【PCより簡単】PS Vitaのアナログスティック修理してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ソニー最後の携帯機、PlayStation Vita
  • PSPから進化した、アナログスティック2つと背面RLパッド搭載
  • だが携帯機としては任天堂に負けた不遇の存在
  • アナログスティックが摩耗しやすく壊れやすい問題
  • 交換用パーツは多く存在し構造も簡単で自力修理可能である
  • 詳細な交換手順、お見せします
  • ねじ抜いてもコスト削減にはならない
  • 実質サポート対象外だから自由に弄らないか?

ゲームは熱中と飽きが繰り返している。特にソシャゲはついに飽きが来て、これまで長く続いた花騎士を手放した。もっとも実際のところは飽きたのに加えて「走り続けることに疲れた」ということが大きく、しかしソシャゲの中毒性にはなかなか勝てないので、強引にでも辞める方法としてRMTを行った。これが功を奏して辞めることができたので、辞めたい人にはこれを薦めたいところである。

さて、ソシャゲを捨てた私KIBEKINは再びコンシューマとゲーム用PC(Steam)をメインとする世界線に戻ってきたが、PCをメインとする前は据え置きも携帯機もかなり保有しており、それは初代ファミコン(ゴム製四角ボタン)まで遡るほどである。また個人で購入した初代X箱やPS3(CECHA00)、不用品となっていたところを回収してきたセガサターン、ドリームキャストなど、ゲーム機だけでも大量である。

しかし据え置き・携帯機とそのアクセサリを含むゲーム機の問題点は公式のサポートが終了した場合、修理やインターネットサービスが殆どの場合で使用不可となりレトロゲームの仲間入りを果たすということである。その場合、サードパーティに依頼するか、自力で修理するしかないのである。大半は前者だがそういう業者が都合よく存在することは日本では珍しい話だ。そんな中修理用の道具を保有し、修理用品を調達できる私は後者である。

PS Vitaについてはたまに動かす程度であるのだが、5年程前から使っているこれはスティックが壊れてきていて、勝手に動くことがよく起きるようになってしまっていた。特に左スティックが自律的に動くレベルで酷いため、ついに交換を実施することとしたのである。その交換記録をここに残すことにした。なお、私が保有するPS Vitaは所謂2000番台(PCH-2000)であり、初期の1000番台には対応していないので注意。

【遅延回復】TS KTK攻略編:775H[普通]品川⇒押上 運転指南書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKIN開始後初の「本格的攻略情報記事」
  • 今回は今更ながらTS KTKの最難関ダイヤを完璧に運転する
  • 使用車両はみんな大好き「新1000形」一択
  • 先行列車遅延!時間に余裕がない中での運転
  • 全京急車でも驚異的な加速力と制動力で遅れ回復を目指す
  • 勾配も読み、味方につけることが重要
  • 理想は蔵前でほぼダイヤ通りになること
  • このダイヤさえこなせれば何も怖くない

ゲーム関係のネタは、ネット上で探せば無限に存在する。しかし同時に攻略情報は単にそれを書くだけで1つのネタとなり誘導もしやすい関係か、アヘカス達のアヘリ8のために使われることが多い。それ故、ゲームをネタにした「文字媒体」はかなり嫌われやすい。しかし動画は動画で垂れ流しな場合と、オワコンの権化であるVTuberがこぞってやっていることもあって、どうもつまらない。VTuberは特に「差異が見られない」と感じるからだろう。

さて、そんな個人的な愚痴はどうでもいいとして、前回はゲーム「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の大まかな内容について書いた記事を公開した。その記事では具体的な攻略情報について書かなかったが、今回は気が乗ったので攻略情報を書いてみようと考えたのである。とはいえ、実際のところはネタ切れ防止のために書くという一面が大きいかもしれない。そしてこれもまた、自己満記事になりかねないであろう。

ゲームについて言えば、動画の方が圧倒的に参考になるはずである。だがそこをあえてブログの、文字と画像ベースで解説するという方法を取る。それは動画よりブログが私のフィールドであること、編集センスはないこと、動画だと修正が面倒であるからだ。それを踏まえた上で、今回は予告していた775H、運転指南書を書いていく。

【遊ぶ3線直通の歴史】Train Simulator 京成・都営浅草・京急線を語る

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 株式会社音楽館が発売していたゲームシリーズ「Train Simulator」
  • PS2からTrain Simulator(初期2作品はTrain Simulator Real)として展開され、本作は第5作目
  • 私鉄2社と都営が直通し空港から空港を走る
  • 2004年10月30日ダイヤ改正時のダイヤと当時の風景を切り取った歴史資料である
  • 今回はゲーム内容を要約して解説する
  • 運転で難しい「停車」を練習できるモードも搭載
  • ブレーキナビゲーションシステムで基本制動を練習できる
  • 標識と信号についてもおさらいできる
  • プレミア価格だが是非持っておきたいTS
  • 具体的な攻略の話は次回以降(不定)

人に自分の趣味を語るとき、それを「何も知らない人」に対して語る場合には気を遣う。語るだけ語って、相手には何も理解されずただ不快で無駄な時間を浪費させるわけにはいかないためである。それは私が何か(何でも)ネタにするとき、専門的な話を含むときも同じである。なるべく初心者を想定して冗長な説明を加えることが多い。そのため、専門家が満足する話を書くことは難しいであろう。

さて、HIKAKINを見倣って何でもネタにするとした以上、果たして需要があるかどうか不明なことでも書くことにしている。もっとも、これまで書いてきたものも需要不明なものが多いが。そんな中で今回書くのは、電車運転ゲームの中でもリアリティにこだわった「Train Simulator」シリーズで第5作目となる「京成・都営浅草・京急線」である。ただし内容は攻略法等ではなく、このゲームの特徴や意味などを語っていくものとして書く。このゲームについては明確な攻略法というものは、事実上存在しないためである。とはいえ、後日いくつかのダイヤについては書こうと考えている。

株式会社音楽館、向谷実が代表取締役社長を務める、元は音楽制作のために建てられた会社であるここがいつの間にか向谷の趣味の頒布を行う企業となり、後にそれが大手鉄道事業者をクライアントとするビジネスとなった。彼の情熱が込められたTrain Simulatorシリーズ、私鉄大手2社及び東京都交通局全面協力の下で制作された第5弾。これは一体どんなものであるのか見ていこう。

【烏は飛び続ける】永久不滅!リンクス岐部の語る『アーマード・コア』

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 神直利によって設立された『フロム・ソフトウェア』
  • 1997年7月10日、『アーマード・コア』から伝説が始まる
  • ガンダムや他のロボットゲームと一線を画すメカアクションゲーム
  • ACの進化と共にプレイヤー達=レイヴンも進化する
  • 時間が経っても研究され続ける「奥深い」ゲーム
  • 2013年9月26日発売、ACVDを最後に一旦ACのシリーズに幕を下ろす
  • 戦場に『烏』がいる限り、戦いは続く
  • 『アーマード・コア』は永久不滅

私は流行を追わない。そのため流行っているものに微塵の興味も示すことがない。寧ろ冷めた目でそれを見て、私は笑う。「流されやすい、自分がないのだな」と。

そんな私が、今も昔も時期を選ばずにやっているものがある。ゲームだが、フロム・ソフトウェアが創った名作『アーマード・コア』だ。それ自体は別になんてことはない、単純にゲームの1つである。だがこのゲームには熱烈なファンが多いのと、サービスが実質終了していても戦い続けている人がいるという、2つの特徴がある。そのおかげか、例え新作が出なくてもこの作品は熱を持ち続けているのである。

その私自身は4系からアーマード・コアに触れた、リンクスから始まった人である。したがって、それまでの従来型のACを知らずネクストから扱ったことになるが、そんな私でも入手できていない一部を除いて、一通りの理解を完了している。今回は素人ながら、アーマード・コアについて語っていく。

【ゲーム×◯◯】ゲームの進化:「遊びながら◯◯する」時代へ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲームは第5世代より急速に発展する
  • ゲームに現実世界の要素をプラスしたものが増えている
  • 携帯機第6世代に登場した「ゲーム×脳トレ」から学習系の登場
  • コンシューマ第7世代から「ゲーム×フィットネス」も登場
  • VRは技術的問題がまだ残る
  • フィットネスの任天堂、VRのソニー
  • 「ゲーム×○○」可能性は無限にある

ゲームは面白い。それはゲームを創る者達が、目から血が出るほどに面白いことを考え、それを形にして提供しているためである。つまり、ゲームクリエイターは相当なアイデアメーカーということになる。一度脳の中を覗いてみたいものである。ブログのネタ作りに役立つだろう。

さて、昔のゲームは単純な「遊び」であり、そこには「遊び」以上のものはなかった。それはそれで楽しいものであるが、時代が進化すればもう少しゲームの中身を欲張りたいと思うようになる。それと同時、現実にあるものをゲーム化したいという欲求も出てくる。例えばスポーツをゲーム化することや、通常一般人が扱えないものをゲームとして体験できるようにしたものである。いずれもフィクションを含むものの、疑似体験が可能なレベルの再現度となっている。

