【寿司は好きかい?】Misskeyの鯖「すしすき~」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyの鯖紹介記事第2弾
  • 寿司が好きな人と寿司の絵文字が集まった「すしすき~」
  • 責任ない発言でおなじみ、元々ioで活動していたくちばしが管理人
  • すしすき~は寿司や食べ物の話題が多い
  • 寿司の絵文字は勿論、他にも絵文字を搭載し分類も非常に細かい
  • 何故かSEIKINの絵文字が存在する
  • サーバーメトリクスによれば割とリッチな鯖
  • misskey.io障害発生時の退避先も普段使いもOK

1つが上手くいくとき、それに関連したことを連続してやりたい性質である。これをブログで考えれば、同じタイプのちょっと違う記事を書くということである。これまでの例で言えば、マストドンの個別の鯖紹介および使ってみた!シリーズである。残念ながらclub-house.work(偽Clubhouse)は閉鎖してしまうが、それ以外は続いているのでいい方である。

正直なところPleromaは海外系が多いので手を出しにくいところがあるが、Misskeyであれば日本系が多いためかなり手を出しやすい。また少数ではあるが、海外勢も数人登録していることがある。ただ、確認できる範囲では日本語が中心の鯖が多いようで、英語や中国語、韓国語などを中心とした鯖を観測することはあまりない。鯖情報についてはjoinmisskeyから調査可能である。

さて、日本語鯖の中で最大勢力となる「本家」misskey.ioから外れて、前回はみねむの鯖であるMilkey.homesを解説した。これはみねむの鯖であるということで解説したところがある。そこで他の鯖についても取り上げてみるのがいいという結論に至る。多数ある鯖の中で選択したのは、くちばしが建てた「すしすき~」だ。io以外のMisskey鯖紹介第2弾はここである。この鯖は何が違うのかを見ていくこととする。

【みねむいきー】Misskeyの鯖「Milkey.homes」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyでもマストドンと同じように多数の鯖が存在する
  • 漫画/アニメ/ゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』由来の鯖「Milkey.homes」
  • 管理人はみねむと三条れみとの2人体制、リソースはやなぎぃ刀禰籠提供
  • テーマはまちカdon配色が可能
  • 「Milkey.homes」もまちカdonと同様話題制限のない自由鯖
  • リソースをChillout Chatと共用する関係上容量の余裕は少ない
  • まちカdonの姉妹鯖Milkey.homes、試してみないか

嫌いな人間が増えた。それも一瞬で。いくらFediverseといえど頭の固い人間と私とは相容れない存在が多かった。それを失念していたわけで、つまり私が能無しだったということである。そのためこれからは接し方を変えていけばいいだけのことで、そのためには無能や金にならない関係は一方通行にするか、或いは無駄として切り捨てるくらいの非道さを身に付けたいところである。所詮人生は金が全てだ。

さて、SNS(正確な分類はミニブログ)であるマストドン、Misskey、Pleromaではソースコードを借りて「自分の鯖」を建てることが可能である。これが盛んなのは技術・前例・ドキュメントの揃うマストドンであり、Fediverse上でも有名なのがそれである。したがってこれまでは主にマストドンについて取り上げてきた。ただそれ以外がないかと言えばそういうわけではない。MisskeyやPleromaも物好きな誰かによって自鯖として建てられることは多いものである。

ともすれば、みねむは物好きということになるであろう。Masto.hostでまちカdonを建てて、次に信頼できる人物の協力の下、一部のサーバーリソースを借りてMisskeyを建てた。とはいっても作業の殆どはみねむ以上のプロがいたため、その人物の協力で細かい調整なども既に完了している。その結果新しく建てられたのが、またしても漫画/アニメ/ゲーム原作の鯖であった。その名は「Milkey.homes」。io以外のMisskey鯖の紹介第1号である。

【2つ目の闇】SNS第3勢力2号”Parler”を使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Gabと並び表現の自由を最大限許可するSNS”Parler”
  • ここにも極端な政治思想を持つ者とトランプ支持者が多い
  • 1月10日にAWSホスティング停止でダウン、2月15日再開
  • 2月16日に復活を知ったKIBEKINが再度突入する
  • なんとなく、使いにくい感触
  • ざっと機能や項目は紹介しておく
  • 総評:わざわざ使う理由がどこにもない

なんかマストドンで宣伝してたらGab記事がすごい人気になってしまった。なにが起爆剤だったのかは正直分かっていない。ただ、その結果なのか、人気記事である仮想メモリとソフトバンク配送交換を越す勢いで追い上げている。ただ、これも一時的な現象に過ぎないと考えているので、そのうち収まるであろう。しかし一気に来たときは流石に驚いたものである。

さて、SNSの歴史にまた1つ、伝説が刻まれた。1月8日をもってドナルド・トランプはTwitterを永久追放(凍結)されたのである。原因は暴動の扇動や暴力行為の助長したことであり、またこれ以上の扇動を防止する目的もあったようだ。したがって、インターネットの表舞台からトランプの姿を見ることはできなくなるようだ。そんな中注目されるのが、言論の自由と表現の自由を最大限許可したSNSである。以前にGabについて取り上げたが、これ以外にもその場所がある。その名はParlerだ。

ここもまた、Twitterを追われた者達が集まっている。世間的にはトランプ支持者の集まっている場所として認識されている。また左翼化し共産主義に染まったオワコンSNSであるTwitterの独裁的・特定差別容認の加速によりTwitterを離反する者が増えており、その移行先としてParlerに参加する人もいる。このあたりの動き方についてはGabと同じ傾向がある。プラットフォームを鞍替えするという意味では分散型SNSとなっているのだろうか。

しかし、ここもGab同様、投稿内容に対する規制を殆ど行わないことによって内実が「無法地帯」とされ、これを良しとしない大手IT企業などが結託してParlerに囲い込みを行い、排除しようと試みている。しかし私には、それは企業規模の「いじめ」に思えるのと、力ある企業が何かを排斥しようとする構図はアーマード・コアを彷彿とさせるため、内実を知るべきであると考えた。以前行ったGabへの潜入と同様、今回も内実を調査し、これをレポートする。

【偽物です】Clubhouse(マストドン)に突撃してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 表層で人気のSNS、Clubhouse
  • 私的評価としては既にオワコンなSNS
  • 流行大好きな分散型SNSマストドンが名前をコピーする
  • 本家リスペクト故外部から見えにくい、内実は如何に
  • 内実は「悪いわけではない」
  • 鯖に独自機能はない
  • 本家で重要な音声は外部サービス依存
  • 結論:将来性はあるが、どう差別化を図る?
  • 追記:4月28日をもって閉鎖された

私はSNSディープダイバーのような気がする。マストドン、Misskey、Pleromaの基本的なところを記事にし、マストドンについてはあふん鯖、まちカdonを特集している。そして海外系としてGabを書いた。ただし、プライベート運用することを前提として、MisskeyとPleromaは自分の垢を伏せた。折角のプライベート運用で楽しもうというところ、下手に荒らされても困るためである。

さて、表層のSNSの話題と言えば、完全招待制の音声のみのSNSとしてClubhouseという、元Google社員が会社を立ち上げて作ったSNSが人気であるようだ。話によれば、芸能人やテレビ出演者系等、所謂有名人が一気に流入しているようで、結果的にYouTube Liveやツイキャスのようなものとほぼ変わらなくなってしまっている状態である。結局、そっちに人が流れるわけなので、名を持った上級國民達の自己満語りためのプラットフォームに成り下がっている。この時点でもうオワコンだろう。

そして人とは人気や流行に便乗したがる生き物である。だがちょっと違うパターンで便乗した人がいる。その人はマストドンでclub-house.workとして偽Clubhouseを建てたのである。勢いと面白さを優先して名前を借りたであろう、その鯖ができたのはつい最近のことである。話を聞きつけたはいいものの、本家と同様に完全招待制を敷いているこの鯖について、入る手段はなかった。私の周りには、Clubhouse鯖をやっている人などいなかったからである。

しかし偶然にも、本家がダウンしたタイミングで一時的に一般開放された。チャンスは巡ってきたのである。この鯖についての内実を知ることができるまたとないタイミングである。分散型SNSの中に突如としてできた、これもまた特異鯖の1つであるClubhouse鯖。本家と同様に閉鎖空間となっているとされるここは一体どうなっているのか。KIBEKINが登録して、その内実をレポートしていく。

