【最善策は放置】ネット上のメンヘラ取説~触らぬ神に祟りなし~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間には様々な「タイプ」が存在する
  • 取り扱いが非常に面倒なタイプ「メンヘラ」
  • 現実世界ではもちろんだがインターネットにも存在する
  • SNS, 所謂Fediverseにもメンヘラはいた
  • 「傾向」を掴めば被害を受ける前に対処できる
  • もし分からずに近付かれても観察すればわかることも多い
  • そしてSNSは拒絶機能満載、簡単に排除可能
  • 実例を見て、メンヘラの怖さを学ぶ
  • 「触らぬ神に祟りなし」とはまさにこのこと、放置して忘れることが最善策

人間ほど面倒な存在はいないであろう。人間とは機械と異なり、常に変動的で行動を予測できない、そして感情によって周囲の人間や自分自身すら振り回し困惑と混乱の渦に陥れる、面倒で相手にするのが疲れる存在だ。かといってそれを手放すためにAIなどの現段階では「定型句」を返す機械を相手にすると、それはそれで相手にしているうちにつまらなさを感じて人間を求めるようになる。そしてそれをループし苦しむのである。人間は学ばない。

その人間にも「タイプ」が存在する。どうしても人間は何かに分類しなければ気が済まないらしいが、しかし分類されたことによって、接すると危険な人間であることを教えてくれるものも存在する。その中の1つに俗称で「メンヘラ」というタイプが存在する。簡単に言えば非常に面倒なタイプで、しかも男女問わず存在する。そもそも性で区別しなくても、誰でもメンヘラである可能性が否定できないのが現代だ。そこにいる人間も、もしかしたらメンヘラかもしれない。

現実には厄介なその存在が、インターネットの一般化によってSNSにも現れその存在が多くに認知されるようになった。今現在の傾向としては表向きには普通の人間だが実際は何か問題を起こしがちな隠れメンヘラが多い印象だ。そしてSNS, 所謂Fediverse上でもその存在を多数確認できる。その中には実際に問題を起こし、周囲に多大な迷惑と嫌悪を与えた者がいる。それらについて、KIBEKINの視点からどう見抜いて対処すべきかを考える。

【身近な皮被り】親しき隣人が「V」の時のトリセツ~反V主義の視点から~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐと言えば、YouTuber
  • 今からYouTuberとなって活動するにはリスクが高すぎる時代
  • 顔を出さずして活動する新しいタイプがVirtual YouTuber
  • 実は反V主義であるKIBEKI
  • しかし隣人にはVになろうとしている人がいる
  • Vになるための「キット」の市販品が存在する
  • その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考える
  • 対抗してKIBEKINとしてYouTuberになるか?

中古品の世界で、ディスクメディアの場合は非常に恐ろしいものである。それは平然と起動不可レベルの傷がついたものを、詳細を見せずして売る輩が多数存在するためだ。したがってこの場合は個人出品者の中古品は買ってはならないという警告ができそうである。なお、そのディスクについては復元作業を記事にする予定である。偶然にも1つのネタが出来た。

7月19日をもってHikakinTVが10周年という時の流れの早さを感じつつ考えることは、YouTuberである。ここまで来るともはや説明不要な存在である。しかし全国出る杭は打たれる時代、YouTuberの性質上顔を出すのが一般的であるが、どういうわけか人間の姿をした蟲は多数存在し、真面目に活動しているYouTuberに対して「攻撃」を行う屑が多い。それはHIKAKINやSEIKINですらその被害を受けることがあるほどで、リスクヘッジのためには顔を出さないことも必要になる。

それを回避する方法とでもいうべきか、二次元の皮を被り、一部は声も加工した、非現実的存在に顔出しを代行させるタイプのYouTuberが登場する。これがVirtual YouTuberであり、略称でVTuber、或いは単にVと呼ばれる。だが私は基本的にYouTuberが好きで、Vは嫌いである。これは反V主義とでもしておく。Vの性質上殆どが身体を出さないでゲームか何かするだけで、全くもって差異が見られず、HIKAKINやSEIKINほどの面白さを感じないために嫌いである。

しかし最近、隣人がVになりそうな機運が高まっている。反V主義の私であるが、この場合のVは果たしてどう扱っていけばいいか。反V主義という立場から、私の場合の接し方を書きながら考えていくこととする。

【絶対死守!】リンクス岐部版「個人情報セルフマネジメント」講座

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 個人情報は命に等しい情報
  • 一度流出すれば削除不可能、無限に流出し続ける
  • 個人情報は自分で守るものである
  • リンクス岐部流の(ブログ上の)個人情報セルフマネジメント講座開催
  • 「簡単だが皆が意識していないこと」で秘匿性を向上する
  • 極論:インターネット辞めるしかない
  • 個人情報を守って楽しくインターネット!

何故か私の周りでは、個人情報が流出したり、ネットストーカーに追われたりして対策を講じなくてはならないことが多々起きている。インターネット上の活動を制限される、まだ軽度なレベルから、住居すら変えるまでに至った深刻なレベルまでと様々である。そして被害者がマストドンにいるという事実である。私の周りは闇を抱えた人が集まりやすいのだろうか。

前々から危機感を持っていたのだが、このままでは被害者が正直いたたまれない。そこで、ここは私がブログ上で、私のやっている個人情報セルフマネジメント講座でも開こうかと思い、この記事を書くことにした。個人情報の扱い方で困っている人や初心者には、これを読んで少しでも流失リスクを減らせるようにするといい。

【電子尾行】逃げきれ!ネットストーカーの恐怖と自己防衛方法

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現実世界で迷惑な存在、ストーカー
  • 他人の一切を無視する一種のサイコパスである
  • 現実のストーカーは法規制強化により刑事罰へ
  • ネット上の断片的情報から「特定」するネットストーカーの登場
  • 異常なまでの探索能力と被害者自身による情報公開が原因
  • サイバー関連周回遅れ無能国家日本はネット上の対策が不十分
  • 逆に自己防衛手段はいくらでも存在する
  • 他人は不変、国家は無能だから自分の情報は自分で守れ

私は海外ドラマの中を好み、クライムサスペンスをよく観ている。CSIやクリミナル・マインドだ。CSIは科学好きには面白く、クリミナル・マインドはやばい奴の展覧会のようなドラマである。ドラマなので内容はフェイクであるものの、非現実的ではない話も多く、実際に起こり得るかもしれないというのが何とも怖いものである。

ところで、ストーカーは怖いものである。以前から社会問題となっており実際の犯罪になり得る可能性も高い、他人の生活を脅かし、崩壊させる最低の行為である。これは基本的に男が多いが、女にもストーカーはいる。人間の姿をしていればそこに性別など関係ないのである。

「現実」におけるストーカーは法規制強化や防止対策が取られた結果、完全ではないが減少している。しかし「現実」が規制されると次は無警戒だったネット上でストーカーが現れた。ネットリテラシーに無関心な馬鹿は早速餌食にされたようだ。現実のストーカーはいくら対策しても難しい場合があるが、ネットストーカーの場合は狙われる側の責任も存在する。一定の自己防衛策を講じずにそうなった場合には、残念ながら擁護できない場合がある。

そのネットストーカーから自分の身を守れるのは、自分自身のみである。無能国家日本はサイバー関連周回遅れであるため、法整備が不十分であり、ネットストーカーは他人でサイコパスであるため人の話を耳に入れない。よってネットストーカーは不変である。したがって、自分以外の誰も守ってくれないということだ。今回はそんなネットストーカーの恐怖と自己防衛方法について書いていく。

【衰退期】You/VTuber:実質オワコンの未来とその考察

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐ者、YouTuberの出現
  • 再生回数のために犯罪行為や不快な動画が蔓延する
  • 「皮」と「声」を二次元化したVTuberの登場
  • YouTuberは稚拙さが目立ち、VTuberはやることに差異がない
  • 芸能人の動画投稿サイト流入が始まる
  • YouTubeの「テレビ化」はYouTuberが「不要」になる
  • 新たな「活動」の確立はなく、実質オワコン
  • YouTuberの在り方をもう一度考える時期

YouTuberと呼ばれる存在がいる。その存在はいつから現れたのだろうか。私自身は登場当初から何故か好かなかった。不思議なことに、興味すら湧かなかったのだ。登場後少しして話題になっても、私は全くどうとも思わなかった。

YouTuberという存在が現れた理由は簡単である。金になるから、それ以上の理由はない。金のならないところに役者は現れないのだ。始まりは2007年5月あたり、動画視聴回数の多い投稿者にYouTubeから広告収入分配のパートナープログラム参加呼びかけからとされている。現在はこれが一般開放されており、提携条件を満たしており動画内容に問題なければ、定義上のYouTubreになることができるようだ。

YouTubeは動画投稿サイトであるため、収益は再生回数に依存する。したがって、あの手この手で再生回数を稼ごうと努力するのだが、その努力の方向を間違えた結果、他者に損害を与えるもの、犯罪行為の動画を投稿する、まごうことなき馬鹿が増えてしまった。収益化の弊害である。

