【仮想マシンで手軽に勉強】1つのPCに別のPC環境を構築できるソフトウェア「VMware Workstation Player」でUbuntuを動かす

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 専用のソフトウェアで「もう一台のPC」を実現する仮想マシン
  • ホストOS型で代表的な「VMware Workstation Player」
  • isoを用意できれば理論上どんなOSも構築可能
  • Linux系のうち、研究でよく使われる「Ubuntu」構築方法を記載
  • 使用時の注意についても記載

大半のPCのOSはwindowsである。市販されている殆どはそれであり、サーバーもWindowsを使用していることがたまにある。Linux系ディストリビューションで固定のデバイスは存在しないように思える。また、元を辿るとUNIXのMacはMacであるので、これは別物である。

その中でも、Debian系でサポートが充実していてユーザ数が多い、Ubuntuを使いたいと考えている人は多いだろう。特に、学生の研究のお供ともいえるくらい、扱いやすいOSである。しかし、現在PCでWindowsを使用していて、クリーンインストールしようなんてことは考えないだろう。デュアルブートという手もあるが、設定が面倒で容量配分も面倒でやろうと思う人はなかなかいない。

そこで、PCのスペックが要求されるが、ソフトウェアで設定するだけで簡単に「再現」できる「仮想マシン」と、仮想マシンを構築するためのソフトウェア「VMware Workstation Player」でUbuntuの環境を構築する方法を書いていく。