【元は法人向け】NEC VersaPro J タイプVS VS-5(VKT12/SG-5)レビュー:安くて使える2in1

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 宗教戦争並みに奥が深く闇も深いPCの世界
  • タブレットPC(2in1)は性能を犠牲に携行性と価格が高い
  • 法人向けは型落ちが中古市場に流れやすく価格もかなり落ちている
  • NECのVersaPro J タイプVSのVS-5(VKT12/SG-5)を1万円で入手したのでレビューする
  • Windows10の12.5型FHD、貧弱になりがちなスペックは最低基準を満たしている
  • 単体で約879g、キーボード付きで約1,200g、業務や学校での使用はもちろん持ち出して使うにも最適
  • 各種インタフェースを装備しておりUSB Type-CでUSB PDに対応する
  • 専用スタイラスペン標準装備でタブレット側に格納でき、格納中は自動で充電される
  • ゲームやクリエイティブな用途には使えないことを肝に銘じておく
  • VKT12/SG-5、中古型落ちなら安くて実用的

ガジェットの複数持ちをするとき、コレクティングのために複数持ちするというのは愚行だ。使ってこそ意味があり、ただ持っているのは宝の持ち腐れだ。壊れる心配をして使わない人がいるようだがそれは勿体ない。使うために作られたのだから、臆せず使うべきだ。

殆どの人は何らかのガジェットを持つとき、通常は同じ種類を「1つ」しか持たないのが普通だった。だが今は事情が違い、用途別に同じ種類で異なるガジェットを、その人が欲しいだけ持つことが多くなった。PCがその最たる例であり、私の場合は現在はゲーム用のデスクトップと通常作業用の8570wを保有している。ただ、8570wはラップトップではあるがワークステーションのため、大型で重く持ち運びは容易ではない。常に座って作業できる場所が常にあるとも限らないので、外に持ち出すことが少ない。

そのため私は、所謂2in1とも呼ばれるタブレットPCが欲しかった。だが中古でさえ高額な割に性能が貧弱なことが多いので、私の満足するものはなかなか見つけられなかった。そんな中偶然手にしたのがNECはVersaPro JのタイプVS、それのVS-5をなんと1万円(+送料)で入手したのである。しかも調査すると、元々は法人向けに作られたモデルであった。つまり意図せずにまた、法人向けのPCを入手したのである。法人向けPCには個人向けPCとは違った魅力があるので、この2in1について詳しく見ていき、興味を持ってもらえるよう記事として書いていく。

【楽々ディスクメンテナンス】”EaseUS Partition Master”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回に引き続き中国EaseUS Softwareのソフトウェアレビュー記事
  • PCにおけるパーティションは1つのディスク内に区切りを設けること
  • パーティション管理はWindows標準機能では制約が存在し、不十分
  • パーティション管理をより楽に行えるのが”EaseUS Partition Master”
  • 無料アップグレード付き永久版ライセンスは7000円以内、これも良心的価格
  • ディスク内の任意のパーティション増やしたり減らしたりすることが簡単にできる
  • MBRの修復やディスクタイプの変換もこれ1つで簡単に行える
  • パーティション単位で、パーティションの移動も分割も結合も自由に行える
  • ディスクを使えるようにする「フォーマット」もPartition Masterで完結
  • 総合評価:ディスク管理で「したいこと」がこれ1つで広くカバーできる
  • EaseUS Partition Master“1つでディスク管理はより楽になる

タブレットPC、またの名を2in1とも言うそれは、一般的なラップトップに対して性能が落ちるが、携行性と操作の直観性に優れている。本格的なゲームをするでなく、ブラウジングや動画再生、事務作業レベルであればほぼ支障がない。CPUとRAMが十分であるなら負荷の軽いゲームであればプレイできるであろうが、その場合はどうしても高額になりがちである。そもそも2in1に求めるのは前述の2項目であり、外に持ち運びする関係から高額でない方が気軽に使える気がしている。

