【選択肢減少】真剣考察!長期的視点で考える「増える仕事と消える仕事」

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 仕事は金を稼ぐ最も一般的手段
  • 死のコロナウイルス情勢で仕事のやり方が急変
  • 一部の仕事は死のコロナウイルスにより廃業する事態が発生
  • 逆に発展・成長した仕事が存在する
  • 長期的に見て発展する・増える仕事と消える仕事を考える
  • 「一時的な需要」に惑わされてはいけない
  • 目の前も大事だが先を見据えるのも大事

仕事は所詮仕事であると考えている。単純な、金を得るための手段であり、それ以上でも以下でもない。そこに夢も情熱もやりがいもない。仕事にそれを求めるのは、私としては間違っているようにようにしか思えないのである。

ところで、死のコロナウイルスで反省しない無能国家日本と無能政府はさておき、それによって仕事の在り方は激変したであろう。多くはそれまで会社や現場という「場所」で働いていたが、感染が拡大するようになってから、在宅・テレワークまたは完全休業のどちらかになったことであろう。このうち前者であれば仕事を失う可能性は低いが、後者は仕事を失う可能性がある。最悪の場合、解雇や倒産に遭うこともある。

事実、無能政府が意図的に拡散させた死のコロナウイルスによって倒産する企業が後を絶たない。もっとも、それに対する支援は何もなく、まるで自業自得と言わんばかりに見捨てている。無能政府に献金する大企業以外は棄てるつもりのようである。それと同時、外に出たくない人達が特定のサービスを利用する結果、そのサービスを提供する企業の業績が上がっている。潰える企業あれば栄える企業があり、光と闇である。今回は「長期的な視点」で、今後増える仕事、消える仕事を考えていく。決して死のコロナウイルス情勢だから発展して、しかし今後は衰退するような仕事は考えない。

仕事とコロナウイルス情勢

仕事は最も一般的な金の稼ぎ方

この世は金が全てであり、そして生きるには金が必要だ。よって生きるには金を稼ぎ、それを使って人生という長い牢獄を生きなくてはならない。そこで金を稼ぐ最も一般的で確実な方法は仕事をすることである。仕事により、成果物ないし時間と引き換えにその対価である報酬、特に金を得る。このことは既に何度も、そしてどこでも聞いた話であろう。なお、無能国家日本における仕事はその性質上時間制が多く、成果制はクリエイティブ系の仕事に限定されている状況である。もっとも、一般事務作業や経理等を成果制にすること自体、無理があるので形式上仕方ない話であるが。

この仕事は大きく分ければ、オフィスワークと現場系の2種類である。またオフィスワークの中でも、PCを使うものかアナログ作業の2つに分かれる。オフィスワークにおいてアナログ作業の場合、紙媒体を使用することが殆どであろう。アナログ作業に関しては、電子化するとセキュリティ的にリスクが存在する、契約などの重要事項を正式な書類として保管しておくなどで使用されることが多い。それ以外の日常業務はPCを使用して電子化し、効率重視としている。現場系は、基本的に肉体労働であり所定の場所で作業するが、オフィスも構えており書類仕事も行う。ただしその場合は現場仕事の開始前/終了後にする程度が多い。



仕事は、学歴のある人はオフィスワークを、肉体に自信がある人や事情により学歴がない人は肉体労働を行うのが一般的傾向である。前者は大卒以上が前提、後者は学歴を重視しないことが条件で多い。ただし肉体労働の中には経験者のみ、それに関わる専門学校を卒業した者のみの特殊な条件がある。給料はオフィスワークの方が高く、肉体労働は安いというのが一般的であるが、オフィスワークでも基本誰でもできる事務処理等は給料はそこまで高くなく肉体労働でも専門性が求められる・危険が多い場合は給料はかなり高いので、一概にオフィスワークが良い・肉体労働が良いとは言えないのである。

