ゲーム | Kibekin BLOG.

【省エネGPU】”MSI Afterburner”使ってみた!~熱対策と電力効率編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • あらゆる家電の中でも電力大食らいな「ゲーミングPC」
  • CPU、GPUが高性能なら消費電力は非常に高くなる
  • 電力が高い場合、は切り離せない問題
  • 現代傾向としては性能より省エネが重要になる
  • CPUは難しいがGPUならMSI Afterburnerがある
  • 殆どがオーバークロック用途で使うがダウンクロックもできる
  • 最大消費電力の制限と低電圧化が主な方法である
  • 使用中のGPUの情報をもとに細かく設定していく
  • 複数パターンでベンチマークを回し、最適解を見つけ出す
  • オーバークロックと同様保証対象外につき素人にはお勧めできない
  • 省電力化は実質的な節約に繋がる、パワーだけが正義ではない

私が現在使用しているゲーミングデスクトップは、大学生だった頃に作ったものである。それも安く仕上げるため、GPUだけは中古のものを流用した。それがMSIの1060-6GB(OCV1)であるが、これが3年経った今でも新しく入手したものに切り替えるまで、全く壊れる気配なしに動いていた。他のパーツも壊れるような気がしないのだが、とはいえ性能に限界を覚えてきて、更新を考える時期に来ているようだ。

新しいGPUの遍歴は、最初がMaxwell世代の最強GPUGTX Titan X(2015)である。その次に変えたのが、2017年登場の最強GPUで、現在もまだ最前線で戦える性能を持つ、GTX 1080 Tiである。いずれもTDP250Wであるが、VRAMではTitan X、全般性能では1080 Tiに軍配が上がる。当然エネルギー効率で言えば1080 Tiであるので、もうTitan Xは卒業だ。ただ、共通事項があり、それは両者とも消費電力が高く爆熱になりがちである、ということ。自作PCユーザーにとってこの2つは無視できないものなので、何らかの対策を取っているのが普通である。

MSIが提供しているGPUをソフトウェア的に調整するツール”Afterburner”は、簡単にGPUの性能を変動させることができる。主な用途は性能アップだが、その逆の性能ダウンも対応している。このツールを使い、GPUにつきまとう熱問題と消費電力を解決することにした。性能を下げればパフォーマンスは下がるが、それがどれくらい下がり、そしてどれくらい対策として効果が現れるのか。詳しく見ていくこととする。

【普段ですら捗る】”Logicool G502 HERO”ゲーミングマウス使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • PCの操作に欠かせないマウス
  • 通常使用であればUSB接続の3点マウスが最もコストが安い
  • ワイヤレスやゲーム用マウスは高額になる
  • 有線で様々なゲーマーが愛用するLogicool G502 HEROが入手できたので使ってみた!
  • 11ボタン装備、発光するロゴ、脱着可能なウェイトがセットになっている
  • 独特な形状は手に優しく、長時間使っていても負荷がかかりにくい
  • Logicoolが提供するG HUBで自由にボタンをカスタム可能
  • デフォルトでもそのまま使えて、ゲーム単位でプロファイルを設定できる
  • 本家APEX用に様々な調整を加えてその実力を試す
  • 「ゲーミングマウス」とは普段でもゲームでも使える万能なマウスだった

「一般社会で働くことに向いていない人」が生き残る手段は、情報収集能力を極限まで上げて、他人を出し抜く力を身に付け、それをインターネットで発揮することであろう。それは往々にして「人を騙す」ことに繋がりやすい。このことは倫理や道徳で色々問われることが多いが、最終的な結論としては「騙される方が悪い」ということで、自己責任と片付けられることが多い。それが世の常である。

PCのことは情報収集能力や他人を出し抜くでも改善できないことは多い。性能はどうしてもハードウェア依存であるためで、これはゲームで顕著である。しかし、ゲーム時にはもっと大事なものが入力機器だ。PCならキーボードとマウスがそのままゲームでも使用できる。しかし操作には癖があり、コンシューマのコントローラー操作に慣れた人からすると、その変わったやり方に思っていたよりも苦戦することは十分あり得る。なお、通常のマウスは3ボタンしかないので、いくら慣れている人でもそのボタン数ではプレイは正直難しい。

