【改名と決意】Project KIBEKIN:新しいスタート

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 執筆時点でWPブログ開始から約17カ月経過
  • 今まで「リンクス岐部」を名乗り活動してきた
  • 記事を書き続けるもネタに悩む日々を送る
  • あのYouTuberを見て続けるためのヒントを得た
  • 「何でもネタにしていた」ということに気付く
  • 再び転機を迎えた、変わるなら今
  • 決意はブログ名変更とHN変更
  • ブンブンハローインターネット、どうもKIBEKINです

社畜適性0。ある意味ではやる気の問題とされるであろう。またある人は「甘え」だと言うであろう。しかし、私には適性がなかった。だが、起業する能力もアイデアもパワーも資金もない。手元にあるのは、学生の頃からちまちまやっているブログだけだった。そこではまだリンクス岐部と語り、地道に書いていた。しかし、はてなブログを利用していてしかも収益化されていないので、そこではまだ趣味の域を出ることはなかった。

そんな私の1回目の転機として、2019年9月26日にWordPressに移行した。この後私は集中して取り組んで、WP本格開始からおよそ1ヶ月でGoogle AdSenseに合格するという結果を残した。ただ、これはまだ始まりに過ぎない。結果が出るのは、約1年経ってからである。それでも成果は微々たるものであり、今もそうであるが。

そして今回は、2回目の転機となると考えている。執筆時点で約17カ月、しかしオワコンSNSであるTwitterを嫌い、分散型SNSであるマストドンを中心に活動してきた。とはいえ、宣伝力で言えばまだTwitterの方が強いことは確かであり、これまで使用してきたHN「リンクス岐部」も、ややインパクトに欠けるものである。そんな中見たのが、あるYouTuberの存在である。

YouTubeは動画プラットフォームであり、WordPressは文字と画像のプラットフォームだ。両者は全く異なるものであるから、真似をすることは不可能だ。しかし「クリエイター」としてのスタイルや考え方については、参考にできるものがある。そこに気付いた私は、この記事で新しいスタートを切ることにした。リンクス岐部を改め、KIBEKINの誕生である。

【振り返り】総括・2020年~失われた1年と成長する「私」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 私的な1年の振り返り記事
  • 1月の死のコロナウイルスであらゆるものが「失われた」
  • その間に料理の腕が何故かいきなり上がった5月からの変化
  • 社会は変わらずか悪い方向へ変わり、だが自分は良い方向へ変わった
  • 失われた1年の間に得られたものは大きかった
  • 総括:最悪の年に最高の成長をした

21世紀は最悪の事態詰め合わせセットなのか。100年に一度の事態が20年のうちに3回も起きていることになる。2008年・リーマンショック。2011年・東日本大震災。そして2020年・最新生物兵器:死のコロナウイルス。1003=100万である。20年のうちに1/106の確率を引き当てていることになる。いくら何でもひどい仕打ちだ、子供が不憫で仕方ない。

さて、2020年、死のコロナウイルスという最悪の真っ只中にいるわけだが、その最悪の1年も終わろうとしている。おそらく今後も馬鹿共のせいで終息しない死のコロナウイルスと隣り合わせの世界で戦い続けるだろう。だが2021年に入る前に、なんとなくだが総括として2020年を振り返る記事を書くことにした。この1年を振り返って、私的にどうだったかをまとめてみるというものである。これは自分のこと、社会のことの2つに分けることができる。前者は色々と変わったが、後者は全く変わっていない印象である。それどころか怒ってばかりだ。

何もかもが大きく変わり、前に進むのは非常に困難だ。それどころか望んで悪い方向に進んでいるという感触しかない。そんな中で見つけたものは、何だったのか。それを振り返ってみることにする。

【人生の一部】I AM THE BLOG CREATOR ~私がブログを書く理由~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ブログについて語る Advent Calendar 2020 15日目記事
  • ブログ自体ははてなブログから参入したわりと新参
  • 継続が難しく二度書くことを諦めた
  • 社会不適合者の自覚と共にWordPressへ移行
  • 続けていくうちに分かった「書ける自分」の存在
  • 自信喪失状態の中で見つけた「できること」で自信を回復
  • ブログ=人生の一部
  • 私は「ブログクリエイター」として生きていく

12月はアドカレの季節とあって、様々な人が主催者として様々な表題でアドカレを作る。通常アドカレは25日のクリスマスまで行うので、参加可能な人数は25人である。だたし同じアドカレで1人が何度やってもOKである。表題によっては人が集まらないことは多いので、その場合は空白か誰かが2回以上やるか後で書くかである。

そんなアドカレで、表題が私にぴったりなものがあった。それが「ブログについて語る Advent Calendar 2020」だ。振り返ってみると、このブログを開いたのは現役で社会不適合者になりかけていた頃で、2019年9月26日が最初の記事である。その頃ちょうどクソブラック企業を掴まされていて、死ぬことばかり考えていた。実際には死ぬ勇気がないだけだったが。そのもっと昔を遡ると、はてなブログで2018年3月に本格始動していたことがわかった。ただ、半ば放置状態であったが。

初期の頃はまるで日記帳のように当たり障りもない、何の変哲もないことしか書けなかった私だが、WordPressに移行してからもそれはしばらく続いていた。しかし、いつからかは不明だが書くことに対する「抵抗」がなくなり、今では平然と10000文字を超す記事を書けるまでになった。そして、WordPress移行から19日目にしてGoogleとパートナー提携を結び、中国企業だが2社からソフトウェアレビュー依頼を受けそれを完遂したことがある。ブログをやっていると何が起きるかわからないものだ。

今回は私にとってのブログの意味、そしてブログをやるようになった経緯、そしてこれからのブログクリエイターとしての抱負などを語っていく。濃厚な記事になることだろう。