【中華製でも高レベル】データ通信も可能な割安マグネット式USBケーブル使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • USBケーブルはあらゆる電子機器の必需品
  • USB Type-Aと、それとは異なるコネクタで多くのケーブルが設計されている
  • ケーブルの弱点は抜き差しによる両方のコネクタの損傷
  • コネクタをつけたまま、ケーブル自体を分離できるマグネット式が登場する
  • 安いものは充電専用が多く、データ通信可能モデルは高額になりがち
  • なら中華製の出番、KIBEKINが検証する
  • YHOC!にあった明らかに中華製、値段の割には作りがいい
  • データ通信もちゃんとできる、コネクタも3種類ある、なのに安い
  • 真面目な中国人も存在することの証明、十分高レベルの製品

人生とはコードまみれの生活、とも言える。家は電化製品に電源を供給するためのコードを筆頭に、映像出力、コントローラーのためにコードが存在する。会社に行けばPCは殆どがコードに繋がれ、サーバーは大量のLANケーブルが接続されていて、会社によってはコード(プログラミング)を書く。外に出れば、上は電線が通っており、地下には電話線や光ファイバーが通っている。そして宇宙でさえ、船外活動ではコード(命綱)に繋がっている。ある意味コードに「縛られている」ようだ。

ところで現在の電子機器の殆どはUSB接続が基本である。それはスマートフォンでもウェアラブルデバイスでも採用するほどであるので、もはや使わないことは不可能なレベルである。それらはUSBケーブルを使って充電や他の機器との接続を行うが、そのケーブルは多くがUSB Type-A+いずれかのコネクタで一対一対応のケーブルとなっているものが多い。全てが全く同じ規格で作られていれば楽なのだがそうはいかず、当時の技術限界等から古い規格を使わざるを得ないなどもあって、現在はUSBのコネクタ規格が乱立状態である。また、抜き差しの多いUSBケーブルは、その繰り返しでコネクタが破損することもあって面倒なものとなっている。

それを回避する方法を考えつくのも人間の唯一いいところである。コネクタとケーブル本体をマグネットで分離と結合ができるようにしたモデルが考え出され、それが市販されるようになったのである。だが総じてそれらは高額になりがちで、充電専用ということが多かった。そこで、安心と信頼と低価格の中華製でも同じものが存在し、しかもデータ通信が可能なものが多数製造されている。今回はその中から1つを選出し、果たして「使える」かどうかを見ていく。

【PC万能説】PCでWiiをしよう!~実機リモコン、エミュでも使えます~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • リモコンを動かす直感的操作型コンシューマ機”Wii”
  • 実はWiiリモコン、Bluetooth対応機器である
  • 徐々に消えつつあるレトロゲームの一員
  • 有志によってGC+Wiiを再現した”Dolphin Emulator”
  • GCはコントローラーエミュレートは簡単だが、Wiiは不可能に近い
  • ならば実機リモコンをPCに接続してしまえばいい!
  • Dolphinも実機Wiiリモコンの接続と認識が可能
  • 必須品はセンサーバー、USB接続品か自作が必要
  • もう壊れる心配はない、本体の寂しさはあるが…

コンシューマの宿命は、いずれ生産停止とアフターサービス停止の2つの宣告が待ち受けていることだ。登場したハードが名機であっても駄作であっても、新しい世代のハードが出れば次第にそちらに移っていき、古いハードは置いていかれる。そしていつしか人々の記憶からは消え去っていき、一部の人がやり続けるのみである。そこに生産停止で新しく手に入ることがなくなり、アフターサービス停止で直す人は(グレーなサードパーティを除き)いなくなる。その時レトロゲームの仲間入りをすることになる。

それが特殊な操作を可能にするゲームでも例外ではない。特に任天堂はそれが得意であり、DS(3DS)とWiiは直観的操作を可能にしたコンシューマとして高い人気を誇っていたが、結局これも完全にアフターサービス終了で消えゆく存在となった。新品ないし状態のいい中古の入手も絶望的となる中で、有志によって開発された非公式な公式エミュレータ”Dolphin Emulator”がWiiの代替となった。これはGCのゲームもプレイできるエミュレータであり、実機WiiでGCのゲームが出来る機能をそのまま再現しているものである。しかし、GCコントローラーのエミュレートは簡単でも、Wiiリモコンの「動き」のエミュレートはコントローラーだけで全て再現できるものではない。エミュレータの限界と言うべきか。

だがWiiリモコンの仕様を利用し、Dolphinに実機のWiiリモコンを認識させることで、完全なリモコンのエミュレートが可能になり、Wiiのゲームも問題なく遊べるようになった。今回は実機Wiiリモコンの設定から必要なもの、実際に動かしたときの状態について書いていく。難しそうで、実は簡単である。

【最善策は放置】ネット上のメンヘラ取説~触らぬ神に祟りなし~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間には様々な「タイプ」が存在する
  • 取り扱いが非常に面倒なタイプ「メンヘラ」
  • 現実世界ではもちろんだがインターネットにも存在する
  • SNS, 所謂Fediverseにもメンヘラはいた
  • 「傾向」を掴めば被害を受ける前に対処できる
  • もし分からずに近付かれても観察すればわかることも多い
  • そしてSNSは拒絶機能満載、簡単に排除可能
  • 実例を見て、メンヘラの怖さを学ぶ
  • 「触らぬ神に祟りなし」とはまさにこのこと、放置して忘れることが最善策

人間ほど面倒な存在はいないであろう。人間とは機械と異なり、常に変動的で行動を予測できない、そして感情によって周囲の人間や自分自身すら振り回し困惑と混乱の渦に陥れる、面倒で相手にするのが疲れる存在だ。かといってそれを手放すためにAIなどの現段階では「定型句」を返す機械を相手にすると、それはそれで相手にしているうちにつまらなさを感じて人間を求めるようになる。そしてそれをループし苦しむのである。人間は学ばない。

その人間にも「タイプ」が存在する。どうしても人間は何かに分類しなければ気が済まないらしいが、しかし分類されたことによって、接すると危険な人間であることを教えてくれるものも存在する。その中の1つに俗称で「メンヘラ」というタイプが存在する。簡単に言えば非常に面倒なタイプで、しかも男女問わず存在する。そもそも性で区別しなくても、誰でもメンヘラである可能性が否定できないのが現代だ。そこにいる人間も、もしかしたらメンヘラかもしれない。

現実には厄介なその存在が、インターネットの一般化によってSNSにも現れその存在が多くに認知されるようになった。今現在の傾向としては表向きには普通の人間だが実際は何か問題を起こしがちな隠れメンヘラが多い印象だ。そしてSNS, 所謂Fediverse上でもその存在を多数確認できる。その中には実際に問題を起こし、周囲に多大な迷惑と嫌悪を与えた者がいる。それらについて、KIBEKINの視点からどう見抜いて対処すべきかを考える。

【これだわ!】エースコック「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 今や有名カップ麺メーカーの1つ、エースコック
  • ロングセラー商品を打ち出す日清や東洋水産にも負けない企業
  • エースコックも有名ラーメン店とコラボする
  • 九州有名ラーメン店「暖暮」と組み、第3弾のカップ麺登場
  • 一体何が変わったのか、KIBEKINが実食!
  • コンセプトは「常連が好む濃口
  • その味、まさしくラーメンの「こってり」そのもの
  • 「普通・こってり・有・有・普通」を再現した完璧なカップ麺
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt

最近、カップ麺を食べる機会が減っている。それは私が糖質制限ダイエットを行っていることによる、意識的に糖質を避けるように食べ物を選択しているためで、その結果としてあまり食べなくなってしまったということである。本当のところは食べたいのだが、食べるにしても野菜を入れる必要があるので、その手間などからなかなか食べなくなってしまっている。それだったらちゃんとした料理を作った方が早いというものだ。

以前私は九州ラーメン総選挙2002年において1位を獲得した、「ラーメン暖暮」の実店舗実食レビューをした。その際のきっかけとしてはエースコックから発売された、暖暮の味を再現したカップ麺を食べたのと、それに付随していた替玉無料券からである。店舗を探したら偶然にも川崎に存在したので、それで実店舗に行く機会ができ、そして今では月1で食べに行く常連の1人になったのである。

その後、約1年の時を経て、エースコックは暖暮コラボの第3弾を行った。それが今回紹介し、実食する「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」である。第3弾のコンセプトは常連客の人気の「味濃いめ」「油多め」を再現したもので、濃口の味をカップ麺で楽しめる、ということがエースコック公式から発表されている。さて、全国のコンビニを中心に展開されることになるこれ、近くのセブンイレブンにはなくて何故かローソンにはあったので、早速買ってきてレビューすることにした。

【機械要らず】検証:車用コンパウンドで傷だらけのゲームディスクを修復してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 1980年のレーザーディスクを皮切りに一般化した「光(学)ディスク」
  • 人間の目では見えない微細な凹凸に情報が記録される
  • 価格は次第に安価になり、音楽、映画、ゲームなどに使用されるようになる
  • 次第にフラッシュメモリが台頭し、ダウンロード販売が主流になって減少傾向
  • ディスクベースのレトロゲームは中古品が多く、傷もあって再生不可能なことがある
  • 保護層を「少し削る」ことで理論上修復可能である
  • 車用コンパウンドで果たして修復できるか試す
  • 結果:成功、読み込みが可能になった
  • 注意:BDに同じことはできない
  • 金も時間もさほどかからない、必要な物は丁寧さ

記録メディア詐欺、というのがある。これは特に安すぎるSSD、SDXCにありがちなものである。特にYHOC!においてこの傾向が見られる。大半の相場として、SDXCの128GBは2500~3000円である。それを下回る価格で販売されているものや、同価格帯でも実態が存在しないメーカー製であればファームウェアの不正な書き換えによる、見た目の容量が非常に大きいはずが実容量はそれ以下であるということが多々存在する。SSDの場合、外見だけSSDの形をしていて、中身はUSB3.0をただ変換しただけ、という詐欺にしても程があるものが存在する。そして多く、それらは中国製である。まるで中国共産党が主導で詐欺を推奨しているように思える。

そんな詐欺が世の中に横行し、それが個人間の取引においても存在する。その中でも危険なものと言えるものの1つが、光学ディスクの中古品だ。「ディスク」であるならゲームでも映像でも音楽でも、全てが対象となる。光学ディスクはレーザー光をディスクに当てその反射を読み取る、非接触式データ読み込みのため摩耗が少ないため正しい使い方をすれば100年ほどデータ保存ができる。だがディスクに傷をつけてしまうと読み込むことすらままならなくなる、デリケートな媒体だ。

それにも関わらず扱いが雑な人が多いのか、傷だらけのディスクが多々存在し、しかもそのことについて故意に触れない馬鹿が多い。不良品を売るための常套手段にしても、これでは詐欺そのものである。そうなったとき、普通の人なら諦めるが、普通じゃない人はディスクを復元するのである。当然後者となる私、偶然にも傷だらけのディスクを入手し試す機会があった。今回は車用コンパウンドを応用して修復できるかを試し、その一連の結果をここに記載する。

【身近な皮被り】親しき隣人が「V」の時のトリセツ~反V主義の視点から~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐと言えば、YouTuber
  • 今からYouTuberとなって活動するにはリスクが高すぎる時代
  • 顔を出さずして活動する新しいタイプがVirtual YouTuber
  • 実は反V主義であるKIBEKI
  • しかし隣人にはVになろうとしている人がいる
  • Vになるための「キット」の市販品が存在する
  • その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考える
  • 対抗してKIBEKINとしてYouTuberになるか?

中古品の世界で、ディスクメディアの場合は非常に恐ろしいものである。それは平然と起動不可レベルの傷がついたものを、詳細を見せずして売る輩が多数存在するためだ。したがってこの場合は個人出品者の中古品は買ってはならないという警告ができそうである。なお、そのディスクについては復元作業を記事にする予定である。偶然にも1つのネタが出来た。

7月19日をもってHikakinTVが10周年という時の流れの早さを感じつつ考えることは、YouTuberである。ここまで来るともはや説明不要な存在である。しかし全国出る杭は打たれる時代、YouTuberの性質上顔を出すのが一般的であるが、どういうわけか人間の姿をした蟲は多数存在し、真面目に活動しているYouTuberに対して「攻撃」を行う屑が多い。それはHIKAKINやSEIKINですらその被害を受けることがあるほどで、リスクヘッジのためには顔を出さないことも必要になる。

それを回避する方法とでもいうべきか、二次元の皮を被り、一部は声も加工した、非現実的存在に顔出しを代行させるタイプのYouTuberが登場する。これがVirtual YouTuberであり、略称でVTuber、或いは単にVと呼ばれる。だが私は基本的にYouTuberが好きで、Vは嫌いである。これは反V主義とでもしておく。Vの性質上殆どが身体を出さないでゲームか何かするだけで、全くもって差異が見られず、HIKAKINやSEIKINほどの面白さを感じないために嫌いである。

しかし最近、隣人がVになりそうな機運が高まっている。反V主義の私であるが、この場合のVは果たしてどう扱っていけばいいか。反V主義という立場から、私の場合の接し方を書きながら考えていくこととする。

【生きている人間は怖い】続・リアルな呪い体験談:父に憑依する生霊

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 以前、父の生霊事件について記事にまとめた
  • 「対策」を施しても、それを上回る強い生霊の力
  • その力はあまりにも強く、母にも危害を加えた
  • しかし、存在を知らないのか私には危害が及んでいない
  • 7月27日午前1時頃、豹変する父の状態に「戦闘態勢」
  • 2ラウンド、約1時間の緊急除霊の結果、父の憑依を解除することに成功
  • 父は憑依されていた時の記憶がない
  • 負の感情は憑依されやすいのか
  • 現在も継続する呪い、だが負ける気はしない

人を妬むということは、自分の人生を無駄にすることと同じだと考えている。しかも人を妬み恨んだところで変わることはなく、呪術的な手法によって人を苦しめるというのであれば、それは人として最もしてはいけない行いである。地獄行きの片道切符を無料で手にして、何も得られぬままに地獄で同じ苦しみを自らが味わうというものだ。人を妬むのはそれほどまでに不毛な行為である。

さて、以前に私の父に憑りついている生霊と、その生霊による呪いの事象について書いたものを公開している。その時の締めは「対策は継続中」としていて、実際呪いはまだ続いていた。川崎大師から弘法大師の力を借り、一時はその呪いを軽減できていたのだが、相手が異常なまでのストーカーでサイコパスであったようで、より強い呪いをかけてくるようになったのである。

その影響は父だけでなく、母にまで身体的に危害を及ぼす程強くなった。また父に対しても意識を失わせて身体を乗っ取るなど、より直接的に妨害するようになってきたのである。怪談を聞くのは好きだが決して語る側でなかった私が、本当の意味で「怪談」を語る側になってしまった今、何が起きたかについて、ここに続きを詳細に書いていくことにする。