HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回 | Kibekin BLOG.

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP製のモバイルワークステーション、8570w
  • 法人向けラップトップの中でも高性能の部類
  • Quadro K2000M(DDR3 2GB)搭載、3DCGに強い
  • mSATA SSDスロットがあり、IRST対応

初めて個人用PCを持ってから6年になる。それまで2回買い替え、3代目(3台目)となるPCはHPのモバイルワークステーション、8570wである。性能が高く機能も多いので、複数回に分けて書いていこうと思う。

HP製モバイルワークステーション

HP EliteBook Mobile Workstation 8570w

HPが2012年10月に発表・販売開始したモデルである。日立ビジネス向けPC【HP製】によると、モバイルワークステーションエントリーモデルとなっている。上位モデルに8770wが存在し、ハイエンドモデルという位置づけである。下位モデルは8470wであり、こちらはデスクトップ代替ノートPCという位置づけである。

登場から7年(2019年現在)も経過しているが、それに似合わず現行のラップトップに劣らない性能を持つ。下手をすると、現行の安いモデルに買ってしまうほどの性能がある。その性能について、見ていこう。

法人向けラップトップでありながらの高性能

法人向けラップトップは、性能よりもコストを抑えたものが選ばれる。そのため、ラップトップのソケットで言うPGA988Aが採用されたラップトップが多かった。このソケットはCPUが最低限の性能しかないものが多かった。

同じHP製では、8440pなどがそれにあたる。標準のCPUはi5-520m、Officeを使うくらいまでが限界の性能しかない。2代目がこれだったが、よくターボブーストをしすぎて緊急停止を何度も経験した。ベースクロックが低いために無理をしすぎた結果である。

そんな量産型と言える法人向けラップトップでも、ワークステーションは性能が大きく違っていた。今回挙げる8570wは、以下のスペックとなっている。

HP 8570w Specs

  • CPU i7-3720QM 4C/8T ベースクロック2.60GHz, ターボブースト3.60GHz
  • RAM DDR3-1600 SDRAM(4スロット/最大32GB/初期装備16GB)
  • GPU NVIDIA Quadro K2000M 2GB (DDR3)
  • ディスプレイ FHD(1920×1080)
  • 外部ディスプレイ ミニD-sub 15pin | Displayport 1.2
  • インタフェース USB3.0 x2 | USB2.0 x2 | eSATA/USB2.0 x1
  • 拡張 ExpressCard/54 | SDカードスロット | スマートカードリーダー | mSATA SSD

まず、CPUがi7の第3世代(Ivy Bridge)であり、ソケットはPGA988B(FCPGA988とも)である。ただし、第3世代の最上位は3940XMで、その間に4つの上位CPUがあるだけなので、交換するほどではない。ちなみに私が入手したときは、なぜかi7-3740QMだった。3720QMより0.1GHzだけクロックが高い。

RAMはDDR3-1600が標準で、これはキーボードの裏側のスロットに装着されている。それとは別に、底面のサービスドアを開放すると、追加できるRAMスロット2つがある。サービスドア内には他にもmSATA、WWAN、Wi-Fiカード、頑丈に防備されたディスクドライブが見える。また、ファンも見えるが、清掃しにくいのがネックである。

hp 8570wの背面、サービスドア開放図
背面のサービスドアを開放したところ。黒いビニールが貼られているのがmSATA

また、ディスプレイはFHDであり、15.6inchとかなり大きい。作業しやすいことであろう。他にも色々あるのだが、いまさら解説することでもないので割愛させていただく。流石にUSBとかは知っていることだろう。

ところで注意が必要なのが、同じ8570wでも低スペック版が存在することである。この場合、CPUがi5、RAMが2スロットのみ、標準のGPUがK1000Mであることで見分けられる。どうせなら高性能の方を使おう。

NVIDIA Quadro K2000Mで3DCG作業に対応

モバイル「ワークステーション」であるため、3DCGを扱う作業に適している。その証拠として、Quadro K2000Mが搭載されている。DDR3 2GBと、そこまで性能が高いわけでもない。

しかし、OpenGLは高く、CINEBENCH R15では45fps前後を記録する。感触としてはそこそこいい感じに動くというくらいである。

最近忙しく弄る暇がないのだが、MMDやAviutlなどを動かすにも十分である。2代目でもやっていたのだが、とにかく動きが遅く、操作のしづらさを感じていた。それを8570wでは、Chromeを動かしながらiTunesで音楽を流しながらでもサクサク動くという優秀なモバイルワークステーションである。もっとも、CPUもRAMも標準より性能がいいこともあるが。

私自身、会社員が向いていないので、完全に辞めることが出来たなら、そのうちモデリングもしたいので、そういう意味ではこのモバイルワークステーションを持っているのは正解かもしれない。



mSATA SSDとIRSTでHDDもまだまだ現役で使える

さて、私が一番注目しているのは、レアな規格であるmSATA SSDスロットが存在することである。販売当時のオプションで、16GBのSSDを追加できるものがあったらしい。16GBでは何もすることができない、そう感じられるが、元々はSSDを使ったある技術のためのスロットである。

それはIntel Rapid Storage Technology(IRST)であり、これを利用するためにSSDを付けられるスロットを用意していたのである。

IRSTとは?

簡単に言えば、SSDの一部または全部をキャッシュ領域として利用し、HDDまたはSSHDのアクセス速度を改善するシステムである。使用する場合、システムのあるディスクがHDDまたはSSHDであること、RAID設定を適用することが必要になる。

このシステムは基本的にデスクトップ向けのシステムである。ラップトップで2つ以上のディスクを付けられることは滅多に無いためである。もっとも、DVDドライブをはずして無理やりRAIDも出来るが、そこまでする価値はない。フル分解の必要があるためである。また、スリムラインSATAの変換も必要になるため、面倒で仕方ない。

IRSTを導入した結果

8570wのmSATAは3Gbpsであり、2.5inchドライブはSATA3(6Gbps)である。2.5inchにSSDをつけるなら不要だが、HDDやSSHDではまず6Gbpsまで出ることがない。磁気ディスクの物理構造上、どうしても遅くなるのは当たり前である。

その速度改善に、SSDが活きる。mSATAで3Gbpsであっても、SSDの一部領域をキャッシュとして利用することで、Read速度を大幅に改善できる。Writeに関してはシーケンシャルのみ改善される。構造上ランダムアクセスを高速化するのは流石に無理である(参考:Crystal Disk Infoの結果)。

CDIで測定。使用しているディスクはWD7500BPVT(5400rpm)。Readはほぼ改善している。

クリエイティブな人にとっては大量のデータを扱うことが多いため、容量が多く安価なHDDを使いたい人はまだまだいることだろう。その場合、IRSTは非常に役に立つ。また、mSATA SSDも64GB以上のものも多くなっている。そのため、IRSTの余剰部分にデータを入れる使い方も出来る。それらの使い方については別の記事で書きたいと思う。

 

今回はChapter 01として、8570wの基本性能を紹介した。別の機会に、8570wの実力について詳しく解説していく予定である。これを機に、法人モデルも考えてみると、安くて性能のいいラップトップが手に入る可能性がある。

 

以上、HP ElitwBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 21:22 Oct. 11th, 2019

 

追記

2020年3月22日 タイトル変更


スポンサーリンク




KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。VRやVTuberに触れる機会が増え、今後はリスペクトだけではなく自分を作る意味を込め、VTuberならぬVBlogCreator"KIBEKIN"として新しいスタートを切る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock