【不変な運命と修正の努力】「親ガチャ」その言葉を両面から考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テレビで使われるようになっていきなり広がった「親ガチャ」
  • 現在のソシャゲ乱発時代に生まれたネットスラングの1つ
  • 昔からある「親は子を選べない」をかなり皮肉に捉えたものなのか?
  • 「親ガチャ」というなら、URは「一般的・普通」が揃うとき?
  • 環境や両親が”UR”であっても、それを生かすのは結局自分自身
  • “C”, 所謂「はずれ」から”UR”になる人も存在する
  • しかし現実は甘くない、弱者にも優しくない、「親ガチャ」も一理ある
  • 結局格差問題に行き着く、最適解はこれの是正か?

自分の将来について、度々熟考する。同時に過去の行動も振り返る。だが過去のことは、「今」の少し前のことについて考えるのが主であり、遠い過ぎた日々のことを考えるということは少ない。既に過ぎてしまったときのことを、今更取り戻したりやり直すということは不可能である。反省材料となることにはなるが、だとすれば直近の過去をデブリーフィングした方がいいというもの。重要なのはそこから先にどう繋げていくか。といっても、先のことを考えすぎては解決しないが。

さて、非常に手軽な洗脳装置として、インターネット世代の人からは嫌われているテレビであるが、先日どこかの情報番組とは名ばかりなワイドショーにおいて「親ガチャ」という言葉が全国に放送され、主にオワコンSNSの神Twitterで話題となっている。その影響は陰にあたるFediverse上でも、表立って触れられることはなかったが数人が話題にするくらいには「センシティブな言葉」だったようだ。事実、この言葉に対し否定的反応も観測できる。

そこで今回は私KIBEKINが、そのセンシティブな話題にメスを入れて、「親ガチャ」について私なりの分析と考えをここで提示していく。メディアの表舞台で特にスポットライトを浴びる立ち位置にいる、成功者の「綺麗に濾過された意見」とは違った、不純物も私情も混じったような「汚いが生の意見」をお送りすることになるであろう。だがその方が、「きれいごと」がない分、余計なことを考えずに純粋に自分の意見を伝えることができるはずだ。

【反日本政府】I hate Japan~日本人だが日本が「大嫌い」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 年々世界に「無能」が晒される無能国家日本
  • 死のコロナウイルス情勢下なのに私利私欲丸出しの上級國民共の存在
  • 死の裁きを下すべき諸悪の根源の老害「森喜朗」「麻生太郎」「二階俊博」
  • 自分達さえ良ければ一般国民は「神風特攻隊」以下の扱い
  • 日本に未来なし、日本人だが日本がますます嫌いになっていく
  • 子供達の未来を「破壊」している時点で嫌いになる要素だ
  • こんなクソ国家、嫌いになって何が悪い?

日常生活における怒りのコントロールというのは、コツさえつかんでしまえば簡単だ。7秒(6秒とも言われる)のインターバルを置くことで、怒りの衝動を抑えることができるというのは有名な話で、実際にその時間を過ぎるとあまり怒ることがなくなるという。これは誰が言ったか不明だが私自身、確かにその経験があった。7秒を過ぎたら「なんかいいか」という気持ちになったのである。このことは、アンガーマネジメントとして就労支援事業所でも取り入れられていることである。

だが、そのテクニックが通用しないものも確かに存在する。例えば日本においては話題に出すと高確率で「思想の相違による分裂が発生する」政治的な事象は、どう頑張ったとしても怒りを抑えることができないことである。特に、自民党という大日本帝国思想を具現化した私利私欲な上級國民集団と、無能しかいない日本政府とそれに付随する上級國民様によって、一般国民は戦時中かのような「いじめ」を受けている。そしてその無能は世界に晒されており、それでもなお改善する気配は見られない。老害で頭が回らないからか、恥さらしという意識がないようだ。

そんな悲惨な状況にあって、しかし一般国民の力では実質何も出来ないような状態である。少なくとも私が生きている限りでは、日本の政治は常に「無能」と「私利私欲」しかなかったように思えてならない。結局何も変わらない、学習性無力感にも近い状態に陥るなか、日本人でありながら日本が嫌いになっていった。そして、今では日本に対する信頼度は常に最低値「大嫌い」だ。しかしどうも、日本人だが日本が嫌いだと公表すれば、自称「愛国者様」から、これまた「いじめ」を受ける。だが、私としては今の日本を手放しで好きとか言える精神の方がどうかしているとしか思えないのである。日本人だが日本が嫌いな私KIBEKIN、その理由と怒りを最大限にぶつけていく。

【平穏か怠惰か】欲がないことは”良く”ない?そんなことない!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 欲の持ち方は人それぞれ、環境も要因になる
  • 欲がないことについて否定的意見が多い
  • そして私KIBEKIN、欲を失っている
  • 原因は現状にあると自己認識
  • 「本当に必要」な欲だけはちゃんと持っている
  • 欲が多すぎても生活に支障が出る
  • 大事なのは結局自分が満足するかどうか

ここ最近、分散型SNSを連続で特集していた。マストドンに始まり、Misskeyを3回、Pleromaを1回、海外系SNSとしてGabを1回である。Parlerに関しては、2月に入って中旬にようやく復帰したので、ようやく執筆を再開できることになった。ただし、仕様が大幅に変更された可能性が高いので、再度情報収集をする必要がある。なお、記事番号は86番。欠番にせずに済むようだ。しかし書くかどうかはやる気次第である。

これまで自分が気になることについて書きあげてきた私であるが、たまには自分のことでも語ろうか、とも思ったのである。知っての通り私は社会不適合者であり、表向きにはブログクリエイターとして活動しているものの、その収入は微々たるものである。一人で生活していくことは不可能な状態である。社畜適性0であったのに気づくのが遅かったうえ、対策を取るのは遅すぎて、そして男として生まれているのでこの時点で人生ベリーハードである。

そうしてちまちまとブログクリエイター生活を続けていると、欲しいものがなくなりはじめ、次にどこかへ行くことの行動意欲もなくなっていき、さらにはゲームすらやるのが面倒になっていくという、「欲」を失っているのである。しかしブログ製作や料理に関する欲は依然として存在する。そのため、生きていく上での欲に関しては十分持っていることになる。しかもこれで満足しているので、特に何も思ってはいない。

しかし世間一般、なぜか欲を持っていないことを「悪」とすることが多い。何をもってそう決めつけてしまうのか、私にはわからない。なので今回は、欲がなくても全然OKだ!ということを書いていく。ベースとなるのは実体験であるため、久しぶりに生活系の話を書くことになる。

【振り返り】総括・2020年~失われた1年と成長する「私」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 私的な1年の振り返り記事
  • 1月の死のコロナウイルスであらゆるものが「失われた」
  • その間に料理の腕が何故かいきなり上がった5月からの変化
  • 社会は変わらずか悪い方向へ変わり、だが自分は良い方向へ変わった
  • 失われた1年の間に得られたものは大きかった
  • 総括:最悪の年に最高の成長をした

21世紀は最悪の事態詰め合わせセットなのか。100年に一度の事態が20年のうちに3回も起きていることになる。2008年・リーマンショック。2011年・東日本大震災。そして2020年・最新生物兵器:死のコロナウイルス。1003=100万である。20年のうちに1/106の確率を引き当てていることになる。いくら何でもひどい仕打ちだ、子供が不憫で仕方ない。

さて、2020年、死のコロナウイルスという最悪の真っ只中にいるわけだが、その最悪の1年も終わろうとしている。おそらく今後も馬鹿共のせいで終息しない死のコロナウイルスと隣り合わせの世界で戦い続けるだろう。だが2021年に入る前に、なんとなくだが総括として2020年を振り返る記事を書くことにした。この1年を振り返って、私的にどうだったかをまとめてみるというものである。これは自分のこと、社会のことの2つに分けることができる。前者は色々と変わったが、後者は全く変わっていない印象である。それどころか怒ってばかりだ。

何もかもが大きく変わり、前に進むのは非常に困難だ。それどころか望んで悪い方向に進んでいるという感触しかない。そんな中で見つけたものは、何だったのか。それを振り返ってみることにする。

【終焉】独裁者・安倍晋三の辞任に思うこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 独裁者・安倍晋三、8月28日に辞任の意向を表明
  • その2週間前から検診を受けていた事実
  • 体調不良では独裁者の地位を務められないと判断し辞任表明
  • 体調不良は「言い訳」、辞任は「逃げ」、問題解決せず逃げる人間の屑
  • 真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した
  • ネット上の安倍擁護に「お前ら洗脳されている!」
  • 独裁者は最後まで責任逃れをした。こんな屑が何故生きてるの?

民主主義の敗北が2013年に起きてから7年が経った。日本最悪の独裁者・安倍晋三が罷り間違って総理大臣になってしまい、暗黒の時代を歩んでいた。そのことにNOの提示を一般国民が提示しても、独裁者は自身の権限とその椅子が心地よいために、決して椅子から立とうとはしなかった。自分が正義で一般国民は正義ではないと言わんばかりに。

そのお遊びも、過ぎれば自分に返ってくる。不要な人間が独裁者になったり混乱を招いているのにその者が処罰を受けないため、無神論者である。そのため因果応報は信じていないが、今までの一般国民を馬鹿にした行為・政策の代償を受けることになったようだ。体調不良により、辞任することを表明したのである。

それは長きに渡る独裁政治に自ら終止符を打つということでもあるが、同時に多くの問題を未解決のままにして「逃げる」ということである。それは、在任中に何度も行った「責任逃れ」そのものである。これは人の上に立つ者が一番やってはいけないことである。よくも平然と、「逃げる」ことができるものである。これも人の心を持たないが故であろう。

今回は、今まで積み上げられた怒りをぶつけるように、独裁者の辞任についての思いを書いていく。

【GO TO HELL】無能政府”GO TOキャンペーン”を真正面から否定する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 21世紀最悪のウイルス、継続中
  • 無能政府が動かないために都道府県で動く
  • 無能政府、GO TOキャンペーン開催
  • 未終息でワクチンもないのに感染拡大させるのか
  • 金がない人が多いのに何故「消費」キャンペーン?
  • それにつられる思考停止バカニーズも同罪
  • 考案者とバカニーズはGO TO HELL!!

国民性というのがある。それは国家を形付ける1つの要素である。国民性が国家の評価に影響するのは、パクりとコンプレックスの塊である隣国(癌国)を見ていればわかるものである。中国はまだ国民性が良いのに、癌国ときたら地球の癌細胞に相応しい有様である。とはいえ今の日本の国民性もほめられたものではないのだが。

さて、ここ最近ずっと無能国家ジャップと無能政府を怒りまくっているのでそろそろまともなことの1つでもしろと思っているところに無能政府はまた無能な政策を打ち出した。また死のコロナウイルスが終息もせず第二波、第三波の危険があるというのに、コロナの拡散を推奨する税金の無駄遣い”GO TOキャンペーン”を始めようとしている。とにかくケチりたくて仕方ないんだな、この上級國民ども!早くコロナに感染してくたばれ!

無駄なことしかしない無能政府の政策にはうんざりなのだが、それに乗せられるバカニーズもバカニーズである。多くは20代で、無自覚に感染拡大させているため、無能政府の老害共と同等の害悪な存在となっている。Cool JapanではなくFool JAPと呼ぶべきだ。

未来を破壊してまでも今を優先するか、それとも先を見据えて未来を大事にするか。普通に考えれば当然後者である。その意味でも、このタイミングで打ち出したくだらない”GO TOキャンペーン”に真正面から否定する。そしていい加減、無能政府は今回のコロナ騒動の責任を命で償ってもらいたい。

【新労働力】クローン人間やアンドロイドは少子化に歯止めをかけられるか

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 無能国家日本は少子高齢化が継続進行中
  • 現在の日本では「そもそも結婚しない」が多い
  • 少子化で社会保障費が不足する問題
  • 人型アンドロイドを製造し労働力とするか
  • 「人間」が欲しいならクローン人間という手段
  • 技術と法、倫理の問題からまだ先の話になる
  • いずれはそれに頼らざるを得なくなる時代が到来する

世界レベルのウイルスによる生活様式の崩壊と新様式への適用は、人による。適用が短時間でできる人がいれば、長時間必要な人もいる。「変化」を嫌う国民性である日本は、後者の方が多いように思える。もっとも、災害大国であるためにしょっちゅう生活様式が崩壊しているのだが、このままいけば日本は人の住む土地ではなくなるだろう。だからといってアメリカは何かとハリケーンの被害があるので、もはや地球全体が人の棲む場所ではなくなるであろう。宇宙世紀はまだか。

さて、無能国家ジャップでは、ずっと前から少子高齢化社会、以下少子化問題について議論されてきている。議論されているわりには、それを解決する具体案は少なく、或いは焦点がずれているために効果が薄いことが多い。もっとも、何をやるにしても何かずれているために効果が薄いことは今に始まったことではないが。

少子化が進行することで起きる問題といえば、国力衰退と社会保障が機能しなくなることである。一般に労働人口は18~60歳(数十年前)、現在は65歳程度までであるが、この労働人口が徐々に減少し、老害を含めた高齢者を支えきれなくなってきている。内閣府公式データによれば、2014年時点で合計特殊出生率が1.39以下の水準のままであると、高齢者(65歳以上と定義)1人あたり2.4人が、2060年で1.6人、2110年で1.2人で支えなければならなくなるとしている。こうなるとまともな社会保障を期待できなくなる。既に国家としてオワコンだが、このまま行けば本当に終わるようだ。その前に殆どの人は死んでいるので問題ないが。

そこで思うのが、人型アンドロイドやクローン人間を採用し、これを新労働力とすることである。当然、完全な人型アンドロイドの製作には技術的に追いついておらず、クローン人間は法律と倫理的問題により実質禁止状態である。ここで実質としたのは、人間ではなく人間に近い生物で研究が進められているためである。そのためいずれは人体実験が実施されるものと見ている。

一見すると非現実的であるこれだが、無能国家ジャップが自力で出生率を改善する見込みはほぼ0に等しい。したがって、今回は人型アンドロイドやクローン人間が、少子化改善の手段となるか考える。