【ゲームと仕事】ゲームのプレイスタイルと仕事の類似点を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在のゲームの種類は多岐に渡る
  • 基本的には自分との戦い(自己ベストやWR)、対人戦の2つ
  • 自分の実力だけが重視されるもの、チームプレイが重視されるもの
  • ゲームと仕事は似ている部分がある
  • ゲームのプレイスタイル・傾向はそのまま仕事のスタイルに繋がる
  • 自分の仕事スタイルを知る上でもゲームは有用である

ここ最近ずっと無能政府を怒ってばかりであったので、正直なところ疲れたのである。しかし無能政府は何をやらせても怒る題材となり得るのはどうなのか。無能の極みだろうか。それにしても、政府でありながらやることが全て3アウトであり、一度もセーフ(政府)だった試しがないように思えるのだが。野球なら即放出である。

なので久しぶりにゲームの話をしよう。と言ってもただゲームを語るのであれば、普通すぎてあまり書く意味がない。なので今回は仕事と絡める。ゲーム×仕事というのは、意外と多い。ゲームを作るという従来の仕事、ゲームを攻略するという仕事、レトロゲームをひたすらやり続ける有野課長も仕事であり、ゲーム大会も仕事が関わってくる。昔はゲームをする側が仕事になるとは思わなかったものである。

しかし今回はそれらではなく、ゲームのジャンルと仕事の類似点を考えていくことにする。現在は様々なジャンルが存在し、その中でも細分化されるような形となっているものの、基本的にはシングルプレイ専用・マルチプレイ寄り・マルチプレイ専用と分けられる。これは仕事に置き換えれば、単独でできる仕事・一部チームプレイが必要な仕事・チームでする仕事となる。

もし、シングルプレイが好きでマルチプレイが全く好きでないとか、マルチプレイをやってみたがどうにも合わないと感じたり、逆にマルチプレイで能力が発揮できるものの、独りでは何もできなかったというパターンはあると思われる。だがこれは個人の感想に過ぎず、言ってしまえば「たかがゲーム」である。だが、同じような意味でいくと占いや診断も「たかが」である。似たようなものだ。

したがって、あくまでも参考程度とはしつつも、目を通していくと話のネタには使えるように、語っていくことにする。

【人生向いていない】仕事ができない人:対処法を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • この世界には仕事ができる人とできない人がいる
  • 環境に適合しなければできる人でもできない人になる
  • 環境に無関係で恒常的にできない人も存在する
  • 仕事ができない人が企業と社会に与える損失を考える
  • 仕事ができない人は人生向いていないのか
  • 安楽死or自宅ないし施設軟禁が対処法となりえるか
  • 仕事がまるでできない人がいても不思議ではない

無能国家ジャップは実にすごい!奴隷にしか思っていない一般国民には金を出さず、自分達を含めた上級國民には優遇に優遇を重ねて、この深刻な状況下でものうのうと安泰に暮らしているので、恥の極みというべきだろう。個人的に海外と交流がある人からは連絡が来て心配されるほどのようで、クソさ度合いでは自慢できるようだ。

さて、この世界において仕事というものは収入に直結するため、生活に切り離せない活動の1つである。そうであるのだが、時に仕事ができない人というのが一定数存在する。とはいえ仕事ができなくとも仕事しなければ生きていけないので、渋々仕事していることも少なくない。

ただ、仕事ができない原因が環境に問題がある場合と、環境に無関係で仕事ができない人がいる。前者は最適な職場に転職することで解決することがある。後者は転職しても、その先で仕事ができないことにより平均3ヶ月程度で職場を転々とし、最終的にどの仕事もできなくなるというパターンである。

そこで思うのが、後者の場合の仕事ができないことは、人生そのものに向いていないのではないかということである。しかし残念ながら人生に向いていなくても血税は徴収され、生きる義務を負い、労働の義務も負う。しかし仕事ができないことで、企業や社会に損失を与えることもあると考えている。その場合、仕事をさせず、軟禁するという選択肢、或いは本人が望む場合の安楽死は果たして正しいのだろうか。

今回は仕事ができない人について、私独自の視点から対処法を考える。

【サバイバル】社会不適合者の今後の生き方を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社会に上手く適合できなかった「社会不適合者」
  • 社会不適合の原因は性格や過去に関係することがある
  • 正社員以外で稼ぐ方法を考える
  • 副業はリスクのある方法が多い
  • 使える制度をフル活用する
  • 巷の「謳い文句」は無視すること

社会不適合者という分類は昔から存在している。そして今も存在している。だが、今の社会不適合者はどちらかといえば自虐的に使用されることの方が多いかもしれない。昔はどうだったのだろうか。そんなことは全く分からない。

そして、私は社会不適合者ということを前々から自覚していた。学生時代から集団行動を好まず、友人を作らずの私が、社会に適合できる可能性は低かった。そして、昨年10月に退職し、今に至るまで「一歩」を踏み出せない状況にある。私は社会不適合者だった、その答えが明確に出てしまったのである。

そんな社会不適合者は一体どうやって生きていけばいいのか、それを模索することにした。これはいわば、備忘録のようなものである。

【主観的ブラック企業】リンクス岐部の経験から語るブラック企業求人の特徴と判別方法

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ブラック企業は当たり前のように存在する
  • 公的・民間媒体を問わず求人を掲載している
  • 民間媒体ではブラック企業求人に特徴がある
  • 口コミサイトの存在は「無意味」
  • 少しでも「おかしい」を感じたらそれは正しい

この世界はブラック企業しかないのかと思うほど残酷な世界で出来ている。そもそもの話、企業はブラックもホワイトもなく、実際には利益を優先するために何かを切り捨てているのであるが、それが非人道的であれば、ブラック企業とでも呼ばれるのだろう。

そのブラック企業も、使い捨ての人材か、あるいはブラック企業の後継者を育てるために、様々な媒体に求人を出している。ブラック企業の多くは掲載している内容と事実が異なっていることが殆どで、求人「広告」とすればJAROに報告必須レベルである。

そこで今回は、民間の求人媒体でのブラック企業の見分け方を、リンクス岐部の主観から紹介していく。

【好き嫌いはあって当然】直す必要なし!嫌いなものは嫌いなままで、好きを伸ばすことが重要な理由

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間なら誰しも好きなものと嫌いなものがある
  • 好きなものには時間や資金や努力を惜しまない
  • 嫌いなものは離れないとストレスになる
  • 嫌いから普通に「直す」のは無駄な行為
  • 「好き」を伸ばすことこそ今後重要である

人間はほぼ同じ姿をしながら、それぞれの個性や能力が違っている。それが人間というものと言えばそれまでだが、個性や能力が違うのなら、好き嫌いも分かれるのは当然のことである。

だが日本は何をトチ狂っているのか、オールラウンダーを求める。嫌いを普通に矯正して、「ゼネラリスト」を目指そうとしているしかし、それを無駄な行為と気付いた人や海外では、好きを伸ばして「スペシャリスト」になろうと努力する。好きを伸ばすのと嫌いを矯正するのとでは、効率も将来性も違うはずなのだが。

そこで今回は、嫌いなものを直さないでいい理由、そして好きを伸ばすことが重要な理由について、リンクス岐部独自の視点から紐解いていく。