さて、PCを使うとき、デスクトップは2つ以上のディスクを、ラップトップやタブレットは特殊なもの以外は1つのディスクを接続することができる。その際、容量が小さい場合は1つのディスク=1つのドライブとして、容量が大きい場合は1つのディスクに複数のドライブを設定して運用することであろう。このとき1つのディスクで複数のドライブに仕切ったその1つ1つの領域のことをパーティションと呼ぶ。日本語の意味で「仕切り」のことである。

最近はあえてパーティションを設定している人は少ないようだが、パーティションを設定する理由はシステムドライブとデータドライブの分離であり、他にもメリットが存在するが、デメリットもある。しかしWindowsは仕様であるのか、移動できないファイルの存在等でパーティションを全く管理できないことがある。そんな困ったを解決するソフトウェアがEaseUSから開発・販売している”Partition Master”である。これはパーティション管理を中心にクローンやデータ復元なども行えてしまう、多機能なソフトウェアであった。EaseUS Softwareレビュー第3弾、今回はPartition Masterを余すところなく詳しく見ていく。

【データを守ろう】”EaseUS Todo Backup”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 様々なPCのバックアップ・クローンソフトウェアを開発している中国のEaseUS Software
  • 以前にEaseUS製PC間データ移行ソフトウェア”Todo PCTrans”をレビューした
  • ディスクのバックアップはOS標準で不可能ではないが面倒である
  • バックアップもクローンも簡単に行えるソフトウェア”EaseUS Todo Backup”
  • 永久版ライセンスでも8,000円以内の良心的設定価格
  • バックアップ」でファイル単位でフォルダやディスクごとバックアップできる
  • クローン」で別のディスクに使用中のディスクを複製できる
  • 総合評価:悪いところが見当たらないくらい使いやすい
  • “EaseUS Todo Backup”があれば、データの消失も怖くない

最近、安くてそれなりなPCというものに関心がある。その多くは中国製PCで、ロープライス・ロースペックを追求する方針である。ブラウジングや動画を見る、Officeを使うレベルの一般用途を想定して、3万円台で解像度FHDというものが多く出回っている。CPUはCeleronまたはAtomで2in1タブレットPCとして使用できるものが多く、バッテリーは2~3時間程度だがモバイルバッテリー対応型が多く、外に持ち出して使うには十分なものになっている。いざというときには使えそうである。私も1つ欲しくなってきた。

さて、PCを利用する上で気を付けなければならないことは何か。今頭に思い浮かんだことはおそらくどれも気を付けなければならないことだろうが、ストレージも気を付けなければならないこととして、優先度の高いものとなる。実は消耗品であるPCとそのパーツ類、ストレージは突然に壊れることがあるのも事実。稼働部品のあるHDDはもちろんのこと、SSDもNANDが書き込みとデータ削除を行うたびに摩耗し、例えメーカーの保証する耐久限度に至らなくとも突然に壊れてしまうリスクがある。したがって、いつ何時壊れてもいいよう、別のストレージに物理バックアップが必要になってくるのである。

しかし多くの人はバックアップを行うことを怠っている。それはバックアップを取るのが面倒だと思う人が多いからだ。確かに面倒だが、そんなバックアップを誰でも簡単にできるようにしてくれるソフトウェアがこの世界にはちゃんと存在した。中国国内はもちろん世界で活躍する企業、EaseUS Sowftware。ここが開発・販売している”Todo Backup”は、PCのバックアップはもちろんクローンも行える、バックアップ革命と言えるソフトウェアであった。今回はTodo Backupを、余すところなく詳しく見ていく。

【完璧な字幕を目指して】弱小配信者奮闘記2:UDトークも使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回記事でゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕表示を行った
  • その2つだけでも十分だが翻訳精度は期待できない
  • ゆかりねっとコネクターは他のアプリとも接続可能である
  • 音声を認識し文字変換と翻訳を同時に行うUDトークとも接続できる
  • UDトーク側で喋り、ゆかりねっとコネクターに結果を送信する形式
  • 必要なのはスマートフォン1台、あるいはスマホエミュレータ
  • 翻訳精度については問題なし、しかしそれは取り込めない模様
  • UDトーク側の設定で特定の単語を容易に変換登録できる
  • 無料版は継続して喋れるのは30分、だが接続し直せば問題なし
  • 字幕精度の高いUDトーク、誤認識を少なくしたいならこれ

どの世界も奥の深いものである。入りのきっかけは何でもよく、それこそちょっと気になったレベルのものでもOKなわけで、そこから新しい世界が始まる。その反面、一度沼にはまってしまえばそれはもう無限に沈んでいくだけである。記事のネタにするためだけだったのに、いつしか何かに憑りつかれたように熱心に調べるようになって、人並みに使えているということがあるためだ。不思議なものである。

ところで前回はゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕と翻訳をする方法について、設定とその手順、そして配信に反映するまでを書いた。この2つのアプリケーションはよくできており、設定が正しくできていれば配信で使うことができる。コンデンサマイクと発音の良さがあれば、日本語字幕は綺麗に出すことができる。しかし翻訳は無料ユーザーには残念ながら使用できるAPIに制限があるせいで、翻訳精度は低いものになり使えたものではない。

しかし無料でもその問題を解決する方法がある。それが音声認識によって文字化を行い、同時に割と高精度な翻訳も可能なiOS/Androidアプリ「UDトーク」を利用した、ゆかりねっとコネクターによる字幕+翻訳出力である。UDトーク自体はある制約さえ目をつぶれば無料で利用でき、前回記事の方法よりも翻訳精度の高さもあって使いやすいものとなる、はずだった。字幕は満足だったが翻訳精度には満足できなかった私がとる2つ目の手段となるUDトーク+ゆかりねっとコネクター。ここにもまた、その奮闘記を書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。

【声を文字に起こして】弱小配信者奮闘記:ゆかりねっとで字幕を反映する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 回線弱者KIBEKIN、稀に1Mbpsも出ない状況下で配信する
  • 音声を「出しにくい人」は音声を字幕にするという方法
  • 字幕に変換するアプリケーションに「ゆかりねっと」がある
  • ゆかりねっととは別に様々なサービスと連携するゆかりねっとコネクターがある
  • 字幕と翻訳を同時に試すため、KIBEKINが実際に設定してみる
  • インストールは簡単、しかしセットアップが難しい
  • 字幕の調整をゆかりねっとコネクター側で細かく調整していく
  • 実はゆかりねっとコネクターだけでも事足りる
  • ゆかりねっととの併用はVOICEROIDを使う場合など
  • UDトークと合わせて使う方法は次回記事で

回線弱者、それはインターネットにおける人権なしと同義である。配信という「趣味」であり「収益手段」でもあるこれを満足に行うには光回線が前提条件になるが、そうも言っていられないのが現実。しかし残念なことに殆どのルーターは上り速度を全く考慮していないものが多く、重要なのはそこじゃない!と何度もツッコミを入れたくなるほどだ。だが私は以前から言っている通り、金がない上に人脈も人望も人権もない嫌われ者。誰も助けてなどくれないから、与えられた環境でただひたすらにもがくしかないのだ。

そんな私は下心を隠さずに言えば金目的でやっているのだが、その道のりは嫌われ者である私にはとてつもない壁でしかない。最近はプライバシー保護のために声はなるべく出さないことにしているが、しかし無音というのは残念ながら誰も見ない条件に合致するものだ。ではどうするかといえば、声を読み取ってそれを変換し、字幕にすればいいのだ。

音声に合わせて字幕を生成し、それを画面に反映するというのは昔はできなかったことで、技術的に割と進んだ今だからこそできることである。とはいえ音声認識自体はいくら進化しても「個人差」までは完全に反映できないため、喋り方に癖があれば正しく認識してくれないのが玉に瑕というもの。しかしあるとないでは配信の見え方も大きく変わってくるというものである。今回はシェアウェアとなる音声認識アプリケーション「ゆかりねっと」と外部ツールの接続を可能にする「ゆかりねっとコネクター」。これ2つによって字幕を出す方法を探し実際に試したのである。その奮闘記をここに書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。

【安くて強い】PC用ゲーミングモニター”ASUS VP228HE”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 台湾のメジャーなPC関連パーツ製造メーカー、ASUS
  • 一般用途からゲーミングまで幅広く取り扱う
  • モニター製造にも定評があるASUS
  • 低価格帯でありながらゲーミングモデル、VP228HE
  • 1万5000円以内では珍しい1msレスポンスのモニター
  • 2つのゲーミングサポート機能をモニターに搭載
  • スピーカーは残念ながらしょぼい
  • 普通に遊ぶなら、これで十分だ

PC関係の話で、ハードウェアについて取り上げる個人はなかなかいない。これはハードウェアの多くは金がかかるということが起因していると思われる。そのため、ハードウェアレビュー記事は多くがPC関係のサイトを運営している企業の誰かが、レビュー対象のアイテムを購入するか或いはレンタルして、その使用感を書くというものになっている。ちなみにApple製品を愛するHIKAKINはよくiPhoneを水没実験しているほか、Red♪の素材でもある(PRODUCT)REDのレビューも行っている。AirTag水没実験はまだなのだろうか。

さて、私はそれらとは違い、好きな時に適当にレビューするという、実のところはネタ不足の埋め合わせのような感覚でやっているのが私KIBEKIN。とはいえ、ただのレビュー記事ではつまらないものにしかならない。したがって、レビュー対象のメーカーの概説を入れて、一般的なものとは差異が発生するようにしている。ちょっとした歴史の勉強にもなるので、面白いことであろう。

そんな中での今回のレビュー対象はASUSが発売していたゲーミングモニター、VP228HEである。様々なゲーミングデバイスを製造・販売するASUS、モニターも多数製造していたが、このモデルはゲーミングであってもグレードの低い、分類するとすれば入門機にあたるモニターだ。しかし、このモニターは上位モデルにも劣らない性能を持っていた。安いものが決して悪いものと言い切れない時代、このモニターの中身を調べていくこととする。

【手動設定とおさらば】バッチファイルとnetsh:簡単にIPとDNSを変える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • やりたいことが見つかってバッチファイル作成第5回
  • IPアドレス(IPv4)やDNSサーバーは設定と編集が可能
  • しかし編集するまでの画面を開く手順、編集方法は面倒である
  • cmdから編集するにはSystem32にあるnetsh.exeを使う
  • netshのオプションを利用することでcmdからでも可能になる
  • バッチファイルにすれば簡単に変更が可能になる
  • これでフリーのDNSサーバーも簡単に変えられる

ネタにするにあたり、事前準備が必要なものがある。プログラミングはその1つであろう。あらかじめ作成したソースコードとその結果を用意し、その上で文章を構成していかなければならないからである。ただ、文章そのものの構成は問題なく、不備無く完全に動くソースコードの開発がむしろ難しいものである。もっとも私は技術者ではないので、完璧なものを作れる保証はない。

さて、バッチファイルも一種のプログラミングと定義することができると思われるが、使いこなせばGUIでは面倒だったことがcmd(CUI)でさくっと完結できるものになる。第5回となる今回はPCを使う上で重要なことでもある「ネットワーク」に関係したものである。その中の最も初歩的かつ重要な事項として、IPアドレスとそれに付随する設定、そしてDNSサーバーについて取り上げる。特にDNSサーバーは公開DNSサーバーを利用する時に変更することが多いであろう。キャリア一般のDNSサーバーより高速でセキュリティの設定やログ保存をしないなどのポリシーの観点から、手動で設定することが多くなっている。

ただ、IPアドレスやDNSサーバーを設定する際のGUIはどうにも使いにくく、そしてそこまで辿り着くのが面倒になっている。Windows 10になって以降は尚更、コントロールパネルではなく設定を呼び出そうとする面倒な改悪が入っているため、面倒が増している。そんな面倒は、netsh.exeを使うことで解決することができるのである。これを使用したバッチファイル作成を書いていく。