【ISRT】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第2回 | Kibekin BLOG.

【ISRT】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第2回

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HP 8570wの紹介記事:第二弾
  • 裏蓋の中に存在するmSATA SSDスロット
  • 単純な追加ストレージとしては性能不足
  • IRSTの機能の1つISRTのためのmSATA, 設定方法を解説
  • 容量確保しながらHDDより高速のディスクI/Oを実現
  • SSDをケチりたい人の救世主

HP製モバイルワークステーション、HP Elitebook 8570w Mobile Workstation(以下8570w)の実力を紹介する記事の第二弾である。今回は、mSATAとRAID0を利用した、Intel Rapid Storage Technology(IRST)の中にあるIntel Smart Response Technology(ISRT)を使用する方法と解説、私の環境での実測データを紹介する。

一般のラップトップでは、SATAないしmSATA、M.2のスロットは1つしかない。しかしワークステーションのグレードである8570wにおいては、通常のSATA3(6Gbps)に加え、mSATAドライブ(3Gbps)が本体裏蓋内に存在する。3Gbpsなので、速度は少し劣るものの、後述のIRSTの機能の1つであるISRTを利用することで、SATA3に接続しているディスク(特にHDDの場合)のR/W性能を向上させることができるようになる。

なお、前回の紹介記事は下記のリンクから読める。

【法人用上位モデル】HP EliteBook 8570w Mobile Workstationの実力 第1回

もう1つのSATAドライブ”mSATA SSD”

裏蓋の中に存在する小さなドライブ

前回記事を見た人、或いは8570wの画像を見た人は分かるが、mSATAは裏蓋(サービスドア)の中にあるドライブスロットである。これ以外に、WWAN, RAMが2スロット分存在する。RAMのアップグレードがネジを使わずに行えるのは優秀なラップトップである。

そもそもmSATA SSDとは何なのか

元々mSATAはIRST1)Intel Rapid Storage Technology. インテルが開発した、Windows向けのSATA接続されたディスクのシステムのパフォーマンスと信頼性を向上させるシステム。RAID稼動しているマシンをサポートする機能が多数含まれており、ISRTもその中に含まれている。参照: インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジーの機能の1つであるISRT2)Intel Smart Response Technology. IRSTの機能の1つ。低価格・小容量のSSDと低価格・大容量のHDDの組み合わせ、またはSSHDのディスクI/Oを向上させるシステム。基本動作はSSDの一部または全てをキャッシュ領域にする。頻繁にアクセスされるデータをキャッシュすることで、高速化を図っている。SSDは最小16GBあれば利用可能である。参照: インテル® スマート・レスポンス・テクノロジーのために設計された、小容量でストレージには向かないSSDであった。そのため、安いmSATA SSDに16GB、32GB、64GBが多いのはそのためである。なお、ISRTは後述するが最大64GBを利用できる。

しかしその後、UltrabookやIntel NUCの登場によって、mSATAの容量は128GB以上を超えるようになる。もっともUltrabookではSSDの換装は少ないので、NUC用のSSDとしての利用が殆どである。そのNUCも現在はM.2が主流となり、一般市場で見かけることは少なくなってきている。

一応、オワコン甚だしいヤフオクや、今やヤフオクより優秀なメルカリ等のC2C界隈では良く見かけるのだが、これもタチの悪い「業者」が市場を牛耳っている実態となっている。需要がまだあるためか、全体的にぼったくり価格になっていて、全くフェアとは言えない。また、「換装用」パーツを売って騙そうとしている業者も多数存在しているため、初心者はプロの個人に依頼して代理購入を頼んだほうがいい。はっきり言ってリスクが高すぎる。



8570wでのmSATA

8570wに搭載されているmSATAドライブの接続規格はSATA2(3Gbps)である。そのため、SATA3規格のmSATA SSDを使用しても、3Gbpsで頭打ちとなってしまう。とは言っても、現在のmSATAはSATA3を前提に設計されているため、SATA2のmSATAを探すほうが難しい。

ただ、それでも1つのドライブであるので、mSATAをシステムドライブとして設定を変更することは可能である。mSATAをC:, SATA3をD:以降のドライブとして扱うことで、デスクトップPCのシステムにSSD、ストレージにHDDを振り分ける、使い分け運用がラップトップでも可能になる。

このmSATAも、SATA3に512GB以上のSSDを採用してしまうと、速度的に意味がなくなってしまう。そのため、あくまでHDDをメインに使う人向けの構成というべきであろう。単純な追加ストレージとして使うには力不足である。

Intel Smart Response Technology(ISRT)

IRSTの機能の1つであるISRTの設定

前述や脚注に軽く解説を記述したが、mSATAはIRSTの機能の1つであるISRTのために設計された小容量SSDである。それでは実際にISRTを設定して有効にするための手順を記述する。

