レビュー系 | Kibekin BLOG.

【考えがある】この海外ドラマを観る:”MACGYVER/マクガイバー”概要レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • お茶を濁すにはちょうどいい海外ドラマの概要レビュー
  • 海外ドラマ人気作品もいずれは打ち切りになる運命
  • 死のコロナウイルス情勢が打ち切りの原因であることも少なくない
  • 第2回はシーズン5を最後に最近終了した”MACGYVER/マクガイバー
  • 主人公アンガス・”マック”・マクガイバーは銃を使わず科学とマルチツールで全てを解決する
  • シーズン初回から途中まではCSI: 科学捜査班のレギュラーだったジョージ・イーズも出演
  • 科学の基本知識を知っていると即興の内容に「驚きの連続」
  • マルチツールはビクトリノックスのあらゆるモデルを意外な使い方をする
  • 科学もマルチツールも好きなら楽しめる名作、完結しているので一気見OK

自分が好きだったものが終了すると、悲しいものである。終了の形には無期限休止のような、もしかしたら再開するかもしれないという意味合いを含ませたものも存在するが、それが本当に活動再開するのは稀である。大抵の場合は金がなくなったなどの、「普通に生きることに支障が発生する事態に遭遇した」ということが多い。再開の理由がそれだったとき、果たして素直に喜べるのかといわれると微妙である。

終了して残念に思った最近の出来事は、よく観ていた海外ドラマの続編打ち切りが確定し、最終話まで放送されたことでシリーズとしては完全に終わってしまったことである。その海外ドラマのシリーズは”MACGYVER/マクガイバー”。80年代に生きた人は知っているが、かつての「冒険野郎マクガイバー」を現代の科学事情に合わせてリブートしたドラマである。オリジナルの設定を踏襲しながら、80年代ではまだ一般的ではなかったインターネットの追加、世界情勢のドラマへの反映もあり、かつての同名ドラマとは大きく違ったものになっている。

話の内容が違えど、共通しているのがマクガイバーの設定である。銃を使わない、科学知識の宝庫、天才的閃き、即興であらゆるものを作る、マルチツールを常に持ち歩く。この中でマルチツールは両ドラマの象徴であった。今回は現代リブート版となる”MACGYVER/マクガイバー”について、シリーズを全部観てきた私がそれを知らない人に概要のプレゼンを行う。シリーズが完結しているので、興味がある人なら一気見してしまえるほどのドラマであることを、熱く語っていくこととする。

【アリソンは実在する】この海外ドラマを観る:”MEDIUM”(ミディアム)概要レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テレビは海外ドラマをよく観るKIBEKIN
  • ネタ詰まりしてきたので海外ドラマの概要レビューをしてみることにする
  • 第1回は2005年から開始したドラマ”MEDIUM“(ミディアム)
  • 主人公、霊能者のアリソン・デュボアを演じるはパトリシア・アークエット
  • アリソンの能力によって睡眠中に見る「夢」が事件の予知や解決の糸口となっている
  • クライムサスペンスでは珍しく事件の瞬間よりも事件の前後が中心
  • 事件の謎がアリソンの能力で徐々に明らかになっていくのが見どころ
  • 「夢」の能力はアリソンの子供たちにも伝承されている
  • 謎を少しずつ解明していくタイプのドラマが好きな人には面白い

評論家という仕事は嫌われる。それはコンテンツに対しケチをつけるだけで、作ることをしないからだと考えている。一時期話題となったラーメン評論家もそれであろう。自分で作れもしないのに口うるさく語るも、それが的外れで何のためにもならないから、ということであろう。そうとなれば、評論家全体、嫌悪の塊のように思える。

さて、色々と変わることもあってネタ切れになりつつある私であるが、思えば私は相当に海外ドラマを観ているのである。原作を漫画、アニメ、小説等に依存し、役者基準でコンテンツを作成する無能ジャップとは違い、実力のある脚本家による台本や役者自身が演出を構成することの多い海外ドラマが私には興味をそそられる。最近は昔に放送していたドラマの再放送もあり、それには現在は様々な作品で活躍する役者の昔の姿を見ることができるなど、新鮮なものが多い。

そして今回、数々の海外ドラマを見ている私が書くのは、アメリカでは2005年よりNBCで始まったドラマである。「夢」をテーマとし、「夢」で見た内容を元に、アリゾナ州フェニックスを中心に発生する事件を解決していく、主演パトリシア・アークエット、”MEDIUM”(ミディアム)である。主人公となるアリソン・デュボアは実在する同名の女性霊能者がモデルで、その能力を駆使して検事局に協力をしていくサスペンスドラマである。現行の最新ドラマも見逃さず観ている人は多いものの、完結した過去のドラマは意外と見逃している人が多いというものだ。放送された時代やその当時の年齢を考慮すると仕方ない一面もあるが、だからこそ取り上げる意味があるというもの。一体どういうドラマなのかを見ていく。

