ソフトウェア | Kibekin BLOG.

【省エネGPU】”MSI Afterburner”使ってみた!~熱対策と電力効率編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • あらゆる家電の中でも電力大食らいな「ゲーミングPC」
  • CPU、GPUが高性能なら消費電力は非常に高くなる
  • 電力が高い場合、は切り離せない問題
  • 現代傾向としては性能より省エネが重要になる
  • CPUは難しいがGPUならMSI Afterburnerがある
  • 殆どがオーバークロック用途で使うがダウンクロックもできる
  • 最大消費電力の制限と低電圧化が主な方法である
  • 使用中のGPUの情報をもとに細かく設定していく
  • 複数パターンでベンチマークを回し、最適解を見つけ出す
  • オーバークロックと同様保証対象外につき素人にはお勧めできない
  • 省電力化は実質的な節約に繋がる、パワーだけが正義ではない

私が現在使用しているゲーミングデスクトップは、大学生だった頃に作ったものである。それも安く仕上げるため、GPUだけは中古のものを流用した。それがMSIの1060-6GB(OCV1)であるが、これが3年経った今でも新しく入手したものに切り替えるまで、全く壊れる気配なしに動いていた。他のパーツも壊れるような気がしないのだが、とはいえ性能に限界を覚えてきて、更新を考える時期に来ているようだ。

新しいGPUの遍歴は、最初がMaxwell世代の最強GPUGTX Titan X(2015)である。その次に変えたのが、2017年登場の最強GPUで、現在もまだ最前線で戦える性能を持つ、GTX 1080 Tiである。いずれもTDP250Wであるが、VRAMではTitan X、全般性能では1080 Tiに軍配が上がる。当然エネルギー効率で言えば1080 Tiであるので、もうTitan Xは卒業だ。ただ、共通事項があり、それは両者とも消費電力が高く爆熱になりがちである、ということ。自作PCユーザーにとってこの2つは無視できないものなので、何らかの対策を取っているのが普通である。

MSIが提供しているGPUをソフトウェア的に調整するツール”Afterburner”は、簡単にGPUの性能を変動させることができる。主な用途は性能アップだが、その逆の性能ダウンも対応している。このツールを使い、GPUにつきまとう熱問題と消費電力を解決することにした。性能を下げればパフォーマンスは下がるが、それがどれくらい下がり、そしてどれくらい対策として効果が現れるのか。詳しく見ていくこととする。

【永久保存版】ゆかNEO2.0×わんコメ4.0連携 備忘録な解説書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕と翻訳の「ゆかコネ」、コメントで右に出るものはない「わんコメ」
  • 現在、ゆかNEOは2.0、わんコメは4.0に更新されている
  • 過去記事もまだ有効であるが情報が古くなってきているので作り直すことに
  • 連携ルートはHTTPまたはWSの2つ、一般に使用されるのはWS
  • WS連携することで翻訳と追加の読み上げ音声が使用可能になる
  • 翻訳の方法も複数あり、方法次第でAPI節約も可能
  • ゆかNEOではわんコメテンプレを使って字幕表示もできる
  • WordPartyもゆかNEOの音声認識経由で起動可能になる
  • それぞれのメジャーバージョンアップデートで追加された機能も確認
  • 連携しなくてもいい、だが連携すれば相乗効果を得られる

情報更新は常に行われるものである。それはどんなものでも例外ではない。既にサポート終了したものでさえも情報が更新されていることは最近は珍しいことではない。その場合は公式に代わって有志が開発・サポートを行うことも多い。とはいえ、元の開発者ではないので解説が不完全になることは少なくない。

ゆかコネ/ゆかNEOやわんコメの解説は、偶然に始めたことによって継続して解説していることである。これまでに多くの機能について解説してきたが、それはいずれも「その当時最新の情報」をベースに構成されたものである。両方の開発ペースは比較的早い方であるので、下手をするとすぐに古い情報になってしまうことは良くあることである。既に様々な情報が古い情報になった。

今でも多くの人がゆかNEOとわんコメの情報を求めていることが分かっており、Discord内でも度々そのような情報を欲している人がいる。その際に私が書いた記事が参考資料として使われることもある。だが、バージョンが古いこともあるので、現在のバージョンと合致しないことによるUIの変更で分からなくなることや不具合も想定される範囲の1つである。今回はゆかNEOとわんコメの連携まわりについて、メジャーバージョンアップデートに伴って追加された機能の解説も含めて見ていく。

【本格的読み上げソフト】VOICEVOX使ってみた!~無料なのにボリュームたっぷり~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テキストを代わりに読み上げる機能を持つ「読み上げソフト」
  • 有名格ではVOICEROID、その他のソフトも有料・無料問わず続々登場する
  • 無料でありながら性能がミドルクラスの”VOICEVOX”が登場し人気になっている
  • 配信や動画制作には便利なものになるはずなので使ってみた!
  • 公式サイトからインストーラまたはzipファイルをダウンロードして使用する
  • 初期状態で多数の音声を使用可能、バリエーションも多数搭載
  • ゆかりねっとコネクターとわんコメも対応、設定方法も簡単
  • モデルによって規約は異なるため要確認
  • 遊びにも創作にも使えるので、まずはここから始めよう

合成音声の進化は凄まじい。多くの人が想像する合成音声はやはりボーカロイド(VOCALOID)、特に初音ミクだ。これが様々な名曲を生んだことは説明不要なほど有名である。確かに「機械的」ではあるのだが、それを超える美声が皆に受け入れられ、大量の作品が作られ、他のボーカロイド音声も作られ、今でも人気の文化の1つとなっている。そこからの様々な派生は、現実のアイテムにもなるほどである。

同時に、合成音声を文章読み上げに使用することについても発展が見られた。単純な棒読みで、感情が見られないものが一般的だったそれはAIを利用して急速に進化した。所謂ディープラーニングによって、その膨大なパラメータを学習し、もはや人間なのか機械音声なのかの区別が殆どつかないほどに仕上がっている。人間らしい抑揚やアクセントを意識した自然な読み上げが可能なものが多くなっていて、それはもはや「人間」である。

大抵はそれらは有料のソフトウェアとなるが、ある程度の性能を落としたうえで無料で使用できるものが存在した。それが”VOICEVOX”である。これはVOICEVOXのオープンソースソフトウェア(OSS)版をベースとしてドワンゴ社員のヒロシバ氏を筆頭に開発されたものである。区別のために製品版とも称されるこれは、OSSでは不可能な「版権もの」が実装されている点で異なる。そこには有名音声も多数、デフォルトで搭載されている。また、ゆかNEO・わんコメがVOICEVOX読み上げに対応しているので、実際に使ってみることにした。

【スマートに録画する】”EaseUS RecExperts”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国”EaseUS Software”のソフトウェアレビュー記事第4弾
  • 動画コンテンツの流行に伴って需要が上がる配信や動画投稿
  • 録画はOS標準機能でもできるが、PCに慣れていないと操作は難しい
  • 録画に特化したシンプルでスマートなレコーダー、EaseUS RecExperts“が新登場
  • ライセンスは永久版で8,390円(税込9,229円)、円安の影響はもろに受けている
  • 基本は全画面録画か、指定したウィンドウをその大きさに自動的に合わせて録画する
  • 録画中はスクリーンショットを撮ることができ、録画中に加工やお絵描きもできる
  • 音声だけの録音も可能、途中で止められてミュート管理もできる
  • ゲームキャプチャに対応し、この場合はツールバーが邪魔にならない
  • 録画したものはRecExpertsでちょっと編集もできる
  • 総合評価:撮りたいものは楽に撮れるし、操作も簡単、録画FPS値が不安定なのは気になる
  • “EaseUS RecExperts”はスマートな録画のスタンダードを作る

動画コンテンツは主に配信と動画投稿の2つに大分類される。現在のメインは配信に移行し、動画投稿はサブ、という動きである。また配信についても内容とやり方で分類することができ、映像と音声が基本であり、映像のみ、音声のみなど、やり方については細かいものも含めれば非常に多彩であるため、明確な分類は難しい。YouTuberでもVTuberでも、人によりやり方が少しずつ違うことが多いからだ。

ところで動画コンテンツ制作を行う際、配信ならOBSなどの配信向けソフトを使って画面構成を行い配信するが、純粋に録画を行いたい場合は、OBS自体にも録画機能はある。それを使えばいいのだが、録画に関しては設定が色々存在し、PCやソフトウェアの使い方に慣れていない人だと実は使いにくい。さらに、1つしか画面がないとOBS自体の画面が邪魔になり、録画しにくいということもある。

そんな問題を解決して、もっと簡単に録画やスクリーンショットを行えるソフトウェアがEaseUS Softwareから登場した。その名は”EaseUS RecExperts”である。単純に録画するだけでなく、録音についても設定が簡単に行えて、録画中はUIが最小化されて作業の邪魔にもならないという、誰でも使えるものだった。一体どうなっているのか、その中身を詳しく見ていくこととする。

【字幕・翻訳エンタメ2.0】ゆかりねっとコネクターNEO2.0 実践解説書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Nao氏のゆかりねっとコネクターから始まった字幕・翻訳エンタメ
  • 公式宣伝ストリーマ:あすまくん、公式アンバサダー:clea
  • ゆかコネからゆかNEOへ、3周年イベント後は体制も強化された
  • ゆかNEOが軽量版からほぼ「したいことができる」ツールへと進化していく
  • 2022年10月26日、ゆかNEOは2.0へ進化した
  • 2.0での変更箇所を確認しつつ、UDトークベースでの表示方法を解説する
  • 手順に従えば設定は難しくない、綺麗に見せることもできるようになる
  • 個人利用APIで最も簡単なGoogle Apps Scriptの設定方法も解説
  • ゆかコネアンバサダー、推しは誰に設定している?
  • 2.0の始まりは、新しい字幕・翻訳エンタメの始まり

Nao氏が制作したゆかりねっとコネクターは、β版を含めた意味でのリリース日は不明であるが、FANBOXの投稿から推測するに2019年2月1日時点で使用可能な状態になっていた。そのため、本当の意味でその答えを知っているのはNao氏だけである。だが重要なことはそれではなく、ゆかコネがいつまでも皆に必要とされ、そして必要と感じている人達が相互で支え合い、運用を続けていける環境。目まぐるしく変化する状況に対応するには、個人の力では不足なことも多いからだ。

そのゆかコネは現在、ゆかNEOにメイン開発を移し、より使いやすく、より求めているものができるようにと、常に改良が続けられている。また開発の効率化のため、Nao氏主導でDiscordサーバーが建てられ、そこでユーザーから使用情報、バグ、要望を聴き、同時に参加者同士でのわからないことについての情報交換などを行えるようにしている。その体制は2022年3月25日から強化され、これによりDiscordも参加者が増え、情報量も多くなった。

そしてこの度、ゆかNEOはこれまでv1台をずっと維持してきたが、わんコメ4.0リリースに合わせてゆかNEO自体もバージョンが正式に2.0になる。その間に翻訳APIの仕様変更・廃止や代替構築、UI変更、バグ対応と同時、ドキュメント作成と忙しいことが重なっており、情報整理がなかなか追い付かないようである。そこで、このブログでゆかNEO2.0について、実践解説という形で書くことにした。

【軽量+多彩】”VMagicMirror Standard Edition”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VRMを表示するソフトウェア・ツールは多彩に存在する
  • 3Dモデルの表示はどうしても重くなりがちである
  • 殆どにおいて必要なのは上半身、全身ではなくていいと考える
  • 軽量でVRMを動かせる”VMagicMirror“、スタンダードエディションが基本無料で使えるので使ってみた!
  • 一部の機能だけ制限される以外はフルエディションと大差なく使用できる
  • 標準でキーボードとマウス、ゲームパッドの入力に反応、それを表示で反映するよう設計されている
  • 負荷は設定を最適化することで、OBSやゲームの邪魔にならないレベルになる
  • 細かい調整も可能になっており、その設定は保存することも可能
  • VSeeFaceとのデータ比較も掲載、目的で使い分けることが重要に
  • ツールが軽量なほど、VTuberには助けになる

PCリソースの管理は、限られたリソースでしか運用できない場合に重要なものとなる。特にラップトップの場合、改造限界が必ず存在する。それはチップセットによるもの、バッテリーとACアダプタの消費電力が足りないため、CPUのピンの形状が異なる、OSが非対応といったハードウェア上の制約、ソフトウェア上の制約の両方があるためだ。その範囲内で出来ることを突き詰め、最適な使い方を見つけ出していく必要がある。万能なのは石油王PCに限られる。

そしてそのリソース管理が重要になる活動の1つがVTuberだ。これは活動スタイルによっては石油王PCが必要である、最低限のスペックがあれば問題ない、といった目的別に応じて、そのリソースを満たせるパーツまたはラップトップを選択することになる。主流となる配信であれば、1台で済ませるなら石油王クラス、分離配信を行うならミドルクラス2つ分という選択になると思われる。分離配信は、私が検証した結果も出していて、少々設定が面倒だが安定はする。

しかし分離配信といえど気になることといえば、VTuberの特徴でもある2D/3Dを動かすソフトウェア・ツールの負荷だ。様々に配布・販売されているそれは、それぞれ出来ることと要求されるスペックが異なり、消費されるリソースも異なる。OBSを使用している場合、エンコード時間も気になることだろう、少しでも低負荷な方がいいと考える人も多いはずだ。そんな中、個人製作でVRMを表示できる、基本無料のソフトウェアが存在した。それがVMagicMirrorである。果たしてどんなものなのか、詳しく見ていくこととする。

【安定して使いたい】ボイスチェンジャー最適解探し:無料プラグインとソフトウェアで

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberの中でも多数派な「ボイスチェンジャー」型
  • 現在は有料・無料問わず多くのものが存在する
  • 無料で有名な「恋声」は致命的不具合を持ち、代替案を探す必要がある
  • DAWとVSTプラグインで安定するという情報を聞き、検証することに
  • VSTプラグインにはRovee, Graillon 2, DAWにはCakewalkを使用する
  • 初期設定と登録が面倒であるが、それをこなせば問題ない
  • VCn以外を目的としたプラグインも簡単に導入できる
  • FFT(高速フーリエ変換)が使えるVSTでマイクノイズの除去も簡単
  • DAW1つで殆どのことができ、負荷もかなり軽い
  • VCnで困っている人、色々したい人の最適解は”DAW+VST“だった

声は、人の第二印象であると考えている。第一印象は外見で、これは言うまでもない。その次に五感で捉えることになるのが音だ。それも、能動的に発生させやすい声である。同時に声はその人のイメージの殆どを決める要素にもなり得る。それ故に多くの人が「第一声」を気にするのであろう、最初にかける言葉は大半が決まった挨拶である。それはそうで、いきなり自分のことを語りだしたとしたらそれは単に危ない人である。

VTuberもこれは同じだ。第一印象はモデル、第二印象はその声であることは簡単に想像がつく。しかし違いがあるとすれば、配信ないし動画投稿をメインとするそれは殆どの場合で「相手の顔が見えない」ことで、さらに不特定多数に見られる構図となる。一応コメントなどの機能があるのでリスナーからの反応を貰えるが、それでも顔は見えないので感情や考えは読み取れないものとなる。

ところでVTuberのモデルは理論上なんでもOKで、その際に考えるのが声である。自身とモデルの性別が一致する場合はそのままでいいとして、異性となる場合や人ではないものになる場合、声を変えて運用することも考えなければならない。その時に登場するのがボイスチェンジャー、私はVCnと呼んでいる。これまで無料である恋声を検証で使用してきたが、バッファが溜まるとフリーズする致命的欠陥を前に、新たな策を探すことになった。そしてある情報から最適解と思われるものに辿り着いた。今回はその検証となる。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock