【考えがある】この海外ドラマを観る:”MACGYVER/マクガイバー”概要レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • お茶を濁すにはちょうどいい海外ドラマの概要レビュー
  • 海外ドラマ人気作品もいずれは打ち切りになる運命
  • 死のコロナウイルス情勢が打ち切りの原因であることも少なくない
  • 第2回はシーズン5を最後に最近終了した”MACGYVER/マクガイバー
  • 主人公アンガス・”マック”・マクガイバーは銃を使わず科学とマルチツールで全てを解決する
  • シーズン初回から途中まではCSI: 科学捜査班のレギュラーだったジョージ・イーズも出演
  • 科学の基本知識を知っていると即興の内容に「驚きの連続」
  • マルチツールはビクトリノックスのあらゆるモデルを意外な使い方をする
  • 科学もマルチツールも好きなら楽しめる名作、完結しているので一気見OK

自分が好きだったものが終了すると、悲しいものである。終了の形には無期限休止のような、もしかしたら再開するかもしれないという意味合いを含ませたものも存在するが、それが本当に活動再開するのは稀である。大抵の場合は金がなくなったなどの、「普通に生きることに支障が発生する事態に遭遇した」ということが多い。再開の理由がそれだったとき、果たして素直に喜べるのかといわれると微妙である。

終了して残念に思った最近の出来事は、よく観ていた海外ドラマの続編打ち切りが確定し、最終話まで放送されたことでシリーズとしては完全に終わってしまったことである。その海外ドラマのシリーズは”MACGYVER/マクガイバー”。80年代に生きた人は知っているが、かつての「冒険野郎マクガイバー」を現代の科学事情に合わせてリブートしたドラマである。オリジナルの設定を踏襲しながら、80年代ではまだ一般的ではなかったインターネットの追加、世界情勢のドラマへの反映もあり、かつての同名ドラマとは大きく違ったものになっている。

話の内容が違えど、共通しているのがマクガイバーの設定である。銃を使わない、科学知識の宝庫、天才的閃き、即興であらゆるものを作る、マルチツールを常に持ち歩く。この中でマルチツールは両ドラマの象徴であった。今回は現代リブート版となる”MACGYVER/マクガイバー”について、シリーズを全部観てきた私がそれを知らない人に概要のプレゼンを行う。シリーズが完結しているので、興味がある人なら一気見してしまえるほどのドラマであることを、熱く語っていくこととする。

【アリソンは実在する】この海外ドラマを観る:”MEDIUM”(ミディアム)概要レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テレビは海外ドラマをよく観るKIBEKIN
  • ネタ詰まりしてきたので海外ドラマの概要レビューをしてみることにする
  • 第1回は2005年から開始したドラマ”MEDIUM“(ミディアム)
  • 主人公、霊能者のアリソン・デュボアを演じるはパトリシア・アークエット
  • アリソンの能力によって睡眠中に見る「夢」が事件の予知や解決の糸口となっている
  • クライムサスペンスでは珍しく事件の瞬間よりも事件の前後が中心
  • 事件の謎がアリソンの能力で徐々に明らかになっていくのが見どころ
  • 「夢」の能力はアリソンの子供たちにも伝承されている
  • 謎を少しずつ解明していくタイプのドラマが好きな人には面白い

評論家という仕事は嫌われる。それはコンテンツに対しケチをつけるだけで、作ることをしないからだと考えている。一時期話題となったラーメン評論家もそれであろう。自分で作れもしないのに口うるさく語るも、それが的外れで何のためにもならないから、ということであろう。そうとなれば、評論家全体、嫌悪の塊のように思える。

さて、色々と変わることもあってネタ切れになりつつある私であるが、思えば私は相当に海外ドラマを観ているのである。原作を漫画、アニメ、小説等に依存し、役者基準でコンテンツを作成する無能ジャップとは違い、実力のある脚本家による台本や役者自身が演出を構成することの多い海外ドラマが私には興味をそそられる。最近は昔に放送していたドラマの再放送もあり、それには現在は様々な作品で活躍する役者の昔の姿を見ることができるなど、新鮮なものが多い。

そして今回、数々の海外ドラマを見ている私が書くのは、アメリカでは2005年よりNBCで始まったドラマである。「夢」をテーマとし、「夢」で見た内容を元に、アリゾナ州フェニックスを中心に発生する事件を解決していく、主演パトリシア・アークエット、”MEDIUM”(ミディアム)である。主人公となるアリソン・デュボアは実在する同名の女性霊能者がモデルで、その能力を駆使して検事局に協力をしていくサスペンスドラマである。現行の最新ドラマも見逃さず観ている人は多いものの、完結した過去のドラマは意外と見逃している人が多いというものだ。放送された時代やその当時の年齢を考慮すると仕方ない一面もあるが、だからこそ取り上げる意味があるというもの。一体どういうドラマなのかを見ていく。