【辛味多くないこれ!?】明星ぶぶか「油そば 辛辛辛辛辛こってり」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 辛いのとこってり系ラーメンに定評のある明星
  • 明星ぶぶかの油そばから「辛辛辛辛辛こってり」が新登場
  • こってりに辛さを加えた新しいぶぶか、KIBEKINが実食!
  • これまでの油そばにはない「唐辛子」「辛揚げ玉」「辣油」の赤が麺を覆う
  • 明星得意のマヨネーズも5辛用に独自開発のものが付属
  • マヨネーズを入れずに食べて、マヨネーズを入れて食べて「2度おいしい」ができる
  • 麺はこれまで以上、明星最大級の太さで噛み応えしっかり
  • 油が多いはずなのに感じない「油っこい」感じ
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実は問題が…)

笑鬼辛麺を汁なし状態にして食べることにはまっている。偶然にも近くの大型スーパーで大量に入荷されるも購入者が全くおらず、そして安く手に入るものであるから、箱買いレベルで購入していた。その結果まだ在庫があり、何度も汁なし状態で食べることをしている。この時付属のふりかけは全部使うが、ベーススープは半分のみ使用する。これを繰り返すうちにベーススープが1袋ずつ増えていくので、このベーススープを使ってパスタを作っている。これが旨いので、是非とも試してほしいところである。

さて、最近ラーメンを食べる機会が減りつつも、食べるときは野菜を入れて食べることが普通になった私KIBEKIN。野菜を入れることで糖質吸収を抑えつつ、野菜の味によって旨味を存分に引き出すということをしている。ただそれは、既に食べたことのあるラーメンに限っての話である。まだ食べたことのないラーメンに対しては、素で食べることが基本である。そうしては次にどう食べるかを考える。

そんな中、以前鬼マシをレビューしたあの明星からぶぶか油そばの新製品が登場した。それも辛さを重視したものである。ぶぶかの油そばと言えば大蒜とラードを効かせた超こってりスタミナ系でお馴染みであるが、新製品は大蒜を外して唐辛子、辣油、辛揚げ玉に唐辛子マヨと、唐辛子の「赤」で攻めたものになった。これまでのぶぶかの油そばとは一線を画すものとなった存在、その名も「辛辛辛辛辛こってり」。辛いもの好きでもある私の目に留まらないわけがない。今回も辛さMAXでレビューしていく。

【これだわ!】エースコック「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 今や有名カップ麺メーカーの1つ、エースコック
  • ロングセラー商品を打ち出す日清や東洋水産にも負けない企業
  • エースコックも有名ラーメン店とコラボする
  • 九州有名ラーメン店「暖暮」と組み、第3弾のカップ麺登場
  • 一体何が変わったのか、KIBEKINが実食!
  • コンセプトは「常連が好む濃口
  • その味、まさしくラーメンの「こってり」そのもの
  • 「普通・こってり・有・有・普通」を再現した完璧なカップ麺
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt

最近、カップ麺を食べる機会が減っている。それは私が糖質制限ダイエットを行っていることによる、意識的に糖質を避けるように食べ物を選択しているためで、その結果としてあまり食べなくなってしまったということである。本当のところは食べたいのだが、食べるにしても野菜を入れる必要があるので、その手間などからなかなか食べなくなってしまっている。それだったらちゃんとした料理を作った方が早いというものだ。

以前私は九州ラーメン総選挙2002年において1位を獲得した、「ラーメン暖暮」の実店舗実食レビューをした。その際のきっかけとしてはエースコックから発売された、暖暮の味を再現したカップ麺を食べたのと、それに付随していた替玉無料券からである。店舗を探したら偶然にも川崎に存在したので、それで実店舗に行く機会ができ、そして今では月1で食べに行く常連の1人になったのである。

その後、約1年の時を経て、エースコックは暖暮コラボの第3弾を行った。それが今回紹介し、実食する「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」である。第3弾のコンセプトは常連客の人気の「味濃いめ」「油多め」を再現したもので、濃口の味をカップ麺で楽しめる、ということがエースコック公式から発表されている。さて、全国のコンビニを中心に展開されることになるこれ、近くのセブンイレブンにはなくて何故かローソンにはあったので、早速買ってきてレビューすることにした。

【定期的に汗が出ちゃう!】サンポー食品「笑鬼辛麺」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第3号、今回も辛いカップ麺
  • 九州出身は知らない人がいない佐賀のメーカー「サンポー食品」
  • 豚骨と大量の唐辛子粉末を組み合わせた「笑鬼辛麺」発売
  • 豚骨に唐辛子を使う珍しいラーメン、KIBEKINが実食!
  • レギュラーカップ麺よりも太麺ながっつりの食べ応え
  • 赤の塊の唐辛子粉!しかし辛さで味を消すことはない
  • 辛さの後に来る豚骨の甘さは絶妙
  • This time’s KIBEKIN’s point: 9?pt (記録更新出るか!?)

「食」というものは、考え方が大きく左右するものである。特に質と量、どちらを優先するかということで議論になりやすい。生きているうちに旨いものを食べて生きる方がいいということで質を優先すべきという人がいれば、どうせ胃の中に入ってしまえば旨いも不味いも変わらないということで量を優先する人もいる。この点については個人の思想に左右されるため、そう言ってしまえばそれ次第で終わる。結局そういうことである。

さて、これまでレビューしたものがカップ麺でしかも全て辛いものであったので、カップ麺=辛い、辛い=KIBEKIN、カップ麺=KIBEKINという図式が成り立つかもしれない状態で迎える第3号。今回は本州で知っている人は少ないが、九州出身か九州在住だと殆どの人が知っているインスタント麺メーカーである「サンポー食品」が発売した、「笑鬼辛麺」をレビューする。商品名で既にとても辛いであろうことがわかるカップ麺である。

このカップ麺は公式サイトには情報を意図的に掲載しておらず、サンポー食品公式Twitterで突如として発表されたものである。発売に際し具体的な情報をあえて載せずに各地で展開するというアナウンスが流れ、これもまた近所のスーパーで偶然発見することができたのである。豚骨と唐辛子の組み合わせはラーメンの中でも珍しい組み合わせとなるこの笑鬼辛麺、辛いことは確定だ。これも以前と同じように辛さMAXでレビューしていく。

【メッサ辛辛!?】明星ぶぶか「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第2号、続く辛いカップ麺シリーズ
  • 明星ぶぶかシリーズから「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」が登場
  • ぶぶかシリーズでは珍しい唐辛子系のラーメン、KIBEKINが実食!
  • 全面真っ赤はとんがらし麺以上の赤さ
  • にんにく練り込みの極太麺はベースの豚骨醤油に合う味
  • 粉ふりかけに明星の本気を感じる(しかし私には大丈夫だった)
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (とんがらし麺より…?)

制限とは、秩序的にすると同時に可能性を狭めるものである。しかし日本人、あるいはバカニーズは制限されることを好むドM人種であるという。制限されている方がかえって能率がいいのだとか。果たしてその根拠や実証などは不明だが、それが事実であれば独立して一人で歩いていく人間が少ないのも納得できる。

それとは少し違うがKIBEKINは自分で設定した制限を撤廃し、ブログのネタの幅も実質的に制限なしとなった。前回はその一歩目となる食品レビュー記事を書いたが、意外といけるものであった。文字数こそ10000文字を突破しなかった、だが普通に書けることがわかったので、もう縛りプレイする意味はないと気付いた。少しは調子に乗っていいだろう。

そして今回も食品レビュー記事だ。第2号も辛いものをレビューする。今度は明星ぶぶかシリーズから、「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」である。これは2月22日に新発売と、執筆時点からそれほど経過していない新商品である。今度の辛いのは、付属の唐辛子が山盛りでしっかり赤い。そして唐辛子を使用する辛いラーメンでは珍しい豚骨醤油。明星ぶぶかのファンであり、辛いものが好きな私KIBEKIN、今回も辛さMAXでレビューしていく。普通の人は真似してはいけない。

【辛旨の体現】日清のとんがらし麺「うま辛トマト&チーズ味」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HIKAKINを見倣ってレビュー記事解禁、そして第1号記事
  • 日清食品の辛いカップ麺シリーズ「日清のとんがらし麺」
  • 過去にもいくつかのとんがらし麺を経験している
  • その中に気になるもの「うま辛トマト&チーズ味」
  • 麺はこれまでのとんがらし麺のシリーズと同じ
  • トマトがよく香りチーズで後味が濃厚でもしつこくない
  • 辛さ調節パウダー、私には辛くなかった
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実際にチェックを推奨)

リンクス岐部からKIBEKINになって、何か起きるかと思ったがそれは違った。特に何も起きず、そのままであった。しかし、それは単純に外界についてであり、私自身には大きな変化である。外界ではなく自分を変えることが変わることの近道であるので、常に自分をいい方向に変えていくつもりだ。

さて、KIBEKINはHIKAKINをリスペクトしているとは既にこの名前からもわかることであるが、彼は商品レビューもよくやっている。そのため私も、動画には劣るが可能な限りの文章と画像で、音が出せない環境でも読める商品レビューを始めることにした。

その第1号は、誰もが知っているカップ麺メーカーの日清食品が販売している、一般的には辛いシリーズに分類される日清の「とんがらし麺」から、「うま辛トマト&チーズ味」だ。とんがらし麺シリーズはかなり前から展開が始まったものであるが、このシリーズは当たりと外れが大きく、なかなか安定して旨いと言えるものが出てこないものである。もっとも、辛いものは一般受けを狙わないので、安定しないのは当然のことと言える。一発屋のような存在だからだ。

そのシリーズから、久々に気になるものが登場した。トマトとチーズが相性がいいのは西洋料理で知っているが、それをカップ麺でやって果たして旨いのだろうか。辛いものも好きで、カップ麺も好きな私KIBEKINが、辛さMAXで商品レビューをする。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock