PC | Kibekin BLOG. - パート 2

【中国製の実力】中国製電子遊戯用PC「神舟精盾 KINGBOOK T65」実物検証!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在の達成すべき目標「ゲーミングラップトップ」の入手
  • ゲームではないがクリエイティブ作業にはGTX 1050-Ti(M)以上が理想
  • 状態のいいものは競争になり、一部破損したジャンクでも3万超えで入手困難
  • 日本ではほぼ無名の中国のPCメーカーに目を付けた
  • 中古で状態は悪くない「神舟精盾 KINGBOOK T65」を入手、検証することに
  • 外観は素朴だが中身はゲーミング要素を持つ
  • 基本スペックが多くのエントリー向けゲーミングラップトップと同等
  • ベンチマークは高成績ではないが並以上、十分な性能
  • 主目的の配信・録画でも必須ソフト・ツールの同時使用に耐える
  • ゲーミングラップトップを安く手に入れるならマイナーな中国製を狙え

安さへの挑戦は、身を削る努力とも言える。安くするためには何かを犠牲にしなければならないというのが常であり、できることをできる限り行った後でさらに身を削れと言われると、正直やりたくないことである。無理をすれば品質と価格の両方が維持できなくなることは容易に想像できる。それでもなお、補償の1つもなしにあらゆるところから安さへの挑戦を強要されるとなれば、辞めたくなるに違いない。

その苦しみとは無関係というべき状態で安さを極める国といえば、中国。中国共産党は相変わらずクソだが、IT・ゲーム関連の企業などはその狂気の独裁の縛りをうまくかわしながらものづくりを続けて、中国国内はもちろん一部製品は世界展開もしている。これまで私は有名・無名に関わらず中国製品レビューを行ってきているが、いずれもちゃんとした製品であることを自身の体験で実証している。もはや「中国だから」とは馬鹿にできないレベルの品質だった。

PCについてはどうか。巨大かつ有名なのはやはりLenovoだ。だがそこだけが絶対的覇権と言うわけでもない。世界展開していても目立たない企業は多く、中国名で神舟、英語名でHaseeもまた例外ではない。度々価格破壊で業界に衝撃を与えてきたここがゲーミングに手を出したときも、やはり価格破壊が起きていたようだ。そんな中で偶然入手できたのが、精盾 KINGBOOKシリーズから、i7-7700HQ+GTX 1050-Ti(M)を採用するT65。状態は良好であるので、どんなものかを見ていくこととする。

【手もトラッキングしよう】”VSeeFace”使ってみた!~Leap Motion編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回はVSeeFaceのセットアップ作業を解説した
  • VSeeFace自体は頭の動きと表情のみをトラッキングする
  • 手もトラッキングする場合はLeap Motionが必要
  • 中古ながら状態の良いものが偶然にも入手できたので検証する
  • 前提として現サービス提供元のUltraleapへの登録が必須
  • デバイスを認識するためにGenimiのインストールを先に行う
  • Ultraleap Trackingを起動しておけばVSeeFace側でONにするだけで認識する
  • 正しいトラッキングのために、置く場所によって細かく調整する必要がある
  • 結論:トラッキング精度は多くにとって十分と言える

中古市場と日本やアメリカなどでは絶対に見れない、中国製のぶっ飛んだ製品を探すのが好きである。この2つの共通事項は「ギャンブル要素を大きく含む」ということ。はずれを引いたときには台バン不可避だが、あたりを引いたときは嬉しいもの。特に中国は普通では考えないものを作り出すことが得意で、ニッチな需要を満たすこともできる存在である。それを考えると愛国者様が「チャイナフリー」と思考停止に叫んでいることに疑問符しか出ない。中国製品に大いに依存しているのに叫ぶ姿は、現実を直視できない惨めな人間だ。

さて、PCを操作する時はキーボードとマウスが絶対必要なのは言うまでもないことである。CUIのみの昔はキーボードしかないが、今はマウスがほぼ絶対的主権を持っている。というのも、OSがソフトウェアキーボードを用意していることが多く、マウス1つさえあればキーボード入力もできてしまうためだ。ある意味PC初心者にはありがたい話ではある。

それよりもっと進んだ話が、マウスを使わず手で直接操作するということ。このとき、キーボードもタッチパネルも使わない。そんなSFのようなことができるわけがない、そう思うのは既に昔の話になっていた。旧Leap Motion社(米)、現Ultraleap社(英)が開発した非接触型ハンドトラッキングセンサ”Leap Motion”が2012年に登場した。元々は業務用、法人向けに開発されたデバイスで、Amazonでの一般販売は2013年12月16日から開始されている。これがVSeeFaceにも対応しており、これを組み合わせることで手も「再現」できる。これを偶然にも中古で入手したため、再度VSeeFaceを試すことにした。

【VRのおともに】ゆかりねっとコネクターNEOを使いこなす~VR編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信必須ツールの定番、翻訳字幕のゆかNEOとコメント関係のわんコメ
  • 通常は配信で使用するものであり、現在はかなりの利用者と資料がある
  • ゆかNEOはVRでの使用をサポートしている
  • 使用者は存在するが明確な資料は少ないため書くことに
  • 現時点で確認できる対応先はSteamVR, VRChat, VirtualCast
  • 前提として同一のPC上にゆかNEO・わんコメと対応するソフトが存在することが条件
  • 基本となるVRオーバーレイは字幕以外のものも出すことができる
  • VirtualCastはTSOで提供中のVCIを利用して表示できる(はずだった)
  • VRChatはOSCを支援するだけのもので、字幕表示機能ではない
  • 結論:ゆかNEOには土台がある、それを生かせばVRでも使える

VR方面の発展は、他の技術と比べるとどうしても遅いと感じる。これは大手のVRへの参入が少ないせいだろう。特に国内のVR参入について積極的な企業がどうしても少ないように感じており、そのせいもあってまだプラットフォームやデバイスといったものが不十分かつ未発達のようにも思える。特にVRデバイスは、安さの殿堂でもあったMeta Quest2が値上げされ、結局カテゴリー全体で高級デバイスに逆戻りであり、VRの発展が一時的に停滞しかねない事態が発生した。全世界に衝撃が走ったのは、言うまでもない。

VRコンテンツの代名詞とも言えるVR-SNSだが、最前線にあるVRChatは制作・運営の中心はアメリカにある故、言語の壁が大きく立ちはだかる。普段ならDeepLだったりの翻訳ツールなどを使えば簡単に意思疎通が可能だが、VRはその特性上、従来の方法を利用できない。配信でもないのでゆかNEOの翻訳と字幕を利用することも難しいというのがこれまでのVR特有の問題であった。

それでも開発者のNao氏は諦めなかった。ゆかNEOを改良し、いくつかのVRプラットフォームについてはそのプラットフォームで追加の設定や準備を行うことで、配信で使うような字幕と翻訳を出すことを可能にした。一部はゆかNEO以外のものもVR上に映し出すことができるようになっている。字幕はもとより翻訳もVR上で出せるようになれば、VRでも言語の壁を越えることと聴覚障害サポートに繋がり、活動の幅も広がるはず。よって今回はVR検証を行っていく。

【AIの力を借りてトラッキング】”RiBLA Broadcast”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • モデルのトラッキングの際に起きる、機材問題
  • Leap Motionは簡単には手に入らないのでカメラだけでやるしかない
  • エイベックス・テクノロジーズが提案したのは”AI”による補正
  • 使用するのは現在β版として無料配布中の最新ツール”RiBLA Broadcast
  • 対応するモデル形式はVRM、必要な物はWebカメラ1台
  • 設定項目も割と多く存在し、細かく決めることもできる
  • 要求されるスペックはかなり高い、低スペックPCではまず無理
  • 動きが自分に対するミラーなのはいただけない
  • 現時点でβ版のため、これからの改善に期待する

VTuberを観るだけだった私は、VTuberとVRに関連するソフトウェア・ツールについて調べているうちに1つの結論に達した。自分が実際にVTuberになって使わなければ、そのソフトウェア・ツールの解説は不十分だと言わざるを得ない。そうして今はVTuberとして活動するための準備をしつつ、これから絶対使うであろうものについても調査をしつつ、万全を期した状態で臨めるよう調整中である。

モデルを動かすためのソフトウェアについては、フリーソフトで高機能、周辺機器と外部ソフトウェアとの連携が可能である、VSeeFaceについて取り上げた。Webカメラ1つあればかなり高いトラッキング精度で顔をしっかり再現してくれるもので、原則として高性能なPCでなければできなかったそれも、低スペック向けの設定を用意していてそのPCでも使用できる。とはいえOBSでのエンコードを前提として、配信必須ツールを同時に使用しているのであれば要求リソースは高いものを要求されるので、8570wで全てをこなすなど以ての外であった。

もう1つの問題点としては、手や腕の動きを再現するのにLeap Motionが別途必要であること。しかし現状は「高い物」になってしまったそれを入手することは難しい。よって手や腕のトラッキングは無理かと諦めていた時に見つけたのが、エイベックス・テクノロジーズが開発し、現在β版として提供している”RiBLA Broadcast”だった。AIを駆使して手や腕の動き、表情を推定・認識して反映するというもの。あらゆるものにAIが組み込まれる時代にこれは最適解となるか、実際に使用して確かめることにした。

【フリーかつ高機能】”VSeeFace”使ってみた!~セットアップ編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberに必要な物は多い、揃えるには金がかかる
  • リアルに見せるには現実とのリンクを行う必要がある
  • Webカメラは前提、ソフトウェアは様々あり有料も存在する
  • フリーソフトでありながら高機能なソフトウェア”VSeeFace”を試すことに
  • Webカメラが1つあれば、顔のトラッキングは完璧に行ってくれる
  • 設定を最適化すれば低スペックでもそれなりに動かせる
  • 外部周辺機器とソフトウェアに対応する
  • 慣れてきたら腕・手・全身トラッキングも可能になる
  • 難点:VSeeFace自体を閉じないと止められない
  • これ1つでVTuberの基本は達成できる

ある物事を理解するには、その物事に何らかの形で関わることが最適解である。そう感じている私は、VTuber・VR関連の調査のために自分自身がVTuberに近いことを行い、それによって得られた情報をここにまとめている。この手の物はそれをやっている人から話を聞いてそれをまとめるということをしてもいいとは思うが、しかし実際にやらなければわからないことも多いわけで、正確な情報のためには自分自身でやることは大事である。

今回取り上げるものその1つとなる。VTuberの3Dモデルを動かす際に必要なことといえば、現実との動きをリンクさせ、それを表示するソフトウェアだ。これがなければ、リアリティを出すことは難しい。昔は限定的にしかなかったそのソフトウェアも、有料・無料問わず様々なものが作られては市場に流れている。誰がどれを使っているかについては、把握はほぼ不可能だ。

そのソフトウェアの1つとして、かなり高い評価を得ているものがある。それが”VSeeFace”である。これはフリーのソフトウェアとなるが、その完成度は有料のソフトウェア並で、これ単体でかなりトラッキングするようで、細かい部分のトラッキングに関しては必要な機材を入手すれば、殆どが対応しているのですぐにでもトラッキングの設定やテストができるというものになっている。私の周りでは卯塚ウウ氏が使用中であり、さらにこのソフトウェア自体が他のVTuber関連ソフトウェアの解説の基盤にもなる。まずはVseeFaceが一体どのようなものなのか。これをしっかり見ていくこととする。

【スタイル共有】ゆかNEO×わんコメ指南書:字幕表示をテンプレートでカスタマイズ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕と翻訳のゆかNEOとコメントツールのわんコメ
  • 双方での連携が強化され、連携に至る設定機能も簡易化が目指されている
  • 連携することで使える特別な機能が存在する
  • 連携による目玉機能がわんコメテンプレートをゆかNEOで使用できること
  • 以前はテンプレートを正式にサポートしていないため使用が難しかった
  • バージョン更新によってテンプレートを簡単にゆかNEOに導入可能になった
  • テンプレートを使用した場合は認識結果が残るタイプとなる
  • Wordpartyも連携することでゆかNEOの音声認識経由で動作させられる
  • 編集はわんコメから行うが、直接参照のためリロードだけで反映
  • 折角連携するのなら、機能を知ってフル活用していく

