【人柱】販売されているOfficeグレーライセンスを検証する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 無料オフィススイートの対比、格安Officeライセンス
  • オンラインショップには非正規ライセンスが蔓延している
  • 本当に使えるのか?人柱してみる
  • レビューだけを頼りに実験対象の1ショップを選定
  • 何度かのやり取りの末、無事認証完了
  • 結論:ショップによる。金をドブに捨てる気持ちで

日本人がケチになったのは、国民性ではなく、無能政府と上級國民が私利私欲のために一般奴隷国民に金を出さないようにしたからではないか、という可能性を考えた。そうなればどうしても節約せざるを得ず、無料のものや値引きに少しでも飛びつくのは無理もない話である。噂では、国家としては奴隷国民は貧乏なほど回るらしい。意味不明である。

さて、前回は無料オフィススイートの代表格であり実質一択のLibreOfficeのユーザーレポートを執筆した。正直なところ、オフィススイートは価格的な問題も兼ねてこれ一択でもいい。一方、所謂MOSの資格のためとか、使用ソフトウェアの規格を統一するためとかで、Officeが必要な場合があるだろう。その場合は仕方ないため購入するしかない。しかし金はかけたくないとなれば、グレーライセンスも残念ながら視野に入ることになる。

そこで今回はオンラインショップに蔓延しているグレーライセンスについて、その中から1店舗を選択し、所謂「人柱」としてそのライセンスが使えるかどうかを検証した。これは、購入前の選定から完全なインストール完了までを執筆している。

【実質Office】「LiberOffice」使用レポート

この記事の概要を簡単まとめ!

  • The Document Foundationのプロジェクトが開発するオフィススイート”LibreOffice”
  • 無料のオフィススイートながら開発が継続されている
  • LibreOfficeの各ソフトウェアを軽く紹介
  • Officeの拡張子で作成されたファイルもR/W可能
  • 今のところできないことは殆どない
  • OfficeにこだわりがないならLibreOfficeは優秀

PCをはじめとするIT関係、ハードウェアもソフトウェアも進化が非常に早く、そして製品サイクルも早い。今日寝れば、明日には新しい何かがもう出来ている。時間の流れが圧倒的に早い場所で常に戦い続けるエンジニアは、世界の最先端を行っているのだろう。

時代の最先端を行く技術者集団の1つにMicrosoftがある。ここが開発したWindows OS, Officeは事実上の標準であり、知らない人も使わない人もいないといっても過言ではない。だが金のかかるこれは、WindowsはともかくOfficeには金をかけたくないと、これを使わないようにしたい人も出てきた。そうなるのは安易に予想できる。

前回は格安・グレーライセンスに対する警鐘を書いた。その際にフリーのオフィススイートとしてLibreOfficeが存在することを少し触れただけである。今回はLibreOfficeの中身について触れていき、Office互換ともされるこれがどこまで可能なのか、見ていくことにする。グレーライセンスかOffice互換かで迷っているなら、これを読めばOffice互換と決心できるようになるだろう。

【非正規より互換】偽OfficeキーとOffice互換:違法より合法で

この記事の概要を簡単まとめ!

  • PC作業ツールの代名詞”Microsoft Office”
  • 通常は高額なライセンス(プロダクトキー)をMicrosoftか正規代理店から購入する
  • オンラインショップにはグレーの非正規ライセンスが蔓延している
  • 非正規故に認証できない可能性とマルウェアの可能性
  • 危ない橋を渡るならOffice互換を導入しろ
  • どうしても必要ならちゃんと買え

Microsoft Officeとは、実によくできたソフトウェアである。かつての手作業で行っていた業務をPCで楽にできるようにしたツールであり、今では必須のソフトウェアである。開発元がMicrosoftであるため、Windowsとの親和性は高い。そのためWindowsならOfficeを使うのが殆どである。ちなみに、最初にOfficeがセットになったのはMac向けで、Windowsはその後に出ている。この点は意外である。

Microsoftは主流OSのWindowsはもちろんOfficeや他の製品に対して「ライセンス」のシステムを導入しているため、それらの製品自体は一定期間のみ何もしなくても使用できるが、継続使用にはライセンスを購入させるという方式を採用している。このライセンスは高額であり、それだけで新品のM.2 NVMe SSD(1TB)が買えるほどである。そのこともあって、Officeは欲しいが可能な限り安くしたいと思う人は多い。必須だが高額、これがやはり大きいのだろう。

そこで2つの選択肢が存在する。Office互換を利用するか、格安のライセンス(プロダクトキー)を購入するかである。前者はOffice互換のため操作性、再現性などで相違が存在するため使いづらいところは多少あるが、高額なライセンスは不要である。後者はOfficeそのものを利用できるが、非正規のライセンスであることが殆どであり、悪質な業者による詐欺や使用許諾違反などの法的問題にも関わってくる。ただ、このあたりの扱いはグレーゾーンとなっているようだ。

格安のライセンスに関しては、その情報はネットに上がってはいるものの、真偽の程は判定することが難しい。一応、人柱情報が存在し、そこで掲載されている情報から本物を販売している、あるいは詐欺だったという情報は存在するが、それは全体のごく一部に過ぎないのである。もっとも、本物だとしてもグレーであるため、褒められたものではない。

今回は非正規ライセンスの危険性について考え、私の考えを書いていく。

【bat上級編】電源プランを操れ!powercfgとバッチファイル

この記事の概要を簡単まとめ!

  • バッチファイル作成の上級編
  • cmdで電源プランを操作できる”powercfg.exe”
  • これまでの内容と新しいコマンドをフルに活用したバッチファイル
  • サブルーチン化でバッチファイルの可読性も確保
  • 解説で「こういう処理をしている」が分かるようになる
  • 「GUIでやるより簡単」を目指して

バッチファイルシリーズもこれで第3回となる。これまではコマンドの解説と簡単なコマンド使用例を記述し、自分で改造可能なものを最終的な完成品として仕上げていた。しかしこれまでのバッチファイル解説は、初心者が入りやすいよう、難易度が低めのものから行ってきた。したがって、バッチファイル全体としては、難しい機能は殆ど使用していない。

それも、今回取り上げるpowercfg.exeまで抵抗なく入れるようにしたためである。バッチファイルで書きたい本命はこれであり、それまで書いてきたものは、導入のための土台である。とはいえ、これまでやってきたことは決して無意味ということではなく、これまでやってきたことの積み重ねで本命に挑むのである。

その結果、上級編に相応しいまでの難易度になった今回だが、そうであっても何の問題もなく使えるよう、この記事で指南していく。最後まで見ていくといい。

【bat中級編】分岐と選択でまとまるバッチファイルの作成

この記事の概要を簡単まとめ!

  • バッチファイル作成の中級編
  • cmdにも存在するプログラミングでお馴染みのコマンド
  • そのコマンドの注意事項なども解説
  • 解説を交えて実際に作る
  • 1つのバッチファイルで複数の処理から1つを選択できる
  • コマンドの意味を知れば使い方も分かる

前回はバッチファイル入門編として、cmdの設定と、非常に簡単なバッチファイルを作成し、それを実行するところまで行った。とはいえ、バッチファイルに記述したアプリケーションをcmdから呼び出して起動するだけの内容だったため、cmdが有する複雑なコマンドは全く使用していない。とはいえ、startコマンドは少々面倒なものであったが。

cmdは他のプログラミング言語が有する、変数、条件式、(無条件の)ジャンプ文、forループなどを扱うことができる。元々はMS-DOSのコマンドであるため、主流プログラミング言語であるC++やPython系と比較すると、そこまでの機能は有さない。しかし、これらのコマンドの意味と使い方を知れば、自分のPCが扱いやすくなることは確かである。

このシリーズはcmd/バッチファイルが全く分からない初心者が、抵抗なくcmd/バッチファイルを扱えるまでをレクチャーするため、少しずつ紹介することにしている。今回は条件式とジャンプ文、それを使ったバッチファイルを作成し実行することを紹介していく。

【コマンド入力】CMDとバッチファイルでショートカット 入門編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Windowsの標準アプリケーション「コマンド プロンプト」
  • MS-DOSに類似した機能を持つ
  • コマンドを記述したソースファイル「バッチファイル<.bat>」で入力を省略できる
  • 環境変数を設定することで任意のバッチファイルの呼び出しを可能にする
  • 簡単なバッチファイルを作って実際に試してみる
  • 操作を簡略化して楽をしよう

ここ最近、怒りに任せて書いたばかりに、トレンド記事ばかり書いている。これではあまり他のブログとの差異を出せないので、久しぶりにPC関係の話を書くことにする。

今回は、Windows標準アプリケーションの「コマンド プロンプト」(cmd.exe)の話である。以下cmdと省略するが、多くの人はcmdに対し、あまりいい印象を持たない。それは単純にGUIではなくCUIであるから、ということが大きいだろう。WindowsはGUIをベースとした、コマンドを覚えていなくても操作できるOSである。そのため、CUIに触れる機会は極端に少なくなり、コマンドが使えないのが普通になってしまったからである。

しかし、妙に親切なMicrosoftと、それに詳しい人がコマンドの解説、環境変数の設定、バッチファイルの作り方などをネット上にまとめている。ここではそれらの情報と、私自身が設定した環境変数の設定方法、バッチファイルの作り方をまとめたものを、初めて触れる人向けに書いていく。

【リビジョン違い=転送速度】SATA接続ディスク購入時の注意

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現行でも主流のSATA接続ディスク
  • 基本的な速度規格はSATA 1.5Gbps/SATA 3Gbps/SATA 6Gbps
  • 現在はSATA 3GbpsとSATA 6Gbpsが入り乱れている
  • ECサイトではほぼSATA 6Gbpsのみ販売
  • フリマやオークションでの購入時は規格に注意
  • 失敗しないためにも商品をよく見る

PCパーツは、個々のパーツ性能は向上しているが、共通の規格は一度決定すると、新しい規格が出て完全に置き換わるまで、大きく変わることはない。その例として、SATAの前の規格にIDEがあり、未だIDEのHDDが存在している。昔のPCや初代XboxはIDEであるため、これらを動かすには需要がある。なお、IDEはSATAへの変換も可能なようだが、速度はIDEに依存すると思われる。

M.2 SSDと新規格のNVMeによってSSDのR/W性能はより向上する結果となっているが、SATAと比較するとまだ高いことと、これから対応するためか、完全に置き換わるまでには至っていない。また、速度をそこまで必要としない企業向けのPCはSATAが多く、場合によってはSSDすら入れていないこともよくある。業務時間中はつけっぱなしと考えるとSSDでなくてもいいのかもしれない。

そんなSATAは規格にSATA 150/SATA 300/SATA 600があり、それぞれ転送速度(理論値)が1.5Gbps, 3Gbps, 6Gbpsとなっている。また、SSD用の規格としてmSATAが存在し、これはSATA 300の頃から開発・生産が始まったため、SATA 300/SATA 600のみである。今回はSATAの解説と、HDD・SSDを購入する際の注意を書いていく。