【事件の「裏」を探れ】検証、無敵の人:無敵になる原因と対策の熟考

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2008年、名前も出したくない男が提唱した「無敵の人」という概念
  • ネットスラング故に一般人には縁のない言葉であった
  • 近年の殺人・殺人未遂事件の発生によって表舞台に出される
  • 無敵の人自体を事実によって裁くことは容易である
  • だがその行動に至るまでの理由は必ず存在するはず
  • 事件は忌むべき、しかし社会にも目を向けるべき
  • 事件への対策を立てるとともに社会の改善が求められる
  • 「社会を改善すること」は容易ではないが、根本的解決には必須

幸せの定義は個人に依存する。そのため一般的解釈による幸せに当てはまらない人は多々存在する。しかしジャップは厄介なことに思考や思想の一般化という名の統一的圧力が得意な、所詮は「アジアの一国家」に過ぎないことを思わせる。東側に位置する国家が見栄を張って資本主義にするから失敗するように思う。東側なら社会主義と、相場が決まっているのである。民族性の問題もあると個人的に思っている。

人を恨むことは、労力の割に効果が薄く、時間と努力を無駄にする行為である。しかしインターネットが一般化したことが影響しているのか、インターネット上で成功者や自分より幸せな人の情報を不可抗力に視認してしまい、比較して自分が下にいるという現実に耐えかねて攻撃してしまう人は未だに存在する。それでただ現実に打ちひしがれたり脱却を目指そうと行動することは問題ない。厄介なのは、それを無関係な他人にぶつけることである。巻き込まれた人としては、いい迷惑である。

その究極系、実際に誰かに危害を加えることも近年になって増えてきている。それも死亡事件に至り、1人ではなく複数人が死亡するレベルのものも多くなっている。事件を起こした理由は死刑になりたい、どうでもよくなったなどの非常に個人的であり迷惑すぎることで実行することが多い。しかし事件を起こすということは、起こすまでに至る要因が重なった結果事件を起こした、と考える。何か要因がなければ事件を起こすことはまずないからだ。今回は「無敵の人」の実際の事案を見て、その概要と原因を探り、どうすれば「無敵の人」を無くすことができるかを考えていく。

【反日本政府】I hate Japan~日本人だが日本が「大嫌い」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 年々世界に「無能」が晒される無能国家日本
  • 死のコロナウイルス情勢下なのに私利私欲丸出しの上級國民共の存在
  • 死の裁きを下すべき諸悪の根源の老害「森喜朗」「麻生太郎」「二階俊博」
  • 自分達さえ良ければ一般国民は「神風特攻隊」以下の扱い
  • 日本に未来なし、日本人だが日本がますます嫌いになっていく
  • 子供達の未来を「破壊」している時点で嫌いになる要素だ
  • こんなクソ国家、嫌いになって何が悪い?

日常生活における怒りのコントロールというのは、コツさえつかんでしまえば簡単だ。7秒(6秒とも言われる)のインターバルを置くことで、怒りの衝動を抑えることができるというのは有名な話で、実際にその時間を過ぎるとあまり怒ることがなくなるという。これは誰が言ったか不明だが私自身、確かにその経験があった。7秒を過ぎたら「なんかいいか」という気持ちになったのである。このことは、アンガーマネジメントとして就労支援事業所でも取り入れられていることである。

だが、そのテクニックが通用しないものも確かに存在する。例えば日本においては話題に出すと高確率で「思想の相違による分裂が発生する」政治的な事象は、どう頑張ったとしても怒りを抑えることができないことである。特に、自民党という大日本帝国思想を具現化した私利私欲な上級國民集団と、無能しかいない日本政府とそれに付随する上級國民様によって、一般国民は戦時中かのような「いじめ」を受けている。そしてその無能は世界に晒されており、それでもなお改善する気配は見られない。老害で頭が回らないからか、恥さらしという意識がないようだ。

そんな悲惨な状況にあって、しかし一般国民の力では実質何も出来ないような状態である。少なくとも私が生きている限りでは、日本の政治は常に「無能」と「私利私欲」しかなかったように思えてならない。結局何も変わらない、学習性無力感にも近い状態に陥るなか、日本人でありながら日本が嫌いになっていった。そして、今では日本に対する信頼度は常に最低値「大嫌い」だ。しかしどうも、日本人だが日本が嫌いだと公表すれば、自称「愛国者様」から、これまた「いじめ」を受ける。だが、私としては今の日本を手放しで好きとか言える精神の方がどうかしているとしか思えないのである。日本人だが日本が嫌いな私KIBEKIN、その理由と怒りを最大限にぶつけていく。

【振り返り】総括・2020年~失われた1年と成長する「私」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 私的な1年の振り返り記事
  • 1月の死のコロナウイルスであらゆるものが「失われた」
  • その間に料理の腕が何故かいきなり上がった5月からの変化
  • 社会は変わらずか悪い方向へ変わり、だが自分は良い方向へ変わった
  • 失われた1年の間に得られたものは大きかった
  • 総括:最悪の年に最高の成長をした

21世紀は最悪の事態詰め合わせセットなのか。100年に一度の事態が20年のうちに3回も起きていることになる。2008年・リーマンショック。2011年・東日本大震災。そして2020年・最新生物兵器:死のコロナウイルス。1003=100万である。20年のうちに1/106の確率を引き当てていることになる。いくら何でもひどい仕打ちだ、子供が不憫で仕方ない。

さて、2020年、死のコロナウイルスという最悪の真っ只中にいるわけだが、その最悪の1年も終わろうとしている。おそらく今後も馬鹿共のせいで終息しない死のコロナウイルスと隣り合わせの世界で戦い続けるだろう。だが2021年に入る前に、なんとなくだが総括として2020年を振り返る記事を書くことにした。この1年を振り返って、私的にどうだったかをまとめてみるというものである。これは自分のこと、社会のことの2つに分けることができる。前者は色々と変わったが、後者は全く変わっていない印象である。それどころか怒ってばかりだ。

何もかもが大きく変わり、前に進むのは非常に困難だ。それどころか望んで悪い方向に進んでいるという感触しかない。そんな中で見つけたものは、何だったのか。それを振り返ってみることにする。

【終焉】独裁者・安倍晋三の辞任に思うこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 独裁者・安倍晋三、8月28日に辞任の意向を表明
  • その2週間前から検診を受けていた事実
  • 体調不良では独裁者の地位を務められないと判断し辞任表明
  • 体調不良は「言い訳」、辞任は「逃げ」、問題解決せず逃げる人間の屑
  • 真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した
  • ネット上の安倍擁護に「お前ら洗脳されている!」
  • 独裁者は最後まで責任逃れをした。こんな屑が何故生きてるの?

民主主義の敗北が2013年に起きてから7年が経った。日本最悪の独裁者・安倍晋三が罷り間違って総理大臣になってしまい、暗黒の時代を歩んでいた。そのことにNOの提示を一般国民が提示しても、独裁者は自身の権限とその椅子が心地よいために、決して椅子から立とうとはしなかった。自分が正義で一般国民は正義ではないと言わんばかりに。

そのお遊びも、過ぎれば自分に返ってくる。不要な人間が独裁者になったり混乱を招いているのにその者が処罰を受けないため、無神論者である。そのため因果応報は信じていないが、今までの一般国民を馬鹿にした行為・政策の代償を受けることになったようだ。体調不良により、辞任することを表明したのである。

それは長きに渡る独裁政治に自ら終止符を打つということでもあるが、同時に多くの問題を未解決のままにして「逃げる」ということである。それは、在任中に何度も行った「責任逃れ」そのものである。これは人の上に立つ者が一番やってはいけないことである。よくも平然と、「逃げる」ことができるものである。これも人の心を持たないが故であろう。

今回は、今まで積み上げられた怒りをぶつけるように、独裁者の辞任についての思いを書いていく。

【GO TO HELL】無能政府”GO TOキャンペーン”を真正面から否定する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 21世紀最悪のウイルス、継続中
  • 無能政府が動かないために都道府県で動く
  • 無能政府、GO TOキャンペーン開催
  • 未終息でワクチンもないのに感染拡大させるのか
  • 金がない人が多いのに何故「消費」キャンペーン?
  • それにつられる思考停止バカニーズも同罪
  • 考案者とバカニーズはGO TO HELL!!

国民性というのがある。それは国家を形付ける1つの要素である。国民性が国家の評価に影響するのは、パクりとコンプレックスの塊である隣国(癌国)を見ていればわかるものである。中国はまだ国民性が良いのに、癌国ときたら地球の癌細胞に相応しい有様である。とはいえ今の日本の国民性もほめられたものではないのだが。

さて、ここ最近ずっと無能国家ジャップと無能政府を怒りまくっているのでそろそろまともなことの1つでもしろと思っているところに無能政府はまた無能な政策を打ち出した。また死のコロナウイルスが終息もせず第二波、第三波の危険があるというのに、コロナの拡散を推奨する税金の無駄遣い”GO TOキャンペーン”を始めようとしている。とにかくケチりたくて仕方ないんだな、この上級國民ども!早くコロナに感染してくたばれ!

無駄なことしかしない無能政府の政策にはうんざりなのだが、それに乗せられるバカニーズもバカニーズである。多くは20代で、無自覚に感染拡大させているため、無能政府の老害共と同等の害悪な存在となっている。Cool JapanではなくFool JAPと呼ぶべきだ。

未来を破壊してまでも今を優先するか、それとも先を見据えて未来を大事にするか。普通に考えれば当然後者である。その意味でも、このタイミングで打ち出したくだらない”GO TOキャンペーン”に真正面から否定する。そしていい加減、無能政府は今回のコロナ騒動の責任を命で償ってもらいたい。

【感情が法を上回るとき】一般国民は独裁者達を法の例外で「私刑」できるか?

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 日本を腐敗させる最悪の独裁者と政府側の無能共
  • 外交も内政も無能であり、歴代最悪を欲しいままに
  • 一般国民の怒りの蓄積は限界を超えている
  • 「法」が独裁者共を裁くのに邪魔をする
  • 一般国民の大多数が同意するなら法の例外となるか
  • どのみち排除しなければ悪化の一途、早急に動くべきか

私事ではあるが、フェイクドキュメンタリーの金字塔である「ほんとにあった!呪いのビデオ」やその系列であるものを良く観ていて、そのこともあって心霊現象に変な方向に耐性がついてしまい、最近心霊現象を疑うようになった。現実に起こりうることで、もし実際に身の回りで起こったとしても、本来取るべき反応とは違う反応をしてしまうだろう。

それと対照的な存在、つまり霊の逆である人間に対しては、私自身が人間でありながら恐怖と嫌悪を覚える存在として見ている。特に、人間性後発発展途上国であり先進国から転げ落ちて後退国となりオワコンが加速する日本の腐敗しきってゾンビよりもどうにもならない最悪の独裁首相と無能政府と反社会勢力自民党の人間と独裁者ファミリー(血縁関係になくても”一味”の意味で)共の利己主義と一般国民を軽視し上級國民のみを保護するという、統治者の責務を完全に放棄、権利のみ貪っている状態であり、最大級の嫌悪を感じている。

だがこの世界に神がいないため、これら国益を損なう存在は願っても延命治療により無駄に長生きするのである。そして現在の制度では一般国民の力でそれらを引きずり降ろそうにも、権力者を護るように法や規定が制定されており、無駄足でしかない。そうなれば最後の手段として、純粋な力による「私刑」により、死の鉄槌を下す以外にない。だが通常はこの方法は、上級國民を護るために作られた法(主として刑法)により、実質的実行不可能状態である。

だが思うことはある。「国益を損なう存在」を排除することについて、一般国民の怒りをはじめとした感情が限界点を超えている人が大多数であり、排除することによって将来的に良くなるのであれば、法の例外となるのではないだろうか。すなわち、私刑が限定的合法として、排除が有効になることである。今回はこのことについて、私の私情をふんだんに交えて考えていく。

【人間に非ず】災害に便乗する利己主義者を排除せよ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2011年から始まった、非常事態下の協力体制
  • しかし一部は「利己主義」な行動をする
  • 他者の怪我や不幸を蜜に利益を得る屑
  • 汚い手段で稼ぐ人間は「人間に非ず」
  • 法が不十分で裁きが下せない今、個人単位でできることをする
  • 早急な法整備と、個人単位でできることの拡散

21世紀は最悪の時代と言っても過言ではない。あらゆる「(周期として)100年に1回とされる、世界情勢が変わる出来事」が2008年から凝縮したかのように起きている。2010年から2020年は、現代版の失われた10年になりそうであり、2010年から2030年までを指して失われた20年とも言われる可能性は高い。

最も大きな出来事としては、2011年の地震で、ここがあらゆる人にとっての転換期となったことだろう。そこで人々の意識が変わることとなり、非常事態における協力体制が強くなり、その結果なんだかんだで乗り越えてきているというのも事実である。崖っぷちに立たされた人間の強さを知ったものである。

しかしそんな中、不届き者が現れた。地震の際、ボランティアのふりをして、人々が避難していて誰もいないことをいいことに、誰もいない家屋から金品や高額な品物を窃盗していく、人間の姿をした賎しい蟲が現れた。これらはずっと前にいたのだが、2011年からその姿を公にするようになった。また、物品の不足を悪用して、生活必需品を買占め、法外の値段で販売する、「転売下人」が登場した。別の言い方があるようだが、私はその言い方が気に入らないため、転売下人とする。

それらが一貫している思想が利己主義、カタカナで言うエゴイストである。思想そのものに関しては自由ではあるのだが、それが行き過ぎて、TPOに合っていなければ、その思想を持つことは間違いである。今回はその行き過ぎた思想を持った故に他者の生活・経済活動に損害を与える、人間の姿をした蟲の特徴と、それの対処方法を考える。