【電子尾行】逃げきれ!ネットストーカーの恐怖と自己防衛方法

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現実世界で迷惑な存在、ストーカー
  • 他人の一切を無視する一種のサイコパスである
  • 現実のストーカーは法規制強化により刑事罰へ
  • ネット上の断片的情報から「特定」するネットストーカーの登場
  • 異常なまでの探索能力と被害者自身による情報公開が原因
  • サイバー関連周回遅れ無能国家日本はネット上の対策が不十分
  • 逆に自己防衛手段はいくらでも存在する
  • 他人は不変、国家は無能だから自分の情報は自分で守れ

私は海外ドラマの中を好み、クライムサスペンスをよく観ている。CSIやクリミナル・マインドだ。CSIは科学好きには面白く、クリミナル・マインドはやばい奴の展覧会のようなドラマである。ドラマなので内容はフェイクであるものの、非現実的ではない話も多く、実際に起こり得るかもしれないというのが何とも怖いものである。

ところで、ストーカーは怖いものである。以前から社会問題となっており実際の犯罪になり得る可能性も高い、他人の生活を脅かし、崩壊させる最低の行為である。これは基本的に男が多いが、女にもストーカーはいる。人間の姿をしていればそこに性別など関係ないのである。

「現実」におけるストーカーは法規制強化や防止対策が取られた結果、完全ではないが減少している。しかし「現実」が規制されると次は無警戒だったネット上でストーカーが現れた。ネットリテラシーに無関心な馬鹿は早速餌食にされたようだ。現実のストーカーはいくら対策しても難しい場合があるが、ネットストーカーの場合は狙われる側の責任も存在する。一定の自己防衛策を講じずにそうなった場合には、残念ながら擁護できない場合がある。

そのネットストーカーから自分の身を守れるのは、自分自身のみである。無能国家日本はサイバー関連周回遅れであるため、法整備が不十分であり、ネットストーカーは他人でサイコパスであるため人の話を耳に入れない。よってネットストーカーは不変である。したがって、自分以外の誰も守ってくれないということだ。今回はそんなネットストーカーの恐怖と自己防衛方法について書いていく。