VRゲーム | Kibekin BLOG.

【VRデバイスからVCn】ボイスチェンジャー設定書~VRデバイス編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberの必須ツールの1つ、ボイスチェンジャー(VCn)
  • 基本的には配信・動画制作向けに設定することが多い
  • VTuberとして活動するならVR-SNSでVCnすることも考える
  • 使用中のVCnと同じ構成のものをゲーム用PCで構成し、実験する
  • 前提:スタンドアロン型は一部で仕様上不可能を確認
  • PCVRであれば「Windowsの設定」で任意のマイクに変更できる
  • VCnした声をVR-SNSに出すため仮想オーディオデバイスは必須
  • VR-SNS内の入力デバイスを仮想オーディオデバイスにセットする
  • ループバック機能が殆どで無いので誰かに確認してもらうことを推奨
  • VCnを万全にすれば、VRだって怖くない

検証で終わらせない。VRやVTuberを理解する。そんな理由で始めたVTuberであるが、無音烏は女の子で、私は元の性別としては男である。それに、clea氏のように声が良いわけではないので、ボイスチェンジャー(VCn)を使用している。現在の設定は暫定的なもので、まだ理想の声に変換できているという感じではない。しかし機械的変換である以上、理想には近づけられても求めるものにはならないのが常である。そのため最適の近似値を地道に探している。

ところでVCnは、通常は配信ないし動画制作において使用されるもので、それらの必要なソフトウェア・ツールのインストール先はそれを行うPCになる。このとき、分離配信などで2台以上のPCを同時に使用している場合、ゲーム用のPCのマイクは直結であることが多いはずだ。もしそのPCでボイスチャット(VC)を行う場合、無加工音声になることが多いはずだ。

その声を配信や動画に乗せないのであれば問題にはならないが、VTuberとして活動していてVCnを日常的に使用する場合、これが問題になる。特にVR-SNSにおいて、PCVRとしてプレイする場合マイクの設定が特殊なため、声質と見た目の不一致が起きやすくなる。この問題を解決する方法はもちろん存在し、そのPCに同じ構成のVCnを入れて、配信の時と同じようにすればOKということだ。これまでは分離配信の関係で設定を行ってこなかったが、「無音烏」がVR-SNSで活動する以上は必須の設定になる。その過程と方法、実験結果についてここで見ていく。

【救え、その手で。】「オノゴロ物語」やってみた!~ようこそ「オノゴロ島」へ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2020年から始まった国産VRゲーム開発と市場への投入
  • 海外のVRゲームに負けないその出来栄えが世界に受け入れられる
  • あまた株式会社、自身の国産VRゲーム第2作目「オノゴロ物語」を発表
  • 各アンバサダーの宣伝や割引セールで色々見てきたが実際にやってみることにした
  • 舞台は気の力と蒸気機関が融合したオノゴロ島、「和風伝奇スチームパンク
  • 陰陽銃の使い手として、223代大神宮祭主コセ・ハルと共にアラキダ・マサタケを追う
  • 大正時代のような懐かしい街並みを眺めながら、2人で協力して敵を討ち謎を解く
  • オノゴロ島に現れた五柱のカミを、2人の力で鎮めていく
  • バーチャルキャストCVOみゅみゅ氏の協力でバーチャルキャストでオノゴロ銀座が再現された
  • 『私の直感は当たるんですよ!』

ゲームについて書く時、それをどのタイミングで書くのかというのがある。それが発売されたばかりの最新ゲームであった場合、発売の数日後にはいくつかの記事や情報がインターネット上に早速転がるわけだが、その場合「少しだけやった後の感想」系のものが多くなるであろう。そのゲームについて興味を持っている人に働きかけるという意味では、少しやって早い段階で情報を出した方がいいのだろう。逆にシリーズが完結していたり続編が存在しないものは、がっつりやり込んだ人の情報解説などがあると思われる。これはe-Sportsの世界になるであろう。

VRゲームも2020年あたりから国内メーカーが積極的に作るようになってきた。それまではVRのイメージがどうしても海外的なイメージが大きかったためか、ゲームも海外メーカーが開発したものが多い。それを打ち破るように続々と登場している国内メーカー製のVRゲームは、意外にも海外受けするものが多く、世界に認められるようになってきた。しかもそのメーカーは、大手ではなかったりするので尚更驚きだ。

あまた株式会社もその1つである。2019年11月12日には彼らの第1作目となる”Last Labyrinth”を発売。レート指定が18+となるも、作り込まれたVRゲームであるこれが反響を呼び人気となった。そうして第2作目が作られた。和のテイストに蒸気機関を融合したスチームパンク、あまたはこれを「和風伝奇スチームパンク」と呼ぶ。その作品名、「オノゴロ物語 ~The Tale of Onogoro~」。国産VRゲームとしても注目作品のこれの魅力に迫っていく。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock