スマートフォン・タブレット | Kibekin BLOG.

【モニタ代わりにもなる】Alldocube iPlay 30Pro使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Androidはスマートフォンもタブレットもテレビも存在する
  • Androidタブレットは価格が性能に直結しやすい
  • 中華製タブレットはあたりとはずれのギャンブル
  • サブモニタとして、性能を重視しつつ価格を抑えるため中華タブレットを中古市場で漁る
  • 深圳のAlldocubeからiPlay 30 Proを入手したので使ってみた!
  • 圧倒的な7000mAhバッテリーと1920×1200の解像度を持つ
  • ブラウザや動画に関しては問題なし、ゲームは軽量設定なら行ける
  • SuperDisplayでの使用は問題なし、途中で接続が切れることもない
  • 専用フィルムやケースはないため汎用のものを流用する
  • 中華タブレットは一般用途に十分なスペックがあればモニタになる

最近、妹ちゃんの活動のためにあらゆる機材を調達することが多くなった。最も大きい調達機材はHASEE Kingbook T65だが、これは意外にも¥25,000のストレート落札によって入手成功している。入手以降は非常に高性能な配信用PCとして、しかもラップトップであるので持ち運びができ、任意の場所に配置できるという特性を生かし、主に妹ちゃん専用として運用されている。

ゲーム用PCは元々純粋にゲームをするために使用するものだったので、1つのモニタしか用意していない。また、スペース的にもう1台のモニタを置く余裕もない。だからといって小型のモニタを使おうとすると、解像度で引っかかる。大抵は1280×720(HD)以下で、これでは表示したいものも表示できないため、結果的にただ金を無駄にするだけとなる。そこで思いついたのが、タブレットをモニタ化するということである。

しかしタブレットもピンキリだ。安いが性能が極端に悪く、普通の使い方さえ満足にできないものがある中で、もはやゲーム用としか言えないほどの性能で超高額という石油王しか使わないものもある。モニタ用途に性能はそこまで要らないが、かといってCPUもRAMも貧弱では話にならない。条件を満たす中古品はないかと探していた時、中華PC・タブレットで最近勢いのあるAlldocubeから、条件を満たした中古品を発見した。iPlay 30 Proは、一般的なスマホに匹敵するスペックを持ちながらFHDである。モニタ以外にも使えそうなため、調査することにした。

【キメラ修復】iPhone 6S修復記録:ジャンクを流用する、ニコイチ復元実践書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Xperia 1にする前、メイン端末だったiPhone 6S
  • SIMの無効化後は自宅用だったが損傷が酷い状態だった
  • 画面もバッテリーもカメラも死んでおり、ついに使い物にならなくなった
  • 修復用パーツがなかったため分解しただけで終わっていた
  • アクティベーションロックされているがそれ以外が生きている同型ジャンクを入手
  • 交換用ジャンクからロジックボードとホームボタンを取り出し、元の6Sのものと載せ替える
  • ロジックボード本体とホームボタンは紐付けされており、移植時は同一でなければならない
  • 手順は多いが少しずつやっていけば問題なく、復元時はその逆をすれば良い
  • ジャンク同士の組み合わせは、完璧な1つの「もの」になる

最近、Xperia 1の調子が徐々に悪くなってきている。突然の再起動が1週間に1回ほど発生する。原因は明確には不明だが、その前兆として急に動作が重くなり、その数十秒後には何も利かなくなって、強制的に再起動する。スマートフォンですらソニータイマーが搭載されているのかと思いたくなるが、メーカーへのこだわりがないのであれば台湾製に切り替えてもいいのかもしれない。その際はSIMフリー化し、中古品を入手することで対応したい。

Xperia 1を入手する前、iPhoneを使用していた。そのモデルはiPhone 6Sであり、2015年9月25日の発売から長い間OSアップデートの対象となっていて、初期OSは9、最終アップデートOSは15.7となっている。iOS16の配信日は2022年9月13日となっており、その時点で6Sはアップデート対象から外れた。実に7年も現役でいられたロングライフiPhoneであるこれは、白ROMとなった今でも最新機能こそ使えないが、使い勝手が非常に良い。

Xperia 1に変えた段階で損傷が酷く、そしてしばらくすると全損によりまともに使うことはできなくなった。だが内部のロジックボードは生きており、Touch IDも損傷により無効になっているだけのようである。ということは、正常な本体にその2つを載せ替えすれば、まだ使えるはずである。長らく「内部が無効になっている」ジャンクの入手に手こずっていたが、今回ようやく入手できたため、分解と復元をここにまとめることにした。

【新品同然に回復】ソフトバンク「配送交換」サービスを利用してみた

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スマートフォンは消耗品であり、こわれもの
  • キャリアが保守サービスを用意している
  • SoftBankは「あんしん保証パック(プラス)」を提供している
  • 利用中の同型機のリファービッシュ品と交換できる「配送交換」サービス
  • かなり壊したXperia 1でサービスを利用して記録を残す
  • 手続き方法とすべきことは意外に簡単
  • データ移行に抵抗がなければ修理よりいい

スマートフォンとは進化の連続である。そのため、最新機の発表があったと思えばすぐに次世代機の開発計画があったりと、誰もが利用するものだからこそPCよりもサイクルが早い。現在は5G対応スマートフォンが加速しているが、肝心の5G自体は整備が進んでいないように思える。気が早すぎるのではないか。

そのスマートフォンも、サイクルが早い故か、それとも手元に収まる精密機器の塊のためか。高額でありながらもよく壊したり買い替えたりすることが多くなっている。買い替えの場合は売って金にするであろう。壊した場合は保証を利用して修理をするのが一般的である。もっとも全損であれば新しいのを買った方が早いが。

ただ、毎回新しいのを買うのは資金的余裕がないことであろう。その時、ケチッていなければ何らかの保証サービスに加入していることであろう。私は孫切りしないせいでユーザーが損をすることでおなじみのSoftBankで、Android向け保証サービスである「あんしん保証パックプラス」に加入していた。それが幸いしたのか、破損したスマートフォンの交換サービスを受けることができたのである。

あんしん保証パックプラスに内包されている、「配送交換」サービス。 これを実際に利用して、その最後までを詳細に記録した。修理してもどうにもならないので利用しようと考えている人に、これを読んで検討するといいだろう。

【ゲームプレイを強化】Xperia 1/5標準搭載アプリ”Game enhancer”の使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Game enhancerはXperia 1/5に標準搭載されているアプリ
  • ゲームの最適化を担当する
  • ゲーム中に動画を見る、検索することが可能
  • SS/RECも本体のボタンを使わずに使用できる
  • Game enhancerの設定は本体設定より優先される
  • 快適にゲームするなら設定をカスタマイズする

Xperia 1に初めて搭載され、廉価版の立ち位置となるであろうXperia 5(8は未搭載)にも搭載されるゲーム最適化アプリである”Game enhancer”。ゲーミングスマホ(ASUS ROG Phone 2など)には流石に敵わないが、Snapdragon855, RAM 6GBと、ゲームには十分な性能を持っている。もっとも、SONYは音楽とカメラに強いため、ゲームに特別強いわけでもない。PlayStationが低迷と迷走を続けていることもある。

それを補うのはアプリやシステムといわんばかりに、Game enhancerがゲームプレイの最適化を補助する。今回はそのGame enhancerについて紹介する。

【SoftBank×iPhoneだけのサービス】Eメールが使用不可能!SoftBankでiPhoneからAndroidに替えるときの注意点

この記事の概要を簡単まとめ!

  • SoftBankでiPhoneユーザーはEメール(@i.softbank.jp)が使用できる
  • S!メール(MMS:@softbank.ne.jp)よりも使いやすく画像も送りやすい
  • AndroidにEメールサービスはない
  • iPhoneからAndroidへ替える際はサイトサービスのアドレス変更忘れに注意
  • SNS・チャット主流の時代にメールは流行らない?

iPhoneにメリットや独特の機能を見出せず、Android(Xperia)に変更した私である。それまでは全く意識していなかったが、実はSoftBankの場合、iPhoneにはiPhoneだけの特典があった。それは、Eメール(@i.softbank.jp)が使用できることである。おそらく、殆どの人は意識したことがないが、これはiPhoneユーザーだけのサービスであったことに後々気付いたのである。

【スマホで画面分割】作業効率改善!Xperia 1「21:9 マルチウィンドウ」の使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Xperia 1は21:9, 6.5inchの大画面
  • 新機能「21:9 マルチウィンドウ」を搭載、使い方を解説
  • アプリによって使えるのと使えないのがある
  • SNSを使う人のスタンダードになる

スマートフォンの進化は、現段階では飽和状態になっている。市場そのものも、衰退はしていないものの落ち着いているという状況である。トリプルカメラや大画といった技術は既に色々なメーカーが行っている。

その中でSONYのXperia 1は、トリプルカメラを装備し、6.5inch1)6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。のディスプレイを持つ。特徴的なのは、21:9ディスプレイを活かしたマルチウィンドウができることである。

脚注

脚注
本文へ1 6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。

【スマートフォンの必需品】愛機を綺麗に使うために!スマホカバーのすすめと使わなかった頃の体験談

Xperia 1 SP-cover

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スマートフォンは精密機器の1つでもある
  • カバーを付けることは自分と他者へのエチケットになりうる
  • 長く使い続けるための「初期投資」である
  • 使わなかったが故に後悔することにもなった過去

今ではすっかり当たり前になったスマートフォン専用カバー(以下スマホカバー)。これまではただのケースを使っていたが、Xperia 1に換えたと同時に私もカバーを使うようになり、その良さを認識した。なので、スマホカバーは必需品である理由を挙げていく。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock