アドオン | Kibekin BLOG.

【公式が仕事しないから】”Twitter Stress Reduction”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Twitterを利用するルートはブラウザと公式アプリが基本
  • 見たくないものを拒絶する方法はミュートとブロック
  • ワードミュートは実装されているが公式の機能は役立たず
  • PCブラウザならアドオン”Twitter Stress Reduction“が役に立つので使ってみた!
  • 正規表現を採用し、単語単位のミュートが非常に楽になる
  • 濃厚な見本が用意されており、面倒ならそれを使うと快適になる
  • ツイートそのもの以外にも公式のゴミ機能を抑制する設定もできる
  • IDはもちろん、名前のアイコンや言語に対してもミュート設定可能
  • 公式機能でデータセーバーON時畳む機能を有効にしていると動作がおかしくなるのを観測
  • TwitterをPCで快適に使うならこの自衛策が正解

公式クライアントは、多くのユーザーから望まれているものである一方で、いざ使ってみると残念な面が目立ちすぎて結局使わずにサードパーティを使う、ということは往々にして存在する。もっとも、公式クライアントの保証範囲は必要最小限ということが多いので、余計な機能は入れずに設計するのが一般的であろう。そもそもアプリ制作は本業の範囲外ということもよくある。

SNSの代表であるTwitterは、前々から開発陣が無能でお馴染みだったが、それよりも酷いのがトップに立つ人間が無能であったということ。これにより散々に翻弄させられてしまい、ユーザーはもちろん従業員すら困っている状況だった。かのAmazonのCEOジェフ・ベゾスは世界一有名なサイコパスだが、一時的なTwitterのCEOであったイーロン・マスクもまたサイコパスであり、独裁者でもあることを証明した。あれではプーチンと何ら変わりがない。

13歳以上なら理論上は誰でも利用できるが、当然のことながら自分とは合わない人、根本的な悪人も利用しているわけで、その場合はアカウントに対してミュートとブロックを活用すればいい。また、特定の話題に対してはワードミュートを使用すればいい。ただ、Twitterのワードミュートは正規表現非対応なので、ミュートしたいワードに対してあらゆるパターンを登録しなければならない。なので、ChromeやFirefoxならアドオンを利用してTwitterに干渉できるミュート機能”Twitter Stress Reduction”があるので、これを試すことにした。

【アフィカスにバァーイ】検索結果から削除!uBlacklistのススメと使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 検索エンジンで最も価値の高いGoogle
  • Google検索の上位に乗ることはサイトステータスとして重要な項目
  • 検索上位にするために「工作」する悪質まとめサイト/キュレーションサイトの存在
  • 指定サイトをGoogle検索の結果から除外するアドオン”uBlacklist”
  • 指定URL除外のほかマッチパターンと正規表現が利用可能
  • 動作は「結果を非表示」にしているだけである
  • 中身の薄いサイトに邪魔されることはもう終わり

新年、いかがお過ごしだろうか。私はいつも通りだ。年末だからとかで書かずに休むことは、私には似合わなかった。書いていないと、何か落ち着かない。このことから、私は一種の職業病のような状態になっているようだ。まあ、それも生き方というものであろう。

さて、新年一発目、しかし新年だからと言って特別なことは書く気がない。私の書きたいことを書くのがこのリンクス岐部のブログだ。ところで最近気になったことと言えば、まとめサイト/キュレーションサイト/アヘリ8サイトが検索結果に出てきてうざいことである。オリジナルコンテンツのオの字もないようなサイトが検索上位となり、多くのネットユーザーに不快を与えるあのクソサイト群である。URLを見るだけでもアレルギー反応が出るくらいだ。それらは往々にしてGoogle検索に対して最適化されていることが多く、世界の99%はおそらくGoogleを検索エンジンとして使用しているであろう、それらユーザーを誘導する目的で対策されていることが多く、それを行う奴は人間の屑の極みである。そしてGoogleは機械的な順位付けをしている以上、条件に一致さえしていれば上位に居座り続けるのだから、尚更タチが悪い。

だがブラウザのアドオンとは偉大である。それら害悪なサイトを直接指定して除外するわけではないが、アドオンのオプションから設定することでGoogleの検索結果から除外してくれるアドオンが有志によって開発されているのである。そのアドオンの名はuBlacklist。アフィカスのURLさえあれば、どんなアフィカスサイトも検索結果から除外できる優秀なアドオンである。読み終わったら今すぐにでも入れるといい。

【必須アドオン】Amazon価格追跡アドオン”Keepa”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ECサイトの最大手、Amazon
  • Amazonは不定期に価格が変動する
  • その価格を手動で追跡するのは困難
  • Keepa“, Amazonの価格だけを追うアドオン
  • インストールするだけでAmazonのページで自動で機能する
  • 各機能、しっかりと紹介
  • 気になる商品はKeepaに登録して価格変動を通知できる
  • もうセールに騙されることもなくなる

ECサイトの便利さは、生活スタイルの多様化を支えるものである。これのおかげで、距離に無関係で好きな商品を好きな時に購入し、それを家に届けてくれる。もっとも届けるのは配送業者だが。現代は様々な企業、あるいは個人がECサイトを開き、あらゆるものが取引されている。かつては現物のみだったが、現在はデジタルアイテム、サービスなどの無形でも取引対象となる。これらは詐欺の可能性を考えると取引禁止物であるが、サービス売買専門のECサイトがあるところを見ると、規約・セキュリティ・補填を充実させたうえでなら問題なく行えるのだろう。

それらECサイトのうち最大手とも言えるであろうAmazon。他のECサイトの価格はおそらくAmazonを基準とするほど、世界標準になっている節がある。それが確かかはともかく、通常商品は一定価格で販売するわけだが、市場の需要と供給に応じてAmazonでも不定期に価格が変動する。これはどちらにも振れる可能性があり、またセールの場合は大きく下がることもある。が、販売元がAmazonではない、所謂マーケットプレイス出品者はこれを悪用し、セール直前に大幅値上げしセール時に戻す、セールマジックを行っていることもある。しかし価格をいちいち憶えていないので、多くは騙されてしまうのである。

しかしブラウザのアドオンによって、Amazonでの買い物で安く買うのが容易になった。Amazonの全ての商品の価格だけを追跡し、どの時期にどれくらいの価格だったかを全て記録し、視覚的に安い・高いがわかる超有能アドオンがあった。そのアドオンの名はKeepa。これを読んだら今すぐにでも入れるべきアドオン、今回はこれを紹介する。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock