【世界の恥】お前ら馬鹿か!日本人の思考停止な爆買い行為への苦言

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 執筆時点でも止まらないコロナウイルス
  • 感染を避けるために「外出」をやめるようになった
  • 外出回数を減らすための「爆買い」が多発
  • デマで爆買いも多発
  • 外出自粛要請は「外出するな」ではない
  • 爆買いは他者への「重大な迷惑行為」

これを見ている人は、コロナウイルスにかかっていないだろうか。或いは確定診断が出ていない人だろうか。もしくは確定診断が出て、治療中で、しかしやることがないためにここに訪れた人だろうか。ともあれ、2020年はいきなり最悪の年となることが確定した。

だがコロナウイルスは名前だけが一人歩きしているようで、実際にはインフルエンザのような一般に知られている病原体・ウイルスと何ら変わりがない。つまり、いつも通りの健康的な生活をしていれば、感染リスクはそれほどでもなく、たとえ感染しても潜伏期間で終わるということもある。過剰に心配しすぎではないだろうか。

それよりも問題なのは、コロナウイルスに伴って外出自粛と大規模施設の休止などが進められている。それにより極力外出しないように動くのは分かるのだが、買い物のための外出を制限するわけではないのに、「外に出てはいけない」と勘違いした日本人=「バカニーズ」達が各所スーパーなどを中心に買占め=爆買い発生し、一部生活必需品と食料品が一切なくなる事態が発生している。

コロナウイルスが一次災害ならば、人間のヒステリックな行動で混乱をきたすことは二次災害といえる。今回はそんな二次災害について苦言を呈する。

コロナウイルスと感染拡大阻止

現在も終息していないウイルス

2020年1月に中国で始まり、国民の命よりもインバウンドを優先した超貧乏な日本政府によって無駄に拡散されたコロナウイルス。根本的な治療薬がなく、既存の薬では進行を停滞させるのがやっとである。抗コロナウイルス剤は現在開発中だが、そう簡単にできるものではなく、今年中に完成するかどうかすら怪しいところである。

執筆時点ではAKIRAの予言どおり、2020年のゴミンピックは延期という名の中止になり、コロナウイルスによる影響で公共交通機関や公務員の一部を除き、オフィス系はテレワークで仕事を行っているが、現場系はコロナの影響で中断せざるを得ない状況となっている。



仕事以外では、外出が原則自粛となり、商業施設は軒並み閉鎖された。これにより経済活動の殆どが停止されることとなる。また、人が集まる大規模なイベントのみならず、学校などの卒業式が中止されることになり、これにより着物業界や花屋などにダメージが発生。飲食業界は外食する人がいなくなり、その影響で小さい店が潰れるなどの事態が発生。インバウンドを前提とした産業は今回の事態で完全に死亡している。そして、コロナショック倒産も多数確認されている。現在の状況は一言で「最悪」であり、それも常時更新中といったところである。

インバウンド頼みだったこともあり、このままでは経済の停滞が懸念される。このまま自粛が続き、停滞した状態が続いた場合、日本は第二のギリシアとして同じ結末を辿ることになると思われる。

感染拡大阻止のための「外出自粛」

前述の通り、基本的には人から人への感染が確認されている1)ある国では、人から動物への感染が報告された。その動物は猫だったようだ。このことから、動物からの感染も有り得るため、迂闊に動物にも触れなくなってきている。ため、感染拡大阻止のため「外出自粛」が要請された。これにより、外の景色からは人の姿がほぼ消えるという、異様な事態が発生している。

しかし、外出自粛によって、ある場所では逆に大量に人が押し寄せる事態が発生し、同時に別の混乱を生み出している。その場所とは、スーパーなどの食料品コーナーである。



外出回数を減らすための「爆買い」

そこで何が起きているかというと、端的に言えば「爆買い」が起きているのである。コロナ拡散が始まった当初はマスクと、マスク=紙デマにより紙類が爆買いされ、次に免疫力デマにより納豆が爆買いの被害に遭い、そして外出自粛が要請されると何故か保存の利く食料と米が爆買いされた。

今回の行動原理は、外出自粛→外に出れなくなる→食料品の買い溜めしよう→安いスーパーへ殺到、と言うところから来ていると考えられる。それが1人だけではなく、多くの人が同じ思考をしていたため、スーパーというスーパーに人が殺到することになった。

これが意味するところは、全員が全員同じ行動を取れば、その場所から品物がなくなる。その結果それを本当に必要としている人に品物が届かなくなり、その人たちが迷惑を被るということである。最近、バカニーズは自分本位になりすぎて、他人に対する配慮が全くない。昔の日本とは大きく違っている。

「外出自粛」から拡大解釈された「外出禁止」

ところで何故外出自粛でここまでの買占め=爆買いが起きているのかといえば、非常に簡潔な結論は日本人が馬鹿だからということになる。とはいえ、初動が無能だった政府からは、「外出自粛」とだけ言われており、「禁止」とは言われてはいない。もっとも、大勢の人が集まるイベントは自粛と言う名の実質上の「禁止」であるが。

被害妄想なのか、それとも本当に馬鹿なのか。外出自粛を「外出禁止」と拡大解釈したのであれば、その行動に至る可能性は十分にある。後述するが、外出自粛はあくまで生活に必須ではないことについてであり、買い物等についての制限を課すものではない。もし自粛という言葉で「禁止」まで勝手にレベルが上がっていたとしたら、笑い話にもならない。

そこまで想像できるのであれば、是非とも爆買いしたらどうなるかを想像してほしかったものである。自分のことしか考えていないバカニーズにはがっかりである。



デマによる爆買いも多発

外出自粛による爆買いが発生する少し前には、デマによって一部の生活必需品がどこからも消える事態が発生していた。代表的なデマとしては、以下の通りである。

  • 紙類デマ:マスクが紙から出来ていると間違った知識を持った馬鹿が情報の真偽を検証せずSNSに投稿、それを鵜呑みにした馬鹿が拡散した結果、爆買いが発生。マスクと紙類であるティッシュ、トイレットペーパーがスーパーのみならずコンビニからも消える事態となった。3月末になっても不足状態が続いており、一向に改善されない。なお、投稿した馬鹿は特定された模様。
  • 免疫力デマ:ある馬鹿が、コロナウイルスに対する免疫力を上げる食べ物として納豆が良いとSNSに投稿、これが同様に拡散されて、爆買いが発生。スーパーをはじめとする各所で安いものから高級の納豆まで全て買われ、一時的に全ての納豆がない状態となった。現在も安い納豆に限って品薄となっている。ちなみに、納豆で免疫力は上がらないとメーカーから公式の声明が出ており、非常に困っていて爆買いをやめるよう苦言を呈している。
近所のスーパーに納豆がなかった
3/27夜の納豆売り場。免疫力デマにより普段は安い納豆以外は残っているものが全くない。

問題となったデマに関しては、大きいものでこの2つである。また、SNSではない、小さなコミュニティで蔓延しているデマなどもあるため、実際にはかなりのデマが存在すると思われる。また、このようなデマがいつ大きくなって全国に混乱をもたらすのか分からないため、危険な状態にあると言える。

個人的な話となるが、デマを流して混乱をきたした割に、流したものに対する処罰が一切ないのが納得がいかない。刑法で処罰できるようにすべきである。

外出自粛要請は「外出するな」ではない

出すのが遅いくらいだった外出自粛要請だが、人から人へ感染するということから、感染拡大を防ぐ対策として打ち出された。もっともな話、無能政府が春節拒否をしていれば外出自粛する必要すらなかったが。

