【感情が法を上回るとき】一般国民は独裁者達を法の例外で「私刑」できるか?

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 日本を腐敗させる最悪の独裁者と政府側の無能共
  • 外交も内政も無能であり、歴代最悪を欲しいままに
  • 一般国民の怒りの蓄積は限界を超えている
  • 「法」が独裁者共を裁くのに邪魔をする
  • 一般国民の大多数が同意するなら法の例外となるか
  • どのみち排除しなければ悪化の一途、早急に動くべきか

私事ではあるが、フェイクドキュメンタリーの金字塔である「ほんとにあった!呪いのビデオ」やその系列であるものを良く観ていて、そのこともあって心霊現象に変な方向に耐性がついてしまい、最近心霊現象を疑うようになった。現実に起こりうることで、もし実際に身の回りで起こったとしても、本来取るべき反応とは違う反応をしてしまうだろう。

それと対照的な存在、つまり霊の逆である人間に対しては、私自身が人間でありながら恐怖と嫌悪を覚える存在として見ている。特に、人間性後発発展途上国であり先進国から転げ落ちて後退国となりオワコンが加速する日本の腐敗しきってゾンビよりもどうにもならない最悪の独裁首相と無能政府と反社会勢力自民党の人間と独裁者ファミリー(血縁関係になくても”一味”の意味で)共の利己主義と一般国民を軽視し上級國民のみを保護するという、統治者の責務を完全に放棄、権利のみ貪っている状態であり、最大級の嫌悪を感じている。

だがこの世界に神がいないため、これら国益を損なう存在は願っても延命治療により無駄に長生きするのである。そして現在の制度では一般国民の力でそれらを引きずり降ろそうにも、権力者を護るように法や規定が制定されており、無駄足でしかない。そうなれば最後の手段として、純粋な力による「私刑」により、死の鉄槌を下す以外にない。だが通常はこの方法は、上級國民を護るために作られた法(主として刑法)により、実質的実行不可能状態である。

だが思うことはある。「国益を損なう存在」を排除することについて、一般国民の怒りをはじめとした感情が限界点を超えている人が大多数であり、排除することによって将来的に良くなるのであれば、法の例外となるのではないだろうか。すなわち、私刑が限定的合法として、排除が有効になることである。今回はこのことについて、私の私情をふんだんに交えて考えていく。

【人間に非ず】災害に便乗する利己主義者を排除せよ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2011年から始まった、非常事態下の協力体制
  • しかし一部は「利己主義」な行動をする
  • 他者の怪我や不幸を蜜に利益を得る屑
  • 汚い手段で稼ぐ人間は「人間に非ず」
  • 法が不十分で裁きが下せない今、個人単位でできることをする
  • 早急な法整備と、個人単位でできることの拡散

21世紀は最悪の時代と言っても過言ではない。あらゆる「(周期として)100年に1回とされる、世界情勢が変わる出来事」が2008年から凝縮したかのように起きている。2010年から2020年は、現代版の失われた10年になりそうであり、2010年から2030年までを指して失われた20年とも言われる可能性は高い。

最も大きな出来事としては、2011年の地震で、ここがあらゆる人にとっての転換期となったことだろう。そこで人々の意識が変わることとなり、非常事態における協力体制が強くなり、その結果なんだかんだで乗り越えてきているというのも事実である。崖っぷちに立たされた人間の強さを知ったものである。

しかしそんな中、不届き者が現れた。地震の際、ボランティアのふりをして、人々が避難していて誰もいないことをいいことに、誰もいない家屋から金品や高額な品物を窃盗していく、人間の姿をした賎しい蟲が現れた。これらはずっと前にいたのだが、2011年からその姿を公にするようになった。また、物品の不足を悪用して、生活必需品を買占め、法外の値段で販売する、「転売下人」が登場した。別の言い方があるようだが、私はその言い方が気に入らないため、転売下人とする。

それらが一貫している思想が利己主義、カタカナで言うエゴイストである。思想そのものに関しては自由ではあるのだが、それが行き過ぎて、TPOに合っていなければ、その思想を持つことは間違いである。今回はその行き過ぎた思想を持った故に他者の生活・経済活動に損害を与える、人間の姿をした蟲の特徴と、それの対処方法を考える。

【非国民認定】パチンコ完全排除・パチンコ依存症患者排除令

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 違法ギャンブルの代名詞「パチンコ」
  • 街中にも派手な電飾で存在する
  • 警察幹部の天下り先と北朝鮮の資金源という事実
  • 北朝鮮に資金流しすることは「非国民」
  • パチンコを日本から消すには警察解体と依存患者の完全排除
  • 敵は内部に在り、内部から変える必要がある

三密とは、壇蜜・ロケみつ・さとみつ(どきどきキャンプ)要するに必然的に密集地帯のことである。このことは散々に言われているが、そうでなくても買い物に行けば必然的に三密に該当する状況となる。ピークタイムを避けろとは言われているが、爆買いバカニーズのせいでそうも言っていられないのが現実である。行動を変えようとしない単細胞には、憤りしか感じない。

それとは別に、相変わらず営業を続け、多くの日本人を非国民に仕立て上げる違法ギャンブル・パチンコは、コロナが蔓延する危険性を無視して営業を継続し、問題となっている。そもそも違法ギャンブルであるパチンコが存在していること自体が間違いであるのだが、この状況下でパチンコ店に行く非国民も間違いである。

そもそもパチンコは「朝鮮遊戯」と揶揄されるほど、現在の仮想敵となる朝鮮半島の資金源であり、特に北朝鮮のミサイル開発の資金源である。それを知ってか知らずか、だがその観点から見ればパチンコをしている人間は皆非国民である。また、国家権力の犬である警察幹部の天下り先でもあり、この時点で警察不要論を出せるほど、内部から腐食しているのである。

違法であり、かつ地球の癌細胞を増殖させるだけの存在であるパチンコ。それを完全排除するには、警察解体と依存患者の完全排除しかない。