【攻略チャートは自分自身】努力で勝ち取れ!Google Adsense 合格のためにやったこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Google Adsenseとは最も有名な広告収益
  • 利用には申請して審査を通過する必要がある
  • サイトの作りこみ次第では一発合格も可能
  • 合格基準は「存在しない」
  • 合格後もポリシーを順守すること

今回書く話題である、Google Adsenseについては、書こうか迷っていたのだが、今後Adsenseを利用したい人の参考として書くことにした。もちろん、具体的過ぎる詳細を書くことは禁止なので、ある程度の「ヒント」しか書けないが、もしなかなかAdsenseに合格しない人は参考にしてほしい。

Googleの提供するサービス “Google Adsense”

Google Adsenseとは?

ここまで来た人なら、大体Google Adsenseのことは分かっていると思うが、分からない人のために概要を説明する。

Google Adsenseは、Googleが提供している、個人および企業が運営するサイトの運営者向けの広告配信サービスである。この広告配信サービスを、自分のWebサイトないし企業のサイトに掲載し、クリック収入などで収益を得るものである。

このAdsenseは、主に個人の運営するブログで見かけることが多いだろう。これにアフィリエイトを加えて、ブログで生計を立てるというパターンがよく見受けられる。なお、成功するのは努力したごく一部であることを忘れてはならない。努力なしの稼ぎは有り得ないためである。

記事とユーザーに合わせて自動で広告を配信する

よくアフィリエイトと比較されるが、アフィリエイトの場合はある商品やサービスについてのテキストおよび画像リンクを貼り、それについて何らかの体験談だったり宣伝だったりを書く。それを読んだ読者にリンクを踏んでもらってその先で商品購入やサービスの利用に繋げて、その金額の何%あるいは指定された金額が報酬として支払われる。そのため1発の単価は高いものの、商品購入やサービス利用までは稀で、なかなか結果が出ないことが多い。

Google Adsenseは、自分の広告コードを取得し、任意の位置に広告ユニットを設定する。基本的な手順はこれだけである。後はポリシーを順守した記事作りと広告ユニットの細かい設定が必要になる。

広告ユニットを配置すると、書いた記事の内容によって広告を自動で選択し、それを表示する。具体的には、PCの記事はPCの広告、ゲームの記事はゲームの広告、仕事の記事は転職やアルバイトの広告、といった形になる。つまり、読者の読んでいるジャンルと広告のジャンルが一致するようになっている。

また、Cookie1)あるホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組み、およびそのデータの事を指す。そのホームページで使用するID/パスワード、訪問回数などが保存される。なお、通常は氏名、住所、メールアドレス、電話番号はCookieのデータとして保存されないようになっている。参照:Cookieとは?仕組みと種類、利用の注意点について | デジ研を利用して、広告を配信するようにもなっている。例として、別のサイトで音楽関連の記事を読んだりサービスを利用していた場合、音楽配信サービスやCD/DVD/Blu-rayのオンラインショップの広告が表示される、といった具合である。

そのため、記事に合わせた広告またはユーザーのニーズに合わせた広告が自動で配信されるようになっているため、運営者側はアフィリエイトの場合にする広告選定の手間を省くことができるというのが利点である。



利用するためにはGoogleの審査を受ける

サイトの整備が必要になる

Google Adsenseは便利なサービスであると同時に、Googleの審査を通過しなければ利用できないサービスである。その審査に通過するためには、それなりの準備をしなくてはならない。当然ながらGoogleアカウントは持っている前提である。ここからは、ブログにてAdsenseを利用する場合について書いていく。

はじめに:ブログサイトを立ち上げる

まずは自分のブログサイトを作ることからである。これは、はてなブログ、bloggerといったレンタルブログサービスを使って始めるか、レンタルサーバを契約し、そこにWordPressをインストールするかの2通りに分かれる。自由度から言うと後者を選択したほうがいいが、それは個人の選択に委ねられる。

このとき、ドメインが独自ドメインとなっている必要がある。独自ドメインに関してはお名前.comなどのドメイン登録サービスを利用することで取得できる。これは検索するとすぐ出てくるため、ここでは紹介のみとする。

とりあえず:記事を書いていく

無事にブログを立ち上げたら、まずはとにかく書いていく。書くことは、公序良俗に反すること、犯罪、誹謗中傷や差別などを含まないものであれば、特に制限はない。純粋に好きなことを書けばいいのである。

なお、著作権関係には注意すること。特に画像系はそれが問題となることが多々あるので、フリー素材の画像や、撮影者のクレジット付きの画像(利用規約を順守すること)、自分で撮影した写真以外は、使わないほうが無難である。また、企業やサービスのロゴ系は本気で権利関係で引っかかりやすいので、安易に使わないこと。アニメの画像、芸能人の写真も同様である。画像は多ければいい、というものでもないので、違反になるくらいなら使わない判断も必要である。

なお、1記事の文字数に関しては、だいたい2000文字前後あれば問題ないだろう。極端に短くなく、内容が繰り返しでなく、どこかのサイトと同じ内容でなければ、それでいい。

慣れてきたら:サイトを整備する

記事を書いて、慣れてきたら各種ページの整備に移る。私のブログのトップページを例にすると、PC版表示では上のほうにHOMEやらAbout Meやら、ページ下は最近の投稿やタグやプライバシーポリシーや免責事項などがある。右側(または左側)にはスライダー(サイドメニュー)があって、基本的なブログの形を成している必要がある。下2つはその参考となる画像である。

参考1:グローバルメニュー(上)とフッター(下)
参考2:スライダー

これらのうち、グローバルメニュー、フッターは最低限必要である。その中でも以下の項目を用意しておくべきだろう。

  • グローバルメニュー、フッター共通
    • HOME – トップページのリンク。
    • About Me – 運営者の情報。プライバシーポリシーにまとめてもいいし、個別のページに設定してもいい。個別にすれば詳細が書ける。
    • プライバシーポリシー – どのサイトでも法律により掲載する義務がある。
    • 免責事項 – 上に同じ。プライバシーポリシーにまとめても問題はない。
    • お問い合わせ – お問い合わせページ。別ページで用意しておく。
    • サイトマップ – 記事数が増えたときの過去記事探しのために置く。
  • フッターのみ
    • 最近の投稿 – 5件を常に表示しておく。
    • タグ – タグから記事を探せるようにする。

大まかにはこんな感じである。なお、フッターにはTwitterのタイムラインを置くのもありである。タグの代わりにカテゴリにしてもいいだろう。また、プライバシーポリシーと免責事項は書いている人のを参考にしても問題ない。必要事項を書くとだいたい似通うものになるからである。ただしコピペだけはしてはいけない。

また、WordPressの場合、お問い合わせページ、サイトマップはプラグインを使用することで簡単に作成することができる。これらについては最後にまとめておく。

ついでに:こんなことをやっておくといいかも?

基本的にはこれでいいのだが、余力があればさらにプラスで作りこむといい。具体的には、

  • 404 NOT FOUNDページをカスタマイズ → プラグインで構築
  • アバターアイコンを変更
  • 訪問者視点で配置や色を変更
  • 追加CSSで見出しをカスタマイズ

などがある。特に、404 NOT FOUNDは重要で、余力が出たら真っ先にやってもいい項目である。これもプラグインで簡単に構築できるので、是非ともやっておこう。




作りこみ次第では一発合格も可能

さて、十分に整備できたら実際に申請してみるといい。ちなみに私は初めての申請であったが、これまでの作りこみが功を奏し、見事一発合格した。これには私自身も驚いている。

参考までに、申請時の運営日数、記事数、平均字数、更新頻度を載せておく。

  • ブログ運営日数:19日(9/14に開設)
  • 記事数:9(自己紹介1、PC2、スマホ2、仕事4)
  • 平均字数:自己紹介だけ1500文字、他は4000~5000文字
  • 更新頻度:2~3日に1記事

上記のステータスであったが、合格したのである。元々、ダメもとでの申請であったが、努力は裏切らない、を信じてもいいと思った瞬間である。訪問者にとっての「いいサイト」を作った努力が、結果に繋がったわけである。

それと同時に、巷で言われている基準はあてにならないことも証明された。その基準は、

  • 運営日数は90日以上必要である
  • 1記事の文字数は2000文字以上である
  • 記事数は最低でも30記事以上必要
  • 毎日更新しなければならない

というものである。誰が言い出したかは不明であるが、こんな基準に惑わされずに作りこんでいけば、合格する可能性は十分あるのである。

合格基準は「存在しない」

ここまで散々、合格するためにすべきことを書いてきたものの、結論を言ってしまえば、合格基準は「存在しない」のである。

つまり、その時次第ということ。ここに書いたことも、数年後には通用しなくなっている可能性もある。また、そのときの審査員の主観で合格か不合格かもあるので、運も要素に絡むと考えていい。無論、努力が一番重要だが。

ともかく、やってみなければわからない。申請しなければ、そもそも合格も不合格もない。だから、自分で、これ以上改善する点が見つからないと判断した時点で申請するといい。後は自分を信じるだけである。

合格後もポリシーを順守すること

しかし、Adsenseは合格してからがスタートだ。合格はあくまでスタートラインに立つ資格を得ただけである。しかし、そのスタートラインに立つにはいかに努力が必要か、分かってもらえたことだろう。

問題は、合格してもうっかりポリシー違反によって広告の配信停止や、最悪の場合Adsenseアカウント自体が削除されることである。配信停止はまだ救いがあるが、アカウント削除になってしまうと、もうどうしようもない。それだけは絶対に避けなくてはならない。

そして、ポリシー違反は気をつけていても違反する可能性が常にあるので、もし少しでも疑わしいと感じたら、迷わずポリシーの確認を行うといい。そして、少しでもポリシー違反に抵触すると思ったら、それは確実に違反なので、やめてしまったほうがいい。少しの収益のために全てを台無しにしては元も子もない。

そもそもの話となるが、Googleはアメリカの企業であることを忘れてはならない。つまりはアメリカの基準で記事を構成する必要があるということ。したがって、アメリカで読むのを意識すれば、自ずとポリシーを順守した記事が書けることになる。

何はともあれ、合格したからには、継続して記事を書いていくことが重要である。時にはネタに詰まることもあるかもしれないが、その時は無理せずにネタ探しをしていくといい。

 

以上、Google Adsense合格のためにやったことの紹介であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 22:40 Oct. 21th, 2019

 

追記:プラグインの紹介

使用方法などは今後別記事にて掲載する予定。

 


スポンサーリンク




脚注   [ + ]

1. あるホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組み、およびそのデータの事を指す。そのホームページで使用するID/パスワード、訪問回数などが保存される。なお、通常は氏名、住所、メールアドレス、電話番号はCookieのデータとして保存されないようになっている。参照:Cookieとは?仕組みと種類、利用の注意点について | デジ研
Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)