日常破壊:死のコロナウイルスによる仕事への影響

知っての通り、インバウンド優先で中国忖度し入国拒否しなかったことによって死のコロナウイルスが蔓延し、だが責任は取らずでむしろ感染拡大推奨政策ばかりしている人殺し無能独裁政府のせいで、仕事にも大きな影響が出ている。多くの「仕事する場所」に行くことが必要な仕事は、感染拡大と感染のリスクを避けるために、殆どが休業する事態になったのである。在宅ワークやライターといった家やカフェなどでPC1つで完結するようなものを除いて、自宅待機を余儀なくされた。そこに遅すぎた緊急事態宣言の発令により、外出は原則自粛されることになる。

その結果、公共交通機関やライフライン関係は休めないため常に動き続けるが、それ以外の人が外に出ることがなくなったため、オフィス街も現場も一瞬にしてゴーストタウンとなったのである。さらに、普段仕事する人がいなくなるということは、仕事をしている人をターゲットとしている店舗もまた影響を受けることになる。人がいなければ稼ぎにならず、光熱費と人件費とテナント料だけかかることになるので、そうならばと店舗を一時休業にしてしまうことであろう。

これが1, 2箇所だけが独自で行っていることであれば何の問題もないが、ほぼ全国規模でこれが行われた。それは、経済活動の停止を意味する。これにより、瞬く間に日常は破壊されたのである。

急変する仕事のやり方

しかし、借金まみれでいつ第二のギリシアになってもおかしくない無能国家日本は、経済活動を行えない人や企業に金を出せない、一般国民の1人すら救えない無能である(ただし上級國民だけは救う)。そのせいでいつまでも経済活動を停止しているわけにもいかなかった。したがって、感染防止策を講じながらもなんとかして活動再開をする必要があった。

そこに、これまで「特定の希望者のみ」に限定されていたテレワーク(リモートワーク)が注目される。平たく言えば、会社に行ってする仕事を家ですることである。ただしこの方法は、会社のネットワークに安全に接続するためのソフトウェアと設備、テレワーク用の貸出用PCが揃っていなければ行うことができない。ただ、これらが揃っているのであれば、比較的安全である自宅から仕事を行えるため、とりあえずは仕事ができる状況となった。しかし自宅での環境整備のために、個人の出費がかさむことになったようだ。

一方現場系はどうかと言えば、オフィスワークのようなリモート化は不可能なため、マスクや消毒液を十分に用意しておき、水は紙コップで捨てられるようにする、距離は適度に確保するといった徹底した予防策を準備したうえで、徐々に再開される形となった。結局現場系は人が動かなければ成り立たないので、そうするしかないのが現状である。

このように、死のコロナウイルスによって仕事のやり方が急変することになった。現場系はその特性上大きく変わることはなかったものの、やはり衛生面で変わることがあったように思える。大きく変わったのはやはりオフィスワークで、一部のどうしても会社でやらなければならないことを除いて、仕事が家でもできるようになったことがポイントだ。これにより、中々進まなかったテレワークが推進されるようになったのは大きい。しかし、このような情勢が大きく変わるようなことがなければ推進されないというのもおかしな話であるが。




コロナで繁栄する者、潰える者

一部の仕事は死のコロナウイルスで廃業する事態が発生

仕事は通常、新しく増えたり、または古いのが消えたりすることはそうない話である。ただしそれは平時の場合であり、世界が変わるレベルの有事となれば増えたり消えたりすることがある。死のコロナウイルス情勢は、まさしくそれである。

その仕事のうち減ったものについて考えると、10月19日時点の統計で、外食を中心とする飲食業(100件超)、小売店・百貨店の休業でアパレル関連(製造/販売、63件)、インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響した宿泊業(51件)がコロナ関連破綻1)参照:「新型コロナウイルス」関連破たん【10月19日17:00 現在】 : 東京商工リサーチ  外出自粛の影響を受けた外食やアパレルはともかく、インバウンドに頼りきりの宿泊業は救いようがない。として、東京商工リサーチ(TSR)がデータをまとめている。これ以外にも業界・業種問わず、様々な仕事が廃業に追い込まれている。廃業になるということは、仕事を失う人がいることを意味する。つまりは、収入を得る手段を失うということである。

また現在の情勢からして、新しい仕事を見つけることはまず無理であると考えた方がいい。何とか経営できている会社は、今いる社員を守るだけで精一杯である。新卒採用も2020年時点でかなり枠が狭まっており、今後10年以上は採用活動が全く行われない状況になることも想定される。そうなれば、仕事にありつけない人が急増することになるだろう。個人的には仕事にありつけない人間が増えたときの治安悪化が懸念される。生きるための犯罪が増えることになれば、黄金の国ジパングは金メッキの剥がれた無能無法国家ジャップである。

コロナ情勢で逆に発展・成長した仕事が存在する

多くが死のコロナウイルスによって衰退をさせられる中、一部の仕事は逆に発展や成長を遂げた。それはフードデリバリーサービス、オンラインショッピングサービスとそれに付随する配送員の仕事である。殆どの人が外に出ず、他人を一切考慮しない爆買い買い貯めやインターネット通販を利用して必要な物を調達するようになった結果、AmazonやYahooといった大手通販サイト、出前館といったフードデリバリーサービスの利用者が一気に増え、売上がかなり増えたのである。

中でも代表的なのはUber Eatsである。元々はタクシー配車サービスのUberがフードデリバリー専門のサービスとして新規に立ち上げたものである。システムとしては、店舗所属の配達員ではなく、配送パートナーという登録制の配達員が、指定された店舗のテイクアウトメニューを受け取って、注文者に届ける形となっているらしい。これがコロナ情勢下で「稼げる」と話題となり、無秩序に配送パートナーが増えたようだ。今やどこにでもいる存在となっている。しかしUber Eatsのブラックすぎる規約が問題にもなっており、一種のブラックバイトとして私は敬遠している。そして私は料理できるので、一度も使ったことがない。

また、通販サイトを利用した場合、配送は指定のサービスを利用することになる。その場合は運送業の中の荷物運搬に関する仕事をしている人の仕事量が一気に増えることになる。したがって、仕事がないという事態は発生しないであろう。ただし運送業の現状は人手不足であり、労働環境の劣悪さとそれに見合わない給料の低さで余計に人員の流失が発生している。改善努力はされているが、至らない状況が続いている。そのため、それが飲み込める人以外は推奨しない。

ここまで、コロナ情勢によって影響する仕事について考えてきた。多くの仕事は外出自粛によって仕事の中断や進行の遅れを余儀なくされたが、逆に通販、フードデリバリー、運送業などは自粛中に使用する人が大量に増えたため、仕事が一気に増えて、仕事には困らない状況にはなった。しかし、いずれも問題を抱えた業界であるので、どうしても手放しに喜ぶことは難しい。仕事の発展には、まずその業界や仕事の問題点を解決しなければならないであろう。




長期的に見て発展する仕事・消える仕事

ここまで見てきたのは、いずれもコロナウイルス情勢になったことによって「急激に」後退したか成長したか、の極端な例でしかない。急激に動くことは喜ばしいことであると同時、警戒しなければならないことである。これは一種のバブル・特需であり、一定期間を過ぎれば弾けるように仕事がなくなる危険がある。

したがって、これから見ていくのは長期的に見て発展する仕事、そして消える仕事についてである。素人の私見であるが、ここで述べていくことにする。

長期的に見て発展する仕事

まずは発展する仕事を考える。死のコロナウイルスはワクチン開発が滞りを見せたため、感染リスク低下と終息にはまだ膨大な時間を要することになった。そのため、完全な回復には10年以上かかるものと推定する。

まず、医療分野は発展する。今回の死のコロナウイルスもそうだが、無能国家日本は国力衰退を意味する少子高齢化が加速しているため、医療自体がこれまで以上に求められることは確実である。そこに付随する製薬業界も薬の開発と販売は必要なことなのでこれも発展する。また、少子高齢化は介護も関わってくる。介護は人間が生き続ける限り必要なことであり、仕事自体は発展するだろう。しかし、労働環境がいずれも良好とは言えないのが現実であり、介護は労働環境に加えて給料や従事者の人間関係などの問題で人手不足が目立っている。医療分野に関係する社会保障も、オワコン制度ばかり実施しているために財源確保が難しくなっている。まず無能議員どもの給与を0にすれば財源の一部は確保できるとして、残りの財源を国債に依存しない方法を確立しなければ、発展可能でも無能国家によって潰されることだろう。生活で必要な分野でありながら、国家レベルのマイナスを抱えているのは痛手である。

次に発展するのは配送業である。ただ前述の通り、人手不足労働環境給料は根深い問題である。したがって「現段階で」この業界に進むには、余程の無鉄砲か体力のある人以外は全く推奨しない。人手不足の主な原因は(準中型・)中型・大型免許を持つドライバー数の減少であるが、これらの免許の取得はいずれかの四輪免許(小型特殊を除く)取得後の運転経験を必要とする2)挙げた免許のうち、準中型免許は普通免許を初めて取得するのと同じ18歳から受けられる。中型免許は20歳以上の普通・準中型・大型特殊を(失効を除き)2年以上受けている人、大型免許は21歳以上の普通・準中型・中型・大型特殊を(失効を除き)3年以上受けている人が受けられる。普通・大型特殊から3年経過していきなり大型に受験することは制度上可能だが推奨されず、通常は普通/準中型→中型→大型の順を追って取得していく。参照:免許を取りたい 警視庁  このページの各免許の受験資格に詳細が記載されている。ので、普通免許でも免許人口が減っている現状、ドライバーが増えることはないと言い切れる。また、超距離ドライブや荷物の搬入作業は体力的にハードでありさらに不規則な生活を強いられるので、その点で配送業は敬遠されて人が集まらないのである。それが人手不足に繋がりさらに労働環境が悪化する原因となっている。

ただ解決策は一応存在し、ドライバー不足には自動運転技術、荷物の積み下ろしにかかる体力的問題は研究されているパワードスーツの導入に期待される。ただし技術的に停滞しているため、これらはしばらく先の話となるだろう。また、人員確保のために求人広告や採用活動の方法を変え、団体や行政機関と協力したセミナーや説明会の開催なども行われている。国家レベルでは無能国家なりにドライバーの拘束時間を法律により定めるなど、対策はされているようだ3)参照:今後の需要はある?運送業の将来性を徹底解説!  ここでは包括的にまとめている。。しかし最終的には企業単位の努力に依存することになってしまうが。全体としては問題点を改善できれば、発展の可能性は高くなるであろう。

これ以上詳しく考えていくとキリがないので省略するが他にも、IT業界はクラウド方面、データ解析、IoT諸々、様々な面で発展が可能である。通信販売系は今後も利用者は増え、ドローン輸送が確立されれば機械系の企業も発展することであろう。現段階ではこれくらいである。思ったより出なかったようだ。

長期的に見て消える仕事

今度は逆に、長期的に見て消える仕事について考える。これは前々から消えるとされていたものが死のコロナウイルスによって加速したものと、コロナ特需によって急激に発展したがその後需要がなくなって結果的に消える仕事の2種類になる。

まず、フードデリバリーサービスに関しては、コロナ特需で確かに発展したものの、今現在の状況を見ると感染拡大推奨政策GO TO HELLキャンペーンが実施されている現状、外に出ることに億劫にならなくなったので、デリバリーサービスの利用頻度は減少していくものと考えられる。また一部のサービスに関しては実質ブラックバイトとなっており、またサービスの質(所要時間や商品の状態)も店舗系デリバリーと比較して当たりと外れの差が大きすぎる。この点を改善しなければ、フードデリバリーサービスはこの先生きのこれないであろう。



他には、コロナ対策関係のものを製造している企業は、時間経過によって感染リスクが低くなれば、それらのものは徐々に使われなくなるであろう。アクリル板や透明シート、消毒液、マスクを製造する仕事の発展はコロナ特需に過ぎず、それが過ぎてしまえば需要も落ち込む。平時であれば用意する意味がなくなってしまう。したがって、この仕事は徐々に消えていくことであろう。

その他に考えられるのは、外食産業は個人経営の小さな店は殆ど潰されていくであろう。大手でも破綻した情報があり、予断を許さない状況である。また、TSR速報からは宿泊業、アパレル、飲食の破綻が目立っており、特に上場しているレナウンが倒産したことは衝撃である。マツダ・787B 55号車のレナウンチャージカラーで知っている人も多いであろう。これ以外にも、建設関係が目立っており、このあたりの仕事は今後消えていくものと予想される。このあたりはコロナ前から危なかったようである。

「一時的な需要」に惑わされてはいけない

さて、最悪な死のコロナウイルス情勢でありながら、今現在は順調な企業も存在しているのは事実である。しかし先に述べたように、今順調なのは往々にして「コロナ特需」であることが大きい。それを弁えた上で、今後の方針を立てることが重要である。コロナ特需も事情が事情なので特殊だが一種のバブルであり、そしてバブルは長くは続かないことは歴史が証明している。

むしろそのバブルの後、ほぼ平時に戻った際のことについて考えるべきである。平時の時に安定して収益が出ることこそが、将来まで生きることのできる会社と仕事であると言える。派手に儲けたがその後で失速して結局経営破綻しましたでは、笑い話にもならない。一発屋なのは芸人だけで十分である。一時的な需要は、その一瞬でしか効果がないのだ。

目の前も大事だが先を見据えるのも大事

ここまで、長期的視点で考える「増える仕事と消える仕事」について、素人私見で考えてきた。死のコロナウイルス情勢によって多くの仕事が崩壊していく中で、コロナ特需によって急激な発展を遂げた仕事があった。だがこれらは結局コロナ特需であり、コロナが終息してしまえば不要になる。現状では終息の目処は立っていないが、無能国家日本が主導で感染拡大推奨政策をしたり馬鹿な若者=バカモノがむやみやたらに出歩いて感染拡大させたりしている感染対策をして可能な限り抑えていることもあって、強引に前向きに考えれば何とか落ち着いていると考えることができる。したがって、コロナの先を見据えて仕事を考えていくことが、これから先生きのこる術となる。

今が大変であるとどうしても目の前のことに集中してしまう。それは人間心理的に当然であり、目の前のことを処理しなければ自分に何らかの悪い結果をもたらす以上、放置するわけにはいかない。だがそれだけに集中しすぎて周りや先のことを見ていないと、今度はそこで躓く。もっともこの思考、今の無能政府のやっていることそのものである。それを見る限りいいことが何も起きていないことがわかるであろう。だからこそ、先を見据えて行動や対策を打っておくべきなのである。

 

未来に生き残る仕事は、未来のことを考えた仕事である

 

以上、長期的視点で考える「増える仕事と消える仕事」であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 01:28 Oct. 23th, 2020


スポンサーリンク




脚注

参照:「新型コロナウイルス」関連破たん【10月19日17:00 現在】 : 東京商工リサーチ  外出自粛の影響を受けた外食やアパレルはともかく、インバウンドに頼りきりの宿泊業は救いようがない。
挙げた免許のうち、準中型免許は普通免許を初めて取得するのと同じ18歳から受けられる。中型免許は20歳以上の普通・準中型・大型特殊を(失効を除き)2年以上受けている人、大型免許は21歳以上の普通・準中型・中型・大型特殊を(失効を除き)3年以上受けている人が受けられる。普通・大型特殊から3年経過していきなり大型に受験することは制度上可能だが推奨されず、通常は普通/準中型→中型→大型の順を追って取得していく。参照:免許を取りたい 警視庁  このページの各免許の受験資格に詳細が記載されている。
参照:今後の需要はある?運送業の将来性を徹底解説!  ここでは包括的にまとめている。
Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)