【さよならJ鯖】mstdn.jp閉鎖決定に伴う「移転先」考案 | Kibekin BLOG.

【さよならJ鯖】mstdn.jp閉鎖決定に伴う「移転先」考案

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2020年5月25日、mstdn.jpの閉鎖を発表
  • 実行日は2020年6月30日
  • 決め手はマストドンの外で起きたSNS誹謗中傷・自殺事件
  • 実際の閉鎖理由は管理者の怠慢ではないか?
  • 移転先はあるがJ鯖の代替とは成り得ない
  • 「マストドン日本代表」よ、さよなら

SNSは正直なところ、時間の無駄と精神の疲弊がすさまじいので、一般人はそんなことにかまけていないで自分のために時間を使ったほうがいいと考えている。SNSは、情報錯誤の空間がここ最近加速しているように思える。

マストドンでも多くの人を揺るがす事件が起きた。長らく、2017年4月11日に、たった1人の平凡な大学院生から始まり、マストドンの「日本代表」の存在であったmstdn.jpが、2020年6月30日をもって閉鎖することが、現運営である合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構より発表され、マストドン全体を震撼させた。

これは実体・実態不明の謎の運営団体である。この団体に運営が譲渡されてからというもの、エラーが多発したり、エラーが修正されなかったり、サーバーが負荷に耐えられずダウンしたりと、多々問題を発生させていた。それはまるで、団体を名乗りながらワンマンアーミーな企業である。本当は誰も人がいないのではないのか。

そのため、以前からJ鯖はいつか消滅するとされていたが、マストドンの外で起きた、あるプロレスラーがSNS上の誹謗中傷による自殺から、法改正ならびに開示請求等の一般化といった規制強化に対応することができないための閉鎖としている。それで閉鎖は無能すぎない?

今回はマストドンの歴史を変えることでもあるので、緊急に書き上げたものである。そのため、要点を抑えたものとなっていることをご了承いただきたい。

マストドン日本代表 mstdn.jp

J鯖の歴史の復習

マストドンの歴史の一端の担ってきた存在でもあるJ鯖。その歴史を今一度復習する。殆どはマストドン初心者記事からである。

  1. 当時大学院生のぬるかるにより、2017年4月11日に設立。
  2. 2017年4月16日、ユーザー数世界一位となる。その翌日、pawoo.netに一位を譲る。
  3. 2018年8月15日~16日 第一次鳥コーストによりTwitterから迫害を受けた者たちが新規としてJ鯖に流入した。
  4. 2018年10月1日 運営がぬるかるからきぼうソフトに譲渡される。きぼうソフトは後に合同会社きぼうソフトとなる。きぼうソフトからの譲渡扱い。
  5. 2019年2月25日 第二次鳥コーストによりTwitterから迫害を受けた者たちが新たな新規としてJ鯖に流入した。
  6. 2019年7月26日 運営がきぼうソフトから合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構に譲渡される。実体が不明な組織であり、この頃から頻繁にサーバー落ち、500エラーが発生するようになる。なお、きぼうソフトは後に倒産。
  7. 2020年3月頃から、Twitterは武漢・コロナといったワード単位で不当な凍結を実施するようになる。結果第三次鳥コースト、別名「武漢・コロナコースト」が発生。これは執筆時点でも継続中であり、新規がJ鯖へ流入することが多くなった。
  8. 2020年4月9日、Twitterは運営難から、モバイルアプリの広告の測定を必須とするように設定を変更した。これに反発したユーザーが離反し、結果的に第四次鳥コーストが発生。自主的離反であるがJ鯖への大量流入が認められたため、鳥コーストとして扱う。(2020年4月10日追加)
  9. 2020年5月5日、海外ユーザーが団結して、肌色系絵師を根拠のない不当な通報によりTwitterから追い出す、運営が主体ではない鳥コーストが実施された。なお運営はこれを黙認しているため、表現の自由を侵害することについて何も思わない模様。自由の国なのに表現の自由と言論の自由は完全に奪われることとなった。これを第五次鳥コーストとする。(2020年5月5日追加)
  10. 2020年5月25日、マストドンの外で発生したプロレスラーSNS誹謗中傷自殺事件による、法改正ならびに開示請求等の一般化といった規制強化について、これに対応することができないため、閉鎖すると発表。はーつっかえ。やめたらこの仕事?こんなあほらしい…
  11. 2020年6月5日、DSNOが米国の企業に譲渡することを確約。J鯖のTwitter化がこれで確定する。なぜ米国なのか。DSNOは無能である。これにより、J鯖は実質「死亡」が確定した。
  12. 2020年6月30日、実質的に”mstdn.jp”閉鎖。R.I.P. (2017.4.11 – 2020.6.30) J鯖はSujitech, Inc.に譲渡された。
  13. 2020年12月11日、PW鯖から不当凍結の発生が連絡される。凍結理由が無差別であるのと、最悪の電話番号認証を行っても解除不能な人がいるとの情報を相互より受ける。またも無能運営による無差別凍結である。凍結基準が相変わらずの不明瞭とユーザーフレンドリーが全くなっていない対応であり、いっそうのTwitterオワコンが加速するであろう。これを第六次鳥コーストとする。
  14. 2021年2月17日 無能の極みTwitterは絵師だけに飽き足らず、今度はコスプレイヤーに対する無差別凍結を開始したとの情報が流れ、実際に被害を食らった者が数名居ることを確認。多くは肌色系コスプレイヤーであるようだ。コスプレイヤーも一種の「クリエイター」に分類するのであれば、クリエイターを虐殺する悪趣味なSNSであると言える。もはや全クリエイターはTwitterから撤退すべきである。これを第七次鳥コーストとする。

