【選択肢減少】真剣考察!長期的視点で考える「増える仕事と消える仕事」

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 仕事は金を稼ぐ最も一般的手段
  • 死のコロナウイルス情勢で仕事のやり方が急変
  • 一部の仕事は死のコロナウイルスにより廃業する事態が発生
  • 逆に発展・成長した仕事が存在する
  • 長期的に見て発展する・増える仕事と消える仕事を考える
  • 「一時的な需要」に惑わされてはいけない
  • 目の前も大事だが先を見据えるのも大事

仕事は所詮仕事であると考えている。単純な、金を得るための手段であり、それ以上でも以下でもない。そこに夢も情熱もやりがいもない。仕事にそれを求めるのは、私としては間違っているようにようにしか思えないのである。

ところで、死のコロナウイルスで反省しない無能国家日本と無能政府はさておき、それによって仕事の在り方は激変したであろう。多くはそれまで会社や現場という「場所」で働いていたが、感染が拡大するようになってから、在宅・テレワークまたは完全休業のどちらかになったことであろう。このうち前者であれば仕事を失う可能性は低いが、後者は仕事を失う可能性がある。最悪の場合、解雇や倒産に遭うこともある。

事実、無能政府が意図的に拡散させた死のコロナウイルスによって倒産する企業が後を絶たない。もっとも、それに対する支援は何もなく、まるで自業自得と言わんばかりに見捨てている。無能政府に献金する大企業以外は棄てるつもりのようである。それと同時、外に出たくない人達が特定のサービスを利用する結果、そのサービスを提供する企業の業績が上がっている。潰える企業あれば栄える企業があり、光と闇である。今回は「長期的な視点」で、今後増える仕事、消える仕事を考えていく。決して死のコロナウイルス情勢だから発展して、しかし今後は衰退するような仕事は考えない。

【世界の恥】お前ら馬鹿か!日本人の思考停止な爆買い行為への苦言

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 執筆時点でも止まらないコロナウイルス
  • 感染を避けるために「外出」をやめるようになった
  • 外出回数を減らすための「爆買い」が多発
  • デマで爆買いも多発
  • 外出自粛要請は「外出するな」ではない
  • 爆買いは他者への「重大な迷惑行為」

これを見ている人は、コロナウイルスにかかっていないだろうか。或いは確定診断が出ていない人だろうか。もしくは確定診断が出て、治療中で、しかしやることがないためにここに訪れた人だろうか。ともあれ、2020年はいきなり最悪の年となることが確定した。

だがコロナウイルスは名前だけが一人歩きしているようで、実際にはインフルエンザのような一般に知られている病原体・ウイルスと何ら変わりがない。つまり、いつも通りの健康的な生活をしていれば、感染リスクはそれほどでもなく、たとえ感染しても潜伏期間で終わるということもある。過剰に心配しすぎではないだろうか。

それよりも問題なのは、コロナウイルスに伴って外出自粛と大規模施設の休止などが進められている。それにより極力外出しないように動くのは分かるのだが、買い物のための外出を制限するわけではないのに、「外に出てはいけない」と勘違いした日本人=「バカニーズ」達が各所スーパーなどを中心に買占め=爆買い発生し、一部生活必需品と食料品が一切なくなる事態が発生している。

コロナウイルスが一次災害ならば、人間のヒステリックな行動で混乱をきたすことは二次災害といえる。今回はそんな二次災害について苦言を呈する。

【デマに注意】新型コロナウイルスに関する私の独自見解

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国・武漢から始まった死のウイルス
  • 対処が遅れ、世界に蔓延する
  • 無知がデマを流し、不要な混乱を招く
  • ウイルス感染より怖い「混乱」に感染すること
  • 中国共産党の「生物兵器」の可能性
  • 「世間」と「政府」に惑わされるな

私は本来、トレンド記事というものを書かない。それは「誰もが書くネタ」であるが故に、コンテンツの差別化を図れないからである。したがって、私はトレンドに無関係な記事で、私の興味があるものを中心に扱っている。そのほうが書きやすいのは言うまでもない。

しかし、今年ははじめからクライマックスである。中国・武漢から始まった新たな死のウイルス「新型コロナウイルス」が、今現在も蔓延し留まることを知らない。無能日本政府の初動の遅れ、中国共産党の隠蔽体質、WHOの中国への忖度、そして無知がデマを拡散し、世界大戦以上の混乱を招いた。そんな事態に対し、私の見解を述べていく。