【本末転倒】意味あるの?レジ袋有料化と減らないプラスチック包装

この記事の概要を簡単まとめ!

  • プラスチックごみが環境問題の主問題として取り上げられている
  • 2020年7月1日から一律でレジ袋有料が義務化
  • バイオマス素材採用で無償提供が可能
  • それでも減らないプラスチック包装
  • レジ袋を減らしたところで改善するわけではない
  • ミクロで見ても解決しない、マクロで考えろ

最近PCの調子がよくない。一瞬だけ画面が落ちて復帰するのを繰り返したり、最悪なときには完全に落ちて復帰しないことが発生するようになった。この原因は目星が既についており、nvlddmkm.sysのエラーが主である。しかし対処方法がデスクトップのGPUに関してのみであり、ラップトップのオンボードGPUに関しては情報が全くない。危険なので、4代目PCを検討する必要があるようだ。

ところで無能国家ジャップは、環境問題への配慮から、レジ袋の有料化を決定し、これを2020年7月1日に義務化した。これにより、原則としてレジ袋は有料で購入しなければならなくなり、それに合わせてか対象外である紙袋も一部では有料となっている。ただし、バイオマス素材採用の袋である場合、レジ袋は無償提供可能である。

しかし、容器包装プラスチック全体の廃棄量は年間で約900万t、そのうち容器包装の廃棄が約400万tとなっている(2017年)。レジ袋に限るとここから約20~30万tとされ、全体に対するレジ袋が占める割合は2.2~3.3%でしかないのである。他にもプラスチックが使用されているにも関わらず、レジ袋だけが悪者扱いされているようである。

今回はレジ袋有料化と、それでも減らないレジ袋以外のプラスチックの容器包装について、私見をここで述べることにする。