【悪意のない広告を許す】個人的広告論2~その「アドブロック」は本当に必要か~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • インターネットを利用する上で切り離せない存在の「広告」
  • 無料のサービスは殆どで広告がつくようになっている
  • 「信頼できるパートナー」が広告配信企業と提携し収益を得る
  • コンテンツの間に挿入される広告に嫌悪を示す人は少なくない
  • 広告を除去する手段は所謂「課金」か「アドブロック」
  • 「悪意のない広告」にはアドブロックは本当に必要か?
  • 交友関係にある人が「広告収入」を得ているなら尚更考えるべき
  • それでも広告が不要と感じるなら何でもすればいい
  • その人の助けとなるのであれば広告は決して「悪」ではない

最近よく思うのは、詐欺師と呼ばれる存在は実は詐欺のレベルは優しいのではないかということだ。詐欺そのものについては刑法に規定されている犯罪行為であるが、流石に命を自らの手で奪うことはしない。もっとも、被害者が自殺してしまえば間接的に殺人になってしまうが。しかしそれよりも詐欺を行っているのは政治家という、ジャップをジャップたらしめる諸悪の根源だ。一般市民を貶め、上級國民と自身の保身だけを重視する、人間の姿をした蟲。吐き気を催す邪悪そのものと言っていい程である。悪が巨大すぎると身近な悪が小さく見える。

さて、インターネットは接続できる回線(を契約する金)があれば、あらゆるものを利用することができる。そして大手企業などが提供するインターネットサービスを利用することができる、というのが一般的だ。多くは無料で利用できるものとなるが、一部機能は有料であるほかは全ての機能が利用できるが広告がいずれかの場所に存在し、それが変なところに現れて、色々と不便なことはある。

また、自分のコンテンツを持つ人は広告配信企業と提携して自身のサイトや動画に広告を挟むことができる。最近はストリーミングタイプでも広告を挟むシステムが構築されているため、収益手段は広くなってきている。しかし多くにとって広告は邪魔な存在であると認知があるため、それを回避するための手段が作られる。所謂アドブロックと呼ばれるものだ。

しかし最近、思うことがある。最近の交友関係にストリーミング配信で収益を得ている人がいるが、投げ銭と同時、広告を有効にして収益としている。その広告によってその人の収益になるなら、全ての広告が「悪」とは限らないはずだ、ということを考えたのである。よって今回は交友関係も考慮した、私見の広告論を展開していく。

ブンブンハロー広告とコンテンツの狭間、どうもKIBEKINです。

インターネットと広告

インターネットを利用する上で切り離せない存在の「広告」

インターネットが使えなければ、人権はあってないようなもの。そう言われる可能性の高い時代となった現代では、有線・無線・光に関わらず所謂プロバイダと契約し、家や職場で利用する。携帯またはスマートフォンにおいてはキャリアとの回線契約を行っている場合にはモバイル回線が利用でき、あるいは標準装備されているWi-Fiを接続してインターネットを利用する。ここまでは誰もが知っている常識の範囲であり、今更説明するまでもないことである。

さて、インターネットの最も基本的な使い方となる「検索」であるが、これはブラウザを使用することが多い。そのブラウザはGoogle Chrome, Microsoft Edge, Firefox, Safari, Yahoo!JAPANなどがソフトウェアであり、Yahoo!, Google, Bing, DuckDukcGoなどが検索エンジンとなる。このうちGoogle, Microsoft, Yahoo!はブラウザソフトウェアと検索エンジンが固定されており、FirefoxやSafariは任意の検索エンジンを設定で選択できる。現在はどのエンジンを選んでも今は大差ないが、よく使用されているのはGoogleであり、次にYahoo!, Bing, DuckDuckGoといった傾向である。Yandexはあまりいない。



上記のいずれかの検索エンジン(ブラウザではない)を使用して検索したとき、検索結果の最上部または最下部に広告として通常の検索結果を差し置いて表示される。また、検索結果の余白部分となる場所にショッピングの広告欄が表示されることがある。これらは検索内容に応じて可変的に表示されるもので、検索内容が有形の商品である場合や商品名を入力していると、大半の場合で広告が表示される。また、検索ワードにやりたいことを入力すると、それに関連したサービスを提供する企業などのリンクを広告として表示するシステムとなっている。この広告の表示ルールであるが、見たところ金さえ払っていれば中身の真偽性を問わない傾向があるため、正直なところ広告の信頼性は低いものになる。それを理解しているかどうか、それは広告を設定している検索エンジンの開発元にしかわからないことだ。

検索結果の例
適当な検索ワードで検索し、その結果の例を表示したもの。これはGoogleである。赤枠が広告であり、検索ワードに応じてこの赤枠が表示されたりされなかったりする。広告であることは明記されるが分かりづらいのが一般的である。

無料のサービスは殆どで広告がつくようになっている

インターネットで利用できるサービスは多岐にわたる。サービスの内容は完全無料で使えるもの、会員登録が必要で無料で使えるもの、有料会員登録などの金銭的な消費を必要とするもの。様々なサービスが様々な条件の下、使用することができるようになっている。そして各サービスの利用規約を遵守しながら利用していくのが一般的である。中にはその利用規約が異常なものがあるので、それは快適な生活のためには使うべきではない。

その中でも無料で利用できるサービスについて、世界中の多くの人が利用していることは想像に難くないことである。そこで一般的に、全てが無料でも一部機能について有料でも「収益(性)のないサービス」を継続して運営していくことは不可能である。一部機能が有料でそれで利便性があがるとしても「金」を払ってくれなければ収益にならないわけだが、基本的に殆どのユーザーは金がかかることを嫌がって利用しないため、100人いたら1人が使ってくれたらいい方というレベルだ。しかしそれでは利益どころか運営費すら賄えないのである。

そこでサービスを提供する側は、広告配信を行う企業と提携して自身が提供するサービスの合間に「広告」を挿入し、その掲載費やPV・クリックなどのアクション報酬を受け取る。それを運営費に、運営費を十分に賄えたら収益としてサービス提供元が受け取ることができるシステムが構築され、それが多くのサービスにおいて一般化しているのである。その例は大手SNSを見れば一目瞭然だ。オワコンTwitter, 合法差別主義Facebook, ナルシストの巣窟Instagram, その他のSNSの殆どが広告を必ずどこかに配置している。配置の方法、表示される方法と大きさ、表示頻度は関係なく、何らかの広告が存在すれば、少なからず広告による運営がされていると言える。収益化の方法が存在しないか限定的な場合、サービス提供と広告配信は切り離せない存在であることが分かるはずだ。

「信頼できるパートナー」が広告配信企業と提携し収益を得る

前項の場合は企業単位での広告配信である。しかしもっと効率よく広告を配信するのであれば、影響力のある個人によって広告を配信してもらい、その見返りとして報酬を与えるシステムがある。所謂パートナープログラムアフィリエイトというシステムである。パートナープログラムはGoogleやAmazon1)Amazonはこれをアソシエイト・プログラムと呼んでいる。など、アフィリエイトはA8.net, afb, バリューコマースといったところである。所謂GAFA系のパートナープログラムは審査基準や利用規約が厳しいが合格すると確実な収益源になる。対してアフィリエイトは始めたてのブログでも受かるほど簡単に通りやすいが、収益の条件が厳しい。その分大きく入るので実質ギャンブルである。そのギャンブルもコンテンツの閲覧者が利用するかどうかであり、全体の閲覧数が少ないと効果を期待できるものではない。もっとも、アフィリエイトはアフィカスサイトの存在から多くの人から嫌われており、1万人の閲覧者がいて、1人が利用すればいいくらいには利用されない。

さて、個人によって広告を配信する方法は、個人が独自のコンテンツを保有しており、そのコンテンツが単に収益のみを目的とした、中身が存在しないものではないことが条件だ。ブログで言えば広告だけ貼っている記事、一文しかないSNS並のゴミ溜め記事ばかりのもの。YouTubeであれば他にはないオリジナルな動画が存在せず、何かのコピペ程度のものでしかないもの。他にも挙げればきりがないくらい、その条件は存在する。ただ面倒なのでまとめれば、「手抜き」じゃなければ問題ないということになる。



多くの人が想像する広告のタイプは、ブログのようなサイト型コンテンツの文章中や邪魔にならない余白部分に広告を設置する方式や、YouTubeの動画の再生前・再生途中・再生後に表示される動画型広告(再生中の動画は一時停止される)である。これらの広告は普通にブラウザを利用しているかアプリを利用している場合、特別な理由がなければ表示されるので最低一度以上はそのタイプの広告を見たことがあるはずだ。また最近はストリーミングによる、所謂「実況者」系においても広告を配信することが可能になっている。この場合の広告配信システムは配信者がストリーミングの間にランダムに広告を配信する「頻度」のみを決定でき、配信は自動で行われるというものになっている。Twitchではこのシステムで広告の効果が見込める一定数以上の配信時間とフォロワー数のユーザーに与えられる。今や広告は企業・個人問わずどんなサービスでも存在するので、広告を見ない日は一切ないのであろう。

コンテンツの間に挿入される広告に嫌悪を示す人は少なくない

テレビを観ていて分かるのは、本編の間にちょくちょくCMが入るということだ。これが今日に至るまで普通だったため、この点について疑問に思う人は少ない。だがこれがテレビ以外のものになると、途端に文句を言う人が多い。それはインターネット自体が従来メディアとなるテレビとは異なる存在であると、色眼鏡で捉えているためであろう。だが現実は、従来メディアを運営している企業がインターネットメディアにも参戦しているので、内実はテレビと同じである。つまり、恣意的編集や偏向報道・特定思想擁護といった報道の透明性はインターネットだからといって保たれる保証はなく、広告についてもテレビを観ているのと同じように存在するということである。

それはさておき、コンテンツの間に挿入される広告とは、例えば私のブログで言えば読んでいる途中で広告スペースを意図的に入れていることである。これは一定の文字数ないし見出しごとに私自身が広告を挿入している。また、Googleによって自動で広告を設定してくれる機能もあり、このパターンでは全画面広告などもGoogleのAIによって最適なコンテンツに対して表示されるシステムとなっている。その関係で全画面広告を表示したりするのがあまり好きではないという人は、自動設定をしないということが多いようだ。

YouTubeの例では前述の通りで、Twitchのような配信系の場合は唐突に広告が挿入されることがある。これについては予測は実質不可能である。したがって、テレビを観ている時よりもCM予告はなく、キリの悪いところで広告が入るということは非常に良くある話になる。唐突にCMが入ってしまうとそれまでの流れを断ち切るような感じになってしまうわけで、これについては良く思っていない人は多い。端的に「不快」だと、そう思うはずだ。特にストリーミング系は、いいところで広告が入れば台バン必須である。

そうなると広告を除去する方法を考えることになる。その方法は主に2つだ。1つは課金して広告を無くすことで、もう1つはアドオンや端末内VPNを利用したアドブロックによる除去だ。前者は正式な方法で金が必要であり、後者は金は不要だがグレーな方法であり、時としてアドブロックの存在意義で論争になりがちである。このような傾向があるが故に存在や使用しているかどうかが伏せられるこれ。さらに最近はストリーミング配信にて多少ながら収益を出している人物との交友を持つようになったことから、広告と課金及びアドブロックについてより考えるようになったのである。次項より、広告とそれらの広告除去手段、そして収益の多方面からその在り方について考えていくこととする。

広告と広告排除と収益

インターネットの発展は広告の発展にも繋がったが、皮肉にも広告が嫌われる原因ともなってしまった。そんな広告であるが、広告を除去する方法とそれが「交友関係のある人」の広告だった場合についてを主に考えることとする。よって広告の一般論は本記事では考慮しないものとする。




広告を除去する方法

まずは視聴者・閲覧者がコンテンツから広告を排除する方法を考える。ここで挙げるのは先にも挙げたように、課金をする方法とアドブロックを使用する方法がある。この2つについて考える。

除去方法1:課金

広告を除去する方法で最もわかりやすく、最も簡単であるのが課金だ。ここではゲームに関する課金は除外する。この課金はブログ・動画等のコンテンツのみならず、一般的なアプリケーションでも課金によって広告を除去するようにするシステムが構築されていることが多い。動画系は有料動画を一定の額で購入、配信系はサブスクリプション型となっていることが多いようである。

課金システムについては専門家でもシステムの内容を見たわけでもないので詳細は不明だが、支払いにクレジットカード決済を行うものと、外部の決済サイトの利用、コード支払い、コンビニ決済、そのサイトのみで使用できるポイント等のサイト内通貨・クーポンを現金の代わりに支払うことによる課金が可能ということが多い。もっともそのポイントを入手することにポイント以外の課金が必要であるので、結局のところ現金は必ず必要ということが多い。

さて、コンテンツに対して課金するとどのようなことが起こるかといえば、有料限定コンテンツならコンテンツの閲覧権が与えられる。これは多くの場合恒常的なものになるが、広告とはあまり関係ないのでこれは考えない。基本無料のコンテンツに対しては課金することでコンテンツ内のいずれかの場所に存在した広告が即時除去され、動画・ストリーミング型(サブスクリプション)では不定期・唐突に挿入される動画型広告が(サブスクリプション中は)一切挿入されなくなる。つまり、広告を除去する権利を買っている、ということになる。権利=サービスであり、何かしらの「物」を得ていないことから、分類されるとするとサービス購入である。

現代は殆どのインターネットサービスないしアプリケーションの利用は基本無料が当たり前となっている。それ故初期費用がかかるものは手を出そうとしないという人は多いのではないだろうか。そう考えると、初期費用0円で始められて、利便性は課金要素とし、もし課金されなくても広告である程度は収益が出るような仕組みを構築するのが、これから生き残っていく上で利巧なやり方とも言える。

除去方法2:アドブロック

2つ目に上がってくる広告の除去方法がアドブロックだ。これはPCとスマートフォンでそれぞれやり方が違い、さらにiOSかAndroidかでもその方法が変わってくる。一般的にPCでは各ブラウザのアドオンとして、スマートフォンは1つのアプリとして導入される。だが今回はアドブロックの使い方について説明する記事ではないので、導入方法についてはここでは考えない。

Google ChromeとChromiumベースの新Microsoft Edge, 軽量系のFirefoxなどの主要ブラウザにはアドオンセンターが存在し、検索すればすぐ出てくることからアドブロック系アドオンは確かに存在している。そのため特別な知識がなくともアドブロックの導入自体は簡単に行え、アドブロックの導入方法と効果についても検索すれば簡単に出てくるほどにはメジャーな広告の除去方法である。スマートフォンの場合でも基本はアプリをダウンロードするのみであるが、それですら検索すれば情報が出てくるので、もはやアドブロックはデバイスを選ばずに行えるものになっているようである。

アドブロックの利点は、広告を除去するためのツールが殆ど無料で入手できることだ。つまり初期費用も殆どなしにあらゆるサイトとサービスから広告を除去できるということになる。通常は金のかかる広告の除去を一銭もかけずに行えることから、金をケチりたい節約したい人には重宝されているようだ。

しかしアドブロック自体はグレーな広告除去方法であり、広告収入を得ている人からすると広告が表示されないわけなので使用しないでほしいのが収益を得ている側の本音である。また使用していることを公言することは推奨されない。やるなら隠れてやってほしい、というのが話を聞いた人の意見の中であるようで、それが先述の人であるなら不快指数は高い。さらにアドブロックに対抗するためにアンチアドブロックのシステムが作られており、それに対抗するようにアンチアドブロック・アンチが作られるという「いたちごっこ」が起きている状況である。それほどまでにアドブロックは「嫌われている存在」であることが分かる。金を払わずして広告を除去するのだから、その意味では課金している人にとっても失礼なことと言える。

個人的には、広告が収益の一部であるGoogleがアドブロックのアドオンを黙認しているという点が不思議ではあるのだが、詮索しても答えは出ないので考えない方がいいであろう。




「悪意のない広告」にはアドブロックは本当に必要か?

これまで見てきたのは広告の除去方法だが、課金せずアドブロックを導入していなければ広告は様々な場所で表示されることになる。そこで思うことであるが、収益のみを考えているようなアフィカスサイトではなく、正しく広告を配置している「悪意のない広告」にはアドブロックは本当に必要か?ということである。つまりはユーザーにとって不快とならない位置にある広告や、システム上わざとではない広告には別にブロックしなくてもいいのではないか、ということだ。

良心のある人ならば、わざわざ広告のためにコンテンツを制作するということは少ない。コンテンツが先で広告が後からついてくるというのが普通だ。その際、意図的にコンテンツ閲覧者に対して不利益を被るような広告配置や設定は行うことはないであろう。それを考えたとき、アドブロックをしなくても少なくとも広告によって不快な思いをすることはないはずだ。もっとも、自動で挿入されるタイプの広告はコンテンツ制作者の制御できる範囲が限定的であることが多いので、そのタイプの広告だとしても少なくとも制作者に悪意はないので許容範囲だ。

交友関係にある人が「広告収入」を得ているなら尚更考えるべき

マストドンで活動していると、稀に私とは違うタイプの人と交流するようになる。その中にはプラットフォームやルールが違うが、収益方法としては私と似ている人がいる。そのうちの1人として、Twitchを主として活動している伝説の男ことトロオドンがいる。既にTwitchの規定する収益条件をクリアしているため、広告や投げ銭を利用することができるようになっている。ちなみに執筆時点では以前に隣人がVのトリセツ記事内で半分ほど触れた高城いちやについても基本をTwitchに移行しており、もう少しで収益化できるところまで来ている。

あるときからトロオドンの配信を観るようになった私であるが、資金的余裕のない私はサブスクリプションを実行することは残念ながら無理で、サブスクリプションできる機会は無期限に不明である。未だにPV数も収益も安定しないのが原因だが、これは地道な努力しかない。それはともかく、サブスクリプションをしていないため、観ている間にランダムで動画型広告が挿入されることがある。挿入される際は配信中の状況を反映しないため、会話途中で広告が入ることも多々あり、連続で広告が入ることも珍しくない。その逆に、開始から終了まで観ても1回も広告が入らないこともあるので、本当にランダムである。

トロオドンによれば、Twitchのシステムは広告配信頻度のみを操作でき、配信タイミングを操作することはできないという。また設定は割と多めにしているようであるが、そこに悪意が存在しているようには全く思えない。悪意がそこに存在するなら、全編広告で構成されているからだ。しかしトロオドンの性格からして、それを行うことはまずありえない。まだ交流を持ち始めて3週間前後であるが、観ていて、マストドンでも交流していてその様子は全くないというのが分かったためである。なので、アドブロックを入れる理由はない。これが私の答えである。

同時に広告は収益になる。つまりは広告を見るだけでもトロオドンの支援になるということだ。直接的な課金であるサブスクリプションや投げ銭(所謂Cheer)と比較すれば直接的な収益には繋がりにくいが、単純に観るだけで収益になるというのはよく考えられたシステムである。これらのことがあるため、アドブロックの導入は尚更考えるべきである。

トロオドン配信画面
トロオドン。Twitchの配信画面である。スクリーンショットのタイミングが微妙に悪かったので一部伏せている。話術はかなり高く的確なツッコミをする。

それでも広告が不要と感じるなら何でもすればいい

悪意のない広告には、私はアドブロックは必要ないと結論を出している。だがそうであっても広告全般を「鬱陶しい」と感じるかは個人差があり、私が感じなくても他の人はそう感じているということはよくある話だ。結局のところ、広告をどう思うかは価値観の違いに左右されるので、一概に「そうするべき」ということが通用しないのが現実だ。

そのため、私から言えることは1つである。悪意のない広告、交友関係のある人の広告。これらを考慮してもなお広告を「鬱陶しい」と感じるなら、広告を除去するために何でもすればいい。課金でもアドブロックでも何でもである。だがアドブロックについてはもし使用するにしても「使用していること」を表明しないのが礼儀である。また、蛇足なアドバイスとして、たまには広告を見るといい。悪意のない広告を見ることで、新しい情報を入手することができることがあるためだ。何かと悪く捉われがちな広告であるが、たまには良い側面にも目を向けてみてはどうだろうか。




その人の助けとなるのであれば広告は決して「悪」ではない

広告を見るだけの立場だった私が広告を扱う側に立つようになって、2年が過ぎた。あっという間に過ぎ去った日々であるが、広告についてより深く考えるようになったこと、そして広告が与える影響や良い広告・悪い広告に対する私自身の考えも持つようになったため、この2年間で広告について少しずつ学びを得ることができたと言えるであろう。

私のスタイルはインターネットが登場した当初から存在していたブログで、既存の胡散臭い「稼ぎ方」を全く無視した独自の書き方と広告の設置を行うという古くて時代錯誤的なものではあるが、私には現在進行形で人気の「動画」を使った収益方法は私には合わなかった。そもそも設備も場所もなく、そして動画を作るのは実に時間がかかる作業で疲れるためだ。その代わりに私は文章を創る能力がいつの間にか備わっていたので、それを生かして誰にとって需要があるかはわからないがブログを書いている。内訳を調査すると割とPC関係の記事が見られているようである。

それ故に動画やストリーミング配信における広告についての知識はあまりなかったのだが、その事情をトロオドンという伝説の男を経由して知ることができ、そして広告で収益を得ている人物は私以外にも多数存在するということである。それも、ブログ以外のコンテンツで。広告というシステムであればコンテンツの形はあまり関係ないということがよくわかる事例でもあった。

そしてこの記事を書いて分かったこと、それはその人の助けとなるのであれば広告は決して「悪」ではない、ということ。つまり1円でも1万円でも稼ぎになるのなら、別に広告は悪いものではないということになるわけだ。それが交友関係にある人なら尚更そう思うはずだ。さらに過去の私が述べていたことである、広告は新しい発見を与える広告に何かしらのアクションを起こすと経済活動になるということ。これらを含めて、是非とも広告をじっくり眺めていって、気になったらアクションを起こしてほしいものである。初期費用0円で出来る経済活動に、これを見ている貴方も参加してみるといい。

 

以上、個人的広告論2~その「アドブロック」は本当に必要か~であった。それでは、次回の記事で会おう。ン、バァーイ!

 

KIBEKIN at 00:00 Oct. 27th, 2021


スポンサーリンク




脚注

脚注
本文へ1 Amazonはこれをアソシエイト・プログラムと呼んでいる。
KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。今後の活躍の約束とHIKAKINリスペクトの意味を込め、リンクス岐部からKIBEKINに改名した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)