【遊び尽くせ】Misskey使ってみた!3 ~1人前のミスキストへ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • しゅいろのノートからMisskey特集第3弾
  • Misskeyには「自分で変えられる」項目がまだまだある
  • テーマをカスタマイズして「自分のMisskey」をもっと充実させる
  • サクッと変えるか、がっつり変えるか
  • 左にあるサイドバーは並べ替えできる
  • Misskeyで鳴る音もちょっとだけ変えられる
  • 設定の内容を総ざらい、全部見ていくので超編覚悟
  • Misskeyを遊び尽くし、1人前のミスキストへ

分散型SNS特集、どこまでも続く。本当のところはMisskeyについては第2弾をもって終了したかのように思ったが、しゅいろのノートで使命感を覚えた私は、Pleromaを書き上げた後第3弾を特集することを決定した。しゅいろのノートによれば、「まだ触れられていない機能」があるとのことで、こう書かれている以上書かないわけにはいかないのである。

Misskey解説で触れていないことはまだある。それは主に設定に関連するものである。設定については過去2回で全く触れていなかったので、今回でそれに触れ、Misskeyに謎を残さないようにしていく。第3弾も、Misskeyについて熱く語っていくこととする。

【組み合わせ∞】Pleroma使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • マストドン、Misskey以外にもいた分散型SNS”Pleroma”
  • 他2つと比較してWikipediaや公式Wiki等が存在しない
  • フロントエンドとバックエンドが分離されている
  • 手探りでリンクス岐部が使ってみる
  • メールは「ダミー」でもOKの登録
  • Misskeyに似た機能が実装されている
  • TLは手動更新が原則、自動更新は推奨されていない
  • 設定項目は自分流にカスタマイズする
  • 少人数運用であれば最適な分散型SNS

予定を狂わされると、代替の予定を建てなければならないとは非常に面倒である。Misskeyを書いている間にParlerは復帰するであろうと考えていたのに、未だ戻らない。書けなくなって2週間も経っているが、予定の延長は正直これ以上はきつい。次に書き終わるまで戻らなければ、欠番にしたうえで書くのを無期限休止にしなくてはならない。

ここ最近はずっと分散型SNS(いささか問題のあるSNSも含む)について、レポートという形で「使ってみた!」シリーズになっている。商品ではなく、インターネットサービスというところがキモだろうか。金がないという現実は非常につらいものである。さて、そんな「使ってみた!」シリーズであるが、ここまでマストドン、Misskeyを挙げてきた。残っているのはPleromaだ。これはマストドン、Misskeyと同じActivityPubを採用し、分散型SNSとして稼働するようになっている。これの採用はMisskeyとほぼ同じ時期であるようだ。

しかし、日本ではマストドンがメジャーとなったためか、Misskeyと同様、あまり表に出てくることがないSNSとなっている。Misskeyはここ最近の流れとして新規が増えているが、Pleromaに新規が流入しているかどうかという情報をあまり見ず、またユーザー数が少ないためなのか、WikipediaはおろかPleroma公式Wikiすら存在しない状況である。事前知識を仕入れるのは非常に難しいようだ。

そこで今回も私リンクス岐部が、Misskeyを使ったときと同様手探りでPleromaを使って、そのレポートを書いていく。当然ながら使用言語が異なっており、しかも軽量であると噂されるPleroma、果たして一体どのようなものであるのか、それがわかるはずである。

【SNSが楽しい!】Misskey使ってみた!2 ~遊べるSNSを使いこなす!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • (自分が)好評につきMisskey特集第2弾
  • 前回で紹介しきれなかった機能について解説
  • デッキでMisskeyのUIを自分流にカスタマイズ
  • 遊べる「ページ」をMisskey上に作れる
  • Misskey上で理想の部屋を作れる「ルーム」
  • Misskeyで遊べるゲーム「リバーシ」
  • 語りきれない、Misskeyの魅力

前回は勢いでMisskeyを使ってみた!という企画で書いてきたが、全てを1本の記事に収めるのは到底無理であると分かった。Misskeyは私が想像していたよりも洗練されていて遊べるSNSであったからだ。ほぼ事前知識なしで使ってみた結果、書くべきことがあまりにも多かった。中途半端に終わるのが好きではない私は、一旦はキリのいいところで終わらせ、第2弾を書くことにした。

第2弾となる今回は主に、前回で紹介しきれなかったことと、Misskeyでよく使われている機能とデッキ、遊べる機能について取り上げていく。第2弾と銘打っているものの、正直なところこれでも全部紹介しきれるかどうか怪しいものである。とはいえ何も書かないよりはいいというものだ、今回もMisskeyの魅力を語っていくことにする。