【ISRT】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第2回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP 8570wの紹介記事:第二弾
  • 裏蓋の中に存在するmSATA SSDスロット
  • 単純な追加ストレージとしては性能不足
  • IRSTの機能の1つISRTのためのmSATA, 設定方法を解説
  • 容量確保しながらHDDより高速のディスクI/Oを実現
  • SSDをケチりたい人の救世主

HP製モバイルワークステーション、HP Elitebook 8570w Mobile Workstation(以下8570w)の実力を紹介する記事の第二弾である。今回は、mSATAとRAID0を利用した、Intel Rapid Storage Technology(IRST)の中にあるIntel Smart Response Technology(ISRT)を使用する方法と解説、私の環境での実測データを紹介する。

一般のラップトップでは、SATAないしmSATA、M.2のスロットは1つしかない。しかしワークステーションのグレードである8570wにおいては、通常のSATA3(6Gbps)に加え、mSATAドライブ(3Gbps)が本体裏蓋内に存在する。3Gbpsなので、速度は少し劣るものの、後述のIRSTの機能の1つであるISRTを利用することで、SATA3に接続しているディスク(特にHDDの場合)のR/W性能を向上させることができるようになる。

なお、前回の紹介記事は下記のリンクから読める。

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP製のモバイルワークステーション、8570w
  • 法人向けラップトップの中でも高性能の部類
  • Quadro K2000M(DDR3 2GB)搭載、3DCGに強い
  • mSATA SSDスロットがあり、IRST対応

初めて個人用PCを持ってから6年になる。それまで2回買い替え、3代目(3台目)となるPCはHPのモバイルワークステーション、8570wである。性能が高く機能も多いので、複数回に分けて書いていこうと思う。