PC | Kibekin BLOG.

【省エネGPU】”MSI Afterburner”使ってみた!~熱対策と電力効率編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • あらゆる家電の中でも電力大食らいな「ゲーミングPC」
  • CPU、GPUが高性能なら消費電力は非常に高くなる
  • 電力が高い場合、は切り離せない問題
  • 現代傾向としては性能より省エネが重要になる
  • CPUは難しいがGPUならMSI Afterburnerがある
  • 殆どがオーバークロック用途で使うがダウンクロックもできる
  • 最大消費電力の制限と低電圧化が主な方法である
  • 使用中のGPUの情報をもとに細かく設定していく
  • 複数パターンでベンチマークを回し、最適解を見つけ出す
  • オーバークロックと同様保証対象外につき素人にはお勧めできない
  • 省電力化は実質的な節約に繋がる、パワーだけが正義ではない

私が現在使用しているゲーミングデスクトップは、大学生だった頃に作ったものである。それも安く仕上げるため、GPUだけは中古のものを流用した。それがMSIの1060-6GB(OCV1)であるが、これが3年経った今でも新しく入手したものに切り替えるまで、全く壊れる気配なしに動いていた。他のパーツも壊れるような気がしないのだが、とはいえ性能に限界を覚えてきて、更新を考える時期に来ているようだ。

新しいGPUの遍歴は、最初がMaxwell世代の最強GPUGTX Titan X(2015)である。その次に変えたのが、2017年登場の最強GPUで、現在もまだ最前線で戦える性能を持つ、GTX 1080 Tiである。いずれもTDP250Wであるが、VRAMではTitan X、全般性能では1080 Tiに軍配が上がる。当然エネルギー効率で言えば1080 Tiであるので、もうTitan Xは卒業だ。ただ、共通事項があり、それは両者とも消費電力が高く爆熱になりがちである、ということ。自作PCユーザーにとってこの2つは無視できないものなので、何らかの対策を取っているのが普通である。

MSIが提供しているGPUをソフトウェア的に調整するツール”Afterburner”は、簡単にGPUの性能を変動させることができる。主な用途は性能アップだが、その逆の性能ダウンも対応している。このツールを使い、GPUにつきまとう熱問題と消費電力を解決することにした。性能を下げればパフォーマンスは下がるが、それがどれくらい下がり、そしてどれくらい対策として効果が現れるのか。詳しく見ていくこととする。

【普段ですら捗る】”Logicool G502 HERO”ゲーミングマウス使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • PCの操作に欠かせないマウス
  • 通常使用であればUSB接続の3点マウスが最もコストが安い
  • ワイヤレスやゲーム用マウスは高額になる
  • 有線で様々なゲーマーが愛用するLogicool G502 HEROが入手できたので使ってみた!
  • 11ボタン装備、発光するロゴ、脱着可能なウェイトがセットになっている
  • 独特な形状は手に優しく、長時間使っていても負荷がかかりにくい
  • Logicoolが提供するG HUBで自由にボタンをカスタム可能
  • デフォルトでもそのまま使えて、ゲーム単位でプロファイルを設定できる
  • 本家APEX用に様々な調整を加えてその実力を試す
  • 「ゲーミングマウス」とは普段でもゲームでも使える万能なマウスだった

「一般社会で働くことに向いていない人」が生き残る手段は、情報収集能力を極限まで上げて、他人を出し抜く力を身に付け、それをインターネットで発揮することであろう。それは往々にして「人を騙す」ことに繋がりやすい。このことは倫理や道徳で色々問われることが多いが、最終的な結論としては「騙される方が悪い」ということで、自己責任と片付けられることが多い。それが世の常である。

PCのことは情報収集能力や他人を出し抜くでも改善できないことは多い。性能はどうしてもハードウェア依存であるためで、これはゲームで顕著である。しかし、ゲーム時にはもっと大事なものが入力機器だ。PCならキーボードとマウスがそのままゲームでも使用できる。しかし操作には癖があり、コンシューマのコントローラー操作に慣れた人からすると、その変わったやり方に思っていたよりも苦戦することは十分あり得る。なお、通常のマウスは3ボタンしかないので、いくら慣れている人でもそのボタン数ではプレイは正直難しい。

そのため基本の3ボタンに加えて追加のボタンを設置し、形状が人間工学に基づいて設計され光るようにもしたマウス、所謂ゲーミングマウスが登場する。これによりゲームが劇的にやりやすくなったのである。そして私も、コントローラー操作の限界を感じて乗り換えることを決意した。その際に入手したのがロジクールのG502 HEROである。多くの愛用者が存在し、これをもとに上位モデルと下位モデルが製造されるほどの人気マウス。これはどこまで戦いを有利にしてくれるのだろうか。

【公式が仕事しないから】”Twitter Stress Reduction”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Twitterを利用するルートはブラウザと公式アプリが基本
  • 見たくないものを拒絶する方法はミュートとブロック
  • ワードミュートは実装されているが公式の機能は役立たず
  • PCブラウザならアドオン”Twitter Stress Reduction“が役に立つので使ってみた!
  • 正規表現を採用し、単語単位のミュートが非常に楽になる
  • 濃厚な見本が用意されており、面倒ならそれを使うと快適になる
  • ツイートそのもの以外にも公式のゴミ機能を抑制する設定もできる
  • IDはもちろん、名前のアイコンや言語に対してもミュート設定可能
  • 公式機能でデータセーバーON時畳む機能を有効にしていると動作がおかしくなるのを観測
  • TwitterをPCで快適に使うならこの自衛策が正解

公式クライアントは、多くのユーザーから望まれているものである一方で、いざ使ってみると残念な面が目立ちすぎて結局使わずにサードパーティを使う、ということは往々にして存在する。もっとも、公式クライアントの保証範囲は必要最小限ということが多いので、余計な機能は入れずに設計するのが一般的であろう。そもそもアプリ制作は本業の範囲外ということもよくある。

SNSの代表であるTwitterは、前々から開発陣が無能でお馴染みだったが、それよりも酷いのがトップに立つ人間が無能であったということ。これにより散々に翻弄させられてしまい、ユーザーはもちろん従業員すら困っている状況だった。かのAmazonのCEOジェフ・ベゾスは世界一有名なサイコパスだが、一時的なTwitterのCEOであったイーロン・マスクもまたサイコパスであり、独裁者でもあることを証明した。あれではプーチンと何ら変わりがない。

13歳以上なら理論上は誰でも利用できるが、当然のことながら自分とは合わない人、根本的な悪人も利用しているわけで、その場合はアカウントに対してミュートとブロックを活用すればいい。また、特定の話題に対してはワードミュートを使用すればいい。ただ、Twitterのワードミュートは正規表現非対応なので、ミュートしたいワードに対してあらゆるパターンを登録しなければならない。なので、ChromeやFirefoxならアドオンを利用してTwitterに干渉できるミュート機能”Twitter Stress Reduction”があるので、これを試すことにした。

【永久保存版】ゆかNEO2.0×わんコメ4.0連携 備忘録な解説書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕と翻訳の「ゆかコネ」、コメントで右に出るものはない「わんコメ」
  • 現在、ゆかNEOは2.0、わんコメは4.0に更新されている
  • 過去記事もまだ有効であるが情報が古くなってきているので作り直すことに
  • 連携ルートはHTTPまたはWSの2つ、一般に使用されるのはWS
  • WS連携することで翻訳と追加の読み上げ音声が使用可能になる
  • 翻訳の方法も複数あり、方法次第でAPI節約も可能
  • ゆかNEOではわんコメテンプレを使って字幕表示もできる
  • WordPartyもゆかNEOの音声認識経由で起動可能になる
  • それぞれのメジャーバージョンアップデートで追加された機能も確認
  • 連携しなくてもいい、だが連携すれば相乗効果を得られる

情報更新は常に行われるものである。それはどんなものでも例外ではない。既にサポート終了したものでさえも情報が更新されていることは最近は珍しいことではない。その場合は公式に代わって有志が開発・サポートを行うことも多い。とはいえ、元の開発者ではないので解説が不完全になることは少なくない。

ゆかコネ/ゆかNEOやわんコメの解説は、偶然に始めたことによって継続して解説していることである。これまでに多くの機能について解説してきたが、それはいずれも「その当時最新の情報」をベースに構成されたものである。両方の開発ペースは比較的早い方であるので、下手をするとすぐに古い情報になってしまうことは良くあることである。既に様々な情報が古い情報になった。

今でも多くの人がゆかNEOとわんコメの情報を求めていることが分かっており、Discord内でも度々そのような情報を欲している人がいる。その際に私が書いた記事が参考資料として使われることもある。だが、バージョンが古いこともあるので、現在のバージョンと合致しないことによるUIの変更で分からなくなることや不具合も想定される範囲の1つである。今回はゆかNEOとわんコメの連携まわりについて、メジャーバージョンアップデートに伴って追加された機能の解説も含めて見ていく。

【本格的読み上げソフト】VOICEVOX使ってみた!~無料なのにボリュームたっぷり~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テキストを代わりに読み上げる機能を持つ「読み上げソフト」
  • 有名格ではVOICEROID、その他のソフトも有料・無料問わず続々登場する
  • 無料でありながら性能がミドルクラスの”VOICEVOX”が登場し人気になっている
  • 配信や動画制作には便利なものになるはずなので使ってみた!
  • 公式サイトからインストーラまたはzipファイルをダウンロードして使用する
  • 初期状態で多数の音声を使用可能、バリエーションも多数搭載
  • ゆかりねっとコネクターとわんコメも対応、設定方法も簡単
  • モデルによって規約は異なるため要確認
  • 遊びにも創作にも使えるので、まずはここから始めよう

合成音声の進化は凄まじい。多くの人が想像する合成音声はやはりボーカロイド(VOCALOID)、特に初音ミクだ。これが様々な名曲を生んだことは説明不要なほど有名である。確かに「機械的」ではあるのだが、それを超える美声が皆に受け入れられ、大量の作品が作られ、他のボーカロイド音声も作られ、今でも人気の文化の1つとなっている。そこからの様々な派生は、現実のアイテムにもなるほどである。

同時に、合成音声を文章読み上げに使用することについても発展が見られた。単純な棒読みで、感情が見られないものが一般的だったそれはAIを利用して急速に進化した。所謂ディープラーニングによって、その膨大なパラメータを学習し、もはや人間なのか機械音声なのかの区別が殆どつかないほどに仕上がっている。人間らしい抑揚やアクセントを意識した自然な読み上げが可能なものが多くなっていて、それはもはや「人間」である。

大抵はそれらは有料のソフトウェアとなるが、ある程度の性能を落としたうえで無料で使用できるものが存在した。それが”VOICEVOX”である。これはVOICEVOXのオープンソースソフトウェア(OSS)版をベースとしてドワンゴ社員のヒロシバ氏を筆頭に開発されたものである。区別のために製品版とも称されるこれは、OSSでは不可能な「版権もの」が実装されている点で異なる。そこには有名音声も多数、デフォルトで搭載されている。また、ゆかNEO・わんコメがVOICEVOX読み上げに対応しているので、実際に使ってみることにした。

【同時配信を手軽にする】”Restream”使ってみた!~メジャーなら、無料~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信プラットフォームの主流はYouTubeかTwitch
  • 通常はどちらか1つを選択して配信するのが基本
  • 片方しか登録していない」ユーザーは少なからずいる
  • 回線弱者、回線を節約したい場合に便利なサービス”Restream”使ってみた!
  • 登録は簡単、英語オンリーだが殆どの人は読めるはず
  • メジャープラットフォームは無料で2個まで、それ以上と一部プラットフォームはサブスクが必要
  • OBSの設定も基本的にいつものパターンと一緒である
  • ただし開始・終了処理がうまくいかない場合は各PFで処理を行う必要がある
  • メジャープラットフォームに同時配信して、一人でも多く引き込め

配信プラットフォームは2022年現在では様々に存在する。そのプラットフォームが増え始めたのは間違いなく、2020年である。これによって昔から展開しているプラットフォームも危機感を覚えて、新興勢力にユーザーを取られまいと様々な機能を追加する。配信者同士のバトルが起きる中で、同様に提供プラットフォーム同士でもバトルが起きている。どれを使うかはユーザー次第であるが、多くは複数登録して使い分けていることが殆どだ。

しかし人によっては特定のプラットフォームしか使っていないということもあり、サービスの多様化がなされている今でも珍しくないことである。配信者側はプラットフォームの規約による影響、事務所の方針といった様々な理由が考えられ、リスナー側は宗教的事情であったり登録が面倒ということで使わないということがある。配信者側は不可抗力な事情が多いのでともかくとして、リスナー側は個人のレベルなのでどうにでもなることではある。

また、様々なプラットフォームを利用している人は、原則1つのプラットフォームにしか配信できないことを憂いていることもあるはずだ。設定次第では複数方向への配信はできるが、回線弱者には到底不可能なことである。そんな人の救済手段であり、多方面展開にも便利なストリーミングサービスを提供するものがあった。Restream、これは果たして使い物になるのか。詳しく見ていくこととする。

【PCに優しくする】”GV-US2C/HD”使ってみた!~ハードウェアエンコードの実力~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 映像出力が可能な機器の映像をPCに取り込むキャプチャーボード
  • HDMIが主流なため、殆どの製品がHDMI対応になっている
  • 低遅延・高負荷のソフトウェアエンコード型と中遅延・低負荷のハードウェアエンコード型の2種類がある
  • IODATA製のハードウェアエンコードタイプ、GV-US2C/HDを導入したので検証してみた!
  • 通信規格はUSB2.0だがType-Cを採用、バスパワーなので外部電源はほぼ不要
  • 4Kパススルー機能標準搭載、出力はFHDまで可能になっている
  • 映像と音声はソースを個別に取り込むことで音声遅延をほぼ0にすることが可能
  • 単体でもSDカードを用いて録画ができ、SDカードリーダーにもなる
  • 同社のGV-USB3/HDとどう違うのかを比較する
  • 60FPSが限界値であるが、そもそも60FPS以上対応プラットフォームが少なすぎるので十分
  • 安いPCでも、強いPCでも使えるキャプチャーボード

妹ちゃん=無音烏のVTuber活動をサポートするために、私は検索ワードと検索オプションを利用して色々な情報を収集し、実践的な部分ではclea氏やうーちゃんの配信を観て、そこから使えるものを無音烏に教えて、あるいは私が設定して使用している。VTuberを始めるのは遅すぎたが、先駆者がいるお陰で引っかかるであろう部分については今のところ、悪戦苦闘しながらも何とか切り抜けることができている。

ただ、PCに対する負荷は下げにくい。単体PCでの配信を行う人は多いが、その場合には最低限のGPUとして、少し前ならGTX1070-Ti以上、現在はRTX2070S以上がリソースの関係で必要で、しかし予算の都合でそこまで用意できなかったり、そもそも配信を考えていなかったためにそれより低いパーツを採用しているということも少なくない。その場合に使われるのが、2PCによる分離配信である。未だに私が実際に行っているものである。

これまでは10年以上も前の世代のPCを配信に使用していたが、1050-Ti(M)を搭載したラップトップを入手したことで、3Dモデルを使用する余裕が出来た。だがそれでも負荷が気になり、今まで使用していたキャプチャーボードを、ソフトウェアエンコードからハードウェアエンコードに変更した。キャプチャーボード界の有名選手といえばIODATA、Type-C接続のGV-US2C/HDである。これまで使用していたGV-USB3/HDとどう違うのか、実際に使用して比較していく。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock