【PCより簡単】PS Vitaのアナログスティック修理してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ソニー最後の携帯機、PlayStation Vita
  • PSPから進化した、アナログスティック2つと背面RLパッド搭載
  • だが携帯機としては任天堂に負けた不遇の存在
  • アナログスティックが摩耗しやすく壊れやすい問題
  • 交換用パーツは多く存在し構造も簡単で自力修理可能である
  • 詳細な交換手順、お見せします
  • ねじ抜いてもコスト削減にはならない
  • 実質サポート対象外だから自由に弄らないか?

ゲームは熱中と飽きが繰り返している。特にソシャゲはついに飽きが来て、これまで長く続いた花騎士を手放した。もっとも実際のところは飽きたのに加えて「走り続けることに疲れた」ということが大きく、しかしソシャゲの中毒性にはなかなか勝てないので、強引にでも辞める方法としてRMTを行った。これが功を奏して辞めることができたので、辞めたい人にはこれを薦めたいところである。

さて、ソシャゲを捨てた私KIBEKINは再びコンシューマとゲーム用PC(Steam)をメインとする世界線に戻ってきたが、PCをメインとする前は据え置きも携帯機もかなり保有しており、それは初代ファミコン(ゴム製四角ボタン)まで遡るほどである。また個人で購入した初代X箱やPS3(CECHA00)、不用品となっていたところを回収してきたセガサターン、ドリームキャストなど、ゲーム機だけでも大量である。

しかし据え置き・携帯機とそのアクセサリを含むゲーム機の問題点は公式のサポートが終了した場合、修理やインターネットサービスが殆どの場合で使用不可となりレトロゲームの仲間入りを果たすということである。その場合、サードパーティに依頼するか、自力で修理するしかないのである。大半は前者だがそういう業者が都合よく存在することは日本では珍しい話だ。そんな中修理用の道具を保有し、修理用品を調達できる私は後者である。

PS Vitaについてはたまに動かす程度であるのだが、5年程前から使っているこれはスティックが壊れてきていて、勝手に動くことがよく起きるようになってしまっていた。特に左スティックが自律的に動くレベルで酷いため、ついに交換を実施することとしたのである。その交換記録をここに残すことにした。なお、私が保有するPS Vitaは所謂2000番台(PCH-2000)であり、初期の1000番台には対応していないので注意。

【初改造】dynabook T350/34ARをアップグレード!全分解・復元記録

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKINの人生初、他人のPCをアップグレードする話
  • 改造対象はdynabook T350/34AR
  • CPUへのアクセスに全分解が必要な厄介なPC
  • 必要なツールとアップグレード用CPUとRAMを持ち込んで全分解に挑戦
  • 裏蓋、キーボード、パネルを取ってさらに母板も取り外す
  • 分解過程と復元過程を詳細に記録
  • 結果:無事成功!

PC関係の話というのは、皆大好きなものである。それも、自作系やメーカーPC分解系の話は、改造が好きな人をはじめとして、金をあまりかけたくない人、どうしたら改造できるかを探している人など、色々な人がその情報を探し求めている。とはいえ情報の質に関しては差があり、全く大したことないものから本気で仕上げているものまで様々である。これは個人でも企業でも関係なく、良いものは良く、悪いものは悪いという感じである。

今回はそのうちの本気仕上げのPC関係の記事となるが、だが今回は普段とはかなり違うものとなる。マストドンから関係の深いある人物が持っている、貧弱な構成のPC, dynabook T350/34AR。初期状態の仕様はCPUはPentium, RAMは2GBと、例えWindwos7であっても使用に支障をきたすほどに弱すぎる構成のPCであった。しかし、今は出張改造なんてできるような情勢ではない。だがそのPCの所有者は、横浜へのアクセスが簡単に可能な位置に居て、私も横浜へのアクセスが簡単な位置に居た。そこでPCを横浜に持ち込み、私はアップグレード用のCPUとRAMを持ち込んで、フリースペースでアップグレードするという、無謀で挑戦的な企画をした。

結果から言ってしまえば、時間はかかったが無事に成功したのである。これまで私が扱ってきたPCの中では、全分解をしないとCPUにアクセスできないという非常に厄介な代物であったが、途中凡ミスによるトラブルを起こしながらも、無事全分解を完了しCPUを交換、そして清掃をしたうえで復元し、最後にRAMをアップデートして完了、という流れである。残念ながらバッテリーは死んでいるためその場での検証はできなかったものの、その後戻ってから、ちゃんと起動し問題なく動作しているとの報告を受けている。よって成功例として、ここに分解~取替~復元の過程を書いていく。