あるソフトウェアないしツールがある。それは決してメジャーではないが、必要とする人にとっては重宝されるもので、更新があれば必ず更新を行って最新版にして使用することが多いものである。だが更新情報を見て、今まで存在していた便利機能が削除されてしまうが、最新版にしなければ使えないと分かっているとき。人は「進化」を止めてしまうのだろうか。或いは妥協や代替案で乗り切るのか。このあたりは実に悩ましいところである。

気になったので書いてみたら意外に反響が多いシリーズが、配信者向けの補助ツール解説である。メインで書いているのはゆかコネ/ゆかNEOとわんコメで、それに関連するツール、さらにはVTuberがよく使うであろうツールについても解説をするようになった。また、ゆかNEOとわんコメについては、ゆかコネ公式ガイドclea氏とアンバサダーの卯塚ウウ(うーちゃん, わんコメアンバサダー兼任)から情報を貰って調査に役立てている。特にうーちゃんは最新の情報をよく収集しているため、そこから最新情報を知ることができる。

そこから得たゆかNEOとわんコメの最新情報で、最新版において連携機能がさらに強化された結果、わんコメのテンプレートをゆかNEOで利用しやすくなったのである。それまで非公式ながらサポートしていた機能であるが、どうしても設定と導入が面倒であった。その苦労を一気に解消し、より使いやすく、わかりやすくなったゆかNEOとわんコメ。でも一体何がどうなっているかがよくわからないという人も多いはずなので、記事ベース解説によって、これを読んだらもう使えるようになっている、を目指すのが今回の趣旨である。

【負荷分散で安定させる】分離配信論~ゲームと配信は別々のPCで~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信そのものは低スペックPCでも低品質設定で可能である
  • 1つのPCで配信とゲームその他の作業をするには高スペックが必須
  • ミドルクラスでゲーム・作業低スペックで配信を分離する手法がある
  • HDMIの映像をPCに映す場合キャプチャーボードが必須
  • 音声も出力したい場合、少しだけ手間がかかる
  • 一度設定が完璧なら、次回以降の接続は楽にできる
  • PCを2台使用する関係から読み上げ機能などは使用可能でも実質使えない
  • ゲーミングラップトップはその性質上相性が良い
  • 分離すれば必ずしも高性能で固めなくてもいいと証明できる

配信関連技術を調査するようになってから、おおよそ7ヶ月が経つ。元々は声を出さずして喋った内容を表示する方法を探していたわけだが、それが結果的にVTuberをはじめとする配信の世界に足を踏み入れるきっかけにもなったのである。そうして今、ゆかりねっとコネクター(NEO)やわんコメを使用する人を中心に、その繋がりを見せている。その人からの悩みは、ブログで取り上げる人が少なすぎるということである。なので積極的に取り上げていくのがいいようだ。

さて、配信を行うのが一般化した現代において、1つのPCでゲームをしながら、VTuberなら自身の皮を表示させてWebカメラを利用してトラッキングを行い、そしてOBS等を利用して配信を行う。1つのPCでこれらを行う場合、CPU・GPU・RAMが全て強くなければならない。それに加えて水冷ユニットも必須になる。それくらいがなければまともに動かすことができないであろう。しかしそれをクリアするほどのスペックを持つ、ハイエンドモデルのパーツは総じて高額であり、それこそ石油王でなければ無理と言い切れるものになる。

だが、ミドルレンジのものなら手に入りやすく、中古市場にも流れやすい。なので2台目を作ることは容易である。また、キャプチャーボードを利用することで別のPCの映像を映すことができる。これを利用して、ゲームないし作業用と配信用(+VTuberの皮を動かすソフトウェア)で分離すれば、負荷分散によって安定して配信が行えるはずである。今回は実際に分離配信している私がその分離配信のメリットとその方法について解説していく。