これの意味するところは、無能政府のいう「不要不急」の外出を避けるものである2)ただし、要請であるので強制力がなく、外出していい仕事や行動等の明確なガイドラインも制定されていない。そのため、明確なガイドラインの制定、特定の事業者とそれに従事する者への外出許可証の発行、買い物等の生活に必須の行為などは外出許可証がなくても除外されること、それ以外の外出者に対する罰則の制定などが急がれる。。そのため、生活に必須の行為である、買い物や病院への定期通院、人によってはテレワーク・サテライトオフィスが不可能な仕事の通勤等は制限されない。そこまで制限したら餓死してしまう。



しかし、要請当初は除外項目に関してはアナウンスされていなかった。そのため、「外出自粛要請」を「外出禁止令」に拡大解釈し、仕事以外のどんな状況・理由でも外に出てはいけない」と誤認。そして外に出てはいけないということから、保存がきく食料を爆買い、米も同様に爆買いされた。また、学校が臨時休校となった背景から、免疫力デマとは別で納豆が爆買い、次にレトルト食品、冷凍食品のおかず、惣菜が爆買いされた。

また、簡単に出来るピザ、カップ麺、袋麺、パスタ、それに何故かバナナ、挽肉、もやしなども爆買いされた。これらは夜のスーパーでは皆無となる状況が多々ある。ここまで来ると正直意味不明すぎる。いくら何でもやりすぎである。

パスタ、麺類、ピザ、挽肉が全くない
爆買いのうち、パスタ、麺類、ピザ、挽肉がなくなっている光景。ここまで来ると流石に意味不明としか言えない。

この事態が全国に拡大したためか、無能政府は慌てて外出自粛要請の補足説明を追加した。もちろん、これで収まるわけもなく、爆買いは今も続いている。政府が無能でなければ、そして法的整備がなされていれば、指示も聞いただろう。哀れである。

もっとも、「外出禁止令」であればそうでも良かったのかもしれないが。

そのくせ律儀に仕事はするので、何かずれている。

爆買いは他者への「重大な迷惑行為」

コロナウイルスにより、過去の歴史的大事件がまだマシと思えるほど世界情勢の悪化が甚だしい。しかし、元はといえば中国国内での封じ込めが不完全だったが故に感染者が世界各地に散開した結果である。よって、怒るべきは中国共産党である。が、そもそも中国共産党がまともなはずもなく、期待するだけ無駄であるが。

現在は少しでも感染リスクを避けるために、皆外出を避けている。そのために食材を買って篭るのは有効な手段ではあるものの、だからと言って過剰に買いすぎなのである。それも、普段は食べていないであろうものも含まれている。そしてもう一つ、爆買いしても食べ切れなければ無駄になるということである。



しかし悲しいことに、「今」だけを考えて「その後」を全く考えていないのである。そして、無計画な爆買いによって、本来それを必要としている人にその商品が行き渡らなくなり、結果その人にとって重大な迷惑行為になる。他者に対する配慮すら欠かすとは、一体バカニーズはこれまでの災害で何を学んできたというのだろうか。大袈裟ではあるが、何も学んでいないということで、世界の恥と言いたい。

 

さて、これを見ている読者には、私からの図々しいお願いとなるが、現在は買い物に関しては制限されていない。よって、なるべく人が少ないor間隔が十分取れる時間帯に、必要なものを必要なだけ買い、必要以上には買わないようにすることである。食品ロスを防ぐと共に、他者への配慮を忘れずにいてほしい。最悪な現状だからこそ、一番必要なことであるから。

 

以上、日本人の爆買い行為に対する苦言であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 11:25 Apr. 1st, 2020


スポンサーリンク




脚注   [ + ]

1. ある国では、人から動物への感染が報告された。その動物は猫だったようだ。このことから、動物からの感染も有り得るため、迂闊に動物にも触れなくなってきている。
2. ただし、要請であるので強制力がなく、外出していい仕事や行動等の明確なガイドラインも制定されていない。そのため、明確なガイドラインの制定、特定の事業者とそれに従事する者への外出許可証の発行、買い物等の生活に必須の行為などは外出許可証がなくても除外されること、それ以外の外出者に対する罰則の制定などが急がれる。
Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)