【アンチ・ビックテック】トランプの新SNS”Frank”使ってみた! | Kibekin BLOG.

【アンチ・ビックテック】トランプの新SNS”Frank”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 大統領から一転してただの人となったドナルド・トランプ
  • 過激発言、扇動などであらゆるSNSから追い出された男
  • トランプ派のマイク・リンデルがビックテックを嫌って立ち上げた新SNS”Frank”
  • 真相を探るためにKIBEKINが実際に使用してみる
  • 開始と共に仕様とUIが変わってややこしい状態になっている
  • 中身はTwitter+YouTubeの構成とされている
  • 多くにとって「関係のない」SNSであった

自由と規制は常に紙一重の存在で、そして両者とも制御が難しい存在だ。行き過ぎた自由は抗争の火種となり規制が必要になるのだが、同時に規制をしすぎれば今度はそれが火種となり新たな抗争を生む。そして最終的に分裂する結末である。その意味では自由と規制は相容れない存在だ。

その自由と規制のバランスが問題となるのはインターネット上でも同じことで、特にSNSではそれが問題となることが多い。最初は極端に危険な発言を取り締まるだけだったのが、拡大解釈をして「個人の意見」レベルのものであってもそこに1mmでも差別的表現がかかれば無条件で取り締まるようにしながらも一部の思想のみ、SNSプラットフォームで恣意的保護をするという、そのSNS自体をオワコン化させかねない馬鹿なことをしていることが多くなった。過剰な規制は、恣意的なものしか生まないのを理解していないかのようである。

それを嫌って作られたのが、SNS第3勢力として取り上げたのがGabやParlerであり、特定の思想に対する肩入れを支持しないSNSとして運営されている。外部からは白人至上主義やネオナチや極右として見られ、いずれもビックテックによる「いじめ」被害を受けたSNSでもある。そのため一時的にサービス停止に追い込まれたのである。それに対抗する意味も兼ねてであろう、熱烈なトランプ派であり実業家のマイク・リンデルが反ビックテックの新SNSを開始すると発表した。名前は「Frank」、アメリカ時間の4月19日に開始されたSNSである。果たして内実はどうなのか、KIBEKINが探ることにした。

ブンブンハロートランプSNS、どうもKIBEKINです。

ドナルド・トランプとインターネット

大統領時代:SNSで暴言を吐きまくる男

2020年12月から2021年1月末にかけて、アメリカは荒れに荒れた時期だった。この当時はアメリカ大統領選挙があったわけだが、ドナルド・トランプvsジョー・バイデンの一騎打ちという中で、様々な波乱があった。現実でもインターネット上でも、それぞれの支持者たちでバトルが起きることは日常茶飯事なことであった。

肝心のトランプは、当時まだ稼働中だったオワコンSNSの代表Twitterを使用して、とにかくあることないことを言いまくっていた。特に選挙期間中は、どこかの選挙区で得票数が少ないところがあればすぐに「選挙に不正があった」と虚言を吐きまくっていた。実際のアメリカの選挙システムでそのようなことがあったかどうかは不明であるが、Twitterにおけるトランプといえば、本当に暴言を吐くしかイメージのない男であった。



大統領選以前にも、暴言や思想の表明はTwitter上で度々発表していたことがあるトランプ。私は当時Twitterから離れていたのとトランプに然程興味がなかったため、一般的なニュースで見聞きした情報程度の物しか持たないが、アメリカファーストな考え方を持っていたトランプは、移民政策について否定的であり移民拒否や強制送還、メキシコ国境に壁を作るといったことを発言していたのを憶えている。これらの一部は実際には行われなかったが、それ以外にも前大統領となるオバマの政策を無駄にしたりするなど、色々とクラッシャーな大統領であった。

大統領の終焉:肩書きを失うとともに表舞台から追い出される

大統領選の結果はご存知の通り、バイデンの勝利に終わった。これにより次期大統領はバイデンとなり、トランプは大統領を辞職することになる。そのタイミングと2021年1月6日に発生したアメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件の後の反省しないトランプの態度から、Twitterはトランプを完全凍結1)1月6日については、襲撃を扇動したことによって半日の凍結がなされていた。凍結解除後もなお支持者達を扇動するような投稿を繰り返していたため、1月8日をもって完全凍結に至っている。した。合衆国大統領としての公式アカウントについては、これは使いまわされるものであるため凍結はされていない。

Twitter以外のSNSを使用していたかについては、Gab以外にその詳細は定かではない。アメリカ国会議事堂襲撃事件の際に襲撃予告に使われたとされているParlerにはトランプ自身は登録しておらず、寧ろトランプ支持者しかいない。Facebookにその存在は確認できず、マストドン等の分散型SNS参入も噂されていたが、それもただの杞憂に終わっている。もっとも、分散型SNS参入はFediverse側が拒否してすぐ終わりであったと考えられる。

とにかく、歴代大統領の中でも最もSNSを使ったであろう大統領、トランプが大統領を降りるとき、Twitterをはじめとしたあらゆるインターネット上のサービスからその存在を「拒否」されることとなった。存在を否定しないのはGabくらいのものである。そのGabも、トランプはそれほど使用している様子はない。

トランプによる「自分達のSNS」計画が現実に

インターネットの表舞台、主要なSNSやサービスから企業が一斉となってトランプ追い出しにかかった1月。そのトランプがTwitter凍結後に「自分達のプラットフォームを作ることを検討している」と声明を発表した。これについてはマストドンを使ってトランプ丼でも作るのではないかと噂されていたが、この発表の後はマストドンを使ったSNSが展開されるといったことはなく、結局何も音沙汰がないまま3ヶ月が過ぎた。

そして4月中旬に、トランプSNSについての情報が突如舞い込んできた。トランプ派で実業家であり、My Pillow, Inc.2)寝具メーカーであり、創設者兼CEOはマイク・リンデル。2009年7月1日に創業。ミネソタ州カーバー郡チャスカに本社がある。参照:My Pillow – Wikipedia 英語版のCEOであるマイク・リンデルが独自のSNSを立ち上げるとの情報が入ってきたのである。その情報は4月15日に発表され、開始は4月19日(アメリカ時間)からとして準備がされていた。日本時間の20日夜には、既にアクセスできる状態になっていた。

その名は”Frank”、マイク・リンデルが立ち上げた新しいタイプのSNS。次項より詳しく見ていくこととする。

Frankの中身を見る

ここからは実際にKIBEKINが登録して、Frankの中身を見ていくこととする。ただ、私が調べている最中に何度も画面や仕様が変わることが多かったため、内実を探るにしてもまとまった状態やUIにならず一苦労な状態である。そのため、これから書いていくのは私が実際に使用していた際の時系列毎の話となる。一部は画像を撮る前に画面が変わって二度と撮れない状態になってしまったのもある。

前提:Cloudflareは使っている

Frankの目指すところは、ビックテックからの脱出である。つまり、自然とアンチビックテックの立場になる。ただ、そう言っている割にはDDoSプロテクションにCloudflareを使用しているようである。

frank(DDoSプロテクション画面)
Frankアクセス前にCloudflareのDDoSプロテクションにより確認が行われる。これはGabも使用している。

Cloudflareをビックテックと定義できるかどうかについては正直不明なところではあるが、Cloudflare自身は言論の自由に対してCEOのマシュー・プリンスが以下のように述べている。

「米国の長所の1つは、言論の自由、特に政治的発言の自由が広く認められている点にある。Webサイトは言論の場だ。Webサイトは言論そのものだ。爆弾のように、差し迫った危険を作り出すものではない。そのためプロバイダーは、サイトに含まれる可能性がある言論の理論上の危険性について、これを監視し判断を下す責任を負わない」

マシュー・プリンスのコメント (Cloudflare – Wikipediaより引用)

このコメントから推測できることが、あくまでも自分達はサービスを提供する側であって、サービスの提供先の内容についてCloudflareは議論や検閲をすべき立場にはないということを主張しているものであろう。これが正しければ、Gabにも同じDDoSプロテクションが使用されているので、あくまでもサービス提供だけ行うというものであるというのは確定的である。




Frankの初期:単純なポッドキャストサイトだった

ここからは実際にFrankを使用したレポートをまとめていく。なお、時系列毎に解説しているので、現行のとは全く違うものになることが多い。

4月20日~21日時点のFrankは、アクセスすればログイン不要で誰でも見ることができる、単純なポッドキャストサイトだった。参考画像が以下である。

Frank(4/20~21時点)
4/20~21時点でのFrank。これはホーム画面である。リンデルが討論会をしているのがライブ放送されている。

ホーム画面のこの画像以外は撮り忘れたので他は参考となる画像を持たないが、この時点でのFrankはユーザー自身が何かできるということはなく、一種の動画付きまとめサイト的なものになっていた。多数の投稿された動画と1つのライブストリーミングエリアがあり、それを見るだけという感じで、SNSの形ではないというのが正直な感想である。

ホーム以外にはニュース・ポッドキャスト・TV・Absolute Series・About Frankの項目があるが、いずれも動画が大量に貼られただけのものであった。ユーザーはそれに対し、特にコメントをするなどの行動は出来ない状態であった。これでは既存のSNSにすら負けている状態で、言ってしまえばトランプ派の多くの人が「期待外れ」に思うようなサイトでしかなかった。初期のFrankは、まさしくこんな感じであった。

4月21日夜から:自主的にサービス停止しメンテナンス

その後のFrankは、情報の真相を確かめにアクセスする人が増えたためか、サービス開始からたった2日で2億以上 のアクセスストリーミングを観測したことを発表した。これを受けてFrankは「今のところ大成功である」として、新しい機能を開発するために、Frankのサービスを自主的に停止しメンテナンスに入っている。このメンテナンス期間は未定である。

したがって現在は実質的なサービス停止状態となっているが、これはビックテックの妨害を受けたというわけではなく、これから起こり得るであろう攻撃やアクセス数増加によるサーバーダウンへの備えと、Frank自体の他のSNSとの差別化のためのサービス充足を兼ねての一時的な停止であり、サイトそのものが存在しなくなったわけではないのである。その状態が以下である。

Frank一時停止中
Frankがサービスを一時停止してメンテナンス中の状態。スクロールのページを2分割している。

しかし理由はともあれ、現在は使用不可能な状態である。復帰時期に関しては後にFrankから公式発表されると思われるので、今は待つだけである。

その後の経過観察1:4月28日からの時系列

いきなり自主的なサービス停止によって調査不可能に陥ったが、いずれは再開するという見込みのもと、Frankへアクセスし再開しているかどうかを確認する日々になった。その調査中、初めてサイト変化があったのが4月28日である。このタイミングでは次のようになっていた。

Frank一時停止中2
4月28日時点で更新されていたページ。この時点で400M=4兆を超えたことが明示されている。彼らからすれば世界に衝撃を与えたわけで、「成功」と捉えているようだ。

アクセスしてもサービス停止中のままであるが、文面に変更があり、この時にアクセス数がさらに増えていることを知ることができた。ただ、いつでも観れるライブ映像や中国によるアメリカへの影響を唱えているであろう映像(中身は知らない)は固定されているようで、彼らにとってはこの映像が一押しなのかもしれない。

この後は4月30日に文面がまた変わった。しかし映像に関しては全く変わっていなかったようだ。そのときのページが以下である。

Frank一時停止中3
4月28日に更新されていたページ。これを見る限りでは従来のものは継続しつつ、フェーズ2として何か放送することが明示されている。なのでブロードキャスト開始が受け取れるようにテキスト通知を有効にしてくれと書かれているようである。

この変更によれば、これまで毎日やっているライブストリーミングは継続し、さらにフェーズ2として新しいライブショーが始まるということが書かれていた。これの開始タイミングの通知を、当時そのページを見ていた「ファン」に向けてお願いしていた。もっとも、トランプ派とかそういうわけではなく英語もネイティブではないので、通知登録はしないが。



その後の経過観察2:5月2日から再開する

5月に入ってからも復帰するような感じがないと思ってFrankのサイトにアクセスしていた。出る文面はほぼ同じであったが、5月2日にアクセスすると「普通の画面」になっていた。最初に見たページと全く同じページに戻っていたのである。何もかもが唐突で、まるで何事もなかったかのようだ。

しかしその3日後、また唐突にアクセスが制限された。その時の表示が以下である。

電話認証が必要
5月5日にアクセスした際の状態。何故かスパム対策として電話番号認証が求められている。米国内限定で、海外からのアクセス(認証)は対応していない。

どういうわけか、スパム対策でこのような画面が表示された。短時間に何度も認証コードを要求した場合はブロックされるのは一般的であり、このあたりは何ら変わりはない。しかしこの認証方法は米国内に限定しており、「Frankが公式に対応するまで待て(意訳)」とのことである。海外に住んでいるトランプ派は、もう少し待たなければいけないという構図のようだ。

なお、5月8日現在、Frankへは普通にアクセスすることができる。ただしURLが”home.frankspeech.com”となっていた。これにリダイレクトされるようだ。サインアップ及びサインインに関しては、5月7日時点では不可能だったが、現在は普通に行えるようになっている。ようやくサービスが安定したものと思われる。なお、サインアップに必要な事項は以下の通りである。

Frankのサインアップ
Frankにサインアップする場合の画面。電話番号が必要である。日本からの登録も有効だが、これでは登録したくない。

サインアップするにあたり、電話番号が必要なのがいただけない。そのため、登録しようと思っていたが、このこともあって登録をしていない。登録すると果たして何ができるかは不明であり、外部からもその様子をうかがえない。したがってこれ以降に解説するのは登録しないで観測できる範囲のものに限定される。そしてまともに解説できることがないだろう。

5月8日以降のFrank解説

5月8日以降に確認できるFrankの各項目について、項目毎に解説する。

ホーム

Frankホーム
Frankのホーム画面。以前と比較するとホーム画面は広告(リンデル自身の事業)もついて賑やかになった。主に最新や人気のものが表示されている。

アクセスすると最初に表示される場所である。一番目立つのが”Watch Lindell TV Live 24/7″のライブストリーミングで、常に何かがライブで配信されている。また下にスクロールしていくと、最新や人気の記事(放送)と思われるものが下に表示されている。なお、確認できるだけで全てTVのものであった。

ちなみにリンデルは前述の通り、My PillowのCEOである。そのためMy Pillowの広告(自社プロダクト)が掲載されており、コード”FRANK”を入力すると特別価格で買えるという。とはいえ米国内配送限定であろう、海外ではあまり関係がないようなものである。果たしてこれで収益が出るのかは不明である。

ニュース

Frankニュース
Frankのニュース画面。現地時間での表示のため、最新のニュースは多くが5/8のものになる。多くが文字ベースである。

SNSやミニブログといったサイトを運営するにあたり、そのサイトでその日とそれ以前に起きた情報をどこか1つのページにリンクをまとめ、そこから個々の記事を飛べるようにしているのが一般的である。Frankではニュースとして、このページにリンクがまとめられている。

各記事は見出しと画像と掲載日と著者の4点が表示されている。また、Frankの運営地域がアメリカということもあり、投稿日時はアメリカ現地時間になる。したがって、基本的に1日前の記事が最新の記事ということになる。また、記事内容の殆どはアメリカ国内について書いたものが多い。たまに海外について触れた記事があるようだ。ちなみに、ニュースの各記事は原則として文字ベースであり、動画はあまりない。

ポッドキャスト

Frankポッドキャスト
Frankのポッドキャスト画面。ここでは一般ユーザーと思われる人物が多いようである。Podcast Showsではプログラム単位で整列している。

ポッドキャストが、おそらくはFrankがSNSでありYouTube+Twitterとする根拠であると思われる。ポッドキャストは簡単に言えばインターネット上のラジオのことである。代表例は秒速オワコンの本家Clubhouseである。Frankではおそらくであるが、登録を完了したユーザーで、何かしらの承認を得たユーザーであればポッドキャストを行えるものと思われる。このあたりの詳細は不明だ。



また、各ポッドキャストはダウンロードして自分の端末に保存することが可能になっている。これは全てのポッドキャストで可能であり、標準の機能であるようだ。Frank自体に各ポッドキャストのアーカイブ期限があるかどうか不明であるが、本来の意味のポッドキャストに従うのであれば、あながち間違いではないと思われる。

TV

FrankTV
FrankのTV画面。これもおそらく一般ユーザーと思われる人物が配信している。こちらは動画である。TV Showsもプログラム単位で整列されている。

ポッドキャストがあれば、動画配信も存在する。動画配信についてはTVがその役割を担っている。Frankのメイン機能と言うべきであろうか。これも推測であるがポッドキャストと同様、登録済みユーザーのみが行える機能であろう。やはり詳細は不明であるが。

TVにおいて、配信された過去の動画についてもアーカイブされるようで、このアーカイブ期限については不明である。また動画については字幕機能はなく、画質変更か速度変更くらいの機能しかない。字幕がないので英語ネイティブ以外は見てもなかなかわかるものではないであろう。ちなみに、動画はダウンロードできないが音声はダウンロードできるようになっている。果たして音声だけ欲しい人がいるかどうかは怪しいが。

Absolute Seires

FrankAbsoluteシリーズ
FrankのAbsoluteシリーズ。必ずマイク・リンデルが出演している。

Frankを設立した目的は、リンデル自身の意見を伝えるという目的もあると思われる。分類上はTVの一部であるが、リンデル自身が出演し、タイトルに”Absolute”とつくものは”Absolute Series”として特別に分類されている。ここでのAbsoluteの意味は、これまでに存在する過去配信された動画のタイトルから「純然たる」「絶対の」という意味であると思われる。内容はいずれも2020年のアメリカ大統領選挙における不正を訴えるもので、それを科学的根拠を以って証明しようという話であるようだ。まだ不正だと訴えているのか(困惑)。

ちなみにTVの一部である以上、音声のダウンロードは他のTVと同じように可能になっている。しかし誰がダウンロードするのであろうか。

About Frank

この項目は一般のサイトにおけるAbout usや利用規約・プライバシーポリシーについてが掲載されているものである。Frankを設立した目的や理由、それに付随する利用規約・プライバシーポリシーを読めば、使い方がなんとなくだがわかるであろう。また、ここにおいては特に説明すべきこともないので省略する。

以上で各項目の解説は終了である。登録していないので、実にガバガバになってしまった。

結論:多くにとって「関係のない」SNS

トランプ派の新しいSNSが誕生したとのことで、KIBEKINの調査対象となったFrank。内実を調べようとした矢先に自主的にサービスを停止してメンテナンス作業に従事したり、スパム対策で様々な変更が加えられたりと、開始早々から振り回される結果となっていた。そのためサービスが実質的に停止となったときは、かつてParlerがサービス停止になったのと同様、一旦は調査を停止した。

その後はお茶を濁すための記事を書きながら復活を待機していたわけだが、いざ復活してもまたサービス停止して、或いは仕様が変更になったりと面倒なことになっていた。そして本格的に復活したわけだが、調べてみるとあまり大したことのない、SNSのようでSNSではないようなものでしかなかった。もっとも電話番号が必要であるのと、電話番号による認証が米国内限定にされている可能性を考えると、登録しようとしてもできないのではないかということもある。そして、正直このSNSに入れ込む必要もないと思い登録をすることもなかった。私はトランプ派でもバイデン派でもないからである。実はMWCのマイケル・ウィルソン待ちである。

最終的な結論としては、多くにとって「関係のない」SNSであったということである。それ以上の評価は必要ないであろう。もっとも知らないよりは少しだけ知っていた方が話題として面白い。ただそれだけである。

 

以上、トランプの新SNS”Frank”を使ってみた!であった。それでは、次回の記事で会おう。ン、バァーイ!

 

KIBEKIN at 13:38 May 10th, 2021


スポンサーリンク




脚注

脚注
本文へ1 1月6日については、襲撃を扇動したことによって半日の凍結がなされていた。凍結解除後もなお支持者達を扇動するような投稿を繰り返していたため、1月8日をもって完全凍結に至っている。
本文へ2 寝具メーカーであり、創設者兼CEOはマイク・リンデル。2009年7月1日に創業。ミネソタ州カーバー郡チャスカに本社がある。参照:My Pillow – Wikipedia 英語版
KIBEKIN
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまってから、半ば自分からリタイア後ブログクリエイターとなり活動してきた社会不適合者。VRやVTuberに触れる機会が増え、今後はリスペクトだけではなく自分を作る意味を込め、VTuberならぬVBlogCreator"KIBEKIN"として新しいスタートを切る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock