(VKT12/SG-5)レビュー:安くて使える2in1

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 宗教戦争並みに奥が深く闇も深いPCの世界
  • タブレットPC(2in1)は性能を犠牲に携行性と価格が高い
  • 法人向けは型落ちが中古市場に流れやすく価格もかなり落ちている
  • NECのVersaPro J タイプVSのVS-5(VKT12/SG-5)を1万円で入手したのでレビューする
  • Windows10の12.5型FHD、貧弱になりがちなスペックは最低基準を満たしている
  • 単体で約879g、キーボード付きで約1,200g、業務や学校での使用はもちろん持ち出して使うにも最適
  • 各種インタフェースを装備しておりUSB Type-CでUSB PDに対応する
  • 専用スタイラスペン標準装備でタブレット側に格納でき、格納中は自動で充電される
  • ゲームやクリエイティブな用途には使えないことを肝に銘じておく
  • VKT12/SG-5、中古型落ちなら安くて実用的

ガジェットの複数持ちをするとき、コレクティングのために複数持ちするというのは愚行だ。使ってこそ意味があり、ただ持っているのは宝の持ち腐れだ。壊れる心配をして使わない人がいるようだがそれは勿体ない。使うために作られたのだから、臆せず使うべきだ。

殆どの人は何らかのガジェットを持つとき、通常は同じ種類を「1つ」しか持たないのが普通だった。だが今は事情が違い、用途別に同じ種類で異なるガジェットを、その人が欲しいだけ持つことが多くなった。PCがその最たる例であり、私の場合は現在はゲーム用のデスクトップと通常作業用の8570wを保有している。ただ、8570wはラップトップではあるがワークステーションのため、大型で重く持ち運びは容易ではない。常に座って作業できる場所が常にあるとも限らないので、外に持ち出すことが少ない。

そのため私は、所謂2in1とも呼ばれるタブレットPCが欲しかった。だが中古でさえ高額な割に性能が貧弱なことが多いので、私の満足するものはなかなか見つけられなかった。そんな中偶然手にしたのがNECはVersaPro JのタイプVS、それのVS-5をなんと1万円(+送料)で入手したのである。しかも調査すると、元々は法人向けに作られたモデルであった。つまり意図せずにまた、法人向けのPCを入手したのである。法人向けPCには個人向けPCとは違った魅力があるので、この2in1について詳しく見ていき、興味を持ってもらえるよう記事として書いていく。

【楽々ディスクメンテナンス】”EaseUS Partition Master”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回に引き続き中国EaseUS Softwareのソフトウェアレビュー記事
  • PCにおけるパーティションは1つのディスク内に区切りを設けること
  • パーティション管理はWindows標準機能では制約が存在し、不十分
  • パーティション管理をより楽に行えるのが”EaseUS Partition Master”
  • 無料アップグレード付き永久版ライセンスは7000円以内、これも良心的価格
  • ディスク内の任意のパーティション増やしたり減らしたりすることが簡単にできる
  • MBRの修復やディスクタイプの変換もこれ1つで簡単に行える
  • パーティション単位で、パーティションの移動も分割も結合も自由に行える
  • ディスクを使えるようにする「フォーマット」もPartition Masterで完結
  • 総合評価:ディスク管理で「したいこと」がこれ1つで広くカバーできる
  • EaseUS Partition Master“1つでディスク管理はより楽になる

タブレットPC、またの名を2in1とも言うそれは、一般的なラップトップに対して性能が落ちるが、携行性と操作の直観性に優れている。本格的なゲームをするでなく、ブラウジングや動画再生、事務作業レベルであればほぼ支障がない。CPUとRAMが十分であるなら負荷の軽いゲームであればプレイできるであろうが、その場合はどうしても高額になりがちである。そもそも2in1に求めるのは前述の2項目であり、外に持ち運びする関係から高額でない方が気軽に使える気がしている。

さて、PCを使うとき、デスクトップは2つ以上のディスクを、ラップトップやタブレットは特殊なもの以外は1つのディスクを接続することができる。その際、容量が小さい場合は1つのディスク=1つのドライブとして、容量が大きい場合は1つのディスクに複数のドライブを設定して運用することであろう。このとき1つのディスクで複数のドライブに仕切ったその1つ1つの領域のことをパーティションと呼ぶ。日本語の意味で「仕切り」のことである。

最近はあえてパーティションを設定している人は少ないようだが、パーティションを設定する理由はシステムドライブとデータドライブの分離であり、他にもメリットが存在するが、デメリットもある。しかしWindowsは仕様であるのか、移動できないファイルの存在等でパーティションを全く管理できないことがある。そんな困ったを解決するソフトウェアがEaseUSから開発・販売している”Partition Master”である。これはパーティション管理を中心にクローンやデータ復元なども行えてしまう、多機能なソフトウェアであった。EaseUS Softwareレビュー第3弾、今回はPartition Masterを余すところなく詳しく見ていく。

【データを守ろう】”EaseUS Todo Backup”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 様々なPCのバックアップ・クローンソフトウェアを開発している中国のEaseUS Software
  • 以前にEaseUS製PC間データ移行ソフトウェア”Todo PCTrans”をレビューした
  • ディスクのバックアップはOS標準で不可能ではないが面倒である
  • バックアップもクローンも簡単に行えるソフトウェア”EaseUS Todo Backup”
  • 永久版ライセンスでも8,000円以内の良心的設定価格
  • バックアップ」でファイル単位でフォルダやディスクごとバックアップできる
  • クローン」で別のディスクに使用中のディスクを複製できる
  • 総合評価:悪いところが見当たらないくらい使いやすい
  • “EaseUS Todo Backup”があれば、データの消失も怖くない

最近、安くてそれなりなPCというものに関心がある。その多くは中国製PCで、ロープライス・ロースペックを追求する方針である。ブラウジングや動画を見る、Officeを使うレベルの一般用途を想定して、3万円台で解像度FHDというものが多く出回っている。CPUはCeleronまたはAtomで2in1タブレットPCとして使用できるものが多く、バッテリーは2~3時間程度だがモバイルバッテリー対応型が多く、外に持ち出して使うには十分なものになっている。いざというときには使えそうである。私も1つ欲しくなってきた。

さて、PCを利用する上で気を付けなければならないことは何か。今頭に思い浮かんだことはおそらくどれも気を付けなければならないことだろうが、ストレージも気を付けなければならないこととして、優先度の高いものとなる。実は消耗品であるPCとそのパーツ類、ストレージは突然に壊れることがあるのも事実。稼働部品のあるHDDはもちろんのこと、SSDもNANDが書き込みとデータ削除を行うたびに摩耗し、例えメーカーの保証する耐久限度に至らなくとも突然に壊れてしまうリスクがある。したがって、いつ何時壊れてもいいよう、別のストレージに物理バックアップが必要になってくるのである。

しかし多くの人はバックアップを行うことを怠っている。それはバックアップを取るのが面倒だと思う人が多いからだ。確かに面倒だが、そんなバックアップを誰でも簡単にできるようにしてくれるソフトウェアがこの世界にはちゃんと存在した。中国国内はもちろん世界で活躍する企業、EaseUS Sowftware。ここが開発・販売している”Todo Backup”は、PCのバックアップはもちろんクローンも行える、バックアップ革命と言えるソフトウェアであった。今回はTodo Backupを、余すところなく詳しく見ていく。

【完璧な字幕を目指して】弱小配信者奮闘記2:UDトークも使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回記事でゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕表示を行った
  • その2つだけでも十分だが翻訳精度は期待できない
  • ゆかりねっとコネクターは他のアプリとも接続可能である
  • 音声を認識し文字変換と翻訳を同時に行うUDトークとも接続できる
  • UDトーク側で喋り、ゆかりねっとコネクターに結果を送信する形式
  • 必要なのはスマートフォン1台、あるいはスマホエミュレータ
  • 翻訳精度については問題なし、しかしそれは取り込めない模様
  • UDトーク側の設定で特定の単語を容易に変換登録できる
  • 無料版は継続して喋れるのは30分、だが接続し直せば問題なし
  • 字幕精度の高いUDトーク、誤認識を少なくしたいならこれ

どの世界も奥の深いものである。入りのきっかけは何でもよく、それこそちょっと気になったレベルのものでもOKなわけで、そこから新しい世界が始まる。その反面、一度沼にはまってしまえばそれはもう無限に沈んでいくだけである。記事のネタにするためだけだったのに、いつしか何かに憑りつかれたように熱心に調べるようになって、人並みに使えているということがあるためだ。不思議なものである。

ところで前回はゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕と翻訳をする方法について、設定とその手順、そして配信に反映するまでを書いた。この2つのアプリケーションはよくできており、設定が正しくできていれば配信で使うことができる。コンデンサマイクと発音の良さがあれば、日本語字幕は綺麗に出すことができる。しかし翻訳は無料ユーザーには残念ながら使用できるAPIに制限があるせいで、翻訳精度は低いものになり使えたものではない。

しかし無料でもその問題を解決する方法がある。それが音声認識によって文字化を行い、同時に割と高精度な翻訳も可能なiOS/Androidアプリ「UDトーク」を利用した、ゆかりねっとコネクターによる字幕+翻訳出力である。UDトーク自体はある制約さえ目をつぶれば無料で利用でき、前回記事の方法よりも翻訳精度の高さもあって使いやすいものとなる、はずだった。字幕は満足だったが翻訳精度には満足できなかった私がとる2つ目の手段となるUDトーク+ゆかりねっとコネクター。ここにもまた、その奮闘記を書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。