【自分道】所詮は他人!インフルエンサーを追う必要がない理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 影響力を持つ有名人がインターネットに参戦
  • インターネット上の発言に影響力を持つ人「インフルエンサー」
  • 一種の「崇拝」対象となることも
  • インフルエンサーを追っても得られるものが微妙である
  • 知らずのうちに「洗脳」されている危険性
  • 所詮は他人、のめり込み厳禁

有名人は一般国民にとってどのような存在となるのだろうか。無能政府側につく上級國民として一般国民の敵となるのか、それとも「民意」としない無能政府に対し、発言力を生かして声を届けるのだろうか。振る舞い次第ではどちらにでもなる存在故、有名人にも見えない圧力がかけられることであろう。

ところで、有名人がSNS等のインターネットで活動しているということは多々見受けられる。しかもこの傾向は近年になってからである。それどころか、無能政府によって無駄に拡散された死のコロナウイルスの怪我の功名であろうか、実質オワコンのYouTuber参戦が増えている。これはこれで、新たな論争の議題となるだろう。

有名人はインターネットの他愛のない発言でさえ、その地位や身分故に大きな影響力を与えることもあるようで、一般国民の一般ユーザーはこれをフォローして、発言を逐一確認する人が多いようである。広大すぎるネット上では、それはたった一人のユーザーに過ぎず、大袈裟にも思えるのだが。

その有名人は往々にして「インフルエンサー」と呼ばれる、世間に与える影響が大きい人物として扱われる。また、もともとはインターネットでのみ有名だった(=テレビなどには出ない)人が影響力を持つようになった結果インフルエンサーとして扱われるようになる人もいる。YouTuberはその最たる例といえよう。

だが、私はそれらインフルエンサーを追っかけることはしない。私からすれば、人は間違うことが前提の愚かな生物であり、インフルエンサーも人である以上、間違ったことを言う可能性がある。だが思考停止でインフルエンサーを追っかけてその言葉に惑わされては、自己のアイデンティティを消失させる原因となる。そして発言に決して責任を取らないのが、インフルエンサーである。

今回はインフルエンサーは追う必要がないことを書いていく。例によって、少々ガバガバな文章であることを許してほしい。

インターネットとインフルエンサー

影響力を持つ有名人たち

有名人と言えば、どんな人を想像するだろうか。昔の基準では、多くはテレビで活躍する人のことを指していたであろう。あるいはテレビ以外の、エンターテイメントで活躍する人であろうか。ここには歌手や舞台俳優といった人が該当する。

そしてインターネットが発展し、非対面での遠方へのコミュニケーションが容易となった結果、今まで遠い存在であった有名人とのコンタクトが現実的となった。とはいえ、インターネットの普及初期は所謂メールや非リアルタイムの掲示板などが中心であるのと、その他大多数を相手にする関係から、確実なレスポンスは期待出来なかったが。

現在はオワコンSNSTwitter, Facebook, 日本人を騙してデータを盗み取るLINEやTikTokといったSNSが一般化し、そこに有名人も一般枠で参加することが増えた。また企業社長や地方議員、無能な独裁者までも使用しているようで、利用していない人物はデジタルディバイドの出来ない側かインターネットのうるさい声を嫌う人くらいである。また根本的にインターネットに向いていない、やめた方がいい人もいるが、それはここでは語らない。

そして多くの有名人は、その地位や身分故に大きな影響力を持つことが多い。したがって、有名人のことを追いかけて真似をしたり、その発言を確認する人が多い。真似をしてもその人には決してなれないのだが。

同時に、元は一般人だったが、インターネットで自分を売る活動していた結果いつの間にか有名人になっていたタイプも存在する。これは多くがYouTuberから来ていることが多い。そのほかはブログやSNSの活動から有名人になるべくしてなった、言わば意識していないのにそうなっていたというパターンである。いずれにしても、インターネットでは有名人扱いである。



「インフルエンサー」という存在

さて、それら有名人を含め、インターネット上を中心に世間に影響を与える人物を総じて「インフルエンサー」と呼ぶ。これは言葉としては2007年頃のブログ利用者の急増から頻繁に使用される言葉となっていたようである1)参照:インフルエンサー – Wikipedia。あまり語りたくないが、大量の読者を持つ、所謂カリスマブロガーと呼ばれる存在(IKDHYTとか)の情報発信が、数十万単位で拡散していった結果、これが大きな宣伝効果を持つようになったという。これが購買行動に影響を与えることは必然的であった。

2010年頃からこのことに注目した企業が宣伝にインフルエンサーを利用するようになった。このことを受けてなのだろう、就活においてインフルエンサー採用枠という実に頭の悪い枠を設けている企業が増えているという。他力本願かよ。しかし、そのような枠を募集している企業を見たことはない。そもそもその募集している企業を知らないだけであろうが。

現在のインフルエンサーの活動場所といえば、SNSかYouTubeである。その場合、通常とは比較にならないほどのファンを抱えているのが一般的であり、最前線のインフルエンサーは100万人単位でファンを抱えている。YouTuberなら1000万人単位であってもおかしくない。このようなインフルエンサーは、企業からの依頼と広告収入でかなりの収入となっていることが予想できる。とはいえそれは全体の0.1%にも満たない人であることを忘れてはならない。将来の職業にYouTuberが入る時点で、この現実を突き付けるべきである。

もっとも、私は原則としてYouTuberは低俗な輩が多すぎて嫌いなので、その内実は知らない。

一種の「崇拝」対象となることも

インフルエンサーの影響力は強い。そのため、そのインフルエンサーを追いかけるようにしている、ちょっと狂った「ファン」がいるのも事実である。おそらくは自己のない人間なのだろう。脆い人間である。

そして、その狂ったファンからすれば、インフルエンサーは「神」のような存在に近いのだろう。だからそのインフルエンサーの発言を逐一確認して、真似やら購買やらをしているようである。まるでそのインフルエンサーを「崇拝」しているかのよう。真似をすることで貢いでいるという錯覚でも起こしているのだろうか。

同時に、その狂ったファンとは1人だけではないことが多い。つまりは同じようなことをするファンが、正常なファンと比較して全体としては少数であるが複数いるということである。そのため、インフルエンサーを教祖とした宗教じみた存在となりうることが十分にあり得る。それをどうするかは、インフルエンサー次第であるのだが。




インフルエンサーを追う必要はない

追っても得られるものが微妙である

インフルエンサーを追って得られるものと追っても得られないものとは何だろうか。まず追って得られるものはやはり情報である。これにはインフルエンサー自身の意見を含んだものと、企業の製品・サービスを含んだ情報に分類できる。前者は単純に個人としての意見である。後者は企業の意思と広告が含まれている。

前者が役に立つかはともかく、後者に関しては最新情報を得られることが多いであろう。もっとも、企業公式ホームページではすでに公開済みであったりすることも多いのだが。大抵はインフルエンサーにレビューの代わりに無償提供しているというパターンが多いようにも思える。また、殆どの場合マイナス面については触れないことが多いようにも思う。あくまで予想だが。その他に得られるものとしては、所謂バラマキ(現金を含む、金券や高額な製品など)抽選であろう。乞食っぽくて嫌いだ。

逆にインフルエンサーを追って得られないものとは何か。まずは自己であろう。インフルエンサーを追うことで得られる情報は確かだが、それをどう解釈するかは自分自身である。だが、自己がなければ考えることを放棄してそれを鵜呑みにすることであろう。だが残念ながらインフルエンサーを追っても自己を手に入れることはできない。ただインフルエンサーの言われた通りにする思考停止botの完成である。

それ以外で考えると、確実性は得られない。結局インフルエンサーといえど人間であり、誤情報の投稿可能性を排除できない。しかもそれに対してインフルエンサー自身から謝罪も訂正もないことが多く、責任を取らないこともある。これはインフルエンサー以外の情報でも注意すべきことであるが、インターネットの手軽さからより注意すべきである。

他には、インフルエンサーの自伝や成功例を真似しても同じ成功を得ることは難しいであろう。時間対効果が正直微妙に思えるうえ、最近どのインフルエンサーも同じようなことをしているだけの印象がある。特段の違いがないと、インフルエンサーを追うことで得られるものが微妙であると思うのだが。そうなると、必ずしも追う必要はないように思える。

知らずのうちに「洗脳」されている危険

だが、追う必要はないとしているのは、インフルエンサーを追い続けることで、知らずのうちにインフルエンサーに「洗脳」されてしまうという危険を回避するためである。「洗脳」など考えすぎと言いたくなるとは思うが、そうでもないだろう。

代表的インフルエンサーに、元生きるドアのHREMNことHRETKHMというインフルエンサーがいる。現在はオワコンでキチフェミで差別の巣窟Twitterでその姿を確認できる。また、HREMN流シリーズの本を出しているとかで、その名は様々な場所で見ることができる。かつて逮捕され刑務所で刑期を終えたのち、多方面のメディアに出演しているその姿はある意味成功者なのだろう。これのファンは実に多いものである。

その言動と思考は確かに評価できるところではある。そのため、HREMNの発言を逐一確認することは、なんとなくわかるものではある。だが、何でもかんでもHREMNの発言を追ってそれに従うというのは、果たしてどうだろうか?

HREMNがすべて正しいわけではなく、間違ったことも言うであろうことを予想するのは容易である。だが、HREMNだから、HREMNの言うことはすべて正しいと思い込んでしまうということで、間違ったことですら正しいと思い込んでしまうことであろう。つまり、知らずのうちにそのインフルエンサーに「洗脳」されているのである。その姿は、実に哀れなものである。

今回はわかりやすい例としてHREMNを出したが無論、通常のインフルエンサーは洗脳工作を行っているわけではないことを断っておく。ただ、無意識に洗脳されることはあると見ている。そうなると、インフルエンサーとは適度な距離を保つ必要があるだろう。

また、悪意のあるインフルエンサーは意図的な洗脳工作を行い、マルチ商法などを仕掛けてくる可能性も否定できない。これはかつてYouTuberなどに存在したような憶えがあるが、そもそもYouTuberは嫌いなので詳細は知らない。何故かYouTuberは悪いイメージしか浮かばない。

所詮は他人、のめり込み厳禁

ここまで、インフルエンサーについて、追う必要がないこととその理由となるものを挙げてきた。もっとも、書いてきたことで同じことが重なっていたり、理由が少し無理があるような感じで、内容がガバガバになっているので、参考にするには少し無理がある気がしてきたが。

しかし、インフルエンサーといえど所詮は他人である。そこに特別な交友関係はなく、単純にインターネットの一ユーザー同士の、互いに顔も詳細も不明な者同士の交流に過ぎない。金を払い、仕事で相手をする人のように、のめり込んでもいいことはない。ソーシャルディスタンスではないが、もし見たり交流するのであれば、距離を置くことは意識した方がいいことであろう。もっとも、それは相手も同じであるが。しかし最終的には、インターネットは自分のために使うべきである。

 

以上、インフルエンサーを追う必要はない理由であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 13:10 Aug. 5th, 2020


スポンサーリンク




Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)