【隙のない配信を可能に】「わんコメ」使ってみた!~ゆかNEO連携編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 分けて解説すると分かりやすいわんコメ解説記事第3回目
  • 第2回目は一部テンプレート解説と3.1.0以降の変更について解説した
  • わんコメでも取得したコメントを翻訳できればより楽になる
  • 翻訳と字幕の代表「ゆかりねっとコネクターNEO」と連携ができるわんコメ
  • ゆかNEOの接続設定をわんコメに入力して相互通信が可能となる
  • 連携すると取得したコメントがゆかNEO経由で翻訳されるようになる
  • 配信全体、ユーザー単位、コメント単位で翻訳対象を決められる
  • 読み上げ機能も翻訳に対して読み上げることが可能になる
  • 両方を使いこなせば、隙のない配信ができる

最近に感じることは、技術の悪用が多いということだ。私のブログに対する不特定多数の、本来アクセスの必要ないphpファイルへのアクセス、リファラースパム、DDoS攻撃。これらもプログラミングによって自動で攻撃するように設計されたものが多くなっている。加えて痕跡を残さないためにVPNやプロキシを経由することも多くなっている。本来このような使い方は想定されていないわけで、技術を正しく使うことができない人間の姿をした蟲が多くなってしまっている現状を省みると、インターネットをライセンス制とすべきではないかという思いが強くなっている。

書きたいことが多くなるので分けて書いてきたわんコメ解説記事も早くも第3回目となった。これまで書いてきたのは初歩的な導入方法、配信で実際にどう見えるか、特定のテンプレートの動作解説、3.1.0以降の更新内容についてである。ここで書いている情報は実際に調査した結果をもとにしているので、ドキュメントを見ただけではわからないことの一部をカバーするような形となっている。流石に全部を網羅するのは不可能だ。

第3回目となる今回は、わんコメとゆかNEOを連携させて使用することである。2つのツールの連携についてはゆかコネ3周年イベントの際に予定が明示され、更新履歴からおそらく2.1.0あたりで導入されていたものと思われる。ゆかNEOは字幕表示と翻訳において現在最も使われているであろうツールであり、そこから翻訳機能を借りて、わんコメで取得したコメントも翻訳しようという試みが行われた。翻訳もできる、コメントも装飾できる、字幕と翻訳も表示する。一度にこれらができれば配信において隙がなくなるであろうこれ、効果を確かめるため自分で検証し、その結果をここに記していく。

【配信画面をアップグレードする】「わんコメ」使ってみた!~配信実践編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 書きたいことが多すぎるのでわんコメ解説記事第2回目
  • 前回は導入からOBSへの反映までを行った
  • わんコメは自分の配信で使用してこそ意味がある
  • 機能テストも兼ねて実際に設定して配信を行ってみる
  • 全てのテンプレートは標準ブラウザで確認できる
  • 様々なテンプレートで試してみた、その風景を一部切り取って掲載
  • 同時にバージョン3.1.0以降の更新についても解説
  • 自己防衛手段、Pro版の実装も行われた
  • これだけ出来れば配信画面は自分だけのものになる

日本国憲法第十三条の「公共の福祉」という部分についてたまに考える。日本国憲法自体は昭和21年、つまり1946年制定・施行であり、当時のアメリカの政治思想も含んだ憲法となっている。そのせいか第九条は毎日議論されがちだが、むしろ一般国民の生活において重要なのは第三章「国民の権利及び義務」である。最近に起こった、自己中心的な特許出願で私はどういうわけか真っ先に思い浮かんだのが第十三条だった。その特許によってこれまで活発的に行われていた創作活動に多大な影響が発生し、創作の衰退の原因となるのであれば、幸福追求権に対して課せられる「公共の福祉」に反さないことを満たしていないため、無効な申請になるのではないか。そう考えたが、その話は私にはあまり関係がないため、首を突っ込むのはやめている。

それはさておき、前回は配信におけるコメント周りをサポートしてくれるツール「わんコメ」について、導入編としてインストールからテンプレートを配信ソフト(OBS)にコピペし、そのコメントを画面内に映すまでを行った。記事内では自分以外の任意の配信者のコメント欄にアクセスし、それをOBSで表示できるかという、テストを行ったものである。実際に配信して検証したわけではないため、まだ「配信する/した」という視点からわんコメを評価できていないのである。

よって第2回目の記事では、SLOBSで任意のテンプレートを取り込んで、それで実際に配信し、コメントが来た場合にどうなるか、そしてその結果どのように映るのかというのを配信後の画面を見て振り返る。その際、わんコメの3.1.0以降に変わった点も同時に見ていき、その解説を第2回目記事として書いていく。

【コメント設定の強い味方】「わんコメ」使ってみた!~導入編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信において重要な要素となるコメント
  • 単に表示するだけでもいいが、欲があると「もう少し装飾」したくなる
  • 配信の「コメント」は装飾がしにくいものである
  • コメント関係の設定をひとまとめにして扱いやすくしたのが「わんコメ
  • 導入は簡単、各種プラットフォームにも幅広く対応している
  • 公式ドキュメントのマニュアルが揃っており、初心者でも安心
  • 豊富に用意されたテンプレートでコメントを簡単に装飾できる
  • オフライン下でもテスト機能があり、調整がいつでも可能
  • 導入も設定も実に簡単、次回以降もわんコメ記事を書く

適材適所という言葉がある。これはビジネス用語の1つとなっており、国語辞典的には『その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。』と定義している。だが私個人的にはこの言葉があるにも関わらず、義務教育では未だにゼネラリストを育てるようなことを繰り返していて、全く時代にそぐわないことをやっている。それで様々な部分で海外に越され、日本の強みがなくなってきている。唯一の強みは「奴隷」を育て、使いつぶすことは最も得意ということだけだ。

適材適所の関係はソフトウェアやツールにも同じことが言える。Nao氏制作のツールを見ると分かるが、代表作となるゆかコネ以外にも多数のツールを制作していて、それぞれは継続して更新を行っている。ツールとしてほぼ完成したものがある一方で、常にユーザーの要望に応え、市場を見ながら改良を続けるものがある。そしてそれはNao氏以外もそうである。その手のツールを作る人は、この世界にはツールの数だけ存在する。

コメントについて注目し、制作したツールで有名になりつつあるツールはもう1つあった。これもまた個人開発のツールである。制作者はWeb犬アスティ氏で、インターネット上では「犬」の存在であるその人(?)が作り上げたのが「わんコメ」である。開発者自身が犬であることとコメント関係を1つにまとめることをかけて命名されたであろうそれは、多くの人から評価を受け、ゆかNEOとのコラボも行われるようにもなったツールだ。事前に内容を確認すると、その内容が濃い可能性を感じた今回は導入し、コメントをOBSに反映させるまでを行う。書く前からして、これは名作の予感である。