また、二次元の外見とVC(ボイスチェンジャー)または合成音声を使用したYouTuber、所謂バーチャルYouTuberまたは略称でVTuberが登場した。が、これは殆どが単純なトーク力とただゲームするだけの内容が多く、それが大半を占めていて、個人間の差異が見られない。これでは何の面白みもない。さらに昨今の情勢ゆえ、芸能人のYouTube進出が相次ぎ、いわばエンターテインメントの「本職」がライバルとして乗り込んできている。このままでは「本職」にYouTubeは占領され、しかし元からいるYouTuber群は奪回策の目新しいこともない状況、実質オワコンである。このままいけば死滅するだろう。そんなYouTuberの未来を考える。

【少なっ!】アンケートサイトの問題点 – 時間対効果と正答率

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 何か集計を取りたいときに使う方法、アンケート
  • 無償は少なく、何かしらの有償アンケートが一般的
  • リサーチ・市場調査専門企業がポイントサイトやアンケートサイトに配信し結果を回収している
  • アンケートの「時間対効果」の薄さが目立つ
  • 「理想の回答」をすれば高ポイント貰えるのはどうなのか
  • 海外アンケートはクソさ加減が目立つ
  • 純度の高い結果を得るには「相応の報酬」が必須である

人から意見や情報を集めるとき、単純な聞き込みで足で稼ぐのと、インターネット上でアンケートという形で情報を集めるのと、なんか唐突に電話がかかってきて答えさせられるのがある。大体がこんな感じであろう。電話に関しては、無能政府がたまにやる程度でしかないが。

さて、そんな中でもアンケート、特にインターネット上で行えるアンケートは、簡単に行える「小遣い稼ぎ」の1つとしても話題となっている。そして、謝礼は「ポイント」という形で付与され、独自ポイントの場合があれば、Tポイントのような既存のポイントで付与される場合もある。多くは前者であり、後者はキャリアが運営するアンケートに多い。

しかしこのアンケート、大抵は時間を取られる割に、報酬が非常に安いことが殆どである。5分かけて1~2ptということはザラであり、時間対効果は非常に低い。これはアンケート専門サイト以外のアンケートによく見られるもので、専門サイトであれば時間や記述式に対して十分な報酬を用意していることが多い。同じアンケートでも、配信先によって差が出ることもあって、不公平さが滲み出ている。

また、大抵のアンケートは回答によって分岐するように設定していることが多いので、理想としない回答が入力された場合は終了、逆は継続という、事前の構成によって作られている。当然継続した方が報酬は高い。したがって、理想の回答さえ入力すれば継続でき、報酬も獲得できてしまうという、「結果の信頼性」に関わる問題が発生する。これらの問題も含め、今回はアンケートとアンケートサイトについて、私独自の視点から切り込みを入れていく。

【自分道】所詮は他人!インフルエンサーを追う必要がない理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 影響力を持つ有名人がインターネットに参戦
  • インターネット上の発言に影響力を持つ人「インフルエンサー」
  • 一種の「崇拝」対象となることも
  • インフルエンサーを追っても得られるものが微妙である
  • 知らずのうちに「洗脳」されている危険性
  • 所詮は他人、のめり込み厳禁

有名人は一般国民にとってどのような存在となるのだろうか。無能政府側につく上級國民として一般国民の敵となるのか、それとも「民意」としない無能政府に対し、発言力を生かして声を届けるのだろうか。振る舞い次第ではどちらにでもなる存在故、有名人にも見えない圧力がかけられることであろう。

ところで、有名人がSNS等のインターネットで活動しているということは多々見受けられる。しかもこの傾向は近年になってからである。それどころか、無能政府によって無駄に拡散された死のコロナウイルスの怪我の功名であろうか、実質オワコンのYouTuber参戦が増えている。これはこれで、新たな論争の議題となるだろう。

有名人はインターネットの他愛のない発言でさえ、その地位や身分故に大きな影響力を与えることもあるようで、一般国民の一般ユーザーはこれをフォローして、発言を逐一確認する人が多いようである。広大すぎるネット上では、それはたった一人のユーザーに過ぎず、大袈裟にも思えるのだが。

その有名人は往々にして「インフルエンサー」と呼ばれる、世間に与える影響が大きい人物として扱われる。また、もともとはインターネットでのみ有名だった(=テレビなどには出ない)人が影響力を持つようになった結果インフルエンサーとして扱われるようになる人もいる。YouTuberはその最たる例といえよう。

だが、私はそれらインフルエンサーを追っかけることはしない。私からすれば、人は間違うことが前提の愚かな生物であり、インフルエンサーも人である以上、間違ったことを言う可能性がある。だが思考停止でインフルエンサーを追っかけてその言葉に惑わされては、自己のアイデンティティを消失させる原因となる。そして発言に決して責任を取らないのが、インフルエンサーである。

今回はインフルエンサーは追う必要がないことを書いていく。例によって、少々ガバガバな文章であることを許してほしい。