そして、NINTENDO DS/DSLite/DSi, PlayStation Portableを代表とする携帯機第6世代に後の「脳トレ」ジャンルとなるのゲームが初登場したのを皮切りに、学習系のゲームが登場する。またコンシューマは第7世代にて任天堂がWii専用デバイス”バランスWiiボード”とWii Fit, MicrosoftがXBOX 360専用デバイス”Kinect”とYOUR SHAPE FITNESS EVOLVEDをそれぞれ発売し、ゲーム×フィットネスが現実となった。そして最新のコンシューマ第9世代では、実質携帯機であるNINTENDO SwitchでRnig Fit Adventureが登場し、最強のフィットネスブームとなっている。

対してソニーやGPUメーカーはVRに力を入れており、ゲームに究極のリアリティを持たせることを目標としている。もはやゲームは、現実とほぼ大差ないところまで来ているのだろう。そこで今回は、ゲームの進化について「ゲーム×○○」形式で見ていき、そしてゲームの未来についても考えていく。

【実機再現】旧型ハード再現、エミュレーターのすすめ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲーム機も機械であり壊れ物
  • 旧型ハードは生産も修理も終了したものが多い
  • 有志により多くの旧型ハードが『再現』されている
  • PC以外にAndroidで多くの旧型ハードを動かせる
  • 完全再現不可能な旧型ハードも多い
  • 「公式」エミュレーターはいつ出るのか

人は新しいものを追い求める生き物である。同時に過去を懐かしみ、思い出に浸る生き物でもある。ゲームもまた同じように、新しいものを追い求めながら、過去の名作を繰り返しプレイしている人がいる。あるいは、そのハードが誕生したときよりも後に生まれた人が、経験や好奇心をもとに「レトロゲーム」をプレイすることもある。

しかしゲーム機といえど機械であり、使用していればいつか壊れてしまうものである。そうなれば修理するか新しい本体を購入するかの2つである。ただし、製造元である大手ゲームメーカーも、発売から一定時期が経過すると本体の生産を完了し、その数年後にサポート終了となる流れが一般的である。新しい本体も修理する人もういなくなってしまうというのが、悲しいものである。同型の中古品を探すか、非公式の修理業者をあたるなどして、どうにか使い続けられるようにしなくてはならない。

とはいえ、ゲーム機の中身はゲーム・グラフィック特化のPCである。XboxはPC/AT互換機そのものだったと言われている。ということは、GPUを搭載し、高性能CPUをセットしているPCでならゲーム機の「再現」が出来るはずである。そして、有志の手で実際に「再現」されている。今回は旧型ハードのゲームを手軽にプレイできる、エミュレーターについて書いていく。

【熟考】スマホ・ブラウザゲームへの課金は計画的に行うべき理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • アプリゲーム・ブラウザゲームは現在の主流
  • 基本無料+各種の課金要素で成り立つ
  • 確率系課金要素に入れ込むことは非常に危険
  • 「本当に必要か?」と自分に問うてみる
  • 生活に直結するからこそ計画的に

スマートフォンの出現は、携帯の概念とともにゲーム機の概念も変えた存在である。登場以降、ゲームアプリが出るにはそう時間はかからなかった。スマートフォンの登場の少し後に出た単純なパズルで龍なやつや、元はエロゲの鯖だとかなんだかよくわからないが爆死勢が多く池沼が非常に多いやつなど、所謂「世界的人気」を誇るものがある。私は一度たりとも触ったことがないが。

同時に、PCの性能向上と1人1台が当たり前となった影響か、或いはスマホの登場に合わせたか、ブラウザ上のFlashで動くゲーム、所謂ブラウザゲームも登場した。単純なブラウザゲームは既に存在しているものの、本格的なものは2010年頃に登場している。これらはFlashを搭載しないスマホでは通常プレイすることは不可能であるが、アプリ化してプレイできるようにしたものも存在する。いずれにせよ、これらは基本的に無料かつ下準備なしで遊べるものとなっている。またFlashの終了に伴い、現在はHTML5がその役を担っている。

当然ながら、コンテンツを創りそれを維持するためには、収益に繋がらなければならないのである。これまでのコンシューマゲームとは違ってROMで稼ぐのではなく、追加要素や恒常的な”アイテム”を購入させることか、メディアミックスや関連のグッズを販売することによって稼いでいる。そして、実に巧い方法で課金を勧めるよう、企業は手を打っている。

これに関しては、ビジネスモデルとしては優秀である。だが、これに乗せられて度を越えた課金をする人が多く存在し、所謂ハイカ・キンゼーと呼ばれる。課金すること自体に問題はないが、将来のことを考えると課金のするしないを見直したほうがいいということを提案する。