【辛味多くないこれ!?】明星ぶぶか「油そば 辛辛辛辛辛こってり」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 辛いのとこってり系ラーメンに定評のある明星
  • 明星ぶぶかの油そばから「辛辛辛辛辛こってり」が新登場
  • こってりに辛さを加えた新しいぶぶか、KIBEKINが実食!
  • これまでの油そばにはない「唐辛子」「辛揚げ玉」「辣油」の赤が麺を覆う
  • 明星得意のマヨネーズも5辛用に独自開発のものが付属
  • マヨネーズを入れずに食べて、マヨネーズを入れて食べて「2度おいしい」ができる
  • 麺はこれまで以上、明星最大級の太さで噛み応えしっかり
  • 油が多いはずなのに感じない「油っこい」感じ
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実は問題が…)

笑鬼辛麺を汁なし状態にして食べることにはまっている。偶然にも近くの大型スーパーで大量に入荷されるも購入者が全くおらず、そして安く手に入るものであるから、箱買いレベルで購入していた。その結果まだ在庫があり、何度も汁なし状態で食べることをしている。この時付属のふりかけは全部使うが、ベーススープは半分のみ使用する。これを繰り返すうちにベーススープが1袋ずつ増えていくので、このベーススープを使ってパスタを作っている。これが旨いので、是非とも試してほしいところである。

さて、最近ラーメンを食べる機会が減りつつも、食べるときは野菜を入れて食べることが普通になった私KIBEKIN。野菜を入れることで糖質吸収を抑えつつ、野菜の味によって旨味を存分に引き出すということをしている。ただそれは、既に食べたことのあるラーメンに限っての話である。まだ食べたことのないラーメンに対しては、素で食べることが基本である。そうしては次にどう食べるかを考える。

そんな中、以前鬼マシをレビューしたあの明星からぶぶか油そばの新製品が登場した。それも辛さを重視したものである。ぶぶかの油そばと言えば大蒜とラードを効かせた超こってりスタミナ系でお馴染みであるが、新製品は大蒜を外して唐辛子、辣油、辛揚げ玉に唐辛子マヨと、唐辛子の「赤」で攻めたものになった。これまでのぶぶかの油そばとは一線を画すものとなった存在、その名も「辛辛辛辛辛こってり」。辛いもの好きでもある私の目に留まらないわけがない。今回も辛さMAXでレビューしていく。

【これだわ!】エースコック「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 今や有名カップ麺メーカーの1つ、エースコック
  • ロングセラー商品を打ち出す日清や東洋水産にも負けない企業
  • エースコックも有名ラーメン店とコラボする
  • 九州有名ラーメン店「暖暮」と組み、第3弾のカップ麺登場
  • 一体何が変わったのか、KIBEKINが実食!
  • コンセプトは「常連が好む濃口
  • その味、まさしくラーメンの「こってり」そのもの
  • 「普通・こってり・有・有・普通」を再現した完璧なカップ麺
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt

最近、カップ麺を食べる機会が減っている。それは私が糖質制限ダイエットを行っていることによる、意識的に糖質を避けるように食べ物を選択しているためで、その結果としてあまり食べなくなってしまったということである。本当のところは食べたいのだが、食べるにしても野菜を入れる必要があるので、その手間などからなかなか食べなくなってしまっている。それだったらちゃんとした料理を作った方が早いというものだ。

以前私は九州ラーメン総選挙2002年において1位を獲得した、「ラーメン暖暮」の実店舗実食レビューをした。その際のきっかけとしてはエースコックから発売された、暖暮の味を再現したカップ麺を食べたのと、それに付随していた替玉無料券からである。店舗を探したら偶然にも川崎に存在したので、それで実店舗に行く機会ができ、そして今では月1で食べに行く常連の1人になったのである。

その後、約1年の時を経て、エースコックは暖暮コラボの第3弾を行った。それが今回紹介し、実食する「ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン 濃口」である。第3弾のコンセプトは常連客の人気の「味濃いめ」「油多め」を再現したもので、濃口の味をカップ麺で楽しめる、ということがエースコック公式から発表されている。さて、全国のコンビニを中心に展開されることになるこれ、近くのセブンイレブンにはなくて何故かローソンにはあったので、早速買ってきてレビューすることにした。

【定期的に汗が出ちゃう!】サンポー食品「笑鬼辛麺」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第3号、今回も辛いカップ麺
  • 九州出身は知らない人がいない佐賀のメーカー「サンポー食品」
  • 豚骨と大量の唐辛子粉末を組み合わせた「笑鬼辛麺」発売
  • 豚骨に唐辛子を使う珍しいラーメン、KIBEKINが実食!
  • レギュラーカップ麺よりも太麺ながっつりの食べ応え
  • 赤の塊の唐辛子粉!しかし辛さで味を消すことはない
  • 辛さの後に来る豚骨の甘さは絶妙
  • This time’s KIBEKIN’s point: 9?pt (記録更新出るか!?)

「食」というものは、考え方が大きく左右するものである。特に質と量、どちらを優先するかということで議論になりやすい。生きているうちに旨いものを食べて生きる方がいいということで質を優先すべきという人がいれば、どうせ胃の中に入ってしまえば旨いも不味いも変わらないということで量を優先する人もいる。この点については個人の思想に左右されるため、そう言ってしまえばそれ次第で終わる。結局そういうことである。

さて、これまでレビューしたものがカップ麺でしかも全て辛いものであったので、カップ麺=辛い、辛い=KIBEKIN、カップ麺=KIBEKINという図式が成り立つかもしれない状態で迎える第3号。今回は本州で知っている人は少ないが、九州出身か九州在住だと殆どの人が知っているインスタント麺メーカーである「サンポー食品」が発売した、「笑鬼辛麺」をレビューする。商品名で既にとても辛いであろうことがわかるカップ麺である。

このカップ麺は公式サイトには情報を意図的に掲載しておらず、サンポー食品公式Twitterで突如として発表されたものである。発売に際し具体的な情報をあえて載せずに各地で展開するというアナウンスが流れ、これもまた近所のスーパーで偶然発見することができたのである。豚骨と唐辛子の組み合わせはラーメンの中でも珍しい組み合わせとなるこの笑鬼辛麺、辛いことは確定だ。これも以前と同じように辛さMAXでレビューしていく。

【メッサ辛辛!?】明星ぶぶか「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • レビュー記事第2号、続く辛いカップ麺シリーズ
  • 明星ぶぶかシリーズから「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」が登場
  • ぶぶかシリーズでは珍しい唐辛子系のラーメン、KIBEKINが実食!
  • 全面真っ赤はとんがらし麺以上の赤さ
  • にんにく練り込みの極太麺はベースの豚骨醤油に合う味
  • 粉ふりかけに明星の本気を感じる(しかし私には大丈夫だった)
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (とんがらし麺より…?)

制限とは、秩序的にすると同時に可能性を狭めるものである。しかし日本人、あるいはバカニーズは制限されることを好むドM人種であるという。制限されている方がかえって能率がいいのだとか。果たしてその根拠や実証などは不明だが、それが事実であれば独立して一人で歩いていく人間が少ないのも納得できる。

それとは少し違うがKIBEKINは自分で設定した制限を撤廃し、ブログのネタの幅も実質的に制限なしとなった。前回はその一歩目となる食品レビュー記事を書いたが、意外といけるものであった。文字数こそ10000文字を突破しなかった、だが普通に書けることがわかったので、もう縛りプレイする意味はないと気付いた。少しは調子に乗っていいだろう。

そして今回も食品レビュー記事だ。第2号も辛いものをレビューする。今度は明星ぶぶかシリーズから、「鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん」である。これは2月22日に新発売と、執筆時点からそれほど経過していない新商品である。今度の辛いのは、付属の唐辛子が山盛りでしっかり赤い。そして唐辛子を使用する辛いラーメンでは珍しい豚骨醤油。明星ぶぶかのファンであり、辛いものが好きな私KIBEKIN、今回も辛さMAXでレビューしていく。普通の人は真似してはいけない。

【辛旨の体現】日清のとんがらし麺「うま辛トマト&チーズ味」食べてみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • HIKAKINを見倣ってレビュー記事解禁、そして第1号記事
  • 日清食品の辛いカップ麺シリーズ「日清のとんがらし麺」
  • 過去にもいくつかのとんがらし麺を経験している
  • その中に気になるもの「うま辛トマト&チーズ味」
  • 麺はこれまでのとんがらし麺のシリーズと同じ
  • トマトがよく香りチーズで後味が濃厚でもしつこくない
  • 辛さ調節パウダー、私には辛くなかった
  • This time’s KIBEKIN’s point: ??pt (実際にチェックを推奨)

リンクス岐部からKIBEKINになって、何か起きるかと思ったがそれは違った。特に何も起きず、そのままであった。しかし、それは単純に外界についてであり、私自身には大きな変化である。外界ではなく自分を変えることが変わることの近道であるので、常に自分をいい方向に変えていくつもりだ。

さて、KIBEKINはHIKAKINをリスペクトしているとは既にこの名前からもわかることであるが、彼は商品レビューもよくやっている。そのため私も、動画には劣るが可能な限りの文章と画像で、音が出せない環境でも読める商品レビューを始めることにした。

その第1号は、誰もが知っているカップ麺メーカーの日清食品が販売している、一般的には辛いシリーズに分類される日清の「とんがらし麺」から、「うま辛トマト&チーズ味」だ。とんがらし麺シリーズはかなり前から展開が始まったものであるが、このシリーズは当たりと外れが大きく、なかなか安定して旨いと言えるものが出てこないものである。もっとも、辛いものは一般受けを狙わないので、安定しないのは当然のことと言える。一発屋のような存在だからだ。

そのシリーズから、久々に気になるものが登場した。トマトとチーズが相性がいいのは西洋料理で知っているが、それをカップ麺でやって果たして旨いのだろうか。辛いものも好きで、カップ麺も好きな私KIBEKINが、辛さMAXで商品レビューをする。

【九州ラーメン総選挙1位】「ラーメン暖暮」をレビューする

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 九州ラーメン総選挙2002年第1位「暖暮」
  • 平成12年(2000)に福岡県筑紫野市に1号店をオープン
  • エースコックとのコラボでカップ麺で登場
  • 注文スタイルは食券前払い方式、注文時に好みを設定
  • 豚骨は甘く、しつこさを感じずに食べられる
  • メニューも豊富に存在し、飽きない
  • 総評:☆5、何杯でもいける豚骨ラーメン

唐突だが、うざくて何もものを分かっていないのに偉そうに語る、J-WAVE81.3の金曜日の16:30-20:00の、通称「飯食い」がトイレの神様を冒涜するようにカメックスしていたことが明るみに出たことで干されたのは、既に懐かしい話である。他人の舌など所詮その程度であり、同時に何も分かっていないやつほどうるさいのだから、聞く側はたまったものではない。それはヘイトが溜まるものである。それがなくなった途端、少し生き生きしている人がいるようである。

世界にはまだ見ぬラーメンが多く存在する。だがそのラーメンを知るにしても、時間と金の制約は厄介なものであり、また実店舗における混雑時間帯や店舗までの経路といったローカル情報についての情報収集が必要であり、これを怠ると超時間待たされることは必然である。これは、冬はともかく夏の時期にそれをやっては食べる前に死ぬのがオチである。

それはともかく、九州の外からのイメージは豚骨ラーメンである。実際にはうどんの方が多いが。これまでは九州内でのみ店舗を出店・拡大することが殆どであったが、最近は少しずつだが全国展開を開始した。一部は海外にも出店している。今回は海外にも出店し、九州ラーメン総選挙2002年第1位を獲得した豚骨ラーメン、「暖暮」。偶然にも近くにあったので、これをレビューする。