マルチツール | Kibekin BLOG.

【考えがある】この海外ドラマを観る:”MACGYVER/マクガイバー”概要レビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • お茶を濁すにはちょうどいい海外ドラマの概要レビュー
  • 海外ドラマ人気作品もいずれは打ち切りになる運命
  • 死のコロナウイルス情勢が打ち切りの原因であることも少なくない
  • 第2回はシーズン5を最後に最近終了した”MACGYVER/マクガイバー
  • 主人公アンガス・”マック”・マクガイバーは銃を使わず科学とマルチツールで全てを解決する
  • シーズン初回から途中まではCSI: 科学捜査班のレギュラーだったジョージ・イーズも出演
  • 科学の基本知識を知っていると即興の内容に「驚きの連続」
  • マルチツールはビクトリノックスのあらゆるモデルを意外な使い方をする
  • 科学もマルチツールも好きなら楽しめる名作、完結しているので一気見OK

自分が好きだったものが終了すると、悲しいものである。終了の形には無期限休止のような、もしかしたら再開するかもしれないという意味合いを含ませたものも存在するが、それが本当に活動再開するのは稀である。大抵の場合は金がなくなったなどの、「普通に生きることに支障が発生する事態に遭遇した」ということが多い。再開の理由がそれだったとき、果たして素直に喜べるのかといわれると微妙である。

終了して残念に思った最近の出来事は、よく観ていた海外ドラマの続編打ち切りが確定し、最終話まで放送されたことでシリーズとしては完全に終わってしまったことである。その海外ドラマのシリーズは”MACGYVER/マクガイバー”。80年代に生きた人は知っているが、かつての「冒険野郎マクガイバー」を現代の科学事情に合わせてリブートしたドラマである。オリジナルの設定を踏襲しながら、80年代ではまだ一般的ではなかったインターネットの追加、世界情勢のドラマへの反映もあり、かつての同名ドラマとは大きく違ったものになっている。

話の内容が違えど、共通しているのがマクガイバーの設定である。銃を使わない、科学知識の宝庫、天才的閃き、即興であらゆるものを作る、マルチツールを常に持ち歩く。この中でマルチツールは両ドラマの象徴であった。今回は現代リブート版となる”MACGYVER/マクガイバー”について、シリーズを全部観てきた私がそれを知らない人に概要のプレゼンを行う。シリーズが完結しているので、興味がある人なら一気見してしまえるほどのドラマであることを、熱く語っていくこととする。

【1本多役】ビクトリノックス「フィールドマスター」をレビューする

この記事の概要を簡単まとめ!

  • スイスに本拠地を置くマルチツールの代表、ビクトリノックス
  • 用途とスタイルに合わせた多彩なマルチツールをリリースする
  • 軍、民間は勿論救急やドラマでも使用されるグローバルアイテム
  • その中から愛用の1本、フィールドマスターをレビュー
  • 屋内作業でもフィールドワークでも万能に使える
  • 総評:☆4.5 これがあればかなり安心な一本
  • 価格:¥4,640+10%

日常で使うもの、アウトドアや過酷な環境下で使うもの、軍用、救急で使うもの。それぞれ求められる仕様や耐久性は違うものになる。だが、それぞれの顧客に合わせた仕様にしてそれを提供することは容易なことではない。生産ライン、技術者、配送ルート他、様々な事情を考慮して、それらを1つ1つクリアしていかなくてはならないためである。

刃物、所謂「ナイフ」と呼ばれるものもその中の1つである。日常で使うならキッチンナイフ=包丁、アウトドアはナイフ以外に様々な機能を入れたマルチツール、軍用は一般的なシースナイフ(鞘)、フォールディングナイフ(折り畳み)、マルチツールと様々だ。救急は救急に特化したナイフ(マルチツール)が採用されていることもある。また、あるドラマでは重要な小道具として使われている。

そこで今回は、ナイフに様々な機能が付与されたマルチツールに焦点を当てる。マルチツールはビクトリノックスとウェンガーの2大メーカー(両者ともスイス)が製造していたが、2005年4月25日にビクトリノックスがウェンガーを傘下に収めたことで、マルチツールは事実上ビクトリノックスの物となっている。そのビクトリノックスが製造するマルチツールのシリーズの1つである、フィールドマスター。私の一本目であり愛用しているこれを、独自の観点から勝手にレビューしていく。