【ある意味で怖い】リアルな呪い体験談:父の体調の異変と生霊?の存在

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 怪談や心霊映像系が好きなKIBEKIN
  • 両親もまた怪談や心霊映像系が好きである
  • 最近父が何者かからの生霊と思われるものに憑かれている
  • 原因不明の体調不良が起きるようになり、対策を講じる
  • ある日電話で父に繋げると謎の女の声がした
  • 余談:蚊が常に1匹以上いるのは「呪い」なのか?
  • 対策は継続中、場合によってはお祓いも。逆恨みにはくれぐれも気を付けて…

人を呪わば穴二つ、とはよく言われるもので、地獄少女でもおなじみのフレーズである。よくケツの穴が増えるとか言っている人がいるが、増えたらそれは人工肛門である。現実の世界において、呪いを誰かにかけることや誰かに呪いをかけられることというのは、普通は全くないことであり、普通に生活している限りでは1度たりともそのことに触れずに生きていきそして死んでいくというものである。

だが時に人間とは恐ろしいものになる。その呪いを実行して、誰かを物理的または精神的に追い詰めて、最悪の場合は死に至ることすらあることを平然と行う、おそらくは復讐の念に憑りつかれたようなものが一定数存在する。一般に流通するフェイクドキュメンタリー(創られた心霊映像)とは比較にならないものである。霊は死んだ人間と生霊の2種類存在するが、一般に生霊の方が念が非常に強く、お祓いが効かない場合もあるほどで、危険な存在である。

何故こんな話をするかといえば、生霊による体調不良ないし精神的な沈み、所謂「霊障」が父に実際に幾度か発生しているからであり、作り話ではない「本当にあった怖い話」として1つの記事にして記録を残しておこうと思ったためである。心霊系が好きでも生霊や霊障とは全く無関係だと思っていたところ、私自身ではないが家族が生霊被害を受けたということで、今回はその詳細を書いていく。

ブンブンハロー生霊と霊障、どうもKIBEKINです。

心霊系とKIBEKIN

怪談や心霊映像系が好きなKIBEKIN

心霊写真、その場にいない人の声、映像に映るあり得ない人影など、科学では説明できない不可思議な現象。普段はそれらに接する機会はないが、意図的か或いは無意識にそれらの現象と接触することがある。これらは映像に収めれば心霊映像、1つのまとまった「話」として語り手によって語られることや文書化された場合は怪談という呼び名になる。

私KIBEKINは、怪談や心霊映像系が好きである。いつから好きなのか、その詳細は憶えていない。しかし、まだ心霊系の番組の規制や苦情等がうるさくなかった頃は、地上波でも夏の時期は頻繁に心霊系の番組を放送していたので、それはよく観ていた。その頃はまだ子供だったのだが、不思議なことに怖いという感情がなく、純粋にどこにいるのかを探すような感じで観ていた。間違い探しのような感覚で楽しんでいたのである。本こわ(本当にあった怖い話)ですら、怖いのはむしろ霊能者を騙る下ヨシ子だと思っていたくらいである。自称霊能者は詐欺師にも勝る詐欺師だ。



しかし時代の流れによって地上波から心霊系の番組がほぼ一掃されてしまうと、今度はDVDやCSで心霊系の番組ないし(フェイクの)心霊ドキュメンタリーや怪談を見ることとなる。その最たる存在として「ほんとにあった!呪いのビデオ」をはじめとした心霊ドキュメンタリーのシリーズ、狩野英孝がMCの「怪談のシーハナ聞かせてよ」や兵頭大樹がMCの「実話怪談倶楽部」などである。

心霊ドキュメンタリーは「ほんとにあった!呪いのビデオ」の成功を見たクリエイター達によって次々とそれをベースに独自路線の心霊ドキュメンタリーが作られていく。怪談番組は特に目立っていたのが「怪談のシーハナ聞かせてよ」であり、割と早い段階から怪談社(上間月貴、糸柳寿昭)と組んで放送されていた。これに乗じて腐時照非フジテレビが真似をした形である。また、住倉カオスがMCの「住倉カオスの怪談★語ルシス」なども後に続く形で放送されている。皮肉なことに死のコロナウイルス情勢になったこともあってか、それらの番組が(CSや動画配信サービスで)増えていった。これで、心霊ドキュメンタリーや怪談ファンは少し前の時代よりも退屈することがなくなったのである。

両親もまた怪談や心霊映像系が好きである

私がこうなったのはひとりでに、ではない。怪談や心霊映像系が好きなのは両親ともであり、おそらくはそこから私に受け継がれたものである。それがいつから好きなのかは私は聞いたことはないが、少なくとも地上波で心霊写真を扱う番組があった頃から平然とそれを観ていたことは憶えている。その時から、心霊写真はどこにあるかが明示される前に探したり、あるいはそれを見て笑ったりしていたはずだ。

これが心霊映像系になったときは、心霊写真とは違って動きがあるからか、心霊写真よりも面白がっていた印象がある。また、「ほん呪」は前提がフェイクであることが分かっているため、最初から心霊映像にしてはおかしい部分を見つける方を楽しむという、通常とは違った楽しみ方をしていた。これだと結局世の中に出回っている「心霊映像」の殆どは作り物ということを意味しているが。

両親の影響とはすさまじいもので、その影響の下で育った私もまた怪談や心霊映像系が好きになったということでもある。それが昔から行われていたわけで、ある意味での英才教育でもある。ただ、同じ環境下に居ても、姉は全くその方向に興味を示さなかった。その点では不思議なものである。

最近の謎:父が何者かの生霊と思われるものに憑かれている

実際のところは心霊体験や心霊映像、写真が撮れたということが全くなく、自分とその身の周りで心霊現象が起きるということとはほぼ無縁の状態であった。私はずっと、体験を見る・聴く側であり見せる・話す側であり、また自分から心霊スポットに行くことはないので、何も話せるものがないのである。実際に行って何かあったら非常に嫌である。

しかし最近になって、父の体調不良が発生する。それが、体調不良になるような外出や気候変動がないのに、である。元々喘息持ちであるので、急激な気候変動で体調が悪化することはよくあるのだが、最近は気を付けていることもあってそこまで酷くはなかった。それにも関わらず、謎の身体の痛み(腹痛や異常なまでの気持ち悪い状態)、うまく説明できないような気の沈みやちょっとした事故など、科学的根拠を証明できないような事態が発生しているのである。このことから、父は何者かの生霊と思われるものに憑かれているのではないかと推測があがっている。

生霊説については、父と過去に関係があった何者かが、父に対する未練や恨みを持って念を飛ばしているものと考えている。生霊によって何らかの被害が出ているとすればそれは霊障となるが、この霊障、過去にも何回か起きていたがそれは微々たるもので、あまり気になるものではなかった。そしてここ約1ヶ月前から、今まであまり発生していなかったそれが急激に強くなったような状態となっている。これは当時、(内実がブラック企業のようにずさんだった)ある企業に面接に行った際、元々住んでいた大森付近に行くことになったため、その時に恨みを持った人物に視認されたことによってその人物が父に対する「呪い」を強めたのではないか、と推測されている。

あくまでも推測でしかないが、しかし父に何らかの不利益な現象(恨みを持つ者による妨害)が発生していることは確かである。正直な話、そこまで父に対して固執する理由は私には分からないのと、過去に縛られて生霊を飛ばしたり呪いをかけているのであれば、器の小さい人間だとしか言えない。人間とは愚かな存在であるようだ。




父の身とその周りで起こる謎の現象

これだけではただ父に起きていることの概説を話しただけに過ぎない。実際に何が起こっているとその対策についてを、私が知り得ており個人を特定しないで公開できる範囲でそのことについて書いていく。これを見れば、大なり小なり「呪い」とは恐ろしいものであることが分かるであろう。

謎の現象01:原因不明の体調不良

まず、実際に観測したことの1つ目が、前日(寝る前)は万全な体調であったのに、当日には何故か胃が痛くなっていることや頭痛で起きれないといったことが起きたのである。基本的に不規則な生活はしていないため要因となるのは気候変動だけだが、ここ最近は父の喘息の症状が安定していることもあって頻繁には発生しなくなっている。これは食生活の改善の結果もある。

それとは全く無関係に、原因不明かつ唐突すぎる体調不良で、その症状が酷い時は食べるのもきついような状態になる。ただ、これは症状としては一時的なものであり、体調不良を自覚した後で寝たり、食べれるような状態になったうえで食事をしてしばらくすればその症状は治まるというものである。そのため、もしこれが生霊による呪いであるとしたら、地味にむかつく嫌がらせである。

なお、生霊について解説しているサイトからの情報によれば、明確なことは書いていないものの、体調不良=寝ているのに疲れている気がする、とすればこれは生霊の初期症状にあたるものとなるだろう1)参照:【生霊とは?】本当にコワイ生霊の正体と憑いたときの症状・対策。あまり考えたくはないのだが、仮に生霊が本当に憑いているのであれば放置すると父のあらゆる生命力が奪われることにもなるので、症状が出たら警戒しなくてはならない。

謎の現象02:カメラの顔認識システム、時々おかしくなる

スマートフォンの普及が生んだのは、それに付随するカメラの高性能化である。カメラそのものが小型化されつつも多機能で高解像度が実現し、現在はカメラを用途別やより細密な撮影を可能とするために複数装備するモデルも存在する。そのためスマートフォンは一般的なデジタルカメラ並みの性能を有するのが当たり前になっている。下手をすれば、デジタルカメラ以上に高額なことも多い。

私の愛用するXperia 1は、元々カメラにうるさいSONY製ということもあって異常なまでにカメラ性能が高い。どんなものでも撮影できるほどには性能が高いので、当然ながら人物撮影をすれば人物撮影に最適な設定が自動で適用され、顔認識システムによって顔を判定し、鮮明化する。もちろん、普通は人数分の顔認証が行われるので、被写体が1人だけなら顔認識も1つだけで、被写体の顔の部分に枠が表示されるのが普通である。したがって普通に使っていれば枠が顔ではないところに出たり、1人だけのはずが何個も顔認識が出ることはないのである。ちなみに現行のスマートフォンはすべてのモデルで顔認識が標準装備なので、Xepria 1に限った話ではない。

しかしこの顔認識が、生霊がついているのではないかという説を加速させるものになっている。それは父をカメラで撮影しようとする(実際には撮影しない)時、顔に向ければ顔認識が当然機能するはずが、時折この顔認識が左右どちらかにずれたり、何故か顔認識そのものがうまく機能しないことがある。イラストを借りて示せば以下のようなイメージになる。

顔認識の例
実際に起きた顔認識をイラストを借りて再現したもの。顔認識が時々ずれたり、或いは顔認識が機能しないということも多々発生していた。

写真や動画を撮ろうとすれば通常、上記のように顔認識が機能するのだが、顔がはっきり見える明るさや位置でありながら何故か顔認識が機能しないというのが謎である。暗すぎて顔が見えないというのであれば機能しないのはわかるのだが、そうではないから「おかしい」と思いたくなる。また、心霊映像にありがちな顔認識が1人に対して複数発生したりずれたりすることについては、複数発生することは未だないが、顔認識が左右の何もない空間にずれることは経験している。その様子は、顔を「ハイジャック」しようとしているようだ。顔テロ対策を講じなければならない。

ただ、顔認識がずれたとしても、撮影したところで実際に生霊が写ったことがない。そのため、ただの思い違いな可能性も否定できない。しかし警戒しておくことには意味がある。

謎の現象03:父に電話を繋げると謎の女の声がした

インターネットが発展した時代でも、未だにアナログな連絡手段である「電話」は速達性・即応性の観点から度々使用されるものである。しかし殆どの場合において、スマートフォン(携帯)からは通話料金がかかることが普通なので、不要な料金を支払いたくないので通常は使わない。ただし、プランによっては家族間通話が基本無料となるので、気軽な呼び出しのために電話することはある。



普段は私KIBEKINが料理担当であり、死のコロナウイルス情勢下になってからはずっと料理してきている。そのため、台所から移動せずに呼び出すには電話をたまに使用して台所で食事をする。この時は通話料無料が適用されるので、気軽に使うことができるというわけだ。ただし自分ではあまり電話しない。

これで、およそ1週間ほど前のとき、ご飯の準備ができたので父に電話をした。この時は私が料理中で、母が電話した。電話する場合、呼び出し音の後で応答した場合は呼び出し音の切れる「ブチッ」の後に1拍置いて相手方の声が出力される形である。その間には、特別な事情がない限り音声の入り込む余地はない。つまり、「ブチッ」~声が出力されるまでの間は、無音状態が一瞬だけ存在するのが一般的な電話である。

しかし、その時だけは「無音」ではなかった。謎の女の声が聞こえたのである。ほんの一瞬のことであり、何をしゃべっていたのか不明である。或いは意味のある言葉をしゃべれるほど、念が強くなかったか母の結界が効いていたのかもしれない。だがこれを母も同時に聞いていて、何か変だったのに気づいたのである。つまり、聞き間違えではない。1人だけに聞こえるものではなかったことを考えると、気付いてほしいところがあると思われるが、だからといって電話に混線されるのは迷惑な話である。まさかこんなことで心霊体験することになるとは思わなかった。

対策:母により結界を構築する、自身はシルバーアクセサリーで対策

以前から、小さな霊障と思われる現象に見舞われている父である。それを防ぐために、母が「結界」を構築している。ただ、「結界」については詳細は知らない。どういう張り方をしているのか、どういう効果があるのかについては実感できるものではないためである。わかっているのはそれが呪術的なものではなく、大掛かりな「儀式」などもしていないということだ。Googleで検索すれば結界の張り方は出てくるが、それとは違うものであると思われる。

結界については一定の効果があるようで、父が何か霊障に見舞われた時に発動すると、その後の霊障を99.9%抑えることができていた。ただ今回の場合はどうにも念が強すぎるのか、結界を貫通して父に体調不良を引き起こしたことがある。これが前述の体調不良のことで、ただ現在は酷い体調不良は発生していない。これは結界を強化したか、或いは相手の念が一時的に弱まっているためであろう。

しかしここまで強いと、相手が家族までもを呪いの対象として攻撃してくる可能性を否定できない。そのため、自分で出来る対策はしておいた方がいいということで、シルバーアクセサリーを常につけるようになった。そのシルバーアクセサリーが以下である。

自分のシルバーアクセサリー
現在身に付けているシルバーアクセサリー。昔からつけているものである。

梟と月と太陽のシルバーアクセサリーは、かなり前に両親からのプレゼントとして贈られたものである。最初に梟で、次に月と太陽だ。アクセサリーとしての意味については各自検索してもらうとして、このシルバーアクセサリーをいつでもつけている。寝るときでも外すことはない。幽霊に対してシルバーアクセサリーが効くというのは西洋的な考え方であるが、何もせずにいるのもナンセンスであるためこのようにしている。気休め程度でしかないが、だがこうしていることの安心感は強いものである。

余談:蚊が常に1匹以上いる状況は「呪い」なのか?

これは余談であり、同時に確かとは言い切れないことであるが、私の家は何故か季節に無関係に蚊が1匹以上必ず発生するのである。通常であれば蚊は夏の時期で気温が高い場合に発生するのだが、私の家ではなぜか気温を無視する。いつでも出てくることから、遺伝子を弄って兵器化でもしたのかと思うほどだ。

また、蚊は窓を開けっぱなしにしているといったことがない限り、2匹以上入り込むということは少ない。したがって、蚊を1匹潰せばそれ以上蚊は現れないということが殆どだ。だがおかしなことに、蚊を1匹潰すと追加で蚊が1匹現れるのである。もぐらたたきの要領で、どんなに潰しても必ず1匹発生する問題が起きている。そのため、蚊対策は季節に無関係で常に欠かせないものになってしまっている。

それとは別に思うことが、蚊が必ず1匹以上存在することは、呪いの一種なのではないか、ということだ。蚊を1匹潰したところで、数分後には2匹目が必ず現れてはむかつくくらいに素早く飛んで翻弄するためだ。ただ、もし蚊を使った呪いであるというなら、呪いの規模がしょぼすぎるのである。それとも、呪いの力がその程度なのかもしれない。



或いは、父の生活を「監視」したいために蚊を使っている可能性を疑っている。とはいえ、蚊を通して本当に「監視」できるのか、それは全く分からない。だが、必ず1匹以上視認できる状態にあるということは、確実に何か知りたいことがあってそうしていると思うものである。そのうち、ターゲットが家族全体に拡大されて私自身も監視対象となる可能性もあるが、もしそうであれば直接殴る勇気のない弱虫だと思うだけだ。呪いなんて他者を恨むしょぼいことをしている時点で、その人間は人間としてお察しである。

ちなみに、何故か前述のシルバーアクセサリーを着用している時は、蚊に刺されることがない。まさかとは思うが、西洋的な対策が効いていることを考えると本当に呪いであるかもしれない。

逆恨みにはくれぐれも気を付けて…

今回は私自身が体験したことではないが、家族(父)に起きたことのうち小規模だが本物の心霊体験(呪い)について、これまでに起こったことをまとめ、それを個人的に分析して書いてきた。怪談や心霊映像系が好きな私KIBEKINであるが、心霊現象そのものには遭遇することはなかったため、自分が「話す側」になるとは考えていなかった。私もついに遭遇してしまったようだ。

人間とは生きていく上で人と関わることが避けられないことであるが、中にはその人間関係に固執する者がいる。それに固執するあまり、時間がかなり経った後でも未だに(一方的に)想っていたりや恨んでいたりすることがある。これのタチが悪いのは、念が強すぎると生霊などになって実際に誰かに物理的または精神的危害を加えるということである。それは本人の自覚がない場合と、自覚があり相手を陥れるのを目的でやっている場合の2パターンあるが、どちらにしても誰かを傷つけていることには変わらない。父に対する「呪い」は、おそらく後者だ。

普段、いつも通りに生活していれば「呪い」など気にしなくてもいい話なのだが、他人への配慮ができないサイコパスとなれば他人をお構いなしに呪い、しかもそれを予知するのは難しい。なので、私KIBEKINから言えることは1つ。

逆恨みにはくれぐれも気を付けて…

以上、リアルな呪い体験談:父の体調の異変と生霊?の存在、であった。それでは、次回の記事で会おう。ン、バァーイ!

 

KIBEKIN at 13:20 May 29th, 2021

 

特別追記01:厄除けの札を置いた後で

実は公開日である5月29日に、厄除けの具体的行動として川崎大師へ行き、そこにお参りした後、厄除けの札と、父には個別に御守を購入し、厄除けの札を最も生活する場所である自室と台所に、札を南に向けて設置した。このおかげか、今まで発生していた「呪い」の効果がかなり軽減されたようだ。蚊が以前よりも大量発生しなくなり、視認できるのも偶然入ってきた程度の蚊しかいなくなった。川崎大師の効果は非常に高かったことが分かる。

その後の経過観察をすると、部屋に確認ない代わりに部屋の外、つまり廊下などで蚊を確認した他は人の歩くような音が聞こえたようである。したがって、部屋内の結界は強化されたが、まだ結界の力が弱い場所には現れると考えられる。そのため、場合によっては本格的なお祓いも視野に対策していく必要があるだろう。

 

追記情報

2021年5月30日 川崎大師で厄除けの札を購入しこれを配置したことを追加


スポンサーリンク




KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。今後の活躍の約束とHIKAKINリスペクトの意味を込め、リンクス岐部からKIBEKINに改名した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)