【熟考】スマホ・ブラウザゲームへの課金は計画的に行うべき理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • アプリゲーム・ブラウザゲームは現在の主流
  • 基本無料+各種の課金要素で成り立つ
  • 確率系課金要素に入れ込むことは非常に危険
  • 「本当に必要か?」と自分に問うてみる
  • 生活に直結するからこそ計画的に

スマートフォンの出現は、携帯の概念とともにゲーム機の概念も変えた存在である。登場以降、ゲームアプリが出るにはそう時間はかからなかった。スマートフォンの登場の少し後に出た単純なパズルで龍なやつや、元はエロゲの鯖だとかなんだかよくわからないが爆死勢が多く池沼が非常に多いやつなど、所謂「世界的人気」を誇るものがある。私は一度たりとも触ったことがないが。

同時に、PCの性能向上と1人1台が当たり前となった影響か、或いはスマホの登場に合わせたか、ブラウザ上のFlashで動くゲーム、所謂ブラウザゲームも登場した。単純なブラウザゲームは既に存在しているものの、本格的なものは2010年頃に登場している。これらはFlashを搭載しないスマホでは通常プレイすることは不可能であるが、アプリ化してプレイできるようにしたものも存在する。いずれにせよ、これらは基本的に無料かつ下準備なしで遊べるものとなっている。またFlashの終了に伴い、現在はHTML5がその役を担っている。

当然ながら、コンテンツを創りそれを維持するためには、収益に繋がらなければならないのである。これまでのコンシューマゲームとは違ってROMで稼ぐのではなく、追加要素や恒常的な”アイテム”を購入させることか、メディアミックスや関連のグッズを販売することによって稼いでいる。そして、実に巧い方法で課金を勧めるよう、企業は手を打っている。

これに関しては、ビジネスモデルとしては優秀である。だが、これに乗せられて度を越えた課金をする人が多く存在し、所謂ハイカ・キンゼーと呼ばれる。課金すること自体に問題はないが、将来のことを考えると課金のするしないを見直したほうがいいということを提案する。

アプリゲーム・ブラウザゲーム

ゲームの現在の主流となった存在

今更説明するまでもないが、スマートフォンは画面をタッチして動かす。この操作方法がゲームの操作方法にも影響を及ぼし、画面の任意の位置を触り、直感的操作を可能にした。ボタン・コマンド入力の遅延や操作の冗長性も同時に解決することにもなる。

初期の頃は、スマホで出来る動作はタッチ、ドラック&ドロップの単純な動きを利用したものが多かった。同時に単純が故にユーザーが入りやすく、同時にユーザー数も多くなった。冒頭で説明したパズルで龍なやつは、もう10年以上続いているのではないだろうか。ただ、詳細は何も知らない。

そして、ブラウザゲームもスマホゲームに対抗するかのごとく、本格的なものを仕入れてくる。しかし有名どころは殆どがDMM産になる。オワコンの代名詞ながら今も悪あがきを続けているKNCLは、認めたくはないがその第一号ともいえる。それに続いて、色々なところでブラウザゲームが出てくるようになった。




『基本無料』が稼ぐ方法

さて、これらのゲームは、アプリであればダウンロードするだけ、ブラウザであれば所定の会員登録を済ませることですぐにプレイできる。その場合、基本料金などはかからない。必要なのは端末のスペックである。スマホゲームなら特にそうである。

当然ながら、基本無料ではどうやって稼ぐのかという疑問が浮かぶことになる。様々な経費が開発中も開発後の保守整備にもかかるわけであるため、お金にならない以上する意味がないのである。

ゲーム内アイテムとお金の等価交換

そこで、ゲーム内アイテムの出現量をあえて調整し、基本的には時間を掛けて集めさせるように1回当たりの取得量を少なくしている。そして、それを短時間で大量に取得したければ、「お金を払って」取得できるようにする。ゲーム内アイテムの取得に、自らのお金を差し出し、それと等価交換するということである。

このアイテムは、多くのゲームで通称「石」と称される、ガチャを回すためのアイテムをはじめとして、ゲームを有利に進めるための武器など、強化・追加要素に対して設定されることが多い。或いは、ガチャを回すために直接支払うパターンも存在する。花騎士の場合はこれが多い。

料金設定としては1回100円と、現実のガチャそのものを意識したかのような設定となっている。基本は等価交換であり、何かしらの特典がつくことはあまりない。なお、無能政府の弱者追い込み消費税10%に伴い、120円に変更されている。その分、若干の特典つきとなっていることが多い。ゲーム内データにすら消費税なのか…(困惑)

もっともこれだけでは、課金要素としては力不足である。ただガチャを回すために買うのだとしても、それは大抵無償の石で賄えるものだからである。この方法ではあまり収益も上がらない。

特典を重視した「単価の大きい」課金の出現

そこで製作側は考えたのだろう、とにかく可能な限り特典を詰め込んで、その代わり1回当たりの単価を高くした「スペシャルオファー」を用意した。これらの多くは1000円以上、1万円以下ほどが相場であり、オファーの期間はざっと2週間程度である。

ゲーム内アイテムでもレアなアイテムが勢ぞろいということがあり、それぞれを単体で購入した合計よりも安くなることが殆どである。また、通常の課金では存在しないアイテムもついてくることが多いので、実質的にはプラスの扱いになるものと思われる。あくまでも一般論であるが。

しかし、この課金要素は往々にして複数回あるいは複数同時に展開されることが多い。よって、それら全部に課金しようとすれば、極端な話、新卒の給料並みの出費となることもある。この手のゲームに一定数存在するコンプリート勢は課金前提で動いていることもあるが、全部に手を出して人生が自滅するハイカ・キンゼーとなることも少なくない。

そのため、かなり大きな収益を上げている反面、課金する人もかなり限定的であるということも十分に有り得るものである。小額課金者が手を出さないと仮定すると、収益は通常の課金アイテムを定期購入するのと同じ程度かもしれない。




「自制」の重要性

確率系課金要素に入れ込むことは非常に危険

私が問題提起したいのは、課金するにしても「自制が効くかどうか」ということである。課金要素は大きく分ければ確率に依存しないものと、確率に依存するものに分けられる。単純な追加要素や本編とは関係ないお遊び要素、課金限定の武器などは前者、ガチャは後者にあたる。

現実における商品を買うのと同じようにお金を出せば目的のものが確実に手に入るというのなら、課金する価値はある。しかし、ガチャのような、お金を出しても目的のものが確実に手に入るとは限らない場合、非常に危険である。

運と課金の相性の悪さ

ガチャをメタレベルで言えば乱数である。単純に”srand(time(NULL));”に勝てるかどうかの話であり、そこにはプレイヤーの行動は一切影響しない。よく言えば運次第で誰でもチャンスがあり、悪く言えば努力は無駄である。

努力と(回線やラグ対策などの)環境で戦うFPS・アクションは運要素が1%程度絡むものの、原則として実力が伴っていなければまともに戦うことは出来ない。努力を怠る人には残念ながら向いていないゲームジャンルである。逆に、実力があれば運要素をほぼ排除することができるため、出来る人で運ゲーが嫌いな人は満足できる。なお、ここでの努力とは、各種パラメータや特性理解、MAP記憶、操作の叩き込み、上手い人を研究する、自分の得意・不得意の理解・相性の確認、運営元のバランス調整に関する情報収集、トレンドなどである。コンシューマであるが、ACVDではこれを怠らずに、常に努力を重ねていた。そのため傭兵専門ではあったが、かなりの雇用率を誇っていた(隙あ自語)。

対してKNCL・花騎士をはじめとする殆どのキャラゲーはその特性上、キャラの取得は全てランダムである。花騎士では新キャラの取得方法は一部を除いてほぼガチャ依存であり、確定ガチャは3000円~5000円となっている。もっとも、確定といいつつも「選択」出来るわけではない。したがって1回で勝負がつくとは限らず、場合によっては何回でもやる破目に陥るのである。

どこかで「諦める」ということ

無論、それでも手に入れたいと願うのであれば課金することに関しては何も言うことはない。それは個人の自由である。ただし、入れ込みすぎて自分の生活を苦しめることになったら元も子もない。生活が成り立ってこその娯楽であり、生活を崩壊させるまで娯楽にのめり込むのは愚行である。

このとき、この節の冒頭でも述べたように、自制が効くかどうかに全てがかかっている。手に入れたい気持ちというのは私も経験があるので分かるのだが、しかしどう頑張っても駄目な時は駄目なものが存在する。そこで自制が効かなければ、結果的に破滅である。

そうならないためにも、自制によって「諦める」という選択が出来るようになる必要がある。諦めるのは屈辱的かもしれないが、だが破滅よりは圧倒的にいい。破滅さえしなければ、まだどこかでチャンスがあるということでもあるからだ。

「本当に必要か?」と自分に問うてみる

また、誰かと生計を共にしている人は特に考えてもらいたいのである。課金について今一度、「本当に必要か?」と問うてみる。ゲームにとっては必要なことであることは確かだが、自分の生活にとって必要か?と問う。さらには、課金と家族あるいは大事な人に使うことと、天秤にかけて考える。

熟考の結果どちらを選択することになったとしても、それは個人の自由である。だがまずは自問自答して、考える。これは自分の課金スタイルを見直す意味でも重要である。




計画的な課金をすること

どんな人間でも、まずは生活に必要なことに対してお金を消費し、その余った分を貯蓄なり何かを得るために使用するという使い方が一般的である。生活に必要な分まで回すということは、正常な人ならまずしない。余った範囲の中で課金するのが一般的である

しかし、ゲームは所詮ただの2進数データの集合体に過ぎないことも忘れてはいけない。また、アプリゲーム・ブラウザゲームはその性質上、サービスが終了した時点で課金は全て水の泡である。これを見据えて無課金を貫くか、或いは投げ銭として一定額まで課金するか。何はともあれ、課金をする際は計画的に行うべきである。ハイカ・キンゼーは、正直すべきではない。

 

以上、課金は計画的に行うべき理由であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 16:00 Jan. 1st, 2020


スポンサーリンク




Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)