そのため基本の3ボタンに加えて追加のボタンを設置し、形状が人間工学に基づいて設計され光るようにもしたマウス、所謂ゲーミングマウスが登場する。これによりゲームが劇的にやりやすくなったのである。そして私も、コントローラー操作の限界を感じて乗り換えることを決意した。その際に入手したのがロジクールのG502 HEROである。多くの愛用者が存在し、これをもとに上位モデルと下位モデルが製造されるほどの人気マウス。これはどこまで戦いを有利にしてくれるのだろうか。

【黙れ!】APEXモバイル・レジェンド分析~シーズン3.5:レヴナントの侵攻~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 11月30日から実質シーズン3.5に突入したAPEXモバイル
  • 現在のゲームバランスは「良好」で、特に修正は加えられていない
  • 中間地点での追加レジェンドはローバより遅かったレヴナント
  • 公式キャッチコピー「人造の悪夢」の「レヴナント」
  • しゃがみ移動は高速化、人より圧倒的に高く登れる「ストーカー
  • 特殊な球「サイレンスボム」で敵を黙らせる「サイレンス
  • デストーテム」で影となって敵を襲い、死を回避する
  • 敵のアビリティを封じ、逃げる隙も反撃する隙も与えない
  • デストーテムで特攻し、時に自爆して戻ることも必要
  • パークを併用すればサイレンスが凶悪になり、回復不可能も打ち消せる
  • 敵を黙らせ、悪夢を見せつけ、APEXゲームは恐怖に包まれる

最近、各所で本家APEXのコラボ配信を見かける。EA×Respawnのドル箱FPSは、参入の敷居自体は非常に低く、カジュアルに楽しめるからであると思われる。しかしこれがランクマになると一気に沼と化す。私は未だにランクマは、金にならない最高級のマスターベーションと捉えているため、それをする意味を見出せず、それをしている人を心で軽蔑している。ここは私のブログであるのではっきり言っても誰も怒らない。

さて、レイスとオクタンはチートしかいないという前提のもとで割り切ると、割とプレイできるAPEXモバイルであるが、シーズン周期は本家APEXよりも短めになっている。また本家APEXに準じてシーズンの中間地点でランクリセットとタイトルネーム変更がある。明記はされないものの、実質的なシーズンx.5である。そこで追加レジェンドが本家APEXから投入される。

β時代にはワットソンが存在したためそのデータは入っているはずなのに未だに投入する気配がないのが不思議でしかないが、本家APEXでの登場順序よりもプレイデータを優先して投入しているであろう結果、一気にアッシュが登場したりとシーズンはあまり関係ないようだ。今回のシーズン3.5では順序的にはローバよりも先に出ているべきであるレヴナントがようやく投入された。本家APEXでは未解説のため、ゲーム面はAPEXモバイルに準拠しつつ、解説を行っていく。

【現実を引き裂く!】APEXモバイル・レジェンド分析~シーズン3:アッシュ乱入~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 開始から6ヶ月目でシーズン3へ突入する、APEXモバイル
  • ゲームバランスは本家に準するも、その出来は本家よりも上に感じる
  • シーズン3は本家APEXからアッシュが乱入、フェードに関係がある様子
  • 公式キャッチコピー「慈悲無き扇動家」の「アッシュ」
  • 死亡検知、死体の再利用「死の烙印」で敵の位置を知る
  • 手裏剣っぽい罠「アークスネア」を投げ、電気的に敵を拘束する
  • フェーズティア」で一方通行ポータルを狙った場所に開き、移動する
  • 敵より先に敵の位置を察知でき、漁夫狙いの動きがしやすい
  • フェーズティアを利用して位置を変え、敵を翻弄して優位に立つ
  • 突然乱入してきたアッシュの目的は如何に

APEXモバイルのゲームバランス調整は、様子見しながら行われているようだ。私が感じるのはガスおじの調整がやや微妙ではないか、ということ。その考えはテンセント、もっと言えばLightspeedも同じ考えだったようで、その調整がシーズン2「アフターショー」で実施された。ガスの基本ダメージが上昇した代わりに、本家APEXと同様、ガストラップが破壊できるようになった。ガスおじも本家APEXに準ずる形で最適化された。後はワットソンさえいれば、空爆とグレネードに対する完全な対策になるので欲しいところである。データは既にあるはずだ。

APEXモバイルの独自要素の1つに、限定レジェンドがある。フェードとラプソディが該当し、これらは私の方でも実際に使用してそのレポートを出している。とはいえ限定レジェンドはなかなか作るのが難しいはずで、シーズン更新毎に1人、というのは無理な話になるだろう。EA本体より有能なLightspeedが過労死するのはまずいことだ。

また、限定レジェンドのストーリーを構築するにあたって、本家APEXのレジェンドをいくつか投入する必要があるとも感じていたようだ。以前は家族の復讐という意味でフェードとローバが繋がった。そしてフェードがクリプトと共にキングスキャニオンで試合中、上空に現れたコロシアムに侵入し、リングでチャンピオンになったときに、フェーズティアでいきなり現れたのがアッシュだ。これでAPEXモバイルにもアッシュが乱入することが確定したのである。APEXモバイルに参戦するにあたって、パークによるレジェンド自体の性能の変動もある。この点を踏まえて、APEXモバイルとしてのアッシュを分析することにした。

【約15年ぶりの制作】”JR EAST Train Simulator”出発進行:アーリーアクセス編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 実写映像と忠実に再現された挙動の鉄道運転シミュレーションゲーム、Train Simulatorシリーズ
  • 音楽館名義でのコンシューマ向けゲームはRailfanを最後に終了
  • 以降は鉄道各社向けの教育で使用する業務用シミュレータやホームドア開発に専念
  • 約15年の沈黙を破り、業務用の経験を生かしてコンシューマ向けを販売決定
  • 国鉄JR東日本をパブリッシャーとした初めての試み、開発は音楽館
  • 9月20日よりSteamでアーリーアクセス版を配信開始
  • 初期は京浜東北線南行: 大宮~南浦和、八高線上り: 高崎~群馬藤岡を収録
  • その時点での最新データで構築され、展望も車両挙動も「本物」
  • 今後の展開はフィードバックを元に最低3ヶ月後にフル版を予定
  • 鉄道史に残る、新たなTrain Simulatorの始まり

歴史資料とは、一体どんなものを示すか。国立図書館にあるものか。NHKが保有する映像か。それ以外のものは、果たして歴史と認められないのか。そんなことはないはずだ。自治体や個人レベルのものでも歴史資料は多種多様に存在する。しかし1つ明確なルールがあるとするなら、捏造は許されないということ。それだけはいつの時代のいつの出来事でも、それをやってしまえば品格をただ落とすだけになる。

鉄道史において、映像記録作品は数多く存在する。その中でも異彩を放つ存在がある。向谷実氏を代表取締役社長とする株式会社音楽館が制作した、前面展望撮影による実写映像・実際の車両性能を反映・ゲーム性の融合によって誕生した鉄道運転シミュレーションゲーム、Train Simulatorシリーズだ。向谷氏の趣味から生まれたこれは現実と全く差異がないほどに再現されており、同時に撮影当時の風景を切り取っているので、ゲームであると同時に鉄道歴史資料としての価値があるものに仕上がっている。

2007年11月1日の「Railfan 台湾高鐵」を最後にシリーズは終了し、以降は業務用シミュレータや安全対策設備の開発を中心としていた。そんな中で決まったのが、JR東日本公式でTrain Simulatorを家庭用に復活させるということだった。約15年の沈黙を打ち破り復活したTSシリーズ、最新作はSteamのみでの配信となる。この15年で果たしてどのように変わったのか。アーリーアクセス版が配信されているので、実際に走らせてその詳細を確かめていく。

【救え、その手で。】「オノゴロ物語」やってみた!~ようこそ「オノゴロ島」へ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2020年から始まった国産VRゲーム開発と市場への投入
  • 海外のVRゲームに負けないその出来栄えが世界に受け入れられる
  • あまた株式会社、自身の国産VRゲーム第2作目「オノゴロ物語」を発表
  • 各アンバサダーの宣伝や割引セールで色々見てきたが実際にやってみることにした
  • 舞台は気の力と蒸気機関が融合したオノゴロ島、「和風伝奇スチームパンク
  • 陰陽銃の使い手として、223代大神宮祭主コセ・ハルと共にアラキダ・マサタケを追う
  • 大正時代のような懐かしい街並みを眺めながら、2人で協力して敵を討ち謎を解く
  • オノゴロ島に現れた五柱のカミを、2人の力で鎮めていく
  • バーチャルキャストCVOみゅみゅ氏の協力でバーチャルキャストでオノゴロ銀座が再現された
  • 『私の直感は当たるんですよ!』

ゲームについて書く時、それをどのタイミングで書くのかというのがある。それが発売されたばかりの最新ゲームであった場合、発売の数日後にはいくつかの記事や情報がインターネット上に早速転がるわけだが、その場合「少しだけやった後の感想」系のものが多くなるであろう。そのゲームについて興味を持っている人に働きかけるという意味では、少しやって早い段階で情報を出した方がいいのだろう。逆にシリーズが完結していたり続編が存在しないものは、がっつりやり込んだ人の情報解説などがあると思われる。これはe-Sportsの世界になるであろう。

VRゲームも2020年あたりから国内メーカーが積極的に作るようになってきた。それまではVRのイメージがどうしても海外的なイメージが大きかったためか、ゲームも海外メーカーが開発したものが多い。それを打ち破るように続々と登場している国内メーカー製のVRゲームは、意外にも海外受けするものが多く、世界に認められるようになってきた。しかもそのメーカーは、大手ではなかったりするので尚更驚きだ。

あまた株式会社もその1つである。2019年11月12日には彼らの第1作目となる”Last Labyrinth”を発売。レート指定が18+となるも、作り込まれたVRゲームであるこれが反響を呼び人気となった。そうして第2作目が作られた。和のテイストに蒸気機関を融合したスチームパンク、あまたはこれを「和風伝奇スチームパンク」と呼ぶ。その作品名、「オノゴロ物語 ~The Tale of Onogoro~」。国産VRゲームとしても注目作品のこれの魅力に迫っていく。

【中国製の実力】中国製電子遊戯用PC「神舟精盾 KINGBOOK T65」実物検証!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在の達成すべき目標「ゲーミングラップトップ」の入手
  • ゲームではないがクリエイティブ作業にはGTX 1050-Ti(M)以上が理想
  • 状態のいいものは競争になり、一部破損したジャンクでも3万超えで入手困難
  • 日本ではほぼ無名の中国のPCメーカーに目を付けた
  • 中古で状態は悪くない「神舟精盾 KINGBOOK T65」を入手、検証することに
  • 外観は素朴だが中身はゲーミング要素を持つ
  • 基本スペックが多くのエントリー向けゲーミングラップトップと同等
  • ベンチマークは高成績ではないが並以上、十分な性能
  • 主目的の配信・録画でも必須ソフト・ツールの同時使用に耐える
  • ゲーミングラップトップを安く手に入れるならマイナーな中国製を狙え

安さへの挑戦は、身を削る努力とも言える。安くするためには何かを犠牲にしなければならないというのが常であり、できることをできる限り行った後でさらに身を削れと言われると、正直やりたくないことである。無理をすれば品質と価格の両方が維持できなくなることは容易に想像できる。それでもなお、補償の1つもなしにあらゆるところから安さへの挑戦を強要されるとなれば、辞めたくなるに違いない。

その苦しみとは無関係というべき状態で安さを極める国といえば、中国。中国共産党は相変わらずクソだが、IT・ゲーム関連の企業などはその狂気の独裁の縛りをうまくかわしながらものづくりを続けて、中国国内はもちろん一部製品は世界展開もしている。これまで私は有名・無名に関わらず中国製品レビューを行ってきているが、いずれもちゃんとした製品であることを自身の体験で実証している。もはや「中国だから」とは馬鹿にできないレベルの品質だった。

PCについてはどうか。巨大かつ有名なのはやはりLenovoだ。だがそこだけが絶対的覇権と言うわけでもない。世界展開していても目立たない企業は多く、中国名で神舟、英語名でHaseeもまた例外ではない。度々価格破壊で業界に衝撃を与えてきたここがゲーミングに手を出したときも、やはり価格破壊が起きていたようだ。そんな中で偶然入手できたのが、精盾 KINGBOOKシリーズから、i7-7700HQ+GTX 1050-Ti(M)を採用するT65。状態は良好であるので、どんなものかを見ていくこととする。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock