【中国製の実力】中国製電子遊戯用PC「神舟精盾 KINGBOOK T65」実物検証!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在の達成すべき目標「ゲーミングラップトップ」の入手
  • ゲームではないがクリエイティブ作業にはGTX 1050-Ti(M)以上が理想
  • 状態のいいものは競争になり、一部破損したジャンクでも3万超えで入手困難
  • 日本ではほぼ無名の中国のPCメーカーに目を付けた
  • 中古で状態は悪くない「神舟精盾 KINGBOOK T65」を入手、検証することに
  • 外観は素朴だが中身はゲーミング要素を持つ
  • 基本スペックが多くのエントリー向けゲーミングラップトップと同等
  • ベンチマークは高成績ではないが並以上、十分な性能
  • 主目的の配信・録画でも必須ソフト・ツールの同時使用に耐える
  • ゲーミングラップトップを安く手に入れるならマイナーな中国製を狙え

安さへの挑戦は、身を削る努力とも言える。安くするためには何かを犠牲にしなければならないというのが常であり、できることをできる限り行った後でさらに身を削れと言われると、正直やりたくないことである。無理をすれば品質と価格の両方が維持できなくなることは容易に想像できる。それでもなお、補償の1つもなしにあらゆるところから安さへの挑戦を強要されるとなれば、辞めたくなるに違いない。

その苦しみとは無関係というべき状態で安さを極める国といえば、中国。中国共産党は相変わらずクソだが、IT・ゲーム関連の企業などはその狂気の独裁の縛りをうまくかわしながらものづくりを続けて、中国国内はもちろん一部製品は世界展開もしている。これまで私は有名・無名に関わらず中国製品レビューを行ってきているが、いずれもちゃんとした製品であることを自身の体験で実証している。もはや「中国だから」とは馬鹿にできないレベルの品質だった。

PCについてはどうか。巨大かつ有名なのはやはりLenovoだ。だがそこだけが絶対的覇権と言うわけでもない。世界展開していても目立たない企業は多く、中国名で神舟、英語名でHaseeもまた例外ではない。度々価格破壊で業界に衝撃を与えてきたここがゲーミングに手を出したときも、やはり価格破壊が起きていたようだ。そんな中で偶然入手できたのが、精盾 KINGBOOKシリーズから、i7-7700HQ+GTX 1050-Ti(M)を採用するT65。状態は良好であるので、どんなものかを見ていくこととする。

【元は法人向け】NEC VersaPro J タイプVS VS-5(VKT12/SG-5)レビュー:安くて使える2in1

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 宗教戦争並みに奥が深く闇も深いPCの世界
  • タブレットPC(2in1)は性能を犠牲に携行性と価格が高い
  • 法人向けは型落ちが中古市場に流れやすく価格もかなり落ちている
  • NECのVersaPro J タイプVSのVS-5(VKT12/SG-5)を1万円で入手したのでレビューする
  • Windows10の12.5型FHD、貧弱になりがちなスペックは最低基準を満たしている
  • 単体で約879g、キーボード付きで約1,200g、業務や学校での使用はもちろん持ち出して使うにも最適
  • 各種インタフェースを装備しておりUSB Type-CでUSB PDに対応する
  • 専用スタイラスペン標準装備でタブレット側に格納でき、格納中は自動で充電される
  • ゲームやクリエイティブな用途には使えないことを肝に銘じておく
  • VKT12/SG-5、中古型落ちなら安くて実用的

ガジェットの複数持ちをするとき、コレクティングのために複数持ちするというのは愚行だ。使ってこそ意味があり、ただ持っているのは宝の持ち腐れだ。壊れる心配をして使わない人がいるようだがそれは勿体ない。使うために作られたのだから、臆せず使うべきだ。

殆どの人は何らかのガジェットを持つとき、通常は同じ種類を「1つ」しか持たないのが普通だった。だが今は事情が違い、用途別に同じ種類で異なるガジェットを、その人が欲しいだけ持つことが多くなった。PCがその最たる例であり、私の場合は現在はゲーム用のデスクトップと通常作業用の8570wを保有している。ただ、8570wはラップトップではあるがワークステーションのため、大型で重く持ち運びは容易ではない。常に座って作業できる場所が常にあるとも限らないので、外に持ち出すことが少ない。

そのため私は、所謂2in1とも呼ばれるタブレットPCが欲しかった。だが中古でさえ高額な割に性能が貧弱なことが多いので、私の満足するものはなかなか見つけられなかった。そんな中偶然手にしたのがNECはVersaPro JのタイプVS、それのVS-5をなんと1万円(+送料)で入手したのである。しかも調査すると、元々は法人向けに作られたモデルであった。つまり意図せずにまた、法人向けのPCを入手したのである。法人向けPCには個人向けPCとは違った魅力があるので、この2in1について詳しく見ていき、興味を持ってもらえるよう記事として書いていく。

【ISRT】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第2回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP 8570wの紹介記事:第二弾
  • 裏蓋の中に存在するmSATA SSDスロット
  • 単純な追加ストレージとしては性能不足
  • IRSTの機能の1つISRTのためのmSATA, 設定方法を解説
  • 容量確保しながらHDDより高速のディスクI/Oを実現
  • SSDをケチりたい人の救世主

HP製モバイルワークステーション、HP Elitebook 8570w Mobile Workstation(以下8570w)の実力を紹介する記事の第二弾である。今回は、mSATAとRAID0を利用した、Intel Rapid Storage Technology(IRST)の中にあるIntel Smart Response Technology(ISRT)を使用する方法と解説、私の環境での実測データを紹介する。

一般のラップトップでは、SATAないしmSATA、M.2のスロットは1つしかない。しかしワークステーションのグレードである8570wにおいては、通常のSATA3(6Gbps)に加え、mSATAドライブ(3Gbps)が本体裏蓋内に存在する。3Gbpsなので、速度は少し劣るものの、後述のIRSTの機能の1つであるISRTを利用することで、SATA3に接続しているディスク(特にHDDの場合)のR/W性能を向上させることができるようになる。

なお、前回の紹介記事は下記のリンクから読める。

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP製のモバイルワークステーション、8570w
  • 法人向けラップトップの中でも高性能の部類
  • Quadro K2000M(DDR3 2GB)搭載、3DCGに強い
  • mSATA SSDスロットがあり、IRST対応

初めて個人用PCを持ってから6年になる。それまで2回買い替え、3代目(3台目)となるPCはHPのモバイルワークステーション、8570wである。性能が高く機能も多いので、複数回に分けて書いていこうと思う。