【新品同然に回復】ソフトバンク「配送交換」サービスを利用してみた

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スマートフォンは消耗品であり、こわれもの
  • キャリアが保守サービスを用意している
  • SoftBankは「あんしん保証パック(プラス)」を提供している
  • 利用中の同型機のリファービッシュ品と交換できる「配送交換」サービス
  • かなり壊したXperia 1でサービスを利用して記録を残す
  • 手続き方法とすべきことは意外に簡単
  • データ移行に抵抗がなければ修理よりいい

スマートフォンとは進化の連続である。そのため、最新機の発表があったと思えばすぐに次世代機の開発計画があったりと、誰もが利用するものだからこそPCよりもサイクルが早い。現在は5G対応スマートフォンが加速しているが、肝心の5G自体は整備が進んでいないように思える。気が早すぎるのではないか。

そのスマートフォンも、サイクルが早い故か、それとも手元に収まる精密機器の塊のためか。高額でありながらもよく壊したり買い替えたりすることが多くなっている。買い替えの場合は売って金にするであろう。壊した場合は保証を利用して修理をするのが一般的である。もっとも全損であれば新しいのを買った方が早いが。

ただ、毎回新しいのを買うのは資金的余裕がないことであろう。その時、ケチッていなければ何らかの保証サービスに加入していることであろう。私は孫切りしないせいでユーザーが損をすることでおなじみのSoftBankで、Android向け保証サービスである「あんしん保証パックプラス」に加入していた。それが幸いしたのか、破損したスマートフォンの交換サービスを受けることができたのである。

あんしん保証パックプラスに内包されている、「配送交換」サービス。 これを実際に利用して、その最後までを詳細に記録した。修理してもどうにもならないので利用しようと考えている人に、これを読んで検討するといいだろう。

【実機再現】旧型ハード再現、エミュレーターのすすめ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゲーム機も機械であり壊れ物
  • 旧型ハードは生産も修理も終了したものが多い
  • 有志により多くの旧型ハードが『再現』されている
  • PC以外にAndroidで多くの旧型ハードを動かせる
  • 完全再現不可能な旧型ハードも多い
  • 「公式」エミュレーターはいつ出るのか

人は新しいものを追い求める生き物である。同時に過去を懐かしみ、思い出に浸る生き物でもある。ゲームもまた同じように、新しいものを追い求めながら、過去の名作を繰り返しプレイしている人がいる。あるいは、そのハードが誕生したときよりも後に生まれた人が、経験や好奇心をもとに「レトロゲーム」をプレイすることもある。

しかしゲーム機といえど機械であり、使用していればいつか壊れてしまうものである。そうなれば修理するか新しい本体を購入するかの2つである。ただし、製造元である大手ゲームメーカーも、発売から一定時期が経過すると本体の生産を完了し、その数年後にサポート終了となる流れが一般的である。新しい本体も修理する人もういなくなってしまうというのが、悲しいものである。同型の中古品を探すか、非公式の修理業者をあたるなどして、どうにか使い続けられるようにしなくてはならない。

とはいえ、ゲーム機の中身はゲーム・グラフィック特化のPCである。XboxはPC/AT互換機そのものだったと言われている。ということは、GPUを搭載し、高性能CPUをセットしているPCでならゲーム機の「再現」が出来るはずである。そして、有志の手で実際に「再現」されている。今回は旧型ハードのゲームを手軽にプレイできる、エミュレーターについて書いていく。

【ゲームプレイを強化】Xperia 1/5標準搭載アプリ”Game enhancer”の使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Game enhancerはXperia 1/5に標準搭載されているアプリ
  • ゲームの最適化を担当する
  • ゲーム中に動画を見る、検索することが可能
  • SS/RECも本体のボタンを使わずに使用できる
  • Game enhancerの設定は本体設定より優先される
  • 快適にゲームするなら設定をカスタマイズする

Xperia 1に初めて搭載され、廉価版の立ち位置となるであろうXperia 5(8は未搭載)にも搭載されるゲーム最適化アプリである”Game enhancer”。ゲーミングスマホ(ASUS ROG Phone 2など)には流石に敵わないが、Snapdragon855, RAM 6GBと、ゲームには十分な性能を持っている。もっとも、SONYは音楽とカメラに強いため、ゲームに特別強いわけでもない。PlayStationが低迷と迷走を続けていることもある。

それを補うのはアプリやシステムといわんばかりに、Game enhancerがゲームプレイの最適化を補助する。今回はそのGame enhancerについて紹介する。

【SoftBank×iPhoneだけのサービス】Eメールが使用不可能!SoftBankでiPhoneからAndroidに替えるときの注意点

この記事の概要を簡単まとめ!

  • SoftBankでiPhoneユーザーはEメール(@i.softbank.jp)が使用できる
  • S!メール(MMS:@softbank.ne.jp)よりも使いやすく画像も送りやすい
  • AndroidにEメールサービスはない
  • iPhoneからAndroidへ替える際はサイトサービスのアドレス変更忘れに注意
  • SNS・チャット主流の時代にメールは流行らない?

iPhoneにメリットや独特の機能を見出せず、Android(Xperia)に変更した私である。それまでは全く意識していなかったが、実はSoftBankの場合、iPhoneにはiPhoneだけの特典があった。それは、Eメール(@i.softbank.jp)が使用できることである。おそらく、殆どの人は意識したことがないが、これはiPhoneユーザーだけのサービスであったことに後々気付いたのである。

【スマホで画面分割】作業効率改善!Xperia 1「21:9 マルチウィンドウ」の使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Xperia 1は21:9, 6.5inchの大画面
  • 新機能「21:9 マルチウィンドウ」を搭載、使い方を解説
  • アプリによって使えるのと使えないのがある
  • SNSを使う人のスタンダードになる

スマートフォンの進化は、現段階では飽和状態になっている。市場そのものも、衰退はしていないものの落ち着いているという状況である。トリプルカメラや大画といった技術は既に色々なメーカーが行っている。

その中でSONYのXperia 1は、トリプルカメラを装備し、6.5inch1)6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。のディスプレイを持つ。特徴的なのは、21:9ディスプレイを活かしたマルチウィンドウができることである。

脚注   [ + ]

1. 6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。

【スマートフォンの必需品】愛機を綺麗に使うために!スマホカバーのすすめと使わなかった頃の体験談

Xperia 1 SP-cover

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スマートフォンは精密機器の1つでもある
  • カバーを付けることは自分と他者へのエチケットになりうる
  • 長く使い続けるための「初期投資」である
  • 使わなかったが故に後悔することにもなった過去

今ではすっかり当たり前になったスマートフォン専用カバー(以下スマホカバー)。これまではただのケースを使っていたが、Xperia 1に換えたと同時に私もカバーを使うようになり、その良さを認識した。なので、スマホカバーは必需品である理由を挙げていく。