【元は法人向け】NEC VersaPro J タイプVS VS-5(VKT12/SG-5)レビュー:安くて使える2in1

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 宗教戦争並みに奥が深く闇も深いPCの世界
  • タブレットPC(2in1)は性能を犠牲に携行性と価格が高い
  • 法人向けは型落ちが中古市場に流れやすく価格もかなり落ちている
  • NECのVersaPro J タイプVSのVS-5(VKT12/SG-5)を1万円で入手したのでレビューする
  • Windows10の12.5型FHD、貧弱になりがちなスペックは最低基準を満たしている
  • 単体で約879g、キーボード付きで約1,200g、業務や学校での使用はもちろん持ち出して使うにも最適
  • 各種インタフェースを装備しておりUSB Type-CでUSB PDに対応する
  • 専用スタイラスペン標準装備でタブレット側に格納でき、格納中は自動で充電される
  • ゲームやクリエイティブな用途には使えないことを肝に銘じておく
  • VKT12/SG-5、中古型落ちなら安くて実用的

ガジェットの複数持ちをするとき、コレクティングのために複数持ちするというのは愚行だ。使ってこそ意味があり、ただ持っているのは宝の持ち腐れだ。壊れる心配をして使わない人がいるようだがそれは勿体ない。使うために作られたのだから、臆せず使うべきだ。

殆どの人は何らかのガジェットを持つとき、通常は同じ種類を「1つ」しか持たないのが普通だった。だが今は事情が違い、用途別に同じ種類で異なるガジェットを、その人が欲しいだけ持つことが多くなった。PCがその最たる例であり、私の場合は現在はゲーム用のデスクトップと通常作業用の8570wを保有している。ただ、8570wはラップトップではあるがワークステーションのため、大型で重く持ち運びは容易ではない。常に座って作業できる場所が常にあるとも限らないので、外に持ち出すことが少ない。

そのため私は、所謂2in1とも呼ばれるタブレットPCが欲しかった。だが中古でさえ高額な割に性能が貧弱なことが多いので、私の満足するものはなかなか見つけられなかった。そんな中偶然手にしたのがNECはVersaPro JのタイプVS、それのVS-5をなんと1万円(+送料)で入手したのである。しかも調査すると、元々は法人向けに作られたモデルであった。つまり意図せずにまた、法人向けのPCを入手したのである。法人向けPCには個人向けPCとは違った魅力があるので、この2in1について詳しく見ていき、興味を持ってもらえるよう記事として書いていく。

ブンブンハローキーボードが分離できるタブレットPC、どうもKIBEKINです。

ようこそ、PCの世界へ

宗教戦争並みに奥が深く闇も深いPCの世界

どの世界、趣味でも良い面があれば悪い面が存在する。とはいえそれぞれはその世界にいれば微々たるものと感じるはずで、大騒ぎするのはいつもがその世界にいない外野だ。なので外野からの雑言罵倒など気にしなくてもいいことである。ただしこれは一般市民と鉄道事業者に多大な迷惑をかけることが非常に多い鉄汚多には例外的に、警察という究極の外野が介入し、抑制を変えることが多い。

さて、そんな人間の屑の話はどうでもいいとして、PCの世界は果たしてどうかと言えば、それはもう市場と同様の大きさを誇る世界であると言っていい。そのパターンは様々で、メーカー単位で収集しそれぞれ使い分ける人、古いOSにカスタムを加えて使い続ける人、改造して本来は使えないパーツを無理矢理対応させる人、ジャンクをキメラ修理する人等、様々だ。これらは往々にしてその分野の専門家ということが多く、インターネット上のどこかで遭遇することができるはずだ。ただし日本ではあまり盛んではなく、寧ろ海外で盛んのように思える。




ところでPCのメーカーは現在は様々に存在し、国内なら富士通・Panasonic・NEC・倒産東芝、海外ならLenovo・HP・Dell・IBM・ASUSが有名メーカーとして名を連ねる。多くの人にとってこれらはPC以外においても馴染みのあるメーカーのはずだ。それ以外のメーカーも存在するが、いずれもこれらと比較してネームバリューが低いために注目されることがあまりないものになっている。だが逆にネームバリューの低さを生かして安くPCを製造し、安く販売しているようだ。これは最近、中国でよく見られる事象である。

ただし、特定のメーカーについては、時に宗教戦争のレベルで是非が問われる。それが顕著なのはLenovoである。Lenovoは中国企業の中では有名な部類に入るもので、本社は香港にある。また、Lenovoはシェアの大きいメーカーのPC部門を買収しており、ある意味の「爆買い」をして成長を遂げてきた存在だ。IBM・富士通・NECのPC部門はLenovoによって買収されたため、これらのPCも実質的にLenovoが製造していることになる。だが中国企業のPCメーカーであるために、中国共産党指導によるスパイ活動強制法である「国家情報法」が例外なしに適用され、全てのLenovo製品にバックドアが仕掛けられており、全てのユーザーの情報は中国共産党に盗まれているという話も度々、陰謀論的に発生する1)参照:パソコンは国産ブランドがいいと思う方へ知ってほしいこと。 :パソコンサポート 北山豊 [マイベストプロ青森] はっきり言って頭が悪い人間の記事なので読みたくもないが、参考資料として載せざるを得ない。。ただこれが事実であるというなら、多くの人がThinkPadをリアルなゴミ箱に棄てていることだろう。この事実があっても多くの人がThinkPadを使っているということは、一般使用においてそんなことは重要ではない、ということであろう。もっともLenovoもこの話が流れてしまった以上、「バックドアを仕掛けない配慮」をせざるを得なくなるはずだ。つまり、情報が盗まれる心配はただの取り越し苦労だということである2)参照:Lenovo幹部が「中国ではバックドアを仕込んでるけど他の国ではやってない」ことを示唆 – GIGAZINE もし海外に売り出すなら、特に大きなマーケットであるアメリカを狙うならバックドアを除去する他に売る方法がなくなる。そもそも個人のしょーもな!情報をどうしようというのだろうか。

なお、この件についての私の見解は、「中国共産党が全ての問題の根源にあり、Lenovoはその犠牲者である」と考えている。よってLenovoを拒否する理由はなく、叩くべきは中国共産党であるということだ。上に立つ者が無能ならその下も強制的に無能にさせられてしまう不条理、残念ながら中国共産党は能無し過ぎて理解できないので、力で引きずり降ろすしかないのが現実だ。

タブレットPC(2in1)は性能を犠牲に携行性と価格が高い

さて、それはともかくとして最近になって現れてきているのがタブレットPCである。別名として2in1という名前もあるが、一般的に通じているのはタブレットPCの方だ。タブレットPCはその名の通り、PCとしてもタブレット端末としても使用することができるもので、これに分類されるすべての機種がタッチパネルディスプレイ搭載で、キーボードは分離できるようになっているものとディスプレイを360°回転させることでタブレット化できるものの2種類に分けられる。前者はキーボードはマグネットで脱着でき各種インタフェースはタブレット側に実装されていて、後者はキーボードは分離できずキーボード側にインタフェースが実装されていてタブレット状態にするとキーボードが背面になる設計になっている。

タブレットPCの特徴として、大半のモデルが通常のラップトップと比較して性能が低くなり、その分軽量かつ頑丈になるように設計されている。そのため携行性は従来よりも高く、重くないのでどこでも持っていくことができ、膝の上に乗せて使ったとしても疲れることが少ない。バッテリーについてもなるべく長時間持つ=低消費電力になるようCPUや各種部品が調整されていて、軽量化も兼ねて交換不可能なオンボードパーツになっていることが多い。それはストレージ、CPU、RAM、場合によってはGPUもオンボードである。ストレージについてはeMMC3)参照:eMMCって何のこと?SSDとの違いを解説! eMMCは消費電力においてSSDを超える効率を持つため、極限に省エネ設計する場合には有効である。ただし1GB単価はどうしても高くなってしまう。と呼ばれる、SSDとは異なるフラッシュメモリを使用したものがあり、実質交換不可能なのでスマートフォンのストレージにも似るものとなる。そうでなくても、キーボード分離型のタブレットPCは従来型の2.5インチSSDではなくM.2 SSD(SATA3接続含む)を採用し、タブレットPCを薄くして軽量化に対応できるようにしている。

その分タブレットPCはそれらの(現行)最新技術をふんだんに使用しているので、通常のラップトップよりも高額になりがちだ。完全な新品でi7(第11世代)のPCを買おうものなら、同じ金額でフルスペックのゲーミングデスクトップを自作できるくらいに高いことが当たり前である。したがってCPUに拘りのない人ならi3以下、極論クソザコ地雷CPUとも言われたAtomと、現在はAtomの名前を使用せずPentium及びCeleronの名前で使用されているAtom系列のCPUでもいい、そう考える人も少なくないはずだ。そうなると新品で10万円以下は切ることもある。ただしゲーム用途には完全に向かないほか、スペックが低すぎると動画再生も高画質が難しくなることもあり得る。外でOfficeで作業する程度であれば、その用途には耐えることはできるが。



これらを考えると、タブレットPCはラップトップの完全な代替とはならない。また、一口にラップトップと言ってもHP EliteBook 8570wのようにモバイルワークステーションという大型のものも存在する。今ではワークステーション系も軽量・薄型化がなされて、10年程前のモデルのように極端に大型なものはなくなっているが、それをタブレットPC化することは技術的に不可能に近い。たとえ出来たとしてもあまりにもコストがかさんで高額になれば、誰も買ってくれないものになるであろう。それだと作る意味が全くないので、結局その手のものは通常のラップトップとして作る方が手間もコストもかからない、ということになるわけだ。価格以外にも考慮すべき点が多いが、まずは基本価格が下がることがタブレットPCの普及に繋がるものであると考えられる。

法人向けは型落ちが中古市場に流れやすく価格もかなり落ちている

ところで私は中古PCばかりを買っている。というのも、中古PC市場は低確率で「掘り出し物」に遭遇し、それを入手できる可能性があるためだ。ここでの市場は現実の店舗も、ECサイトやオークション・フリマサイト、全てが対象である。いいものはどこにでも転がっており、見る目さえあればどうにでもなるのである。ただしインターネットの場合は実物を見れないため、公開されている情報だけで判断しなければならず、その情報が「真実」かどうかについてもまた判定が難しいものとなる。前提として「100%疑え」の精神を持ち、もし内面ジャンク品を掴まされたとしても「見る目がなかった」と割り切れない人は、インターネット経由での購入はお勧めできない。

とはいえインターネットを経由した方が、売る側にとって人件費と設備費が抑えられるため、結果的に安く手に入る。それに加えて通常では見つけにくい「法人向けPC」販売されており、オークション・フリマサイトの場合はそれを格安で入手できる可能性が高い。往々にしてそれらは「調べれば情報が存在する」PCであるのだが、法人向けという言葉に惑わされているのか、中古PCだからか、或いは調べるのが面倒なだけか。狙う人が非常に少ないことが多く、これがオークションの場合は競合が少なくなることを意味する。あまり市場には出回らないものであるがゆえに適正な市場価格を調べることが難しいが、それさえ把握できれば変に惑わされることもないはずだ。そのため、市場価格よりも低くて安く買い叩けるなら、狙っていくのが理想だ。

ただしストアの場合、販売する側が売るために「嘘」を書いていることが多々ある。例えば3DCG系のGPU(QuadroやFirePro)はゲームには残念ながら適さないものであるが、そうであるにもかかわらずゲーミングPCと謳って販売する、人間の姿をした蟲が多々見られる。これは純粋にゲーミングPCを欲している人もそうでない人も不幸にするもので、PCのことを全く理解していない上にPCに対する冒涜と言ってもいい程の愚行である。これらのことが平然と行われているため、実際に探す際はこの点については特に注意する必要がある。

VersaPro J タイプVSのVS-5(VKT12/SG-5)を1万円で入手

ヤフオク、PayPayフリマ、無法地帯メルカリ。この3つで掘り出し物を探していた私はあるとき、ヤフオクで”2in1 タブレット”で検索し、その上限を1万円で検索をかけていた。日課のサーチであるこれ、その時にある1つのタブレットPCを発見したのである。

それはNECが開発・製造した法人向けPCのモデルVersaPro(VersaPro J)から、タイプVSというバージョンである。その中から2019年を中心に発表されたモデルであるVS-5だ。その中からVKT12/SG-5という型番で、同年7月18日発表のものである。VersaProには通常のラップトップとタブレットPCの2種類があり、VKT12/SG-5はタブレットPCのモデルである。NECの時点で法人向けというイメージが強いそれだが、発表時の価格は¥219,800(Office同封)または¥194,800(Officeなし)で、一般的なラップトップと同等の価格だった。それが私が見たときには、Officeなしで1万円ちょうど、ライバルは非常に少なく(おそらく5人もいない)、Windows11アップデート問題(TPM2.0ドライバ不適合)を抱えている以外に何も問題がないという超狙い目タブレットPCだったのである。唯一ACアダプターだけは存在しなかったが、これはUSB Type-C PD充電であるので問題ではなかった。ということで入札した私である。




普通なら、欲しいと思ったときに横から入札されてしまったら、上限予算内でそれを上回るように追い入札するのが基本である。だが不思議な事に、私が時間ぎりぎりで1万円で入札し、しかし追い入札があると想定して終了まで監視をしていたが、誰も追い入札をせずストレート落札に成功したのである。送料は¥1,260だがそれを入れたとしても発表当時の1/20の価格で、到着後に確認したところ特に何も問題がなかった。中古といえど状態はかなり良好なので、確実に「あたり」だ。偶然によって手にしたVKT12/SG-5、次項より詳しく見ていく。

元は法人向け、VKT12/SG-5

最初の確認:公式による仕様情報

まずはNEC公式サイトからVS-5のページを開き、VKT12/SG-5の欄を確認する。そこに書いてある仕様情報から、特に必要となる情報を中心にピックアップする。なお、パーツが選択できるものについては、実際に入手したものをベースとして記載する。

  • 名称:NEC VersaPro J タイプVS<VS-5> VKT12/SG-5
  • 型番:PC-VKT12SGG5
  • インストールOS:Windows 10 Pro 64bit
  • CPU:CoreTM i5-7Y54 2 Cores/4 Threads 1.20GHz (up to 3.20GHz, Turbo Boost Technology 2.0), 4MB cache
  • GPU:HD グラフィックス 615 (内蔵GPU) VRAM 2,134~4,182MB
  • SSD:M.2 256GB(SATA3/6.0Gbps)4)公式のパーツ選択情報にはM.2 512GB(PCIe)のSSDを選択できるため、接続部自体はPCIeであると考えられる。
  • RAM:オンボード8GB (DDR3-1866) 1,866MHz
  • 画面:12.5型ワイドカラーIPS方式液晶(FHD 1,920×1,080) AF(指紋付着防止) タッチパネル(静電容量方式) デジタイザーペン(静電結合方式・充電式)
  • キーボード:カバーキーボード(スライドパッド付。キーピッチ:18.4mm、キーストローク:1.7mm、JIS標準配列(86キー)、外形寸法:316(W)×224(D)×5.5(H)mm、質量約320g)
  • Webカメラ:メインカメラ:1080p, 500万画素, AF フロントカメラ:1080p, 200万画素
  • 追加ストレージ:microSD(SDHC/SDXC)スロット×1
  • クレードル:拡張クレードル(有線LAN×1 USB3.0 Type-C×1 Type-A×2 HDMI×1)  本体下部のDockコネクタと接続 外形寸法:334.4(W)×84(D)×27.5(H)mm 約617g
  • 消費電力(最大構成時):約4.6W(約45W、ただし65W対応のものを接続した場合65W)
  • 外形寸法(突起物含まず):315.8(W)×205(D)×10.7(H)mm
  • 質量(バッテリ含む):約879g5)最小構成の場合。入手したものはSSDが256GBのため、約880gである
  • リチウムイオンバッテリ駆動時間(JEITA 2.0準拠):約9.4~12.6時間(約11時間)
  • 充電時間(ON時/OFF時):約2.9時間/約2.8時間
VKT12SG-5の通常外観
VKT12/SG-5の外観。今回の型番はVKT12SGG5である。見た目は現行の一般的なラップトップと変わらない。スタンドがあり、自立させることが可能である。ラップトップとの違いは画面の縁が殆どないことだ。

公式による仕様情報から、VKT12/SG-5はラップトップで最低限必要とされる要求スペックであるi3で2コア4スレッド以上、RAM8GB以上、SSD256GB以上を満たしており、通常のラップトップとして使うのに問題ない仕様となっている。OSはWindows 10 Pro(64bit)で固定であるが、2in1で採用されやすいCPUであるCeleron N4100やAtom x7-Z8750とそれ以下のものを採用したタブレットPCより快適に動作する。また、ちょっと頑張ればAndroid-x86を理論上使用することができるため、高性能Androidタブレットと考えた場合でも、かなり優秀なものとなるはずだ。

考察:そもそもこれは何のためのモデルか

PCは殆どのモデルがターゲットを決めて製造される。よってVersaPro J VSシリーズも明確なターゲットを決めて製造されているはずだ。NEC公式サイトにおいてVSシリーズは”ビジネスPC(法人向け)/企業・自治体・官公庁向け Mate & VersaProまたは文教向け”にVSシリーズ最新モデルの商品情報リンクが存在する。このことから一般企業での使用及び学校教育の現場での使用を想定して製造されていることが分かる。一般企業では工場などの管理の際はキーボードを分離してタブレット端末として立って使用し、学校教育なら教員が授業や校外学習でタブレット端末として使用しつつ、両者とも事務作業を行う際はキーボードを接続してラップトップとして使用する、という運用が可能になるはずだ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

業務用の場合はスペックはあまり重要ではないため、仕事をするうえで突然止まったり動作中に処理が遅くなって業務に支障が出なければ問題ないレベルであれば殆どの場合OKだ。一般業務であるなら上記のスペックで十分で、ソフトウェアやサーバーなどの保守を行う人であればRAMを16GBにしておけば十分に耐えれるものになる。導入コストが安いことも企業にとって重要な要素であり、購入の場合は本体価格が高くなく、リースの場合は長期的に見た場合の運用コストが総合的に低くなるものを選ぶことであろう。その際、VSシリーズはバランス的に候補となり得るはずだ。もっとも大抵の企業は専門のリース企業から契約して貸与を受けて使用するので、コストの心配はあまりする必要がないであろう。問題となるのはリースする側であるが、これはまた別の話である。

デザインと手触り:単体で約879g、キーボード付きで約1,200gのタブレットPC

タブレットPCで最初に気になることと言えば、デザインと手触りだ。これらについては電源を入れなくてもわかることである。デザインに関して言えば、法人向けモデルとなるそれに求めるのは酷なことである。特に色が塗られているわけでも、派手な発光機能が用意されているわけでもない。黒のカバーキーボード、本体背面はシャンパンゴールドのような色であるが、業務においては決して派手には見えない色だ。シャンパンゴールドなのは、視認性を確保しつつも派手ではない色を考えた結果それになったと考えられる。Apple系標準色のシルバーではないのは、「そういう事情」もあり得る。

その分利便性を重視しているのが法人向けPCの特徴でもある。タブレットPCタイプのVersaProの一部はキックスタンドが装備されており、VKT12/SG-5も装備されている。タブレットPCはタブレット状態では自立不可能な場合が多いが、VKT12/SG-5はキックスタンドによりタブレット状態で自立させられるため、動画を見るときには非常に便利である。キックスタンドは90°~-60°まで可動するが、固定される(安定する)のは75°~-60°となっている。可動範囲が広いため、床(ベッド)に寝転がっての使用もある意味で可能だ。とはいえそのような使い方をする人は少ないであろうが。

タブレットPCは分類上PCであるため、各種インタフェースが実装されている。一般的なPCではそのインタフェースのコネクタはむき出しであるが、タブレット端末としての保護と外見の綺麗さも考えてであろう、キーボードとの接続インタフェース以外はカバーによってガードされている。使用する時はカバーを外して、使用しない時はカバーをしておくことができ、これによりコネクタにゴミなどが入り込みにくくなる。よってそれを起点とする故障に遭遇しにくくなるという利点がある。やはり業務で使うには「故障しにくいこと」が求められるのでそれに対応した形と言える。

さて、重量についても見ていく。タブレットとして持って使うのであれば、重すぎないことが前提条件となる。仕様では単体で約879g、キーボード付きで約1,200gとなっている。しかし数値と実際の重さの感じ方は異なるため、手に持って確認した。ここから先は個人の感想となるが、タブレット単体の時、その感じとしては片手で持っても疲れないくらいに楽であった。ただし片手持ちは大きさの関係上縦向きに持つ以外ができないため、横向きは必然的に両手持ちとなる。しかし本体上面には首掛け用の紐がつけられるポイントが2箇所存在するため、それを利用すれば横向きでも運用は楽になる。キーボード付きの場合は安定性の関係で、通常のラップトップで出来る片手持ちキー入力や膝の上に乗せて運用は不可能なため、ちゃんとした机が確実に必要になる。その場合はタブレットとして使った方が安全だ。なお、単に持ち運びをする場合、それほど重量変化を感じることがないので持ちやすい。キーボードはカバーも兼ねているため、画面保護のためにも持ち運ぶときはなるべくキーボードは装着しておくといい。本体カバーについてはキーボードとキックスタンドの関係から使用するのは難しいであろう。

VKT12SG-5のインタフェース情報
VKT12/SG-5の主要インタフェース。タブレット側に画像の通りにインタフェースが装備されている。キーボードとの接続部分については明確なため省略している。

充電はType-C経由、USB PD対応

ラップトップの殆どは充電を付属のACアダプターに依存する。そのコネクタは多くが丸型で、その大きさは基本的に統一されているものの、メーカーによって大きさが異なることがあり、それ以前にコネクタ形状が全く異なることもある。Lenovo系のラップトップではコネクタが角型のものがあり、それはLenovo傘下にあるNECも同様で、角型コネクタの物が存在する。これは検索して実際に確認するといい。

独自規格はいつもユーザーから嫌われていた存在であるが、それを省みてか、最近はあらゆる電子機器においてコネクタの統一が進んでいる。その代表的存在と言えるのがUSB Type-Cだ。これまでのUSBコネクタに存在した「表と裏の関係」を解消し、従来よりも大電力を扱え、設定によっては映像・音声出力を可能にしたもので、スマートフォンやタブレットの殆どはType-Cを採用するようになり、ラップトップないしタブレットPCも採用が進んでいる。VKT12/SG-5もType-Cが1つ存在する。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

Type-Cは従来のACアダプターとほぼ同じ電力を扱えながらも、コネクタの大きさは明らかに小さい。つまりタブレットPC向けのコネクタであると言えるわけで、薄さと軽量化に一役買っている。そして充電はそのType-Cコネクタから行えるのである。しかもType-Cということは、形状さえ一致していれば必ずしも純正のACアダプターである必要はなく、45Wまたは65W出力ができるものならサードパーティ製のACアダプター(とUSB PDに対応するType-Cケーブル)で充電できることを意味する。もちろん純正でもいいが、持っていくときの重量を考えれば重い純正アダプターを持ち歩くよりは小型に作られているサードパーティ製がいいのであろう。ただし一部は安全性の保証がないので購入の際は慎重に。

しかし仕様にもある通り、残念ながらVKT12/SG-5では映像・音声出力には対応していない。Type-Cの特徴でもあるDisplayPort Alternate Modeには非対応である。その分microHDMIが付属しているので、それを使うことになる。また、できないのはそれだけのようで、Type-CコネクタとなっているUSBメモリは認識した。なお、Windows PC同士で接続してみたものの、認識はしなかった。想定されていない接続方式だったようだ。

VKT12/SG-5の中身を見ていく

ここまでは外見と一部のインタフェースについて見てきた。今度は中身を見ていくこととする。

VKT12/SG-5をベンチマークする

多くの人が気になるのは、VKT12/SG-5のベンチマーク結果である。CPU単体ではベンチマーク結果は情報が出ているものと思われるが、VKT12/SG-5としての情報はおそらく少ない。そのため、CPUのベンチマークにはCPU-Zを、総合的なベンチマークにはベンチマークソフトのCINEBENCH R15を使用して検証する。CINEBENCHについては単にR20に更新するのを忘れただけであるが、R20にOpenGLはないのと、CPUのベンチマークルールが違うためR15とR20で単純比較ができないものになる。したがって、CINEBENCHはR15基準のデータとして閲覧してもらいたい。それぞれのベンチマーク結果が以下である。

VKT12SG-5のベンチマーク結果
VKT12/SG-5のベンチマーク結果。可もなく不可もなくの結果である。普通に使うには、おそらく問題はないであろう。

結果は画像の通りである。この結果から可もなく不可もなく、のスペックである。気になるのは、ベンチマーク中のCPUクロックで、スペック上は3.20GHz6)参照:インテル® Core™ i5-7Y54 プロセッサー コンフィグラブルTDP-upにより1.60GHzまで上昇できるようで、VKT12/SG-5ではこれが有効になっている。まで上げられるが、VKT12/SG-5では2.80GHz程度までしかクロックが上がらなかった。考えられる原因としてACアダプターを接続していないためであると推測したが、45WのACアダプターを接続しても最大まで上がることはなかった。もう1つの推測として65WのACアダプターを接続した場合は3.20GHzまで上がると推測しているが、残念ながら検証不可能である。とはいえ省電力重視のCPUであるので、パワー不足であったとしてもその分継続使用時間は長いので問題はないはずだ。

ところでCPUについては先駆者が既に検証を行っていた。その先駆者の情報によればi5-7Y54とi7-7Y75で比較を行っており、ベンチマークや動画視聴によるテストの結果、クロックが低いi5-7Y54は発熱が少ないため、クロック低下の現象が起きにくいことを発見している。逆にi7-7Y75はクロックが高い分、熱が発生しやすくモデルによっては排熱構造が不十分で熱がこもりやすいこともあるので、複合条件的にクロック低下を招いて総合的に性能低下を引き起こすことが分かったのである。タブレットPCはファンレスが多いため、その影響もある。これらの点も考えると、VKT12/SG-5のスペックは弱いわけではないと言える。

法人向けのためゲームには向いていない

このスペックからもわかることであるが、到底ゲームには向いていない。それは法人向けのタブレットPCとして製造された時点で察しているはずだ。ゲームで必要な驚異的なスペックを持ったパーツは、通常業務では明らかにオーバースペックでありただただ高額になるのと、タブレットPCの構造上排熱が追い付かずに総合的な性能低下、各パーツの寿命の低下、故障可能性の上昇など、様々なデメリットを考えることができる。そもそもゲームについてはデスクトップや専門メーカーのゲーミングラップトップに任せればいいわけで、法人向けはいかに高額にならずに、しかし性能は最低限保障し、故障が少なくなるかを考えて、その通りにするのが仕事である。

とはいえ、非常に軽いゲームであればできないことはないと思われる。ブラウザゲームなら、設定を軽くすればまともには動くであろう。またWindows10としてではなく、どうにかしてAndroid-x86として使えば高性能なAndroidタブレットとしてAndroidアプリ版のゲームを快適にプレイできる可能性は高い。ただし、VKT12/SG-5自体がそのままで十分使えるものであるのにそこまでする価値があるかどうかであり、そもそもAndroid-x86は不安定なところも多いので、あくまでもゲームを快適にプレイするために行う「大回りの手段」に過ぎない。Android-x86レポートについては余力があれば行う予定ではある。



専用デジタイザーペン標準装備でタブレット側に格納でき、格納中は自動で充電される

タブレットPCが便利なのはタッチパネルディスプレイだからである。多くは静電容量方式による微小な静電容量の変化を信号に、それをタッチされた場所として反映するものである。そのおかげで直感的操作がかなり再現されるようになったが、その次が「もっと繊細にタッチを反映する手段」である。そこでニンテンドーDSのタッチペンのような、タブレットPC等タッチパネルを搭載した機器で使用できるペンが開発される。それがスタイラスペン及びデジタイザーペンと呼ばれるものである。通常スタイラスペンはスタイラスとも呼ばれ、これは市販されているペンであり、あらゆる機器で使用できるもの7)参照:スタイラスペン (stylus pen)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 ここではDSのペンについても取り上げられており、感圧式であるため反応しないことが言われている。で、デジタイザーペンは特定機器専用に開発されたペンでそれ以外では使用できないもの8)参照:デジタイザ (digitizer)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典として区別されるものとなっている。

VKT12/SG-5では専用のデジタイザーペンが標準装備されている。これはタブレット側に格納できるもので、格納中に自動で充電されるものになっている。画像は以下である。

VKT12SG-5デジタイザーペン
VKT12/SG-5のデジタイザーペンとその格納場所。デジタイザーペン自体は普通のペンと変わらないが、ボタンがついている。格納場所は各種インタフェースの上にある。

タブレットPCは手で触れられるものだが、フィルムを貼っていない場合はどうしても指紋がべたべたついてしまうので触りたくないと思うことは多いはず。その際にはデジタイザーペンを使い、タッチ操作の殆どをこれで代行することができる。また、このペンはVersaPro/VersaPro J 活用ガイド(タイプVS)デジタイザーペンのページに仕様が書かれており、2つのボタンが存在する。このうちペンを持ったときに上に来るのが右クリック、下に来るのが消しゴムの機能となっており、マウスの代わりになると同時、ペイントソフトにおけるペンそのものとして機能するようになっている。

一般企業で使用する場合、このペンは立って作業するならマウスの代わりとなり、契約書や誓約書の名前の欄にサインを求めるためのペンとしても使える。学校なら絵を描くことやノートの代わりにもなる。決して多機能というわけではないものの、それだけのことができれば十分なはずだ。なおこのデジタイザーペンの形式は”PC-VP-TS30″で、NECのカタログによればタイプVS専用のデジタイザーペンである。タイプVU(PC-VP-TS33)のものとは共有できないため注意が必要である。ちなみにこれらのペンは先端がプラスチックの芯を使用しているため使っているうちに摩耗してそのうち短くなってしまう。その状態になったとき用の交換用の芯も扱っており、運用時の保守についても製造時からしっかりと考えられていることが分かる。しかし一般流通していないため、入手が困難であり在庫があっても異常に高額であることが殆どだ。

メインカメラ/フロントカメラ付き、動画も撮れる

死のコロナウイルス情勢下になってからはテレワークの推進と共に外付けWebカメラとWebカメラ搭載モデルのラップトップが流行ったが、大抵の場合はフロントカメラ(=自分を映すカメラ)だけがついている。最近は軽量化されているとはいえ、それでも持って移動するにはラップトップは重いものであることは間違いない。したがってそれを持って写真や動画を撮影することはまずありえないわけで、導入コストも含めて考えれば宝の持ち腐れとなるメインカメラは搭載しない。

その反面、タブレットPCは非常に軽量で、キーボードの分離が可能なら1kgを切ることも当たり前だ。VKT12/SG-5は基本重量879g(+1~3g)で、その重量は1kgを下回る。元からタブレットとして設計されているものよりも重量はあるが、それでも持ち歩くには問題ない重量となっている。両手で持って対象物を「追う」動きも容易である。また、業務においてはメモするよりも写真や動画で撮った方が早くてわかりやすいことは往々にして存在する。その時、手元にある端末で撮影できれば手早く、データ共有にも楽なはずである。それらを見越して、VKT12/SG-5には正面を捉えるメインカメラと、テレワーク等で必要になるフロントカメラの2つを搭載している。カメラの使用にはWindowsに搭載されているアプリを使用する。起動した画面が以下である。

VKT12SG-5のカメラ
Windows標準アプリの「カメラ」からカメラを起動した状態。メインカメラとフロントカメラの2つがあり、メインカメラでは意外とできることが多い。

法人向けのモデルであるが、カメラ性能が意外にも良いものを採用している。しかも動画撮影も可能で、その画質は1080pが普通に撮影できるものである。そしてフロントカメラも搭載されているわけで、ビデオ通話でも困らないものになっている。なお、カメラ性能としては1080p以上は推奨されていないがそれ以上の設定も可能ではある。しかし画質は悪くなるのでお勧めはしない。

VKT12/SG-5はmicroSDHC/SDXHを使用することができる。写真や動画は容量がどうしても大きくなり、ストレージを圧迫しやすい。それを回避するためにもSDカードを保存先に指定するといいだろう。写真に関しては撮影後、ペイントソフトをインストールしておけばそのまま編集も可能であるので、意外と便利なものとなるはずだ。動画に関してはAviUtlでもスペック不足なので難しいので、それは素直に別のPCで行うことだ。

VKT12/SG-5については大方、解説を完了した。他に書くべきことが発生した場合、別記事として書いていくつもりである。




VKT12/SG-5、中古型落ちなら安くて実用的

HP EliteBook 8570w, 大型のモバイルワークステーションであり、発表から10年以上経った現在でも十分運用していけるスペックを持ったこれの問題点は、大型ゆえに持ち運ぶのに苦労し、バッテリーは劣化していて十分な性能を引き出すにはACアダプター接続が必須であるため、外にはあまり持ち出したくないということである。もっとも、外に出る用事がほぼないために代替バッテリーを購入して使用する必要もないので、特に問題はない。しかし時にどうしても外に出る用事が発生し、それが長時間のものである場合は長いことブログの管理ができなくなる状態になるのと同じことを意味する。残念なことにその間でも「攻撃者」は常に破壊を求めて攻撃してくるわけで、それに対応するには持ち運びも展開も容易にでき、必要最低限の「編集能力」を持った、ラップトップよりも取り回しが良いタブレットPC=2in1が最適である。そう考えた私はそれが欲しくなり、しかし金は相変わらずないので安値でいいものを探すべく、中古市場を漁っていたわけである。

そうしてヤフオクで偶然見つけた1万円ジャストのNEC VersaPro J タイプVS VS-5, 破損も劣化も少なく1万円で出ているのが不思議なくらいに状態が良く、苦戦すると思われた入札合戦もなしにストレート落札するという強運で入手したものは、型名がVKT12/SG-5, さらに詳細な型番がVKT12SGG5の、おそらく最前線で使われていたはずのものである。しかし裏を見てみると出荷年月が2020年7月で、型落ちとして扱われるにはあまりにも早すぎるくらい最近に製造されたものであると分かった。もっとも、この手のモデルの製品サイクルは非常に早く、直近の後継モデル(VKT12/SG-6)は2020年1月15日に発表されている。したがって2020年1月中旬の時点で「型落ち」にならざるを得ない状況になったのである。もっとも性能的にはあまり変わりなかったようであるが。

製品を長く使うという観点から見ると、果たしていいことかと言われると微妙な話である。だがまだ使えるものをそのまま捨ててしまうのは勿体ない話で、法人向け「だった」ものはリース企業自体が中古PC専門で般消費者向けに通信販売を行っているほか、各地のPC専門店で一般向けの新品PCとは別に中古・アウトレットとして販売している。そして各ECサイトではストア販売、そして個人によって出品されているものと様々に存在する。中には本当の意味で「ジャンク」も多数存在するが、今回私が偶然にも入手できたように、「掘り出し物」は必ず存在する。法人向けには実際それが多いのである。

発表当時は高すぎて手が出せないレベル(そもそも法人向けなので個人では買えない)だったVKT12/SG-5も、中古の型落ちとなれば安くなる。その性能は、一般向けに匹敵しなくとも日常生活で使うには十分で、そして安いので実用的である。もし興味を持ったら、少し探してみるといい。きっと同じものが安く見つかるはずである。

 

以上、NEC VersaPro J タイプVS VS-5(VKT12/SG-5)レビュー:安くて使える2in1、であった。それでは、次回の記事で会おう。ン、バァーイ!

 

KIBEKIN at 00:00 Feb. 9th, 2022


スポンサーリンク




脚注

脚注
本文へ1 参照:パソコンは国産ブランドがいいと思う方へ知ってほしいこと。 :パソコンサポート 北山豊 [マイベストプロ青森] はっきり言って頭が悪い人間の記事なので読みたくもないが、参考資料として載せざるを得ない。
本文へ2 参照:Lenovo幹部が「中国ではバックドアを仕込んでるけど他の国ではやってない」ことを示唆 – GIGAZINE もし海外に売り出すなら、特に大きなマーケットであるアメリカを狙うならバックドアを除去する他に売る方法がなくなる。
本文へ3 参照:eMMCって何のこと?SSDとの違いを解説! eMMCは消費電力においてSSDを超える効率を持つため、極限に省エネ設計する場合には有効である。ただし1GB単価はどうしても高くなってしまう。
本文へ4 公式のパーツ選択情報にはM.2 512GB(PCIe)のSSDを選択できるため、接続部自体はPCIeであると考えられる。
本文へ5 最小構成の場合。入手したものはSSDが256GBのため、約880gである
本文へ6 参照:インテル® Core™ i5-7Y54 プロセッサー コンフィグラブルTDP-upにより1.60GHzまで上昇できるようで、VKT12/SG-5ではこれが有効になっている。
本文へ7 参照:スタイラスペン (stylus pen)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 ここではDSのペンについても取り上げられており、感圧式であるため反応しないことが言われている。
本文へ8 参照:デジタイザ (digitizer)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。VRやVTuberに触れる機会が増え、今後はリスペクトだけではなく自分を作る意味を込め、VTuberならぬVBlogCreator"KIBEKIN"として新しいスタートを切る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)