【遊びからエコへ】現代車論~環境性能と経済性重視になった車たち~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現代の必須技術、車
  • かつては「速い」「スタイリッシュ」が人気の車だった
  • 化石燃料枯渇問題、地球環境問題から対策を講じる必要が発生
  • ユーザーの車に求めるものが多様化し、スポーツカーは減っていく
  • 省エネ志向から低燃費を目指すようになる
  • 電気技術の発展はハイブリッド車EV車を生み出す
  • 安さで人気になった軽自動車の存在
  • 安全性を向上するための技術も搭載
  • 車に重要だと思うことは人それぞれ、しかし技術は進歩する

金が全てとはよく言ったもので、金があれば何でもできるし金がなければ何もできない、ということが多い。例外が存在する場合、それは人間を辞めるレベルのことを要求されることが殆どである。人間として生きるのは、難易度が高いことであるのが薄々わかってしまうのだ。

さて、現代社会において「車」は必須技術であり、物流と運輸を支える存在であることは言うまでもないことだ。ただし、「車」した場合は軽車両、原動機付自転車(原付)、自動車、(呼称として)鉄道における車両も含まれる。ただ多くは「車」としたとき、自動車について考えるのが一般的だ。その車がなければ、今の快適な生活はなかったに等しい状態になっている。

ただ車にはエンジンを動かすための燃料=ガソリンが必要だ。それについては車が出来た当初は在庫量を全く考えなくていい程に余っていたので、とにかく使いまくってOKだった。そのため、燃費を全く考えないで速さとスタイリッシュさをとにかく求めた、所謂「スポーツカー」が1970~1990年代を中心に現れた。その頃、モータースポーツが熱狂していた時代でもある。

それも地球温暖化をはじめとする環境問題と、度重なる無能ジャップの不景気による金回りの悪化で、スポーツカーは消えていった。その代わりに現れたのは環境性能と経済性を重視した車だ。さらに、排気量660cc以下で安くて小さい所謂「軽自動車」も人気になっている。時代の変化と進化に伴い、現代における車で重視されるのはこの2点と言える。今回は私KIBEKIN、素人目線ながら車のことについて語っていく。