こうして見ると、鳥コーストの受け皿的役割も果たしていたのがJ鯖である。しかしJ鯖がなくなることで、Twitterでイキる連中が他の場所に流れ込んで、荒らして帰っていく危険が増すと思われる。各鯖の管理者は、今後の鳥コーストにより警戒する必要がある。




2020年5月25日の衝撃

私自身、J鯖を離れてしばらく経つが、frdibird(FB鯖)でも、FB鯖管理人のえる氏によってある程度様々な情報が入ってくるようになっている。そのため、自分から収集する面倒さは省けている。ちなみにのえる氏はカレーが大好きである。

そんな中の2020年5月25日、のえる氏がJ鯖のお知らせをBTしていた。その内容が以下である。

J鯖終了告知トゥート
J鯖終了告知のトゥート。いかに管理体制がガバガバだったかを知らしめるトゥートでもある。

6月30日をもってJ鯖が終了することの告知である。詳細は次節に預けるが、要するに「自鯖を管理しきれないのでやめます」と宣言している。は ー つ っ か え!

どちらにしても、この宣言をするということは、確実に終了することを意味している。

マストドンの外で起きた自殺事件

この前日の5月24日には、ある女子プロレスラーが、あるやらせ100%の腐時テレビの番組に出演した後、異端を嫌い同調圧力を他者にかけ、個性を潰すことでお馴染みのネクラバカニーズどもが、そのプロレスラーに対しSNS上で一斉攻撃を行い、精神的に追い込んで、事故のような自殺を実行させその個人の生命を奪ったという、現代のインターネット特有の、胸糞悪い事件が起きた。

これを重く見た無能日本政府は、発信者の情報開示について、プロバイダ責任制限法に規定されていることを挙げている。これについて既に議論を開始しているようだ。おそらくは開示請求がより簡単になること、別の法案が提出されること、プロバイダ責任制限法自体の条文の変更などが推測される。対応するのが遅すぎる。

私個人として納得がいかないのは、「テレビに出演した人が死んだから法整備します」というように見えてならないことである。これまで過去にSNSによる誹謗中傷から自殺した人は数知れないが、その事件が起きてもまともに対処したのはいつも文部科学省だけだった。それが、テレビに出演していた人が死んだので全体で考え直しますとは、随分と舐められたものである。もっと前から対応すべきだった。やはり一般国民をだたの国力奴隷としか思っていないのだろう。

本筋から外れるためこれ以上は避けておくが、J鯖運営である合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構(DSNO)の管理体制では、これに対応することができないということで、その結果としてJ鯖を終了する宣言を出したようだ。

2020年6月30日に実行予定。その日が来るまでJ鯖は存続するが、その後のことは一切不明である。




実際は管理者の怠慢による閉鎖か

しかしこれはあくまで閉鎖するための体のいい理由に過ぎないと考えている。DSNOはJ鯖運営でありながら、実体も実態も不明である。その姿はペーパーカンパニーではないかと疑いかねない。一応、DSNOは1ヶ月毎に今年3月まで財務諸表を公表していたので、会社としての体は成していると思われる。1ヶ月毎に公表していたものをまとめたものを次のURLリンクで置いておく → DSNO_flows

