【身近な皮被り】親しき隣人が「V」の時のトリセツ~反V主義の視点から~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐと言えば、YouTuber
  • 今からYouTuberとなって活動するにはリスクが高すぎる時代
  • 顔を出さずして活動する新しいタイプがVirtual YouTuber
  • 実は反V主義であるKIBEKI
  • しかし隣人にはVになろうとしている人がいる
  • Vになるための「キット」の市販品が存在する
  • その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考える
  • 対抗してKIBEKINとしてYouTuberになるか?

中古品の世界で、ディスクメディアの場合は非常に恐ろしいものである。それは平然と起動不可レベルの傷がついたものを、詳細を見せずして売る輩が多数存在するためだ。したがってこの場合は個人出品者の中古品は買ってはならないという警告ができそうである。なお、そのディスクについては復元作業を記事にする予定である。偶然にも1つのネタが出来た。

7月19日をもってHikakinTVが10周年という時の流れの早さを感じつつ考えることは、YouTuberである。ここまで来るともはや説明不要な存在である。しかし全国出る杭は打たれる時代、YouTuberの性質上顔を出すのが一般的であるが、どういうわけか人間の姿をした蟲は多数存在し、真面目に活動しているYouTuberに対して「攻撃」を行う屑が多い。それはHIKAKINやSEIKINですらその被害を受けることがあるほどで、リスクヘッジのためには顔を出さないことも必要になる。

それを回避する方法とでもいうべきか、二次元の皮を被り、一部は声も加工した、非現実的存在に顔出しを代行させるタイプのYouTuberが登場する。これがVirtual YouTuberであり、略称でVTuber、或いは単にVと呼ばれる。だが私は基本的にYouTuberが好きで、Vは嫌いである。これは反V主義とでもしておく。Vの性質上殆どが身体を出さないでゲームか何かするだけで、全くもって差異が見られず、HIKAKINやSEIKINほどの面白さを感じないために嫌いである。

しかし最近、隣人がVになりそうな機運が高まっている。反V主義の私であるが、この場合のVは果たしてどう扱っていけばいいか。反V主義という立場から、私の場合の接し方を書きながら考えていくこととする。

ブンブンハローYouTuberデビューする人、どうもKIBEKINです。

YouTubeとYouTuber

YouTubeで稼ぐYouTuber

YouTubeは単純な動画共有プラットフォームを超え、今や配信も行える、Googleの提供するサービスの中では非常に高い重要度を誇るサービスである。それと同時、YouTubeで動画投稿を行い、Googleと提携して自身の動画に広告を掲載することで、その広告収入を得て生活する人を、人はYouTuberと呼ぶ。日本ではHIKAKIN, SEIKINに代表される存在である。もっとも彼らの場合、その知名度から企業から仕事を貰っているので単にYouTubeへの動画投稿だけで生活しているというわけではない。他のYouTuberも、YouTubeに投稿する傍らで何らかの仕事をしていることが殆どである。HIKAKINだって昔はスーパーの店員だった

広告収入ベースで生きる人というのは、既存で有名なのはブロガーブログクリエイターであろう。それと比較したときの違いとすれば、やはり動画なので動きや声があり、それが観ている人に「視覚的に」伝わりやすいというところであろう。ブログクリエイターはどうしても文字ベースであることから、無機質な文章の羅列をひたすら目で追い続けるのは疲れるものである。その意味では、動画の方が見やすさで勝るというものだ。



あるいは、オーディオコメンタリーやBGMといった、音声を中心に字幕か画像、または簡単に画像すらない動画(そもそも動画と呼ぶかは怪しいが)も存在する。これに関しては、所謂「読んでみた」系であったり、何かの音を収録したものであったり、究極的には著作権的に果たして大丈夫かどうなのかという著作物のBGMなどを投稿していることがある。著作物のBGMに関しては多数投稿されていて、しかし暗黙の了解なところがあるのか、実質放置状態のようである。私はGoogle社員ではないのでその基準は不明だ。だが危ない橋を渡るくらいならやらない方がいいのがその世界の鉄則である。

今からYouTuberとなって活動するにはリスクが高すぎる時代

HIKAKINがYouTuberとして明確に活動を開始した日が2011年7月19日なので、この日を仮に日本におけるYouTuberの第一号が誕生した日とすれば、YouTuberが登場して既に10年経っている。この間にYouTuberは明らかに多く増え、様々なチャンネルが乱立している状態である。1人の視聴者に対し、日本向けのコンテンツを作成している投稿者に限っても事実上無限に投稿者が存在する。そのため市場としては飽和状態だ。

その状況下で新たにYouTuberとして参戦したところで、既に別の世界で名が売れている人であるならともかく、何もない無名の人が始めたところでまともな収益を得ることはほぼ不可能と言っていい。一種のクリエイターに分類されるであろうYouTuber、これを考えたとき、先に始めていて名をあげている人は往々にしてその道でのコツを知っている人・独自かつ独占的な方法を持っている人である。そして多くの視聴者は目が肥えており、それらの「効果的に装飾された」動画を観がちであるので、新人のものに関しては全くといっていいほど観る人がいない。観る人がいるとするならそれはSNS上で宣伝したときにフォロワーかたまたまそのリンクを見た人が観るくらいである。それも、100人のフォロワーがいたなら10人程度が観れば「多い」と言えるレベルである。

また、最近のジャップの傾向として、自分より目立っているとか有名になるとすぐにその人の人生を破壊するような行動をしたがる、醜い人種になっている。所謂「特定厨」と呼ばれる、個人情報を不正入手し、その人に身体的・精神的・金銭的な被害を与えることを目的として活動する人間の姿をした蟲がそこかしこに存在する。これらは明確な犯罪行為であるが、全国無関心時代で誰も助けてくれない上にサイバー犯罪に無能な国家権力の犬というダブルパンチ。人生を崩壊させられるリスクと安定的な収益化にかかる時間を比較して得られるものが少ないということは、長期的視点で見てもわかることである。それを考えたとき、新規でYouTuberになるのは利口な判断とは言い難いのである。

顔を出さずして活動する新しいタイプがVirtual YouTuber

そんな中どこの誰が考えたかは知らないが、アニメのキャラクターのように「外見」を別に用意し、声だけを当てて、それを表向きの「姿」として活動するYouTuberが現れるようになった。これは一般にVirtual YouTuberと呼ばれ、略称のVTuber、あるいは極端に略して”V”と呼ぶ。V兄様ではない。

その概要や大まかな活動内容についてはY/Vオワコン記事にて書いている。多くのVは外見を「女」とし、声についても中身が女であればそのままで、男であるならボイスチェンジャーを使用して「女」になることが殆どだ。そして現在のVは殆どが専門の事務所に所属し大々的に活動していて、グループ単位で有名になるVが多い。個人レベルで有名なものは非常に少なく、初期に登場したようなV以外に有名なのは全く見ない傾向だ。

活動内容は従来型のYouTuberと比較すると、Vの特性上非実写系1)HIKAKINやSEIKINのように投稿者自身が被写体となり、身体を張って何かするようなものを実写系としたとき、ゲーム・実験と検証・対談・ハウツー・歌・ダンスといった、必ずしも投稿者自身が被写体とならなくてもよいもののこととする。のものが非常に多い。まるでニコニコ動画で2010年代のMAD動画を観てるような、それに近い感覚になる。また最近では企業や自治体に所属するVが存在するようで、あまり知られていないが民放テレビのVも存在するという。水面下では一種の伝染病のように流行っているようだ。

実は反V主義であるKIBEKIN

しかし私は、そんなVが嫌いであり、反V主義である。これはVの活動そのものに対する批判と、それを取り巻く、ファンを通り越した奇喪汚多の存在による、それらの常軌を逸した行為への嫌悪からである。

Vは前述の通り、活動内容が非実写系であるとした。それが殆どのVの活動内容であるとするならば、皆が皆、同じようなことをしていて全く差異を感じられないのである。つまりあらゆるVが同じようにゲームして歌ったり踊ったりしたところで、それで面白いのかと言われれば答えは必然とNOになる。先も言った通り差異がないからだ。内容が殆ど同じでやっていることも同じなら、そこに存在するのは「皮の違い」でしかない。これを考えたとき、HIKAKINやSEIKINを観ているより時間を無駄にするというものだ。



また、YouTuberと同様にVにもファンは存在するが、これが反V主義を加速させる要因になっている。というのも、YouTube Liveにおいて、ファンを通り越した奇喪汚多が投げ銭機能、所謂”Super Chat”で、一般人はおろか正常な同業者が見ても引くような超文と共に金を無駄に突っ込んでいるのである。大金を突っ込んでもリターンなど何も存在しないのに、である。金のもっとも不毛で生産性のない使い方である。なお、実際にどのような文章が書かれてるかについては、私は触れたくない話なので触れることはない。話を聞きたい場合、マストドンにその専門家がいるため、その人に話を聞くといい。

隣人がVとなるとき、反V主義はどう動く

私としては気に入らない話であるが、市民権を得てしまっているので残念ながらVは一般コンテンツとして繁栄してしまっている。ただ、自分からそれに触れるわけではないので、私には関係のない話で終わっていたのである。今までは。

だが最近、身近な人がVになるかもしれないのと、インターネット上で関わりの多い人物が実際にVになったのである。前述の通り反V主義である私、これには少し戸惑いを隠せないのである。そこで、反V主義でありながらもどう動いたらいいかを考えていくことにする。

対象:身近な人と関わりのある人について

まずはVになるかもしれない身近な人と、インターネット上で関わりの多い人物について、一体誰なのかを個人の特定が不可能な範囲で紹介しておく。

1人目は何度か過去記事にて話題にした、義兄である。義兄については既に何度も会っており、現在は甥を連れて(殆どの場合甥と遊ぶために)姉と共に家に遊びに来る。その際、かなり前に姉と義兄で話をしていたのだが、義兄がVになるかどうかという話をしていたのである。どういう経緯であったかは正直憶えていない。

ただ、その時に言っていたのが、姉が「皮」を描き、義兄がコンテンツを制作するというものであった。しかし1つだけ留意点がある。私が知る限り、2人はプログラミングの経験はないはずで、2人だけではV活動を始めることはまず無理なはずだ。なお、一応私もプログラミングはできることにはできるのだが、トラウマを未だに引きずっている無能なため、誰かのため、或いは金を貰うために作るということはもうしないので、技術レベルの更新も止まっている。そのため頼まれたとしても私自身ができないので、おそらく頼まれることはないだろう。もっともその気になれば誰でもできるものなので義兄は自力で成し遂げてしまえるかもしれない。

もう1人、インターネットで関わりの多い人物として、マストドンにいるいちやちゃん(@sanbongazin)2)マストドンの個人運営鯖、アスタルテをメインとする現役プログラマ。社畜に片足を突っ込んでおり、自己肯定感がやや低めの傾向が見られる。趣味はキャンプと電子工作、キメラ機械修復などである。アスタルテ管理人の策略か、女装させられたりすることがあるようだが、それが可愛くて似合っているという評価を得ている。がいる。いちやちゃんは既に普通の投稿者(YouTuberではない)としてYouTubeにいくつかの動画を投稿している。登録名は高城いちや(Ichiya Takashiro)となっている。過去投稿の動画は電子工作系であり、一部はテスト動画もある。ジャンク修復に定評があり、過去に神田装備からの挑戦状として難易度が高いジャンクPCの修復を行いそれを動画にしたことがある3)実際は動画にするには最適だと神田装備からアドバイスを貰ったことから制作したものである。。仕事に関しての実力は不明だが、電子工作やジャンク修理のレベルに関しては間違いなく私より上を行くレベルである。ただし、全て成功しているというわけではなく、幾度かの失敗例を経験している。それがその後の技術力向上に繋がっているので、決して完璧な人物というわけではない。そうだとしたら、いちやちゃんはマストドンにはいない。

なお、以降の話は実際にV活動を開始したいちやちゃんの話となる。

いちやちゃん
いちやちゃんのマストドンおよびYouTubeのページ。社畜の合間を縫って割と動画を作っている。配信技術については頑張って習得しつつ調整している。

Vになるための「キット」の市販品が存在する

ところで、Vになるために必要な物は多い。特に「皮」は、プログラミングはともかくとして真っ先に必要な物となる。だが殆どの人にとって、「皮」の2Dないし3Dモデルを作成することは難儀なことである。大半の人はその技術を持たず、外注していることであろう。花騎士系Vにも同じことがあった。かにまよ。

それを見越してなのか、インターネット上にはVになるための「キット」が存在し、クオリティの高い完成品が市販品として、そういう専門のサイトらしきところで販売されているようだ。いちやちゃんはその中からHir氏作成の3Dモデル「SHIKA(しいか)」を購入し、これを色々と改造して「高城いちや(V・仮名)」を制作したのである。

高城いちや(V)
いちやちゃんがしいかを改造をして作った高城いちや(V)。カメラ連携の調整済みで、いちやちゃん本体との連動も可能になっている。

改造元のしいかは、このモデル自体をそのままVとして使用すること、改造することが許可されているモデルである。楽に行くならそのまま使っても良かったのだろうが、いちやちゃんは改造していちやちゃんを作ったということになる。もっともこれはVとして、その姿を見ただけでいちやちゃんであることを明確化する目的があると考えられる。既に飽和市場のYouTuberに遅れながらにして成るのであれば、固定かつ一意な「皮」であるべきなのは前提条件となる。ここはいちやちゃんが現役プログラマであることの優位性が出たようだ。




対応:その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考える

さて問題は、それらのVが活動開始したら、反V主義は一体どう対応すべきかということである。これまでも反V主義を貫き、Vへの批判を吐いてきた私である。そんな私であるから、隣人がVとなるときは表向きには平静を見せた私でも、内心は驚きを隠せなかった。では、その対応を考える。

まず基本方針として、その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考えることにする。世間一般のVは正直なところヒカセイ以下のレベルで全くもって興味がないので何がどうなっているか、何をしているかすら私は知らない。が、普段から関わりのある人であるなら、その活動を見守っていくことが一番であると考えている。その活動を妨害する意味も理由もないので、新たに始めたことを素直に後押しする方がいいというものだ。もっともコンテンツ制作はその人が行うものなので、直接的協力をするわけではない。アドバイスを送るなどの、言葉的なサポートが中心となる。そのサポートですらおこがましいものかもしれないが。

隣人がVでも接し方は今までと変わらない

また、隣人がVになったからと言って、今までの接し方を変える必要が果たしてあるだろうか。もし必要があるとするなら、その隣人が「奇行」に走った場合だ。だが今回挙げた隣人については、少なくともその可能性はないので大丈夫だ。幸いなことに迷惑系YouTuberとは違って、Vは殆どの場合で誰かを不快にすることはない。

それは宝くじの高額当選をした身内や友人に対する接し方を変えるのと同じくらいに愚行であり、人間性の問題にも繋がる。もちろん、Vになったからにはコンテンツ制作に時間を回さなければならないので、今までより交流できる時間が少なくなることは予想できることであり、それについては仕方ないことであるので許容範囲だ。むしろ、コンテンツ制作が完了して「一仕事終わった」後のリラックスタイムに、Vであることを抜きに交流できる人がいる方が、その人にとってもモチベーションが上がるだろう。逆にオフの状態でも仕事の話をすると疲れてしまうのと同じことである。

また、コンテンツ制作において、何をネタとするかについて悩むことがあるはずだ。私がブログで書くときのネタは、理論上(それが法や倫理に違反しない限り)何でもネタにしている。それは動画制作においても同じことが言えるのだが、始めたての頃はどうしてもネタに困ってなかなか制作が進まないことであろう。そんな時は、単なるファンではない、気軽に話の出来る人と話をすれば、ネタのヒントを得られることがある。そして話をしている中で、その相手から制作うらばなし的なものを聞ける可能性もある。その意味では、例えVになってそれで有名になったとしても、今まで通りに接していた方がお互いに有益であると言える。

結局のところ、あまり難しく考える必要はないだろう。隣人がVであっても、結局は中に「人」がいるからだ。完全AIのVが出てきたら、また話は違うものになるであろう。

対抗してKIBEKINとしてYouTuberになるか?

今回は隣人がVになったとき、反V主義であるKIBEKINは果たしてどう接していけばいいか、それを1つの記事として私の考えを述べた。私と同じように反V主義の人はこの世界に多く存在するが、一般的なVに対する嫌悪はともかくとして身近な人がVになったときはどう接すればいいか、それで悩んでいる人はいるかもしれない。そのような人に対しての参考になれば幸いである。

ところで、今回挙げた隣人のうち、身内となる義兄に関してはVになる予定がないためほぼ割愛状態だが、仮に本当になったとしても私は今まで通り接することであろう。それはともかく、いちやちゃんがVとして明確に活動することになった場合、活動内容と制作内容によっては協力することができるかもしれない。とはいえ主体はいちやちゃんであり、その場合の私はただの脇役でしかないことは重々承知のことである。

あるいはいちやちゃんがVになることに対抗して、私はKIBEKINとしてYouTuberにでもなろうかと思ったが、動画制作する能力はそこまで高くない上に面倒でネタもブログを書くよりもないため、YouTuberにはならない。もっとも飽和市場であるので、今更やる気もないというもの。なので私は今後もこのブログで色々と書き続けることにするのである。

 

以上、親しき隣人が「V」の時のトリセツ~反V主義の視点から~であった。それでは、次回の記事で会おう。ン、バァーイ!

 

KIBEKIN at 14:28 Aug. 5th, 2021

 

特別追記1:Vの2刀流?

いちやちゃんのファンは多い。アスタルテで活動中に、色々と女装ジャンク修理や電子工作の実績を残している結果である。そしてそれが、いちやちゃんが新たな「皮」を入手する機会をもたらした。mstdn.beer(通称ビア鯖)にいる担々麺(@chocolate@mstdn.beer)氏から、自身が制作した「皮」がいちやちゃんにプレゼントされたのである。それがこの画像である。

高城いちや(V)2
担々麺氏からいちやちゃんに送られた新しい「皮」。早速調整が完了し、使用可能になっている。

さて、この「皮」を手に入れたことで、しいかを元にした「皮」はどうするか、現在検討中であるという。どちらも完成度の高いものであるので、何らかの使い道はあるはずだ。それらについては用途が判明次第、追記する予定である。

 

追記情報

2021年8月13日 いちやちゃんの新しい「皮」の情報を追加


スポンサーリンク




脚注

脚注
本文へ1 HIKAKINやSEIKINのように投稿者自身が被写体となり、身体を張って何かするようなものを実写系としたとき、ゲーム・実験と検証・対談・ハウツー・歌・ダンスといった、必ずしも投稿者自身が被写体とならなくてもよいもののこととする。
本文へ2 マストドンの個人運営鯖、アスタルテをメインとする現役プログラマ。社畜に片足を突っ込んでおり、自己肯定感がやや低めの傾向が見られる。趣味はキャンプと電子工作、キメラ機械修復などである。アスタルテ管理人の策略か、女装させられたりすることがあるようだが、それが可愛くて似合っているという評価を得ている。
本文へ3 実際は動画にするには最適だと神田装備からアドバイスを貰ったことから制作したものである。
KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。今後の活躍の約束とHIKAKINリスペクトの意味を込め、リンクス岐部からKIBEKINに改名した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)