【bat中級編】分岐と選択でまとまるバッチファイルの作成

この記事の概要を簡単まとめ!

  • バッチファイル作成の中級編
  • cmdにも存在するプログラミングでお馴染みのコマンド
  • そのコマンドの注意事項なども解説
  • 解説を交えて実際に作る
  • 1つのバッチファイルで複数の処理から1つを選択できる
  • コマンドの意味を知れば使い方も分かる

前回はバッチファイル入門編として、cmdの設定と、非常に簡単なバッチファイルを作成し、それを実行するところまで行った。とはいえ、バッチファイルに記述したアプリケーションをcmdから呼び出して起動するだけの内容だったため、cmdが有する複雑なコマンドは全く使用していない。とはいえ、startコマンドは少々面倒なものであったが。

cmdは他のプログラミング言語が有する、変数、条件式、(無条件の)ジャンプ文、forループなどを扱うことができる。元々はMS-DOSのコマンドであるため、主流プログラミング言語であるC++やPython系と比較すると、そこまでの機能は有さない。しかし、これらのコマンドの意味と使い方を知れば、自分のPCが扱いやすくなることは確かである。

このシリーズはcmd/バッチファイルが全く分からない初心者が、抵抗なくcmd/バッチファイルを扱えるまでをレクチャーするため、少しずつ紹介することにしている。今回は条件式とジャンプ文、それを使ったバッチファイルを作成し実行することを紹介していく。

【コマンド入力】CMDとバッチファイルでショートカット 入門編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Windowsの標準アプリケーション「コマンド プロンプト」
  • MS-DOSに類似した機能を持つ
  • コマンドを記述したソースファイル「バッチファイル<.bat>」で入力を省略できる
  • 環境変数を設定することで任意のバッチファイルの呼び出しを可能にする
  • 簡単なバッチファイルを作って実際に試してみる
  • 操作を簡略化して楽をしよう

ここ最近、怒りに任せて書いたばかりに、トレンド記事ばかり書いている。これではあまり他のブログとの差異を出せないので、久しぶりにPC関係の話を書くことにする。

今回は、Windows標準アプリケーションの「コマンド プロンプト」(cmd.exe)の話である。以下cmdと省略するが、多くの人はcmdに対し、あまりいい印象を持たない。それは単純にGUIではなくCUIであるから、ということが大きいだろう。WindowsはGUIをベースとした、コマンドを覚えていなくても操作できるOSである。そのため、CUIに触れる機会は極端に少なくなり、コマンドが使えないのが普通になってしまったからである。

しかし、妙に親切なMicrosoftと、それに詳しい人がコマンドの解説、環境変数の設定、バッチファイルの作り方などをネット上にまとめている。ここではそれらの情報と、私自身が設定した環境変数の設定方法、バッチファイルの作り方をまとめたものを、初めて触れる人向けに書いていく。