DSNOの問題点は、管理者が管理者の仕事をしていないということである。実際、DSNOになってからというもの、500エラー(サーバーエラー:クライアントはどうしようもない)、503エラー(サービス利用不可:過負荷でよく不可になる)が頻発しており、画像が読み込まれない・送信できないエラーも起こっていた。このことについてユーザーから声が上がっても、すぐには対応してくれないことが多かった。個人鯖ならすぐに対応できないのは理解できても、仮にも合同会社であるDSNOがすぐに対応できないことには違和感を感じるものである。

やはり、いざ譲渡されたはいいが、実際にはやる気がなく、何か問題が起きたら動く程度で、最初から真面目に管理する気などなかったのだろう。とはいえ管理者であるのは事実なので、誰かが引き継ぎをするまでそれとなく維持するつもりでいたと思われる。或いは、辞め時を狙っていた可能性もある。

そして今回の件により、自らの怠慢を棚に上げて、規制強化への対応不可能を理由にJ鯖を閉鎖するという、かなり強引な繋げ方をしたのである。本当はやめたくて仕方なかったが、管理者の立場から言い出せなかったということが窺える。もっとも、この体たらくでは管理者失格であるが。

移転先とJ鯖の代替

分散型SNSのメリットが生きる

マストドンは分散型SNSである。

マストドン初心者の解説書でも書いたが、オワコンの象徴Twitterの中央集権型とは対を成すSNSである。それが意味するのは、J鯖が閉鎖してもマストドンは終わらないということである。また、マストドンには引っ越し機能があり、これを利用することで相互関係を維持したまま別の鯖の別のアカウントに移行できる。その際、移行先のアカウントをあらかじめ作成しておく必要がある。

なお、現在は確認できるか不明だが、当初はフォローインポートに問題があり、途中でインポートが中断され失敗することがあった。これについてはFB鯖管理人のえる氏が修正を行い、このソースコードをGitHubに上げたようだ。したがって、余程怠慢な管理者でない限りは、この修正が適用されていると思われる。




J鯖の代替となる鯖は存在しない

ここで、現在稼動している、比較的安定なサーバーを挙げる。

  • Fedibird (fedibird.com) のえる氏が直接管理する鯖。LTLが存在せず、同時にのえる氏の実験鯖でもある。私がいるのもここである。
  • ビア鯖 (mstdn.beer) ビア鯖と名前があるものの、別に酒が飲めなくても大丈夫な汎用鯖。優しい人が多い。あらゆる鯖の人と繋がりを持つ、にょろりがいる鯖である。
  • ベスフレ (best-friends.chat) 旧ニコフレの実質的な後継。ITジャーナリスト・三上洋もいる。J鯖がなくなるため、マストドンでの活動はベスフレがメインとなるようだ。なお、現在も招待制のため、招待を貰わなければ登録不可能である。
  • PW鯖 (pawoo.net) J鯖の次に大きいとされる鯖。運営費の観点から、自社のプロダクトに限定して広告が配信されるようになっている。
  • ゴロツキ (gorone.xyz) 小規模鯖。現在は招待制になっている。名前が恐ろしいが、全く怖くない。ただし、規約はきつめである。
  • 小田急 (odakyu.app) 名前の通り、小田急である。小田急沿線住民とか、そういうルールはないようだ。
  • あふん (flower.afn.social) 花騎士鯖。マストドンのバージョンが古いのが難点だが、安定している。比較的R18寄りである。
  • Misskey (代表例: misskey.io) これはマストドンとは別のSNSで、分散型SNSの1つ。マストドンとは2018年4月8日から通信可能となった。

これらは私が所属している、または現在相互のユーザーで、比較的問題が発生していないものを挙げた。いずれも、マストドンの基本的な機能、絵文字が搭載されている。ただし、サーバーによってはLTLが無効にされていたり、サーバー独自の機能があったりするという差異は存在する。

そのため、マストドンを続けるという意味では今までと変わらない。しかし、それぞれのサーバーに特徴があるように、J鯖にはJ鯖の特徴があった。そのJ鯖の特徴は、他の鯖では見られないものである。3年前に三上氏が書いたもの(記事リンク→マストドンは「群島タイプの共同体」。好きな「島」で騒ぐSNSだ(三上洋) – 個人 – Yahoo!ニュース)では、以下のように述べていた。

俺がいるのは「mstdn.jp」ですが、世界一の8万人のユーザーがいて、24時間猛烈なスピードでトゥート(書き込み)が流れています。堅苦しくなってしまったTwitterから離れて、言いたい放題、好きなことを言って、いつでも誰かがいるチャット部屋。それが今の「mstdn.jp」です(開設者ぬるかるさんは迷惑かもしれないけど)。

マストドンは500文字まで書けるのが特徴ですが、「mstdn.jp」では1行か2行が理想(たぶん50文字ぐらい)。3行以上はスパムです(嘘)。それはサーバー全体の書き込み(LTL=ローカルタイムライン)がめちゃくちゃ速いため、長いと誰も目に止めないから。この流速に耐えるのはせいぜい2行ってわけです。

つまり今の「.jp」の盛り上がりは、マストドンの特徴を全然いかしていません。長文はウケないし、分散型SNSのメリットも利用せず。単なる「人がいっぱいいるチャット部屋」になってます(それが楽しいんですけど)。

でも、これ、よく考えてみると、マストドンだからこその面白い現象なのかもしれません。「mstdn.jp」は下ネタあり・アニメアイコン大量のチャット部屋と化し、Pixivの「pawoo.net」は萌え絵のギャラリーとなり、ドワンゴの「friends.nico」はニコニコでおなじみの横スクロールなどの独自機能満載。それぞれの文化とノリがあります。

文化に違いはありますが、まったく分離しているわけではなく、お互いの人気トゥートは見ることができるし、話題もある程度は共通します。

マストドンは「群島タイプの共同体」。好きな「島」で騒ぐSNSだ(三上洋) – 個人 – Yahoo!ニュース

3年前からJ鯖は「そんな状態」であったことがわかる。分散型SNSでありながら、それを全く活かさない。そして何でもありの鯖である。それこそがJ鯖であり、他の鯖では見ることのできないものである。

同時に、他の鯖に移ってJ鯖を真似しようとしても、そもそものサーバーの方針が違うため、決してJ鯖の再現は不可能である。J鯖はJ鯖であり、他に変えようのない存在である。その観点からも、移転先は存在しても、J鯖の代替となる鯖は存在しない、そう言い切れるのである。




「マストドン日本代表」よ、さよなら

2017年4月11日に突如として現れ、たった数日で日本のマストドンを象徴する存在として、2度の管理権限譲渡をされながらも存続したmstdn.jp。日本のマストドン史に大きな影響を与えたことは確実である。その存在の大きさから、マストドン日本代表と呼ぶには相応しかった。

しかし、始まりがあれば終わりがあるのはどれでも同じことである。ただし今回は運営があまりにも無能であったことを考慮すべきである。正直、DSNOに譲渡したのは間違いだったと言わざるを得ない。

だが決定事項である。一応DSNOもJ鯖の譲渡先を探しているようだが、正直見つかるとは思えない。これはJ鯖の管理が大変であるということが難点になると思われる。DSNOの前の管理者である(合同会社)きぼうソフトはDSNOに譲渡後に倒産している。財務諸表を見る限り、運営費が掛かりすぎるのが大きいだろう。

したがって、このまま6月30日をもってJ鯖閉鎖でもいいのかもしれない。2017年からの3年間で、日本におけるマストドンは十分に広まり、分散型SNSの特徴を生かせるようになっている。決してJ鯖と同じようにはいかないが、三上氏の言っていたようなノリがある鯖も皆無というわけではない。

何にせよ、J鯖が消えても、マストドンは続くので、そこは心配する必要はない。ただ唐突な話であったため、緊急に書き上げた。そのため内容が半分くらいガバガバなのは許してほしい。

 

以上、J鯖終了に伴う代替・移行先提案であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 07:00 May. 27th, 2020

 

追記

2020年6月5日 DSNOの無能行為を追加。J鯖よ永遠に


スポンサーリンク




KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。VRやVTuberに触れる機会が増え、今後はリスペクトだけではなく自分を作る意味を込め、VTuberならぬVBlogCreator"KIBEKIN"として新しいスタートを切る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock