【恋愛至上主義破壊】恋愛経験がなくてもおかしくない!~KIBEKINの考え方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 「恋愛」は多くの人が好む「一般的」コンテンツ
  • 20代前半までに1回以上経験があることが「普通」
  • 経験がないことを「異常」とみなすことも多くなった
  • そもそも恋愛経験だけで人間を評価する行為こそ「異常」である
  • 自由恋愛なのに「恋愛しない自由」を認めないのは勝手すぎる
  • 恋愛経験なし=異常レッテルは一種の差別に当たる
  • 執筆時点25歳、恋愛経験なしでも(人間として)おかしくない
  • くだらないことで消耗するのは終わりだ

世間一般の話については、私は基本的に興味ないもので終わる。だがネタにはしやすい。ただ問題としてはネタにした場合、内容がガバガバになりがちということである。過去に私が書くにしては珍しい題材(タイトル)で多数の記事を公開しているが、それらは後の方になると必ずガバガバになっていることの反省文を書いているほどにはガバガバになる。しかしネタ切れでも書かなくてはならないことがあって、仕方なく書いていたのはある。

今回の題材である恋愛についても、私が扱えばガバガバになりやすいものである。だがこの題材はSNS上でも度々議論になるものであり、検索すれば多数の情報を入手することができる。そしてこれは私の話となるが、生まれてこのかた、一度たりともまともな恋愛経験が一切ないのである。そしてこれを執筆している時点で25歳。一般的な基準でいうところの「異常」扱いされる側だ。するもしないも自由に決められるはずの恋愛をしていないと何故異常者扱いされなくてはならないのだろうか。

だが、異常者扱いされようと私には全く関係ない。むしろ、恋愛したいという気持ちすらない。だからと言って出来ないことを悩むことはなく、同じく恋愛出来ないことに悩んでいる人を見ると、その様子に私は懐疑的になる。また誰かが現在進行形で恋愛していて、それについて何か投稿をしていても全く気にすることがなくなったのである。これも誰かに話したり見聞きした場合、否定的意見がぶつけられることが多い。だが私はそれこそ、つまり恋愛至上主義的な思考を否定し、そして恋愛経験がなかったとしても慌てる必要がないことを、私KIBEKINの考えを元に語っていく。

【平穏か怠惰か】欲がないことは”良く”ない?そんなことない!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 欲の持ち方は人それぞれ、環境も要因になる
  • 欲がないことについて否定的意見が多い
  • そして私KIBEKIN、欲を失っている
  • 原因は現状にあると自己認識
  • 「本当に必要」な欲だけはちゃんと持っている
  • 欲が多すぎても生活に支障が出る
  • 大事なのは結局自分が満足するかどうか

ここ最近、分散型SNSを連続で特集していた。マストドンに始まり、Misskeyを3回、Pleromaを1回、海外系SNSとしてGabを1回である。Parlerに関しては、2月に入って中旬にようやく復帰したので、ようやく執筆を再開できることになった。ただし、仕様が大幅に変更された可能性が高いので、再度情報収集をする必要がある。なお、記事番号は86番。欠番にせずに済むようだ。しかし書くかどうかはやる気次第である。

これまで自分が気になることについて書きあげてきた私であるが、たまには自分のことでも語ろうか、とも思ったのである。知っての通り私は社会不適合者であり、表向きにはブログクリエイターとして活動しているものの、その収入は微々たるものである。一人で生活していくことは不可能な状態である。社畜適性0であったのに気づくのが遅かったうえ、対策を取るのは遅すぎて、そして男として生まれているのでこの時点で人生ベリーハードである。

そうしてちまちまとブログクリエイター生活を続けていると、欲しいものがなくなりはじめ、次にどこかへ行くことの行動意欲もなくなっていき、さらにはゲームすらやるのが面倒になっていくという、「欲」を失っているのである。しかしブログ製作や料理に関する欲は依然として存在する。そのため、生きていく上での欲に関しては十分持っていることになる。しかもこれで満足しているので、特に何も思ってはいない。

しかし世間一般、なぜか欲を持っていないことを「悪」とすることが多い。何をもってそう決めつけてしまうのか、私にはわからない。なので今回は、欲がなくても全然OKだ!ということを書いていく。ベースとなるのは実体験であるため、久しぶりに生活系の話を書くことになる。

【GO TO HELL】無能政府”GO TOキャンペーン”を真正面から否定する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 21世紀最悪のウイルス、継続中
  • 無能政府が動かないために都道府県で動く
  • 無能政府、GO TOキャンペーン開催
  • 未終息でワクチンもないのに感染拡大させるのか
  • 金がない人が多いのに何故「消費」キャンペーン?
  • それにつられる思考停止バカニーズも同罪
  • 考案者とバカニーズはGO TO HELL!!

国民性というのがある。それは国家を形付ける1つの要素である。国民性が国家の評価に影響するのは、パクりとコンプレックスの塊である隣国(癌国)を見ていればわかるものである。中国はまだ国民性が良いのに、癌国ときたら地球の癌細胞に相応しい有様である。とはいえ今の日本の国民性もほめられたものではないのだが。

さて、ここ最近ずっと無能国家ジャップと無能政府を怒りまくっているのでそろそろまともなことの1つでもしろと思っているところに無能政府はまた無能な政策を打ち出した。また死のコロナウイルスが終息もせず第二波、第三波の危険があるというのに、コロナの拡散を推奨する税金の無駄遣い”GO TOキャンペーン”を始めようとしている。とにかくケチりたくて仕方ないんだな、この上級國民ども!早くコロナに感染してくたばれ!

無駄なことしかしない無能政府の政策にはうんざりなのだが、それに乗せられるバカニーズもバカニーズである。多くは20代で、無自覚に感染拡大させているため、無能政府の老害共と同等の害悪な存在となっている。Cool JapanではなくFool JAPと呼ぶべきだ。

未来を破壊してまでも今を優先するか、それとも先を見据えて未来を大事にするか。普通に考えれば当然後者である。その意味でも、このタイミングで打ち出したくだらない”GO TOキャンペーン”に真正面から否定する。そしていい加減、無能政府は今回のコロナ騒動の責任を命で償ってもらいたい。

【感情が法を上回るとき】一般国民は独裁者達を法の例外で「私刑」できるか?

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 日本を腐敗させる最悪の独裁者と政府側の無能共
  • 外交も内政も無能であり、歴代最悪を欲しいままに
  • 一般国民の怒りの蓄積は限界を超えている
  • 「法」が独裁者共を裁くのに邪魔をする
  • 一般国民の大多数が同意するなら法の例外となるか
  • どのみち排除しなければ悪化の一途、早急に動くべきか

私事ではあるが、フェイクドキュメンタリーの金字塔である「ほんとにあった!呪いのビデオ」やその系列であるものを良く観ていて、そのこともあって心霊現象に変な方向に耐性がついてしまい、最近心霊現象を疑うようになった。現実に起こりうることで、もし実際に身の回りで起こったとしても、本来取るべき反応とは違う反応をしてしまうだろう。

それと対照的な存在、つまり霊の逆である人間に対しては、私自身が人間でありながら恐怖と嫌悪を覚える存在として見ている。特に、人間性後発発展途上国であり先進国から転げ落ちて後退国となりオワコンが加速する日本の腐敗しきってゾンビよりもどうにもならない最悪の独裁首相と無能政府と反社会勢力自民党の人間と独裁者ファミリー(血縁関係になくても”一味”の意味で)共の利己主義と一般国民を軽視し上級國民のみを保護するという、統治者の責務を完全に放棄、権利のみ貪っている状態であり、最大級の嫌悪を感じている。

だがこの世界に神がいないため、これら国益を損なう存在は願っても延命治療により無駄に長生きするのである。そして現在の制度では一般国民の力でそれらを引きずり降ろそうにも、権力者を護るように法や規定が制定されており、無駄足でしかない。そうなれば最後の手段として、純粋な力による「私刑」により、死の鉄槌を下す以外にない。だが通常はこの方法は、上級國民を護るために作られた法(主として刑法)により、実質的実行不可能状態である。

だが思うことはある。「国益を損なう存在」を排除することについて、一般国民の怒りをはじめとした感情が限界点を超えている人が大多数であり、排除することによって将来的に良くなるのであれば、法の例外となるのではないだろうか。すなわち、私刑が限定的合法として、排除が有効になることである。今回はこのことについて、私の私情をふんだんに交えて考えていく。

【人間に非ず】災害に便乗する利己主義者を排除せよ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2011年から始まった、非常事態下の協力体制
  • しかし一部は「利己主義」な行動をする
  • 他者の怪我や不幸を蜜に利益を得る屑
  • 汚い手段で稼ぐ人間は「人間に非ず」
  • 法が不十分で裁きが下せない今、個人単位でできることをする
  • 早急な法整備と、個人単位でできることの拡散

21世紀は最悪の時代と言っても過言ではない。あらゆる「(周期として)100年に1回とされる、世界情勢が変わる出来事」が2008年から凝縮したかのように起きている。2010年から2020年は、現代版の失われた10年になりそうであり、2010年から2030年までを指して失われた20年とも言われる可能性は高い。

最も大きな出来事としては、2011年の地震で、ここがあらゆる人にとっての転換期となったことだろう。そこで人々の意識が変わることとなり、非常事態における協力体制が強くなり、その結果なんだかんだで乗り越えてきているというのも事実である。崖っぷちに立たされた人間の強さを知ったものである。

しかしそんな中、不届き者が現れた。地震の際、ボランティアのふりをして、人々が避難していて誰もいないことをいいことに、誰もいない家屋から金品や高額な品物を窃盗していく、人間の姿をした賎しい蟲が現れた。これらはずっと前にいたのだが、2011年からその姿を公にするようになった。また、物品の不足を悪用して、生活必需品を買占め、法外の値段で販売する、「転売下人」が登場した。別の言い方があるようだが、私はその言い方が気に入らないため、転売下人とする。

それらが一貫している思想が利己主義、カタカナで言うエゴイストである。思想そのものに関しては自由ではあるのだが、それが行き過ぎて、TPOに合っていなければ、その思想を持つことは間違いである。今回はその行き過ぎた思想を持った故に他者の生活・経済活動に損害を与える、人間の姿をした蟲の特徴と、それの対処方法を考える。

【無能】現日本政府と独裁者・安倍晋三を批判する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在まで無能を極める日本政府
  • 歴代最悪の独裁総理・安倍晋三とファミリーが事態を最悪にする
  • 国民よりも目先の利益を追求する結果、感染が拡大
  • 全てが後手後手、海外からも失笑を買う酷さ
  • 「上級國民」は一般国民の痛みを知らない
  • 最後の手段は「公開処刑」

今まで、反政府記事を書くことは避けていた。だが、今までの無能日本政府と、歴代最悪の独裁総理・安倍晋三とそのファミリーが日本の名を貶めている。これまで売国ミンス党も日本の名を貶める政策をとっていたが、それが「マシ」に思えてしまう。それまでに猛烈な「怒り」を感じている。

そして、この「怒り」はおそらく何をどうしても昇華することは難しいだろう。そのため、今回だけはその「怒り」に任せて書いていく。コロナが終息し、独裁者の脅威が消えるまでは、この記事は残しておくことにする。

【デマに注意】新型コロナウイルスに関する私の独自見解

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国・武漢から始まった死のウイルス
  • 対処が遅れ、世界に蔓延する
  • 無知がデマを流し、不要な混乱を招く
  • ウイルス感染より怖い「混乱」に感染すること
  • 中国共産党の「生物兵器」の可能性
  • 「世間」と「政府」に惑わされるな

私は本来、トレンド記事というものを書かない。それは「誰もが書くネタ」であるが故に、コンテンツの差別化を図れないからである。したがって、私はトレンドに無関係な記事で、私の興味があるものを中心に扱っている。そのほうが書きやすいのは言うまでもない。

しかし、今年ははじめからクライマックスである。中国・武漢から始まった新たな死のウイルス「新型コロナウイルス」が、今現在も蔓延し留まることを知らない。無能日本政府の初動の遅れ、中国共産党の隠蔽体質、WHOの中国への忖度、そして無知がデマを拡散し、世界大戦以上の混乱を招いた。そんな事態に対し、私の見解を述べていく。