【所詮は2進数の羅列】私が「ソシャゲ」を捨てた理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 今やPC・スマホでゲームは当たり前の時代である
  • SNS連携前提のゲーム「ソシャゲ」が登場する
  • かつてKIBEKINもソシャゲをしていた
  • 走り続けることも金を使うことも行えていた
  • ゲームの「義務化」はただの作業でしかないことに気付く
  • やりたいこと、やらなければいけないことがあると「ソシャゲ」は足枷でしかない
  • 所詮は2進数の羅列であり、いずれ消えるデータである
  • RMTは実際そこまで稼げるものではない
  • 何に価値を感じるかは人それぞれだが、私には「無価値」だった

生きるとはつくづく拷問だと実感する。そのうえ生きているだけ無能国家ジャップは血税を徴収するシステムを展開している。だが依然として社畜適性がない人は多く、その代わりに行う副業は不安定で流動的である以上、完全な代替とはなり得ないのが殆どだ。したがってジャップで生きるには社畜になるしか方法がなく、それになれない人は海外へ逃げる手段もなかなか確保できないこともあって、死しか救いがないのが現状だ。全国無関心時代、誰も助けてくれる人はいない。

さて、PC・スマホ、1人1台が前提かつ人権構成となっている現代、最低限の性能を備えた子供向けないし老害老人向けスマホや事務作業向けの低性能PCでなければ、殆どはゲームをするには十分な性能を持っている。ASUSのROG Phoneレベルだったりゲーミングラップトップであればそれはオーバースペックであり、SteamやEpicなどでPCゲームをする場合にはデスクトップで十分である。一般的な、iPhoneおよび5万円台のAndroidは一般生活でも十分なスペックを有する。軽いゲームであるなら案外動くのが現在のPC・スマホ事情である。

さて、普段から持ち歩いたり使うこれ、ちょっとした待ち時間や休憩時間などにそれらでゲームをすることは多い。かつてはスマホゲー、PCゲー(SteamやEpicとは違う)と呼ばれていたが、現在は総称でソシャゲ(=ソーシャルゲーム)と呼ばれることが多い。これについては私もやっていたことにはやっていた。他に面白いと思うものが少なかったためである。だが感性が変わってきた結果か、或いは「カラクリ」に気付いたか、私はソシャゲを捨てたのである。そして、新作が出て人気になったとしても決して私はやらなくなった。私がソシャゲを捨てた理由について、ここで語っていく。

【騙されたな!】”APEX Legends”参戦してみた!~デコイマスター・ミラージュ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • APEX Legends 具体的な攻略記事第3回
  • 次の目標は直接戦闘で活躍するレジェンドを探すこと
  • 公式キャッチコピー「ホログラフの幻術師」の「ミラージュ」
  • 吃音持ち、ノリが軽く、名声と金を目指す「トリックスター」
  • 特製ホログラム装置で姿を消したりデコイを生成し、敵を騙す
  • サイクアウト」で手軽にデコイを配置、索敵、陽動、何でもできる
  • 大量デコイ生成「パーティーライフ」で混乱を誘い、場を盛り上げろ
  • デコイを完璧に操れるようになったとき、君は最高のエンターテイナーだ

その分野に精通している人でさえ知らないことというのは多々存在することである。それをどうやって知るかといえば、先入観を持たない人が触れたときの意見や同業者からのアドバイスという形で知ることができるであろう。ただ、そのような人と知り合いになることができるかどうかであり、人付き合いが苦手な人には難しい話であろう。

これはもう再三の話となるが、シーズン9で日本人レジェンド「ヴァルキリー」(=今原カイリ)が登場し、Titanfall2のメタ的にも話題となっているAPEX Legends。相変わらずやることがないので、ネタを書くのと並行で少しずつやっている。これ以外にやることができたとしたら、それは非正規雇用な仕事であろう。しかし未だに怖くて手出しできない。

ところで、これまで私が使ってきたレジェンドは、タイプ的に守りのレジェンドである。ジブラルタルは防衛寄りで、ガスおじは攻撃できるアビリティだが基本は防衛寄りである。これらは後衛のレジェンドであり、アビリティの展開スピードも遅い方だ。その分強いのだが、タイミングを合わせなければ意味を成さなかったり不発に終わることが多い。そして戦闘中、特に激戦になれば、うまく機能せずにやられてしまうことも少なくない。

そうなれば新しいレジェンドを試すのが一番だ。それも、タイプが直接戦闘に向いたレジェンドである。初期レジェンドにはバンガロールとレイスがいるが、その2人は私には持て余しがちで上手く使えない。そうなれば追加レジェンドから選択することになるわけだが、いずれも癖があるものが多い。ちなみに人気なのが薬中スピードスターのオクタンであり、しかし私にはこれも持て余した。そんな中で使い始めたのがデコイを操るミラージュで、裏を取ったり相手を混乱させることが性格的に好きな私には、これも相性が良いレジェンドとなった。またミラージュを使うようになってから、使用できる武器も増えたのである。今回はそのミラージュについて解説していく。

【深呼吸しろ…】”APEX Legends”参戦してみた!~毒と戦場とコースティック~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • APEX Legends 具体的な攻略記事第2回
  • ジブラルタルに代わって使うようになったコースティック
  • 公式キャッチコピー「毒性トラップの使い手」な「ガスおじさん」
  • 攻撃的なレジェンドでバックグラウンドも相当やばいガスおじ
  • シールドを貫通する毒ガス「Noxガス」を操り敵部隊を牽制する
  • 攻撃も防衛も手製のガストラップを駆使して戦う
  • 毒ガスを大放出するUlt「Noxガスグレネード」、ガスおじの切り札
  • ガスおじの天敵はワットソン、パイロンに要注意
  • ガスで妨害し、動きが鈍っている間に勝負を決めろ

ゲームのことについては、映像ベースであると例えそのゲームを知らなくてもやった気になる。文字ベースであると攻略情報を求めて探しに来る人が多いというイメージが私の中で存在する。ただ文字ベースの場合、文字だけではわかりにくいことも存在するため、結局のところは映像ベースが正義なのかもしれない。とはいえ現在のサイトは画像も動画も埋め込めるので、うまく駆使すれば映像だけとは差異がつけられるはずだ。

さて、現在最もやっているゲームは加藤純一がペクスと略し、SEIKINはシーラで何故かHIKAKINを撃ってしまうことでお馴染みのAPEX Legendsである。実はこの記事を書き始めた少し前に、全レジェンドの解放を完了した。その時のレベルは223で、無料から始めて全て解放するにはここまでレベルを上げないといけない。長い道のりである。

ところで、レジェンドトークンが12000以上貯まって解放できるようになったとき、1人目に解放したのがガスおじことコースティックである。これはそれまで最も使用していたジブラルタルが誰か使用する場合に代わりに選択するレジェンドとして解放したものである。つまりは代打である。そんな存在として使っていたガスおじだが、気付けばガスおじを使用する回数、そしてキル数が増えていった。今ではジブラルタルに並ぶほどの成績を残しているレジェンドになった。

今回はそのガスおじ、私が使用していく中で培った戦術や立ち振る舞い、アビリティの使い方について1つの記事として書いていく。APEX Legendsの具体的な攻略記事の第2回目だ。

【剣と盾のレジェンド】”APEX Legends”参戦してみた!~ジブラルタルの戦い方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • APEX Legendsの具体的な攻略記事編
  • レジェンド「ジブラルタル」を多用するKIBEKIN
  • 公式のキャッチコピー「装甲要塞」の概要紹介
  • アビリティだけ見れば「守り」のレジェンド
  • 戦術「プロテクトドーム」は「守るためだけのもの」ではない
  • Ult「防衛爆撃」がジブラルタルの要であり一発逆転の可能性を秘める
  • 守りが硬い分、それは攻撃にも転用できる
  • 初期レジェンドだからこそ、使いこなせば万能

ゲームをするならとことん追求したいのが私KIBEKINである。そのため、現在メインでプレイ中のAPEX Legendsについて、名前を世界に広める目的を持ちつつも、個人的に分析をして勝つための自分だけの戦術を確立している最中である。どうせなら、楽しんで勝つ方がいいに決まっている。

基本無料であるAPEX Legendsは、無料版の場合レジェンドは6人しか使えない。レジェンド解放については金を払うか、レベルを上げてレジェンドトークンを獲得し、それを12,000消費して解放するか、である。無論後者である私だが、6人のレジェンドについてはいずれも使いこなせばどんな状況でも活躍できる可能性を秘めたものである。同時に、ある程度の練習と失敗と立ち回り方を勉強しなければ、うまく扱うことはできない。

そうは言いつつもこれらしか使えない現状、使うしかないということだ。その中で、APEX参戦から初期レジェンドとなる6人をそれぞれ試したが、そのうち自分のスタイルに合ったレジェンドが1人いた。レジェンド名「ジブラルタル」、大柄でアビリティが守りに特化しているレジェンドである。大柄故に狙われやすく、当たり判定も広くて大きいため、守りに特化しているとは言ってもキャラ的な不利がある。そのジブラルタルを愛用するKIBEKIN、これまでの経験をもとに戦い方について、1つの記事にして書いていくこととする。

【3on3】”APEX Legends”今更参戦してみた!~ゲーム全体解説編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 国内外問わずFPSの人気パブリッシャー”Electronic Arts”
  • Titanfallシリーズの世界観を受け継ぐ最新FPS”APEX Legends”
  • 基本無料かつマルチプラットフォームによりプレイヤーが非常に多い
  • シーズン8からKIBEKINも参戦
  • 基本が3人(2人)の部隊となり他の部隊を倒しまくる
  • 特殊ルールを除いて現地調達で勝ち抜くバトルロワイアル形式
  • 基本手順を紹介、これに沿えば大抵の流れが分かる
  • 死んで失敗して学ぶ、それがAPEX Legends

ゲームの話をするときは、基本的にゲームそのものではなくゲームメーカーやそれまでの経緯と、元ネタや派生が存在する場合それに触れるのが私の場合の流儀だ。したがって、これまで書いたゲームの概要的な話はいずれもそのメーカーのお勉強的な話を書いている。幸い、私は歴史の勉強は嫌いではない。

流行を追うような体質ではない私でも、ネタの1つとして現在進行形で人気のゲームについて触れることもある。それは任天堂製ゲームか特定機器限定のゲーム以外であればできるので、気が乗らない場合はちょっとやって終わり、気が乗れば説明できるくらいにやって、後はプライベートで少しやるという感じである。ちなみにオンライン前提のゲームであれば、KIBEKINとしてプレイして名前を広める意味もある。

以前私は偽Clubhouseの話をしたときに、APEXの話を少しだけした。これはあくまで宇野がよくやっているゲームであり、歴戦の漢である加藤純一がよくペクスと省略していたという話だけをした。それから1ヶ月程度過ぎた日から、ネタの1つにできることとオンライン前提であるので必然的に名前が知れ渡るということから、APEXへの参戦を決めたのである。その時、既にシーズン8。遅すぎるであろう参戦に、KIBEKINが今更ながらこのゲームの中身について解説していく。

【PCより簡単】PS Vitaのアナログスティック修理してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ソニー最後の携帯機、PlayStation Vita
  • PSPから進化した、アナログスティック2つと背面RLパッド搭載
  • だが携帯機としては任天堂に負けた不遇の存在
  • アナログスティックが摩耗しやすく壊れやすい問題
  • 交換用パーツは多く存在し構造も簡単で自力修理可能である
  • 詳細な交換手順、お見せします
  • ねじ抜いてもコスト削減にはならない
  • 実質サポート対象外だから自由に弄らないか?

ゲームは熱中と飽きが繰り返している。特にソシャゲはついに飽きが来て、これまで長く続いた花騎士を手放した。もっとも実際のところは飽きたのに加えて「走り続けることに疲れた」ということが大きく、しかしソシャゲの中毒性にはなかなか勝てないので、強引にでも辞める方法としてRMTを行った。これが功を奏して辞めることができたので、辞めたい人にはこれを薦めたいところである。

さて、ソシャゲを捨てた私KIBEKINは再びコンシューマとゲーム用PC(Steam)をメインとする世界線に戻ってきたが、PCをメインとする前は据え置きも携帯機もかなり保有しており、それは初代ファミコン(ゴム製四角ボタン)まで遡るほどである。また個人で購入した初代X箱やPS3(CECHA00)、不用品となっていたところを回収してきたセガサターン、ドリームキャストなど、ゲーム機だけでも大量である。

しかし据え置き・携帯機とそのアクセサリを含むゲーム機の問題点は公式のサポートが終了した場合、修理やインターネットサービスが殆どの場合で使用不可となりレトロゲームの仲間入りを果たすということである。その場合、サードパーティに依頼するか、自力で修理するしかないのである。大半は前者だがそういう業者が都合よく存在することは日本では珍しい話だ。そんな中修理用の道具を保有し、修理用品を調達できる私は後者である。

PS Vitaについてはたまに動かす程度であるのだが、5年程前から使っているこれはスティックが壊れてきていて、勝手に動くことがよく起きるようになってしまっていた。特に左スティックが自律的に動くレベルで酷いため、ついに交換を実施することとしたのである。その交換記録をここに残すことにした。なお、私が保有するPS Vitaは所謂2000番台(PCH-2000)であり、初期の1000番台には対応していないので注意。

【遅延回復】TS KTK攻略編:775H[普通]品川⇒押上 運転指南書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKIN開始後初の「本格的攻略情報記事」
  • 今回は今更ながらTS KTKの最難関ダイヤを完璧に運転する
  • 使用車両はみんな大好き「新1000形」一択
  • 先行列車遅延!時間に余裕がない中での運転
  • 全京急車でも驚異的な加速力と制動力で遅れ回復を目指す
  • 勾配も読み、味方につけることが重要
  • 理想は蔵前でほぼダイヤ通りになること
  • このダイヤさえこなせれば何も怖くない

ゲーム関係のネタは、ネット上で探せば無限に存在する。しかし同時に攻略情報は単にそれを書くだけで1つのネタとなり誘導もしやすい関係か、アヘカス達のアヘリ8のために使われることが多い。それ故、ゲームをネタにした「文字媒体」はかなり嫌われやすい。しかし動画は動画で垂れ流しな場合と、オワコンの権化であるVTuberがこぞってやっていることもあって、どうもつまらない。VTuberは特に「差異が見られない」と感じるからだろう。

さて、そんな個人的な愚痴はどうでもいいとして、前回はゲーム「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の大まかな内容について書いた記事を公開した。その記事では具体的な攻略情報について書かなかったが、今回は気が乗ったので攻略情報を書いてみようと考えたのである。とはいえ、実際のところはネタ切れ防止のために書くという一面が大きいかもしれない。そしてこれもまた、自己満記事になりかねないであろう。

ゲームについて言えば、動画の方が圧倒的に参考になるはずである。だがそこをあえてブログの、文字と画像ベースで解説するという方法を取る。それは動画よりブログが私のフィールドであること、編集センスはないこと、動画だと修正が面倒であるからだ。それを踏まえた上で、今回は予告していた775H、運転指南書を書いていく。