AHCIからRAIDへの変更

まずはじめに、多くの人はWindowsをAHCIでインストールしているはずである。これをRAIDに変更しなければ、ISRTを使用できない。変更そのものはBIOSから行えるものの、RAIDで起動するにはRAIDドライバーを有効にする必要がある。これにはレジストリの変更を行う。ただし、変更箇所は固定のため、以下の通りに行えば問題ない。

  1. 窓+Rで regedit を実行する。
  2. “COMPUTER\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorV”を開く。
  3. [REG_DWORD]Startの値を0x0(0)に書き換える。
  4. regeditを終了し、再起動する。この際の再起動でBIOSに入らず、通常の再起動を行うこと。
  5. 再起動を行い、BIOSへ入る。
  6. System Configuration/SATA Device ModeをRAIDに変更する。変更を保存して再起動する。
HP 8570wのBIOS画面。「SATAデバイス モード」をRAIDに変更する。その後変更を保存して再起動する。

以上の手順に従って進めていくと、次の再起動時にRAIDドライバーのインストールが開始される。これには数分かかるので、少し待つ。インストールが完了すると、再起動を促されるので再起動を行う。そしてホーム画面まで戻ってこれれば、RAIDへの変更は完了である。

なお、この手順通りに行ってもうまくいかない場合がある。その場合、Windowsの起動が不可能となるものの、もう一度BIOSに入り、SATA Device ModeをAHCIに戻すことで回復できる。一旦戻してから、設定の漏れがないか確認し、再度RAIDに変更して試してみるといい。

IRSTのインストール

ここまで準備できたら、IRSTをインストールする。8570wの場合、HP公式ページからダウンロードする。intel公式のものは、ドライバが8570wと不適合なようで、ISRTの設定時に不明なエラーが発生するため使用できない。間違えてインストールしてしまっている場合は先にアンインストールを済ませておく。なお、HP公式のIRSTインストーラの配布場所は以下を参考にする。

HP公式の8570w ドライバ・ソフトウェアのダウンロードセンター。ストレージの項目にIRSTインストーラがある。

ダウンロード後は、ダイアログに従ってインストールを進める。特に難しいことはない。インストール後は再起動が必要なため、指示に従って再起動する。

ISRTの設定を行う

再起動して戻ってきたら、IRSTを起動する。スタートメニューまたはショートカットを作成している場合はショートカットからスタートする。起動後は以下の手順に従って設定する。

  1. IRSTを開く前に、mSATA SSDのフォーマットを行う。ここでは初期化のみを行い、ボリュームの割り当ては行わない。
  2. IRSTを開く。上部メニューから高速(A)を選択する。
  3. “高速の有効”をクリックする。
  4. 設定ダイアログが表示される。高速化に使用するSSDの指定、割り当てるサイズ、高速化の対象のディスクの選択、高速モードの選択をここで指定する。
    • 8570wではmSATA SSDしかなく、DVDドライブを無理やりHDDやSSDにしない限りは1つしかない。そのため変更箇所は基本的にない。
    • SSDは18.6GBまたは全容量(64GBまで)のみ選択可能。特にこだわりがない限りは全容量でいい。なお、余った容量は通常のストレージとして使用できる。
    • 高速モードは拡張と最速の2つある。拡張はデータ保全のため、書き込みをHDD, SSD同時に行う。よって書き込みのみ速度がHDDに引っ張られる。最速はデータ保全を考えないため、SSDに書き込んでからHDDに書き込まれる仕様となっている。
    • SSDが破損したらデータが失われる可能性があるが、現在のSSDはPCの寿命より長いことが多いため、そこまで気にする必要はない。
  5. 設定が完了すると、高速の設定とSSDの設定が出現する。この状態になった場合、エラーは発生していない。
上記の手順を画像化したもの。IRSTは8570wが使用できるバージョンであるため、最新版のIRSTと画面や仕様が違うので注意。

設定完了後は、再起動が必要になるため、一度再起動をして適用させる。再度IRSTのメニュー画面を開き、高速タブで設定が反映されていることを確認して、全て完了である。

ISRTは設定してすぐに効果が現れるものではなく、時間と共に使用頻度の高いデータ、低いデータ学習していき、最適なキャッシュを行っていく。したがって、使い続けていくうちにISRTの効果を実感できるようになる。




実験と結果

ディスクのスペックとCrystal Disk Mark

ディスク速度がどれくらい改善されたかを実際に確認する。なお、この記事を書いている間に、mSATAの差し替えを行ったため、先に各ディスクのスペックを載せておく。またISRTの再設定も行ったため、Crystal Disk Markの結果がずれているのをご了承いただきたい。

各HDD/SSDのスペック

  • メイン:WDC WD7500BPVT-26HXZT3 750.1GB SATA2(3Gbps)
  • mSATA:TOSHIBA THNSNB064GMCJ 64.0GB SATA2(3Gbps)
左:メインのHDD。WD製の750GB, SATA2。
右:mSATA SSD。東芝製の特徴のないSSD。

Crystal Disk Markの結果

CDMのテスト条件:500MiBを3回

  • ISRTなし(R/W):
    • SeqQ32T1 81.59/71.60
    • 4KiBQ8T8 0.708/0.245
    • 4KiBQ32T1 0.691/0.234
    • 4KiBQ1T1 0.311/0.235
  • ISRT(最速)設定2日後:
    • SeqQ32T1 46.48/19.24
    • 4KiBQ8T8 9.065/4.232
    • 4KiBQ32T1 9.131/4.872
    • 4KiBQ1T1 7.524/4.368
左:ISRTを使用しない状態でのHDDのテスト結果。
右:ISRT(最速)で設定2日後のHDDのテスト結果。

結果考察

ISRTの存在を知っていて設定を行っていたため、HDDを単独で使用する機会は全くなかった。そのため、HDD単独でのテストはISRT解除直後のものとなっている。よって、SeqR/Wのみ記録が高い。ただし、ランダムR/Wに関してはいずれも1.0を超えていないため、HDD単独ではランダムアクセスは必然的に遅くなることが言える。

右がISRTを全容量、最速モードで設定し、2日間使用した後に同条件でテストした結果である。設定直後のためか、SeqR/Wはうまくいっていないが、その代わりランダムR/Wは軒並み数値が高くなっている。特にWriteではいずれも4.0以上を達成しているため、ここにISRTの効果が現れていることがわかる。

なお、ISRTの設定を「拡張」にすると、WriteのみHDDとSSD同時に書き込みを行う関係上、速度は据え置きになる。したがって、R/W両方の速度を向上させたい場合は、設定を「最速」にする必要がある。特に拘っていないのなら、最速一択である。



ISRTはSSDをケチりたい人の救世主

今回はHP 8570wでISRTを設定するための手順を紹介した。ISRTに関しては、インテル公式ページからインストーラをダウンロードし、基本的にここに書いたとおりに行えば、デスクトップであれば問題なく設定できるものになっている。ただし、バージョンがここに書いているものより上なので、設定出来ることはかなり多くなっている。容量も0.1GB単位で設定できるようになっているようだ。

現行のSSDも、QLCであれば1TBを1万円台で買えてしまえる時代であるものの、耐久性にはやはり不安を感じることだろう。耐久性はMLC/SLCがより高いものになる。私としては最低でもMLCが512GBで1万円台となってもらいたいところである。そうすると、気軽にSSDが使える。

しかし、それらの規格のSSDはどうしても高額であり、気軽に買えるものではない。そのため、容量が大きく安いHDDをまだ使い続ける人もいるだろう。だがHDDでは、速度が犠牲になる。欲張りな人は、それを両立できないかと考えたわけである。

そこにISRTを使用する。SSDのランダムアクセスの強さを生かし、小容量のSSDをキャッシュにして、SSDからHDDに書き込みを行うことで、HDDのアクセス速度を改善することに至った。HDDユーザにとっては、嬉しい話である。

HDDユーザの中には、SSDが高いために何とか安くしようと考えて、ISRTを使う人もいることだろう。そういう人にはまさに救世主のような存在といえる。SSDの価格が下がれば、また立ち位置は変わってくることだろう。しかし、しばらくはISRTが使われることは間違いない。ISRTを使いたい人は、少しだけ参考になるだろう。

 

以上、HP ElitwBook 8570w Mobile Workstationの実力 第2回: mSATAとISRT編であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 21:20 Dec. 5th, 2019

 

追記

2020年3月22日 タイトル変更


スポンサーリンク




脚注

脚注
本文へ1 Intel Rapid Storage Technology. インテルが開発した、Windows向けのSATA接続されたディスクのシステムのパフォーマンスと信頼性を向上させるシステム。RAID稼動しているマシンをサポートする機能が多数含まれており、ISRTもその中に含まれている。参照: インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー
本文へ2 Intel Smart Response Technology. IRSTの機能の1つ。低価格・小容量のSSDと低価格・大容量のHDDの組み合わせ、またはSSHDのディスクI/Oを向上させるシステム。基本動作はSSDの一部または全てをキャッシュ領域にする。頻繁にアクセスされるデータをキャッシュすることで、高速化を図っている。SSDは最小16GBあれば利用可能である。参照: インテル® スマート・レスポンス・テクノロジー
KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。VRやVTuberに触れる機会が増え、今後はリスペクトだけではなく自分を作る意味を込め、VTuberならぬVBlogCreator"KIBEKIN"として新しいスタートを切る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock