【気付けば終わってた】人間関係の「賞味期限」は存在する~構築と消滅の繰り返し~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間とは実に面倒な生物である
  • 「独りでは生きられない」は残念ながら正解であり、殆どで誰かと関わっている
  • その過程で特定の人物と交流するようになる
  • だが大半の人間関係は自然消滅しがちである
  • 長く連絡しない・会わない人は自然消滅しやすい
  • 例え「気が合う」同士でも思想の相違が決別の理由になる
  • 友好的になるのは時間がかかり、絶縁になるのはほんの一瞬
  • 逆にどういうタイプが長続きするのか
  • もし「賞味期限切れ」であっても、どうせそんなものであったと割り切れ

人間とは面倒な生き物であることをつくづく思う。それと同時に、私自身、なぜ面倒な人間になっているのか、それを未だに考えている。人間であるから面倒だと思うのか、それとも時代や状態が悪いからそう思うのか。その答えは、人間として生きている限りわからない。もし人間以外の存在に私が成れたとき、人間を棄てて後悔するのか、それともしないのか。難しい話だ。

面倒といえば、人間同士の、所謂「人間関係」は非常に面倒なものである。人間は、自分のことですら理解することが難しいというのに、相手のこともある程度理解した上で、当たり障りのない関係を築き、平穏にやっていかなくてはならない。それは、自分が「嫌い」と感じる人でも原則分け隔てなく、である。みんななかよく、とは昭和の時代で終わりだ。

そんな中で特定の人物との人間関係を持つことがあるだろう。それは「友人」という2文字で表せるものであるが、友人を作るハードルはインターネットの存在によってかなり下がっている。しかしその分、簡単にその関係を切れることもあって、実質的には人間関係は希薄になりがちである。そんな中でも長持ちする人間関係は、貴重なものであろう。

しかし、私が近日中に経験したのが、割と長く続いていた、インターネット上の関係がばっさり切れてしまった人が数人いた。この経験から考えたのが、人間関係には繋がり方に依らず「賞味期限」が存在するのではないか、ということだ。タイトルからして既にマイナスな内容だが、だが人間関係について違和感を持っている人は未だに多い。したがって、自分へのメモ帳としても、今回はこのことについて考えていく。