【定期的に汗が出ちゃう!】サンポー食品「笑鬼辛麺」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第3号、今回も辛いカップ麺
  • 九州出身は知らない人がいない佐賀のメーカー「サンポー食品」
  • 豚骨と大量の唐辛子粉末を組み合わせた「笑鬼辛麺」発売
  • 豚骨に唐辛子を使う珍しいラーメン、KIBEKINが実食!
  • レギュラーカップ麺よりも太麺ながっつりの食べ応え
  • 赤の塊の唐辛子粉!しかし辛さで味を消すことはない
  • 辛さの後に来る豚骨の甘さは絶妙
  • This time’s KIBEKIN’s point: 9?pt (記録更新出るか!?)

「食」というものは、考え方が大きく左右するものである。特に質と量、どちらを優先するかということで議論になりやすい。生きているうちに旨いものを食べて生きる方がいいということで質を優先すべきという人がいれば、どうせ胃の中に入ってしまえば旨いも不味いも変わらないということで量を優先する人もいる。この点については個人の思想に左右されるため、そう言ってしまえばそれ次第で終わる。結局そういうことである。

さて、これまでレビューしたものがカップ麺でしかも全て辛いものであったので、カップ麺=辛い、辛い=KIBEKIN、カップ麺=KIBEKINという図式が成り立つかもしれない状態で迎える第3号。今回は本州で知っている人は少ないが、九州出身か九州在住だと殆どの人が知っているインスタント麺メーカーである「サンポー食品」が発売した、「笑鬼辛麺」をレビューする。商品名で既にとても辛いであろうことがわかるカップ麺である。

このカップ麺は公式サイトには情報を意図的に掲載しておらず、サンポー食品公式Twitterで突如として発表されたものである。発売に際し具体的な情報をあえて載せずに各地で展開するというアナウンスが流れ、これもまた近所のスーパーで偶然発見することができたのである。豚骨と唐辛子の組み合わせはラーメンの中でも珍しい組み合わせとなるこの笑鬼辛麺、辛いことは確定だ。これも以前と同じように辛さMAXでレビューしていく。

【分散型Discord】Matrixで動くDiscordっぽいアプリ”Element”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • リアルタイム、オープンソースで軽量な通信プロトコル”Matrix”
  • 目指したのは「より安全な通信」と「分散型」
  • クライアントのリファレンス実装(=実例)が”Element”
  • のえる氏の管理するMatrix鯖でKIBEKINが実際に試してみる
  • 見た目がDiscordを意識したような構図、できることもそれらしく
  • 部屋を建てることも1vs1のチャットや通話も可能、ビデオ通話も対応
  • 他の鯖の部屋にも参加できる
  • 分散型Discordとして今後発展する可能性

新興SNSとは、急に流行するものには必ず裏が存在する。その多くはセキュリティと情報管理に不安要素を抱えるもので、β版はおろか公開版になってもその事実が公表されないことが多い。それが後で判明すれば、即座にオワコン確定となることが多い。今現在言われているのが中華系APIとサーバの使用が判明して一気に信用を失い価値がなくなりオワコン確定したClubhouse(本家)である。また、数字のないSNSが特徴であるGravityの運営元はHiClubで、これが中国・百度(baidu)関連である。早速オワコン確定の流れが来ている。どれも”Club”とついており、中国系=Clubが関係する法則でもあるのだろうか。

さて、そんな中で分散型の特性を持ったSNSやサービスが各所で注目されている中、通話機能についても分散型が注目されている。そこについてくるのは必ずJSON形式や連合といったものである。また、セキュリティについても注目されており、E2EE暗号化の採用で部屋の参加者だけしか読めない(=外部からは暗号化により読むことができない)ようになっている。つまり、管理者であっても特別な権限で許可されない限り読めないチャットルームが実現できるのである。なお犯罪悪用などについては別のお話である。

現在、焦点が当てられているのが通信プロトコル”Matrix”である。これを使ったリファレンス実装に”Element”という、Discordに似た、しかし分散型のような性質を持つチャットや通話が行えるメッセンジャーアプリケーション。これについて、KIBEKINが実際に利用してレポートしていく。

【遅延回復】TS KTK攻略編:775H[普通]品川⇒押上 運転指南書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKIN開始後初の「本格的攻略情報記事」
  • 今回は今更ながらTS KTKの最難関ダイヤを完璧に運転する
  • 使用車両はみんな大好き「新1000形」一択
  • 先行列車遅延!時間に余裕がない中での運転
  • 全京急車でも驚異的な加速力と制動力で遅れ回復を目指す
  • 勾配も読み、味方につけることが重要
  • 理想は蔵前でほぼダイヤ通りになること
  • このダイヤさえこなせれば何も怖くない

ゲーム関係のネタは、ネット上で探せば無限に存在する。しかし同時に攻略情報は単にそれを書くだけで1つのネタとなり誘導もしやすい関係か、アヘカス達のアヘリ8のために使われることが多い。それ故、ゲームをネタにした「文字媒体」はかなり嫌われやすい。しかし動画は動画で垂れ流しな場合と、オワコンの権化であるVTuberがこぞってやっていることもあって、どうもつまらない。VTuberは特に「差異が見られない」と感じるからだろう。

さて、そんな個人的な愚痴はどうでもいいとして、前回はゲーム「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の大まかな内容について書いた記事を公開した。その記事では具体的な攻略情報について書かなかったが、今回は気が乗ったので攻略情報を書いてみようと考えたのである。とはいえ、実際のところはネタ切れ防止のために書くという一面が大きいかもしれない。そしてこれもまた、自己満記事になりかねないであろう。

ゲームについて言えば、動画の方が圧倒的に参考になるはずである。だがそこをあえてブログの、文字と画像ベースで解説するという方法を取る。それは動画よりブログが私のフィールドであること、編集センスはないこと、動画だと修正が面倒であるからだ。それを踏まえた上で、今回は予告していた775H、運転指南書を書いていく。

【遊ぶ3線直通の歴史】Train Simulator 京成・都営浅草・京急線を語る

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 株式会社音楽館が発売していたゲームシリーズ「Train Simulator」
  • PS2からTrain Simulator(初期2作品はTrain Simulator Real)として展開され、本作は第5作目
  • 私鉄2社と都営が直通し空港から空港を走る
  • 2004年10月30日ダイヤ改正時のダイヤと当時の風景を切り取った歴史資料である
  • 今回はゲーム内容を要約して解説する
  • 運転で難しい「停車」を練習できるモードも搭載
  • ブレーキナビゲーションシステムで基本制動を練習できる
  • 標識と信号についてもおさらいできる
  • プレミア価格だが是非持っておきたいTS
  • 具体的な攻略の話は次回以降(不定)

人に自分の趣味を語るとき、それを「何も知らない人」に対して語る場合には気を遣う。語るだけ語って、相手には何も理解されずただ不快で無駄な時間を浪費させるわけにはいかないためである。それは私が何か(何でも)ネタにするとき、専門的な話を含むときも同じである。なるべく初心者を想定して冗長な説明を加えることが多い。そのため、専門家が満足する話を書くことは難しいであろう。

さて、HIKAKINを見倣って何でもネタにするとした以上、果たして需要があるかどうか不明なことでも書くことにしている。もっとも、これまで書いてきたものも需要不明なものが多いが。そんな中で今回書くのは、電車運転ゲームの中でもリアリティにこだわった「Train Simulator」シリーズで第5作目となる「京成・都営浅草・京急線」である。ただし内容は攻略法等ではなく、このゲームの特徴や意味などを語っていくものとして書く。このゲームについては明確な攻略法というものは、事実上存在しないためである。とはいえ、後日いくつかのダイヤについては書こうと考えている。

株式会社音楽館、向谷実が代表取締役社長を務める、元は音楽制作のために建てられた会社であるここがいつの間にか向谷の趣味の頒布を行う企業となり、後にそれが大手鉄道事業者をクライアントとするビジネスとなった。彼の情熱が込められたTrain Simulatorシリーズ、私鉄大手2社及び東京都交通局全面協力の下で制作された第5弾。これは一体どんなものであるのか見ていこう。

【メッサ辛辛!?】明星ぶぶか「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第2号、続く辛いカップ麺シリーズ
  • 明星ぶぶかシリーズから「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」が登場
  • ぶぶかシリーズでは珍しい唐辛子系のラーメン、KIBEKINが実食!
  • 全面真っ赤はとんがらし麺以上の赤さ
  • にんにく練り込みの極太麺はベースの豚骨醤油に合う味
  • 粉ふりかけに明星の本気を感じる(しかし私には大丈夫だった)
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (とんがらし麺より…?)

制限とは、秩序的にすると同時に可能性を狭めるものである。しかし日本人、あるいはバカニーズは制限されることを好むドM人種であるという。制限されている方がかえって能率がいいのだとか。果たしてその根拠や実証などは不明だが、それが事実であれば独立して一人で歩いていく人間が少ないのも納得できる。

それとは少し違うがKIBEKINは自分で設定した制限を撤廃し、ブログのネタの幅も実質的に制限なしとなった。前回はその一歩目となる食品レビュー記事を書いたが、意外といけるものであった。文字数こそ10000文字を突破しなかった、だが普通に書けることがわかったので、もう縛りプレイする意味はないと気付いた。少しは調子に乗っていいだろう。

そして今回も食品レビュー記事だ。第2号も辛いものをレビューする。今度は明星ぶぶかシリーズから、「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」である。これは2月22日に新発売と、執筆時点からそれほど経過していない新商品である。今度の辛いのは、付属の唐辛子が山盛りでしっかり赤い。そして唐辛子を使用する辛いラーメンでは珍しい豚骨醤油。明星ぶぶかのファンであり、辛いものが好きな私KIBEKIN、今回も辛さMAXでレビューしていく。普通の人は真似してはいけない。

【辛旨の体現】日清のとんがらし麺「うま辛トマト&チーズ味」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HIKAKINを見倣ってレビュー記事解禁、そして第1号記事
  • 日清食品の辛いカップ麺シリーズ「日清のとんがらし麺」
  • 過去にもいくつかのとんがらし麺を経験している
  • その中に気になるもの「うま辛トマト&チーズ味」
  • 麺はこれまでのとんがらし麺のシリーズと同じ
  • トマトがよく香りチーズで後味が濃厚でもしつこくない
  • 辛さ調節パウダー、私には辛くなかった
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実際にチェックを推奨)

リンクス岐部からKIBEKINになって、何か起きるかと思ったがそれは違った。特に何も起きず、そのままであった。しかし、それは単純に外界についてであり、私自身には大きな変化である。外界ではなく自分を変えることが変わることの近道であるので、常に自分をいい方向に変えていくつもりだ。

さて、KIBEKINはHIKAKINをリスペクトしているとは既にこの名前からもわかることであるが、彼は商品レビューもよくやっている。そのため私も、動画には劣るが可能な限りの文章と画像で、音が出せない環境でも読める商品レビューを始めることにした。

その第1号は、誰もが知っているカップ麺メーカーの日清食品が販売している、一般的には辛いシリーズに分類される日清の「とんがらし麺」から、「うま辛トマト&チーズ味」だ。とんがらし麺シリーズはかなり前から展開が始まったものであるが、このシリーズは当たりと外れが大きく、なかなか安定して旨いと言えるものが出てこないものである。もっとも、辛いものは一般受けを狙わないので、安定しないのは当然のことと言える。一発屋のような存在だからだ。

そのシリーズから、久々に気になるものが登場した。トマトとチーズが相性がいいのは西洋料理で知っているが、それをカップ麺でやって果たして旨いのだろうか。辛いものも好きで、カップ麺も好きな私KIBEKINが、辛さMAXで商品レビューをする。

【2つ目の闇】SNS第3勢力2号”Parler”を使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Gabと並び表現の自由を最大限許可するSNS”Parler”
  • ここにも極端な政治思想を持つ者とトランプ支持者が多い
  • 1月10日にAWSホスティング停止でダウン、2月15日再開
  • 2月16日に復活を知ったKIBEKINが再度突入する
  • なんとなく、使いにくい感触
  • ざっと機能や項目は紹介しておく
  • 総評:わざわざ使う理由がどこにもない

なんかマストドンで宣伝してたらGab記事がすごい人気になってしまった。なにが起爆剤だったのかは正直分かっていない。ただ、その結果なのか、人気記事である仮想メモリとソフトバンク配送交換を越す勢いで追い上げている。ただ、これも一時的な現象に過ぎないと考えているので、そのうち収まるであろう。しかし一気に来たときは流石に驚いたものである。

さて、SNSの歴史にまた1つ、伝説が刻まれた。1月8日をもってドナルド・トランプはTwitterを永久追放(凍結)されたのである。原因は暴動の扇動や暴力行為の助長したことであり、またこれ以上の扇動を防止する目的もあったようだ。したがって、インターネットの表舞台からトランプの姿を見ることはできなくなるようだ。そんな中注目されるのが、言論の自由と表現の自由を最大限許可したSNSである。以前にGabについて取り上げたが、これ以外にもその場所がある。その名はParlerだ。

ここもまた、Twitterを追われた者達が集まっている。世間的にはトランプ支持者の集まっている場所として認識されている。また左翼化し共産主義に染まったオワコンSNSであるTwitterの独裁的・特定差別容認の加速によりTwitterを離反する者が増えており、その移行先としてParlerに参加する人もいる。このあたりの動き方についてはGabと同じ傾向がある。プラットフォームを鞍替えするという意味では分散型SNSとなっているのだろうか。

しかし、ここもGab同様、投稿内容に対する規制を殆ど行わないことによって内実が「無法地帯」とされ、これを良しとしない大手IT企業などが結託してParlerに囲い込みを行い、排除しようと試みている。しかし私には、それは企業規模の「いじめ」に思えるのと、力ある企業が何かを排斥しようとする構図はアーマード・コアを彷彿とさせるため、内実を知るべきであると考えた。以前行ったGabへの潜入と同様、今回も内実を調査し、これをレポートする。